2018年11月15日 更新
【PR】

BBクリームとCCクリームの違いって何?選び方はこちら♪

BBクリーム CCクリーム 違い
「BBクリームとCCクリームの違いって何?」「私にはどっちがいいんだろう?」と、お悩みではありませんか?

BBクリームとCCクリームは、似ているようで異なるベースメイクアイテムです。

今回は、それぞれの違いや使い分けの方法、肌らぶ編集部おすすめの商品や使い方のコツなどをご紹介していきます。

◆肌らぶ セレクション◆

maNara リキッドBBバー
リキッドマナラ リキッドBBバー詳細をチェック!

メイク初心者でもきれいに仕上がる、スティックタイプのBBクリームです。
保湿成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」を配合。時間が経っても乾燥を防ぎ、美しい肌をキープします。
お客様の声から時短メイクコスメとして開発されました。肌の上でスルスルのびる、とろけるような使い心地が魅力的。
肌を明るく見せる「ブライトピーチパウダー」や「スーパーフォーカスパウダー」が光を拡散し、気になる肌悩みを自然にカバーします。

詳細をチェック!

1. BBクリームとCCクリームの違い

似たような名前のBBクリームとCCクリームですが、2つの大きな違いはその仕上がりにあると言えます。
BBクリーム CCクリーム 違い

一言でいうと、BBクリームはカバー重視の仕上がりCCクリームはナチュラルな仕上がり
どちらも化粧下地の役割を兼ねているベースメイクアイテムです。

それに加えて付随している役割に違いがあると言えます。
【BBクリーム】日焼け止め&ファンデーション
【CCクリーム】コントロールカラー(色味補正)

BBクリームはファンデーションの役割を備えているので、比較的しっかりとした仕上がりです。
CCクリームにはファンデーションの役割はありませんが、素肌の色味を補正メイクすることで自然な仕上がりになります。

肌悩みに対して、
BBクリームは「塗ってカバー」、CCクリームは「補正メイクをしてぼかす」
というように考えると良いでしょう。

1-1. BBクリームの特徴

BBクリーム
BBとは本来、肌の赤みをカバーする保護クリームの役割として使われていたと言われています。

日焼け止め以降のベースメイクがこれ一つで完了でき、オールインワン化粧品とも言えるかもしれませんね。

BBクリームは色ムラなどをわりとカバーできるので、リキッドファンデーションのようなしっかりめの仕上がりを演出することも可能です。

仕上げにはフェイスパウダー(おしろい)を使うと、よりきれいに仕上がりやすくなります。

★こんな方にはBBクリームがおすすめ
・きちんと感のある仕上がりがお好みの方
・リキッドファンデーションのようにしっかりとカバーしたい方
・気になる部分的な肌悩みをカバーしたい方(シミ・そばかす・ニキビ跡など)

1-2. CCクリームの特徴

CCクリーム
CCクリームには、BBクリームのようにはっきりとした名称の由来の定義がありません。
メーカーにより異なるようです。

Color(色味を) Control(コントロールする)」
Color(色味を) Conditioning(整える)」…など

使い方もメーカーにより異なり、これ一本でベースメイクを仕上げられるものや、化粧下地の代わりとして使用するものもあります。

共通の特徴は、化粧下地とコントロールカラーの要素を含んでおり、ナチュラルな素肌感を演出するということです。

ファンデーションの要素は入っておらず、色味補正のみで自然に肌悩みを目立ちにくくメイクするものが多いようです。

もちろん、よりカバーしたいという方は、さらにファンデーションを併用することもできます。

★こんな方にはCCクリームがおすすめ
・素肌感のある仕上がりがお好みの方
・乾燥によるくすみや肌色の悪さが気になる方
・ファンデーションを使うほどではないけど、肌をきれいに見せたい方
・軽めの付け心地を求める方

2. 肌らぶ編集部おすすめ!BBクリーム&CCクリーム

リキッドクレンジング

それぞれの違いが分かったところで、肌らぶ編集部がおすすめしたいBBクリームとCCクリームをご紹介します。

2-1. 肌らぶ編集部おすすめBBクリーム

こちらでは、肌らぶ編集部おすすめのBBクリームをご紹介します。

肌の乾燥を防ぎながら肌を整えてくれるものを選びました。

ポーラ D(ディー) BBクリーム

ポーラ D(ディー) BBクリーム詳細をチェック!価格:3,200円(税抜)  SPF30・PA+++ 全3色

みずみずしく肌にうるおいを与えながら、なめらかに整えてくれるBBクリームです。
軽やかなつけ心地でするすると肌の上にのび、気になる毛穴や小じわ、色ムラ、くすみを自然にカバーしてくれます。
キレイな素肌のようなナチュラルな仕上がりを目指したい方におっすめ。
保湿成分としてゴールデンニームやローズヒップオイル、大豆エキスを配合。
美容液のように肌にうるおいを与えてくれるので、毎日肌に重ねるのが待ち遠しくなるでしょう。

詳細をチェック!

マキアージュ パーフェクトマルチベースBB

マキアージュ パーフェクトマルチベースBB詳細をチェック!価格:3,000円(税抜)

まるで濃密美容液のようにしっとりとした質感で、素肌からうるおったようなツヤ肌に仕上げるBBクリームです。
メイクをしながら肌にうるおいを与え、乾燥を防いでくれます。
顔の高い位置には光のツヤを、低い位置には自然な影を演出することで大人の色気を引き出し、美人印象をアップさせてくれるでしょう。
毛穴やシミ・そばかすなどの色ムラをカバーしたい方におすすめです。

詳細をチェック!

オルビス ホワイトニングBB【医薬部外品】

オルビス ホワイトニングBB BBクリーム
詳細をチェック!価格:2,700円(税抜)

有効成分「ビタミンC誘導体」配合。美白*とメイク効果をWで叶えるBBクリームです。
肌を明るく見せる3種類のパウダーにより、時間が経っても崩れにくくメイクしたての美しい状態をキープします。
肌悩みをカバーしたい方はもちろん、肌の乾燥が気になる方にもおすすめです。
軽やかでみずみずしいテクスチャーで、ナチュラルな肌に仕上がる点も魅力的。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

詳細をチェック!

プリオール 美つやBBジェルクリーム

プリオール詳細をチェック!価格:3,000円(税抜)

肌にうるおいとつやを与え、乾燥による小じわ・シミ・くすみなどの年齢サインを自然にカバーするBBクリームです。
なめらかにのび広がるジェルクリームタイプで、美しい仕上がりが長続きします。
美容液・クリーム・化粧下地・コントロールカラー・ファンデーション・日焼け止めの6つの役割を兼ねる、まさにオールインワンとも呼べるようなアイテムでしょう。
「塗りました感」を出さずに年齢サインをカバーしたい方におすすめです。

詳細をチェック!

2-2. 肌らぶ編集部おすすめCCクリーム

続いて、肌らぶ編集部がおすすめするCCクリームを3つご紹介します。

付け心地が軽く自然な仕上がりになるものの中から、SPF20・PA+++以上の日焼け止め効果を持つCCクリームを選びました。

【PR】
dプログラム 薬用 スキンケアベース CC(医薬部外品)

dプログラム 薬用 スキンケアベース CC(医薬部外品)詳細をチェック!価格:2,500円(税抜) SPF20・PA+++ ★2018年8月発売★

資生堂の敏感肌向けブランド「dプログラム」の薬用CCクリーム。隠したい悩みにあわせて肌色を整えられる3色展開です。
ニキビ跡などの肌の赤みをカバーしたい時は[ブルーグリーン]、シミやそばかすをカバーしたい時は[ナチュラルベージュ]、くすみ肌に血色感をプラスしたい時は[ベビーピンク]がおすすめ。それぞれの色味が肌色を補正して、キレイなベースメイクに仕上がります。
Wの有効成分グリチルリチン酸ジカリウム・トラネキサム酸を配合なので、ニキビ・肌荒れを防ぎたい方にもおすすめのCCクリームです。

詳細をチェック!

マキアージュ ピーチチェンジベースCC

マキアージュピーチチェンジベースCC詳細をチェック!

価格:3,000円(税抜)  SPF25・PA+++

素肌感を生かした軽い仕上がりをお求めの方にぴったりのCCクリームです。
くすみや毛穴をナチュラルにカバーして、「ピーチチェンジベースCC」という名前の通り、ほんのり桃色の明るくなめらかな肌を演出します。
保湿成分として「ヒアルロン酸」を配合。肌の乾燥を防いでくれます。

さらっとした使い心地なので、重たい使用感が苦手な方にもおすすめです。
かわいらしいパッケージは、使うたびに気分を上げてくれそうですね。

詳細をチェック!

インテグレート ミネラルベース CC

インテグレート ミネラルベースCC詳細をチェック!価格:1,000円(税抜)  SPF30・PA+++

肌にうるおいを与えながら、透明感のあるつややかな肌を演出するCCクリームです。
カラーがクリアピーチのため、自然な血色感のある肌に仕上げます。
含まれているパールが、さまざまな色の光を反射し、クマ、くすみ、毛穴の黒ずみ、ニキビ跡など、気になる肌悩みや色ムラをナチュラルにカバー。
またメイクによって肌色をトーンアップさせ、パッと明るい肌に見せてくれます。
つけていることを忘れそうなほど、みずみずしく軽いつけ心地も魅力的です。

詳細をチェック!

3. BBクリーム・CCクリーム共通!おすすめの使い方

BBクリームとCCクリーム、どちらも基本的な使い方は同じです。
ここではよりきれいな仕上がりを実感できる、おすすめの使い方をご紹介します。

【使用量の目安】

BBクリーム CCクリーム 違い

BBクリームもCCクリームも、パール粒1個分が目安です。
(使用する商品にメーカー推奨の使用量が記載されている場合は、そちらに合わせましょう。)
手の甲にクリームを出し、必要な分を取りながら使います。

【手順】

①顔全体にBBクリーム or CCクリームを伸ばす

BBクリーム CCクリーム 違い

目や口のまわり、鼻などはヨレやすいので、厚くなり過ぎないように意識しましょう。
手で伸ばしながらなじませることで密着感が高まり、化粧崩れしにくいベースを作ることができます。

②大きめのスポンジで、顔全体を押さえるようになじませる

BBクリーム CCクリーム 違い
肌により密着させ、崩れにくくします。過剰な油分もここで抑えることができます。

③仕上げにフェイスパウダーを乗せる

BBクリーム CCクリーム 違い
肌がさらさらするまでしっかりつけましょう。メイク持ちをよくし、崩れにくくしてくれます。

4. まとめ

BBクリームとCCクリームの違いや選び方、使い方のコツなどをご紹介しました。

BBクリームとCCクリームの大きな違いは、その仕上がりにあるとされています。
それぞれの特徴を理解した上で、ご自身のニーズに合う方を選択していきましょう。

どちらも、毎日の暮らしのなかで時短メイクしたい方にうれしい、画期的なベースメイクアイテムですね。
家事や育児で時間のないママや仕事が忙しい方も、BBクリームやCCクリームを上手に使いこなして、毎日なめらかな肌を演出しましょう。