2017年2月17日 更新

頬(ほっぺ)のニキビは何でできるの?原因と正しい対策法

ほっぺ ニキビ

「頬(ほっぺ)のニキビを改善したい!」
「どうして頬(ほっぺ)にニキビができちゃうの?」とお悩みではありませんか?

頬(ほっぺ)は目立つ場所だし、早くどうにかしたいですよね。

頬(ほっぺ)のニキビは、繰り返しできやすいと言われているので、ニキビ対策をしながら、原因を知ることも大切です!

そこで今回は、繰り返しできてしまいがちなほっぺ(頬)のニキビの原因や対策、日頃から意識したい習慣をご紹介していきます。

頬(ほっぺ)ニキビを改善できるように徹底的に対策して、みんなに見せたくなるツルツルほっぺを手に入れましょう!




1.頬(ほっぺ)のニキビ4つの原因

思春期ニキビ 化粧水

「ほっぺにニキビができちゃう意味はなに?」
繰り返す頬にニキビがなぜできてしまうのが、ここでお伝えしていきます。

ほっぺにニキビができてしまう原因は様々です。
原因が一つの場合もあれば、複合的な場合もあります。

そこで、まずは考えられるほっぺのニキビの原因をチェックしてみましょう。

次の項目に1つでも当てはまるものがあれば、それが気になるほっぺのニキビの原因かもしれません。

1日3回以上、洗顔をする
肌がべたついて保湿ケアを避けがち
睡眠不足
生理前
気づいたら頬づえをしていることが多い
メイクのスポンジを1週間以上洗ってない
食事は外食やコンビニ弁当が多い
飲みに行くのが好き

当てはまる項目はありましたか?
当てはまった方は、それがほっぺのニキビの原因になっているかも。

なぜ、それがほっぺニキビの原因になるのか、詳しくお伝えしていきます。

※明確な定義はありませんが、一般的に10代にできるニキビを「思春期ニキビ」、20代以降にできるニキビを「大人ニキビ(吹き出物)」と言われており、原因もそれぞれ異なります。

1‐1.ほっぺのニキビ原因①
頬の乾燥

乾燥肌 女性

赤いに当てはまる方は、頬の乾燥がほっぺのニキビの原因かもしれません。

1日3回以上洗顔をしていたり、肌のべたつきが気になって、保湿ケアを避けてしまっていませんか?

頬はもともと皮脂が出にくい場所で、水分が蒸発しやすく、肌が乾燥しやすいと言われています。肌が乾燥すると、皮膚の表面が硬くなり、皮脂が毛穴に詰まりやすくなって、ニキビができてしまうと考えられます。

ほっぺのニキビが思春期ニキビの場合、男性ホルモンの働きにより、皮脂が分泌されやすい年代のためベタつきやすく、スキンケアが十分にできていなかったり、間違った洗顔などによって肌が乾燥してしまうことが考えられます。

また、ほっぺのニキビが大人ニキビの場合、10代の頃に比べ、肌の水分も油分も徐々に少なくなるので、肌が乾燥しやすくなります。

1‐2.ほっぺのニキビ原因②
ホルモンバランスの乱れ

ストレス

オレンジのに当てはまる方は、ホルモンバランスの乱れがほっぺのニキビの原因かもしれません。

睡眠不足やストレス、生理周期の影響などによって、ホルモンバランスが乱れることも頬にニキビができる原因の一つだと言われています。

ホルモンバランスが乱れると、皮脂が過剰に分泌されて、毛穴がつまりやすくなり、それによりニキビができてしまうことがあるといわれています。

ほっぺのニキビが思春期ニキビの場合、第二次性徴に伴い、男性・女性関係なく、男性ホルモンの働きが活発になる影響で、皮脂の分泌量も増えニキビができやすい肌状態になることもあるとされています。

1‐3.ほっぺのニキビ原因③
外部から受ける刺激

ほっぺ ニキビ

緑のに当てはまる方は、外部からの刺激が原因でほっぺにニキビができているかもしれません。

直接頬に触れるものによる刺激も、ほっぺにニキビができる原因となり得ることがあります。

寝るときに使用する枕や布団、洗顔時に使用するタオル、メイクで使用しているスポンジやブラシ、スマートフォンなど、毎日何気なく使っているものも、不衛生だと肌に刺激となってしまうこともあります。

また、癖でよく頬づえをついたり、顔に触れるのもニキビの原因になることもあると言われています。
これらは、思春期ニキビ・大人ニキビに共通して言えます。

1‐4.ほっぺのニキビ原因④
糖分・脂肪分・アルコールの摂り過ぎ

ほっぺ ニキビ

青のに当てはまる方は、糖分・脂肪分・アルコールの摂り過ぎが原因でほっぺにニキビができているかもしれません。

揚げ物や肉、スナック菓子、ジャンクフードなどの糖分・脂肪分の摂り過ぎは、皮脂が出やすくなりニキビができる原因となってしまうことがあります。

また、ほっぺの大人ニキビでお悩みの方は、アルコールの摂り過ぎにも気をつけましょう。

アルコールには糖分が多く含まれているものが多く、さらにアルコールを分解するためにすこやかな肌を保つのに欠かせないビタミンが消費されてしまいます。
そのためビタミン不足に陥りやすく、ニキビなどの肌悩みを引き起こしやすくなることがあるといわれています。

2.頬(ほっぺ)ニキビ対策|スキンケア見直しポイント

shutterstock_213231340

ほっぺのニキビで悩んだら、まずはスキンケアを見直しましょう!
スキンケアはニキビケアの要です。

特に、ほっぺのニキビの場合は、正しくクレンジング・洗顔を行い、保湿のお手入れを行うことが大切です。

ニキビの刺激になってしまわないように、いつも以上に丁寧にお手入れを行うように意識しましょう。

ここでは、ほっぺにニキビができてしまったときのお手入れ方法をご紹介します。

2‐1.丁寧にクレンジング・洗顔 する

shutterstock_92797522

ほっぺにニキビがあるときは、いつも以上に丁寧にクレンジング・洗顔を行うように意識しましょう。

クレンジングと洗顔を行う際におさえておきたいポイントをご紹介します。

【クレンジング】

ニキビができてしまったときは、いつもよりも早めにメイクを落とすように心がけましょう。

1日肌につけていたメイクは、皮脂や汚れと混ざり肌に刺激となってしまうことがあります。

クレンジング剤はできるだけ各メーカーが推奨する適量を使用し、洗い流していきましょう。

化粧を落としながらも、肌すべりがよく刺激になりにくいオイルタイプのクレンジング料を使用するのがおすすめです。

【洗顔】

洗顔は、朝と晩の1日2回行いましょう。
洗顔料を弾力のあるもちもちの泡ができるまで泡立て、泡で顔を包み込むように洗っていきます。

皮脂を洗い落とすことを意識し過ぎて、ゴシゴシと洗ってしまうと刺激となってしまい、かえってニキビを悪化させてしまうことも考えられますので、気をつけましょう。

2‐2.よりうるおい重視のスキンケアアイテムを使用する

shutterstock_362378612

ほっぺのニキビには、保湿のお手入れがとても大切です。
ほっぺのニキビができる原因の章でもお伝えした通り、もともと頬は皮脂が出にくい部分のため乾燥しがちな傾向にあるとされています。

乾燥対策をしっかりと行えるように、保湿成分が充実して配合されているスキンケアアイテムを取り入れてみましょう。

ここでは、肌なじみのよい保湿成分を一部ご紹介します。

化粧品のパッケージの裏に成分表記が書かれていることが多いので、保湿成分をチェックしてみてください。

◆保湿成分の一例◆
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・スクワラン
・ワセリン
・各メーカー独自の保湿成分 …など

また、ほっぺのニキビができてしまっている時にコットンで化粧水をつけてしまうと、肌に刺激になってしまうことも考えられるので、清潔な手で化粧水をつけるようにするとよいでしょう。

3.頬(ほっぺ)ニキビを対策するための生活習慣

スキンケアを行ったうえで、さらに生活習慣を見直してみましょう。

繰り返しできてしまいがちなほっぺのニキビができないように、日ごろから意識したい3つの習慣をご紹介します。

3‐1.質の良い睡眠をとる

ほっぺ ニキビ

質の良い睡眠をとることで「成長ホルモン」が分泌され、元気な新しい肌がつくられるといわれています。

また、自律神経のバランスも整いやすくなるため、皮脂が過剰に分泌されるのを防ぐことも期待できます。

成長ホルモンは、入眠後3~4時間に活発に分泌されるといわれています。

入眠後すぐに熟睡できるように、ゆっくりと湯船に浸かったり、靴下を履いたりして、体を温めるように意識しましょう。

パソコンやスマートフォンを寝る直前まで使用してしまうと、脳が刺激され、深い眠りの妨げになることもあります。

特にスマートフォンは寝る直前まで使用してしまいがちなので、横になったら操作しないよう心がけましょう。

3‐2.栄養バランスのよい食事を摂る

ほっぺ ニキビ

ニキビができにくい健やかな肌を保つためには、栄養バランスのよい食事を摂ることが大切です。

特に不足しがちな、ニキビによいと言われる栄養素を5つご紹介しますので、これらの栄養素をバランスよく摂るように意識しましょう。

食事で摂るのが難しい方は、サプリメントを上手に活用することも検討してみてはいかがでしょうか。

◆ビタミンA◆

【食材】ほうれんそう・かぼちゃ・パプリカ・モロヘイヤ・レバー・ウナギ など

◆ビタミンB2◆

【食材】卵・チーズ・ヨーグルト・アーモンド・納豆・のり・舞茸 など

◆ビタミンB6◆

【食材】いわし・さば・まぐろ・さつまいも・バナナ・豚肉・大豆 など

◆ビタミンC◆

【食材】パプリカ・レモン・モロヘイヤ・ブロッコリー・アセロラ・たらこ など

◆食物繊維◆

【食材】さつまいも・バナナ・納豆・きのこ・ごぼう・にんにく・アボカド など

◆コラーゲン◆

【食材】手羽先・鶏軟骨・牛スジ・フカヒレ・ブリ・鮭・イカ など

3‐3.定期的にストレスを発散する

ほっぺ ニキビ

ストレスを溜め込んでしまうとホルモンバランスが乱れ、皮脂が過剰に分泌されやすくなることがあります。

ニキビだけでなく、肌のコンディションには精神面も大きく影響すると考えられています。

定期的に体を動かしたり、趣味に没頭したり、忙しくてもゆっくりと湯船に浸かったり、ストレスを溜め込まないように意識してみましょう。

4.頬(ほっぺ)ニキビを跡に残さないための注意点

ほっぺにニキビができてしまったら、跡が残らないように次の2つのポイントを意識してみてください。

特に大人ニキビは、跡になりやすいと言われているので、注意しましょう。

4‐1.できるだけニキビに刺激を与えない

白ニキビ 洗顔方法

できてしまったほっぺのニキビには、気になってもできるだけ触れないように意識しましょう。

手で触れないようにするだけでなく、髪がかかってしまいやすい方は髪を結んだりしてニキビに触れないようにしましょう。

手や髪に付いている雑菌が刺激となり、ほっぺのニキビの状態が悪化してしまうことも考えられます。

また、ニキビを潰してしまうとそこから雑菌が入ってしまったり、ニキビ周りの皮膚まで傷つけてしまったりすることも考えられるので、気になっても潰さないように気をつけましょう。

4‐2.日焼け対策をする

毛穴 目立つ②

ほっぺにニキビができてしまったら、いつも以上に日焼け対策を意識して行うようにしましょう。

日焼けをすることで、メラニン色素が増えて色素沈着を起こしてしまうこともあります。

また、日焼けをすると皮膚が硬くなりやすく、毛穴が詰まり、新たにニキビができてしまうということにもなりかねないので、ニキビを対策する意味でも日焼け対策は大切です。

ニキビができている時は、より肌に刺激を与える成分が少ない「紫外線吸収剤フリー」・「ノンケミカル」に着目して日焼け止めを選ぶのがおすすめです。

5.頬(ほっぺ)ニキビを隠す方法

頬のコンシーラー

頬のニキビを隠すには、コンシーラー(部分用ファンデーション)を上手に活用しましょう。
特にほっぺのニキビは、赤みが出やすいためコンシーラーはイエローやベージュ系の色を選ぶとよいでしょう。

ほっぺのニキビを隠すことでニキビが悪化してしまわないように、ニキビ専用のものや油分が少ないコンシーラーの使用がおすすめです。

【コンシーラーのつけ方】
① コンシーラーをブラシ等にとり、手の甲でならし量を調節する。
② ニキビよりもやや大きめ(2周りほど大きめ)にコンシーラーを置くようにのせる。
③ ニキビやカバーしたい部分には触れないように、コンシーラーを塗った部分と塗っていない部分をポンポン置くように馴染ませる。
④ フェイスパウダーで馴染ませる。

6.治らない頬(ほっぺ)ニキビは病院へ

ニキビ 化粧水 市販

「ほっぺのニキビが治らない!」
「ほっぺのニキビがかゆい!」
「ほっぺのニキビが痛い!」
そんな場合は、病院で専門家の医師に相談しましょう。

7.まとめ

いかがでしたか?
繰り返してしまっていたほっぺニキビの原因は様々ですが、意識できる習慣もたくさんありそうですよね。

「もうほっぺのニキビを繰り返したくない!」
その気持ちを忘れずに、まずはスキンケアや生活習慣を見直すことから始めてみましょう。

これらの対策をとっても、なかなかほっぺのニキビが治らないという方は、ニキビの治療についてのこちらの記事も参考にしてみてください。

この記事は2017年2月2日時点での情報になります。

また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。