2017年11月17日 更新
【PR】

色黒さんに!肌らぶ編集部おすすめファンデーション・塗り方選び方

色黒 ファンデーション「色黒だから、ファンデーションが浮いて見える」「色黒に合うファンデーションってないかな?」とお悩みではありませんか?

肌をきれいに見せてくれるアイテムであるファンデーション。自分の肌に合う色味を見つけたいけれど、なかなか難しいですよね。

そこで今回は、色黒さんの肌になじむファンデーションの選び方とおすすめアイテム、さらに、色浮きしないファンデーションのおすすめの塗り方をご紹介します。

マキアレイベル バナー



◆肌らぶセレクション◆

【PR】
マキアレイベル クリアエステヴェール(医薬部外品)
マキアレイベル クリアエステヴェール

肌悩みをしっかりカバーし、ハリと透明感のある肌を演出する美容液ファンデーションです。しっとりと肌にうるおいを与える5種類のコラーゲンと3種類のヒアルロン酸、美白*有効成分プラセンタを配合。色黒さんも似合う色を見つけやすい5色展開です。SPF35/PA+++。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら(大)

1.色黒さん必見!白浮きしないファンデーションの選び方

まず、色黒さんにおすすめのファンデーションの選び方のポイントを3つご紹介します。

①顔と首の中間の明るさを選ぶ

選び方ファンデーション選びの基本は、首の色に近い色味のものを選ぶことです。

顔は念入りなお手入れを毎日繰り返しているので、身体の他の部分よりも白いことが多々あるようです。

そのため、一般的にファンデーションの色味は、顔だけではなく首にも自然になじむ色を選ぶことがポイントだとされています。

顔と首の境目であるフェイスラインにファンデーションを数色のせ、その中から顔と首のどちらにも自然になじむ色を選んでみてください。

②色展開が豊富なアイテムを選ぶ

色黒 ファンデーションファンデーションを選ぶ際は、色の種類が多いタイプのものを選ぶことをおすすめします。

ファンデーションはメーカーやアイテムにより、色のバリエーション数が異なります。

ピンク系やオークル系、明暗の異なるものなど、豊富なカラー展開のファンデーションならば、自分の肌に最適なものが見つけやすくなりますよね。

③明るい照明の下で選ぶ

色黒 ファンデーション ファンデーション選びの際には、明るい照明の下で色を選ぶことも大切です。

照明の光があまり当たらない、暗い場所で色を選んでしまうと、自分の肌に合っている色を選びにくく、白浮きした色を選んでしまうことがあります。

そのため、照明のよく当たる、明るい場所でファンデーションの色を選びましょう。

より肌になじんだナチュラルな色を選びたい場合は、自然光の下でも色を確認してみてください。

2.色黒さん必見!肌らぶ編集部おすすめファンデーション

色黒 ファンデーション次に、肌らぶ編集部が色黒さんにおすすめしたいファンデーションのご紹介です。

今回は、5色以上のカラーバリエーションのあるファンデーションを選びました。自分に合った肌色を見つけてみてください!

【パウダーファンデーション】

ここでは、色黒さんにおすすめしたい、パウダーファンデーションを5つご紹介します。

マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

MAQuillAGE(マキアージュ)ドラマティックパウダリー UV

「レディな魅力で生きていく」をコンセプトに掲げるオトナ女子にぴったりのブランド、マキアージュのパウダーファンデーションです。全7色展開。SPF33・PA+++。
水あり、水なしのどちらでもお好みに合わせて使えます。
汗・皮脂・水に強く、日焼けから肌をしっかり守る、忙しい女性の強い味方。また、気になる毛穴の凹凸や、肌の色むらもしっかりカバー。
繊細なパウダーが、肌に溶け込むようにフィットし、メイクしたての美しさを長時間キープします。ムース生まれのパウダリーファンデーションで、無重力級の軽い使い心地が魅力的です。

公式HPはこちら(大)

POLA B.A パウダリィファンデーションL

色黒 ファンデーション

ポーラ最高峰ブランドB.Aの、パウダーファンデーションです。全6色展開。SPF30・PA+++。「ポイントフィットパウダー」と呼ばれる、軽やかなパウダーが肌に溶け込むように肌になじみ、自然なツヤ肌をつくります。
ふんわりとパウダーをのせれば、エフォートレスなメイクが誰でもテクニック要らずに完成!
まるで、顔立ちさえも整った印象に見せてくれるような、頼もしいアイテムです。気になりがちな毛穴や凹凸にもフィットし、肌を適度にカバーする役割も期待できます。崩れたり、影ができにくい仕上がりも、パウダリィファンデーションLならではの特長です。

公式HPはこちら(大)

レイチェルワイン ミネラルファンデーション

色黒 ファンデーション

″ピュア&シンプル″ ″Less is More″のコンセプトから生まれた、「レイチェルワイン」の国産ミネラルファンデーションです。全12色展開。SPF27・PA+++。
普段お使いのスキンケアで肌を整えた後、化粧下地を使わずにファンデーションをブラシでクルクルするだけの手軽さが魅力的!重ね付けしても厚塗りになりにくく、軽くナチュラルに仕上がるのがポイント。
レイチェルワインのファンデーションは、時間と共に皮脂を吸着してなじむことも特長です。時間が経っても乾燥が気になりにくく、化粧したての美しい状態をキープできるでしょう。

公式HPはこちら(大)

シュウウエムラ ザ・ライトバルブ UV コンパクト ファンデーション

色黒 ファンデーション

「美しいメイクアップは美しい素肌からはじまる」がコンセプトの、シュウウエムラのパウダーファンデーションです。全16色展開。SPF30・PA+++。
パウダー ファンデーションでは実現が難しいとされている自然なツヤと、重ね塗りでも粉っぽくならないことが特長。ひと塗りで自然なツヤを演出し、まるで磨き上げた陶器のような、なめらかな肌に仕上げます。
毛穴の凹凸など気になる部分も、ナチュラルにカムフラージュ。専用のザ・ライトバルブ ポリッシング スポンジを一緒に使うえば、よりムラなく均一に美しい肌に見せることができます。

公式HPはこちら(大)

オンリーミネラル ファンデーション

オンリーミネラル

ミネラルと自然由来成分を中心に作った化粧品を展開する「オンリーミネラル」のパウダータイプのファンデーションです。全18色展開。SPF17・PA++。
合成防腐剤、合成香料、合成着色料、タルク不使用。
肌への負担を考え、メイクしたまま眠れてしまうようなファンデーションとして開発されています。クレンジング料を使わずに石鹸でメイクが落とせることもポイント。また、日焼け止め、化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダーを兼ね備えた5 in 1仕様なので、このファンデーション1つで、忙しい朝のメイクや化粧直しなども手軽に済ませることができます。

公式HPはこちら(大)

【リキッドファンデーション】

続いて、色黒さんにおすすめしたい、リキッドファンデーションを5つご紹介します。

レブロン カラーステイ メイクアップ

レブロン カラーステイメイクアップ

「女性の憧れを商品にする」を企業理念に掲げる、「レブロン」のリキッドファンデーションです。全6色展開。SPF15。
のびのよいテクスチャーで、ムラなく均一に肌にフィット。ソフトマットな質感の肌を演出し、つけたてのきれいな仕上がりが長続きします。
保湿成分に「ヒアルロン酸」、「ゼニアオイエキス」、「マドンナリリー根エキス」などを配合。
オイルコントロールしながら肌にうるおいを与える、タイムリリースという独自技術を採用。時間が経っても汗や皮脂で落ちにくく、テカリや皮脂崩れを防ぎます。

公式HPはこちら(大)

NARS ベルベットマットスキンティント

NARS ベルベットマットスキンティント(色黒 ファンデーション)

フランソワナーズのクリエイティブなビジョンから発信される、NARSのリキッドファンデーションです。全9色。SPF30・PA+++。
ベルベッドを彷彿させる、なめらかな使い心地のオールインワンタイプのリキッドファンデーションです。肌のトーンを素早く均一に整えてくれるので、時間のないときのベースメイクも簡単に仕上げることができるでしょう。
ファンデーションに入っている透明なブラーリングパウダーと呼ばれるパウダーが、肌の気になる部分を自然にカモフラージュ。また、独自の球形パウダー粒子がクッションのような役割を果たし、思わず触れたくソフトマットな質感の肌を演出します。

公式HPはこちら(大)

M・A・C スタジオ フィックス フルイッド SPF 15

MAC スタジオフィックスフルイッド

1984年にカナダのトロントで誕生したメイクアップブランド、「M·A·C」のリキッドファンデーションです。全9色展開。SPF15・PA++。標準色はNC25。スタジオでの撮影シーンで求められる肌をつくるファンデーションとして、誕生したベースメイクアイテムです。
毛穴などの凹凸や、気になる色むらをしっかりカバーし、ナチュラルマットな素肌感を演出します。その仕上がりは、まるで一点の隙もないパーフェクトスキンと呼びたくなる仕上がり。メイクしながら肌にしっとりとしたうるおいを与え、時間が経っても乾燥が気になりにくい点もポイントです。

公式HPはこちら(大)

クリニーク イーブンベター メークアップ 15

色黒 ファンデーション クリニーク イーブンベター メークアップ 15

Great Skin can be Created“美しい肌は創りだすことができる”、をブランド理念に掲げているクリニークのリキッドファンデーションです。全10色展開。SPF15・PA++。豊富なカラーバリエーションなので、自分の肌に合う色が見つけやすいでしょう。色ムラを素早くカバーし、肌色を均一に見せてくれます。
乾燥しやすい部分にはうるおいを与え、テカリやすい部分は皮脂を抑えて上手にコントロールしてくれる魅力的なアイテムです。
クリニーク イーブンベター メークアップ 15は、伸びがよいことも特長。少しの量でも、肌をナチュラルにカバーします。

公式HPはこちら(大)

ボビイブラウン インテンシブ スキン セラム ファンデーション SPF 40

色黒 ファンデーション

メイクアップ アーティストのBOBBI BROWN(ボビイ ブラウン)が創業したメイクブランド、ボビイ ブラウンのリキッドファンデーションです。
全11色。 SPF 40 ・PA+++。
発売以来、ボビイ ブラウンでロングセラーの人気No.1ファンデーションです。肌のタイプを選ばず、幅広い肌タイプの方にお使いいただけます。
スキンケア感覚で使えるような、美容液フォーミュラを感じさせるアイテムです。保湿成分に、冬虫夏草などを配合。肌にうるおいを与え、輝くようなツヤと透明感を演出します。

公式HPはこちら(大)

3.色黒さんのファンデーションをきれいに仕上げるポイント

色黒 ファンデーションここでは、色黒さんのファンデーションを、きれいに仕上げるポイントをご紹介します。
ファンデーションは、塗り方や併用するアイテムにより、仕上がりに差が出ます。
これからご紹介するポイントをおさえておくと、ファンデーションの白浮きを防ぐことができますよ。

①肌に自然になじむ化粧下地を選ぶ

色黒 ファンデーション色黒さんは、肌なじみのよい色、もしくは、色のつかない化粧下地を選ぶことをおすすめします。
ナチュラルなベージュ系や、無色の化粧下地を使用することで、ファンデーションの白浮きを防ぐことができるでしょう。

肌色を明るく見せる色の化粧下地(ピンクなど)を使用することもできますが、使用量が多いと、化粧下地の時点で肌が白浮きして見えてしまう可能性があります。

こうした色の化粧下地を使いたい場合は、明るく見せたい部分(目の下など)にのみ使ってみてください。

②顔の中心はしっかり、フェイスラインは薄く、伸ばすように塗る

色黒 ファンデーション色黒さんは、ファンデーションを塗る時、顔の中心をメインにし、フェイスラインは薄く、伸ばすように塗ることをおすすめします。

顔の中心、頬の高い部分にはファンデーションをしっかりと塗り、フェイスラインに向けて徐々に薄くなるグラデーションを意識して塗り広げましょう。顔と首の色の差を曖昧にすることができるので、顔が白浮きしにくくなりますよ。

4.まとめ

色黒 ファンデーション色黒さんにおすすめの、ファンデーションの選び方や使い方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

色黒さんの肌にファンデーションをなじませるポイントは、首の色に合わせて色を選び、顔中心をメインに塗り、フェイスライン付近は薄く伸ばすこと。

今回ご紹介したポイントをご参考にしていただき、あなたの肌に合うファンデーションを見つけてください。
マキアレイベル