2017年11月10日 更新
【PR】

陰部にニキビができた方必見!3つの原因と予防のために気を付けるべきこと

陰部 ニキビ
「陰部のニキビを防ぎたい・・・」とお悩みではないですか?

女性の陰部はとてもデリケートな部位なので、誰かに相談するのもためらわれ、不安な気持ちになってしまいますよね。

ふだん、まじまじと自分の陰部をチェックするようなことは少ないので、陰部の肌に知らず知らずのうちに負担をかけてしまっていることもあります。

陰部のニキビの予防は、ふだんから丁寧なデリケートゾーンケアを心がけることが大事です。

今回は、陰部のニキビについて詳しくご紹介します。参考にしてみてください。

>>>デリケートゾーンやボディのニキビを防いですこやかな肌に!
【ハーバルラビット ナチュラルゲルクリーム(医薬部外品)】はこちら




◆肌らぶ セレクション◆

【PR】
ハーバルラビット ナチュラルゲルクリーム(医薬部外品) 
ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム(医薬部外品)

見えないところまでニキビを防ぎ、すこやかな肌に!
ムダ毛の自己処理や、下着の摩擦や蒸れなどで負担のかかりやすい、デリケートゾーンやボディをすこやかに保つ保湿ジェルです。
ニキビを防ぐ有効成分「グリチルリチン酸2K」、保湿成分「セラミド」「トリプルヒアルロン酸」「コラーゲン」「プラセンタ」を配合。
みずみずしいテクスチャーで肌の角質層までうるおいを与え、肌を整えます。
ほのかに香る野バラの香りと、ハンドクリームのようなキュートなパッケージデザインも魅力的です。

★☆★初回限定価格キャンペーン実施中!★☆★
毎月先着500名様限定で、通常価格の最大40%オフになるキャンペーンを実施中。
通常価格7,000円(税抜)が初回限定価格4,750円(税抜)!60日間返金保障。お得な定期コースもあります。
デリケートゾーンやボディのお手入れは『ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム 』におまかせ。今だけのお得なチャンスをお見逃しなく!

公式HPはこちら

1.陰部にニキビができる3つの原因

陰部 ニキビ 予防 対策 原因 毛嚢炎 炎症

陰部にニキビができる原因として考えられることをご紹介します。

陰部にニキビができる原因①乾燥

陰部 ニキビ 予防 対策 原因 毛嚢炎 炎症

陰部にできるニキビの原因はさまざまですが、原因のひとつとして、肌の乾燥が挙げられます。

陰部は、女性はアンダーヘアを自己処理した後や、ナプキンなどで摩擦の起きやすい部分です。

特に生理の期間などは普段以上に、摩擦などによる肌に負担がかかりやすい状態にあるため、気づかないうちに乾燥しやすい状態になっていることが考えられます。

肌が乾燥すると、角質層と呼ばれる肌表面の水分量が低下し、肌に必要な水分と油分のバランスが崩れがちになってしまうのです。

その結果、陰部も乾燥により肌荒れを起こし、ニキビができやすくなることが考えられます。

陰部にニキビができる原因②陰部の湿気が多い

陰部 ニキビ 予防 対策 原因 毛嚢炎 炎症

陰部にニキビができやすい原因のひとつとして、陰部の湿気が多い状態も考えられます。

一般的に雑菌は、湿気が多い状態で繁殖しやすいと言われているためです。

例えば、運動をして汗だくになった時、生理中にむれてしまっている時などは、陰部の湿気が多い状態になるとされています。

また、女性は下着やストッキング、衣類などの重ね着から陰部に熱がこもり、通気性に乏しい状態になりやすいことも挙げられるでしょう。

陰部にニキビができる原因③陰部を清潔に保てていない

陰部 ニキビ 予防 対策 原因 毛嚢炎 炎症

陰部にニキビができる原因のひとつとして、陰部を清潔に保てていないことも考えられます。

陰部は、経血や尿、おりものなどで、汚れが溜まりやすいとされている部位です。

毎日これらをキレイに洗い流さないと、雑菌が増殖する元となりやすいでしょう。

2.陰部のニキビを防ぐために日常生活で気を付けること

陰部 ニキビ 予防 対策 原因 毛嚢炎 炎症

ここでは、陰部のニキビを防ぎたい方に向けて、日常生活で気を付けてほしいことをご紹介します。

陰部は自分以外、ちゃんとチェックできない部位です。しっかりお手入れしましょう。

①陰部を日常的にチェックする

陰部 ニキビ 予防 対策 原因 毛嚢炎 炎症
日頃から意識的に陰部をすこやかな状態で保てるよう、日常的にチェックしましょう。

女性の場合、陰部を普段から自分で見る習慣のない方がほとんどでしょう。

そのため、陰部の肌の状態に気づかないことが少なくありません。

ニキビができてしまう前に、清潔に保てているか、摩擦で肌に負担がかかっていないかなど、肌の状態をきちんと普段からお風呂上がりなどに鏡でチェックするようにしましょう。

②陰部を清潔に保つ

陰部 ニキビ 予防 対策 原因 毛嚢炎 炎症

陰部を清潔に保つよう心掛けましょう!

汗をかいたら、こまめにシャワーを浴びることができれば一番良いですが、なかなかそうもいきませんよね。

そこで、トイレに流せるデリケートゾーン用のウェットティッシュを持ち歩いて、汗をかいたり生理中で不快感があったりする時にキレイに拭くのもおすすめです。

その際は、強く擦りすぎないよう注意してくださいね。

③シャワーは1日の終わりに浴びる

陰部 ニキビ 予防 対策 原因 毛嚢炎 炎症

必ず、1日の終わりにシャワーをするようにしましょう!

1日の汚れをつけたままの陰部は、とても清潔とは言えないからです。

疲れている時も、陰部・お尻だけはキレイに洗い流すようにしてください。

乾燥や、ムレからくる雑菌などが気になる方は、デリケートゾーン用の石鹸などを使うことも検討してみてくださいね。

⇒デリケートゾーンソープについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
【デリケートゾーンソープおすすめ8選|泡でやさしくケア♡】

④ナプキンはこまめに取り換える

陰部 ニキビ 予防 対策 原因 毛嚢炎 炎症

生理用ナプキンや、おりもの用シートはこまめに取り換えるようにしましょう。

お手洗いに行った時だけではなく、数時間おきに交換しに行くように心掛けてください。

生理中は下着も蒸れやすく汚れやすいので、下着に関しても替えを持ち歩くことをおすすめします。

3.陰部にできるニキビを防ぎたい!デリケートゾーンの洗い方

陰部 ニキビ 予防 対策 原因

ニキビを防ぐためにも陰部はしっかり洗いたいけれど、ゴシゴシ擦ることで肌に傷がついてしまうことも心配ですよね。

優しい力加減で汚れを洗い流すよう、心掛けましょう。

≪デリケートゾーンを洗う際のポイント≫

陰部の皮膚はとても薄く、デリケートなので傷つけないよう丁寧に洗いましょう。

1・清潔な状態の手で、石鹸をたっぷり泡立てる
2・指の腹を使って力を入れずに洗う
3・前から後ろに向かって洗う
4・洗浄成分が肌に残らないよう、丁寧にすすぐ
5・洗い終わったら、清潔なタオルを陰部にあてるようにして水分を吸収する

⇒デリケートゾーンの洗い方について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
【女のたしなみ♡デリケートゾーンの洗い方&お手入れ方法】

4.まとめ

デリケートゾーン ケア ソープ 陰部 ニキビ 予防 対策 原因今回は、陰部にできるニキビの原因や、防ぎ方についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

女性は陰部に何かできると、ニキビといえども不安になりますよね。

陰部を清潔に保つよう心がけることが大切です!少しでも違和感を感じるようでしたら、医師に相談してみましょう。

>>>デリケートゾーンやボディのニキビを防いですこやかな肌に!
【ハーバルラビット ナチュラルゲルクリーム(医薬部外品)】はこちら