2017年11月16日 更新

【ヘアカラートリートメントまとめ】市販&通販おすすめ15選をご紹介!

ヘアカラー トリートメント 選び方 使い方ちらほらと見えてきた白髪への対策や白髪染めのつなぎとして、ヘアカラートリートメントをお考えではありませんか?
ヘアカラートリートメントは、髪を傷めたくない方の白髪ケア方法、またはおしゃれヘアカラーの色味を長持ちさせるための方法としておすすめのアイテムです。

今回は、ヘアカラートリートメントとは何か?という疑問にお答えすべく、ヘアカラートリートメントのメリット・デメリット、ヘアカラートリートメントの選び方、そして肌らぶ編集部おすすめのヘアカラートリートメントのご紹介、使い方のポイントまでまとめてご紹介します!

ヘアカラートリートメントを使いこなして、上手な白髪隠し&ヘアカラーの色味ケアを実践するためにも、ぜひ最後までお読みください。



1. ヘアカラートリートメントとは?

ヘアカラートリートメント 選び方 使い方 メリット デメリットそもそもヘアカラートリートメントとはどのようなアイテムなのでしょうか?

ヘアカラートリートメントとは、ドラッグストアなどで市販されている通常のトリートメントと同じように使用することでヘアケアを行うと同時に髪表面にカラー料を定着させることができるアイテムです。

繰り返し使用することで徐々に白髪やヘアカラーの退色が目立ちにくくなっていきますが、反対に使用を中断するとシャンプーの度に色が落ちていきます。

混合肌「じゃあ、ヘアカラートリートメントを使用すれば、髪を染めなくてもヘアカラーを楽しむことができるの?」と思うかも知れませんが、残念ながらヘアカラートリートメントの着色は、黒髪にはほとんど感じられません。そのため、ヘアカラーをしたことのないバージン毛や、暗い色味のヘアカラーを行っている髪にはおすすめできません。

ヘアカラートリートメントは、白髪を染めたいという方や、ブリーチをして元の髪色よりも明るくなっている髪に色味を付けたい、という方におすすめなのです。
1-2.ヘアカラートリートメントのメリット・デメリット
エラ張り 似合う髪形 髪型 四角 輪郭 ヘアスタイル ショート ボブ ロング アップスタイル 似合う 似合わせ 前髪 パーマ ヘアカラーヘアカラートリートメントの使用ポイントなどをご紹介する前に、まずはヘアカラートリートメントのメリットとデメリットについてご説明します。

ヘアカラートリートメントには、メリットとデメリットがあります。

よい面もあまりよくない面も理解した上で使用することで、ヘアカラートリートメントのデメリットをカバーすることにつなげましょう。

①ヘアカラートリートメントのメリット

ヘアカラートリートメント 選び方 使い方 メリット デメリットヘアカラートリートメントのメリットは、髪をトリートメントしながら、白髪&ヘアカラーのケアまでできることです。

ヘアカラートリートメントは、トリートメントしながらのケアなので、髪をできるだけ傷めたくない方におすすめの白髪&ヘアカラーのケア方法といえるでしょう。

髪をすこやかに保つことを重視したとき、最もおすすめしたい白髪&ヘアカラーケア方法なのです。

②ヘアカラートリートメントのデメリット

ヘアカラートリートメント 選び方 使い方 メリット デメリットヘアカラートリートメントのデメリットは、一度の使用ではあまり色味の定着が望めないということです。
でもそれは言い換えれば、自然に少しずつ変化していくので、白髪ケアの場合は周囲に気づかれにくいということです。

ぜひお気に入りのヘアカラートリートメントを見つけて、自然な白髪&ヘアカラーケア方法として役立ててください。

2. ヘアカラートリートメントの選び方

恋愛 対象この章では、ヘアカラートリートメントの選び方をご紹介します。