2017年12月12日 更新
【PR】

髪の毛サラサラ!憧れヘアになる方法&アイテムを今すぐ知ろう

髪の毛 サラサラ1

髪の毛がサラサラ~と風になびいている女性って、つい見とれてしまいますよね!

まさに、髪美人の象徴!とも言える、憧れのサラサラヘア。

「指通りの悪い髪の毛をサラサラにしたい」「せっかくなら髪の毛を綺麗にのばしたい」など、さまざまな髪の毛の悩みに向けて、髪の毛をくし通りのよいサラサラな状態にするための方法を、基本編とおすすめアイテム編に分けてご紹介していきたいと思います。

サラサラの髪の毛が印象的な女性になるために、早速チェックしていきましょう!

1.くし通りのよいサラサラの髪の毛を目指す方法

髪の毛 サラサラ髪の毛サラサラ!を目指すためにも、分かりやすくヘアケア編とおすすめアイテム編に分け、ご紹介していきます。

ヘアケア編では、髪の毛のくし通りをよくしサラサラ感を手に入れるためにやっておきたい日常でできることをお伝えします。

アイテム編では、ヘアケアに加えて行うともっと良い状態を目指していくことができるような、おすすめのヘアケアアイテムをご紹介していきたいと思います。

ぜひ合わせてご覧くださいね!

サラサラの髪の毛を目指すために①ヘアケア

髪の毛のくし通りをよくしサラサラにするために今すぐできる、簡単な方法からご紹介していきたいと思います!

当たり前のことをお伝えしていくかもしれませんが、実はこの当たり前のことがとても大切なポイントなのです。普段できているかを確認するつもりでご覧いただければと思います。

① 髪の毛のブラッシングは丁寧に行う

髪の毛 サラサラ髪の毛は、どんなときも丁寧にとかすことを心がけましょう!
綺麗にとかしてこそ、サラサラの髪の毛を目指すことができます。

髪の毛が絡まってしまっても、無理矢理とかすことだけは絶対に避けましょう。

髪の毛が絡まってしまった場合は、絡まりをやさしくほぐしてからとかしてください。

髪の毛はどんなときも毛先からとかし、毛先がスムーズにとかせるかを確認した上で、上から下へと髪の毛の流れにそってとかしていくことが大切です。

キューティクルの向きに合わせて上から下へ丁寧にブラッシングをすることで、ツヤのあるサラサラの髪の毛に見せることができます。

また、朝のスタイリング時はもちろん、お風呂に入る前にもこの方法でブラッシングする習慣をつけましょう。

髪の毛をしっかりととかしておくことで、事前に髪の毛の絡まりを防いで、綺麗に洗うための準備が整います。

② 髪の毛は指の腹を使って洗う

髪の毛 サラサラ髪の毛はしっかりと濡らしてから、指の腹を使ってやさしく洗いましょう。

爪を立てて洗ってしまうと、髪の毛や頭皮が傷つくことも考えられます。

頭皮を指の腹でやさしくほぐしながら洗うことで、不要な汚れを浮かしやすくなります。

シャンプーで不要な皮脂などの汚れを丁寧にしっかり落とすことが、サラサラの髪の毛を目指す第一歩です。

③ 髪の毛はしっかりと乾かす

髪の毛 サラサラサラサラの髪の毛を保つためにも、髪の毛はしっかりと乾かしてあげましょう。

シャワー後などの濡れた髪の毛は、キューティクルがはがれやすい状態になっています。
キューティクルがはがれた髪の毛は、うるおいを保ちにくくなるので、乾燥が進んでしまうことが考えられます。

サラサラの髪の毛を目指すうえで、『乾燥』は大敵です。
乾燥した髪の毛はまとまりづらく、枝毛や切れ毛なども目立ちやすくなってしまいます。

シャワーやお風呂などで髪の毛が濡れたら、自然乾燥などはせずに、できる限り早めに乾かすようにしましょう。
ドライヤーは、キューティクルに沿って上から下へあてます。
髪の毛 サラサラ
★乾かす時は必ず、髪の毛とドライヤーの距離をとるようにしましょう。
髪の毛 サラサラ

サラサラの髪の毛を目指すために②アイテム

ここからは、上記でご紹介した髪の毛のくし通りをよくしサラサラにする方法を実践する際に使っていただきたい、肌らぶ編集部おすすめのアイテムをご紹介します。

【 ブラッシングにおすすめのヘアブラシ】

メイソンピアソン ポケットブリッスル ダークルビー
メイソンピアソン 髪の毛 サラサラ豊富なブラシの種類を取り揃えている『メイソンピアソン』の中で今回おすすめしたいのが、こちらのポケットブリッスル ダークルビー

小さめサイズのブラシですので、持ち運びにもとっても便利です。
ブラシの毛が植えつけられている部分がクッションパッドになっており、ブラッシングの際に頭皮へ程よい刺激を与えてくれます。
ブラシ部分には、髪との摩擦が起きにくいといわれる猪毛を100%使用しています。
猪毛などの動物の毛はとかすときの静電気をが起きにくいので、サラサラの髪の毛を目指す方にぜひ使っていただきたい一品です。

公式HPはこちら(大)

【サラサラ髪を目指すためのおすすめシャンプー&コンディショナー】

ウェン ベーシックセット
ウェン ベーシックセットプロアクティブのGUTHY RENKER JAPANの新発想のヘアケアwen(ウェン)のベーシックセットです。

クレンジングコンディショナーは、シャンプー・頭皮ケア・リンス・コンディショナー・トリートメントの5つの役割を持つ新感覚のクリームで、すっきりと洗い上げます。自宅でヘッドスパ感覚を味わうことができるでしょう。
クレンジングコンディショナーとリペアリングジェルを使うことで、頭皮から毛先までうるおいを与えてすこやかに保ちます。
アーモンド・ラベンダー・ザクロ・キューカンバーの4つのフレーバーがあるので、気分に合わせてセレクトするのも楽しいですね。

公式HPはこちら(大)

【髪の毛にうるおいを与えるおすすめヘアオイル】

リピア ミューズ パーフェクトヘアオイル
リピアミューズ パーフェクトヘアオイル 髪の毛 サラサラ指どおりの良いサラサラヘアに整えつつ、まるで香水のように髪に香りをまとわせるヘアオイルです。

「アルガンオイル」「ツバキ種子油」など12種類の植物オイルを保湿成分として配合し、髪にしっとりとしたうるおいを。さらに傷んだ髪のキューティクルをコーティングしてぴったりと密着。
髪になじませてもべたつきは感じにくく、つややかでまとまりのある髪に仕上げます。
さわやかなフローラルガーデンの香りの『Anna(アンナ)』、甘さを感じるオリエンタルビーチの香りの『Ella(エラ)』の2種類を展開。
香水代わりとして、その日の気分によって使い分けるのも楽しそうですね。

公式HPはこちら(大)

【サラサラのな髪の毛のためのおすすめ低温ドライヤー】

低温トリートメントドライヤー
低温トリートメントドライヤー 髪の毛 サラサラ60°Cの熱で髪の毛を乾かす、低温タイプのヘアドライヤーです。

朝のブローにも便利。サイクロン式の送風システムで、パワフルな風を髪の毛全体に届けて水分を飛ばします。
なるべく早く髪の毛を乾かしたい方にもおすすめです。
今なら公式HPから簡単なアンケートに答えるだけで、通常価格の5,000円引きで購入することができます!
また電力が強いため故障しやすいといわれるドライヤーのために、無料修理・点検サービスも整っているのも嬉しいですね。

公式HPはこちら(大)

2.髪の毛をくし通りよく、サラサラにするための洗い方

髪の毛をくし通りよくサラサラに保つ上で、髪の毛を洗う大切さを先ほどお伝えしましたが、より分かりやすく髪の毛の洗い方についてご紹介していきたいと思います。

2-1.シャンプー量の目安

シャンプー量は、多すぎず少なすぎない、ちょうどいい量を手に取るように心がけましょう。

~シャンプー量の目安~
★ショートヘア→1~2プッシュ目安
★ミディアムヘア→2プッシュ目安
★ロングヘア→2~3プッシュ目安

まずは、この量を目安にしてシャンプーを行うようにしていきましょう。
整髪料等が落ちにくい場合などは、その都度調節することをおすすめします。

2-2.髪の毛をサラサラにする洗い方

それでは、髪の毛をサラサラにする洗い方を見ていきましょう!

① 髪の毛をブラッシングする

ヘアケア髪の毛をスムーズに洗うためにも、まずはブラッシングをしましょう。

髪の毛の絡まりがある場合は、ほどいておくことが大切です。
髪の毛が濡れた状態で絡まりをほどこうとすると、髪の毛に過度な負担がかかってしまうことが考えられます。

絡まりをほどいた上で、上から下へとやさしくブラッシングして髪の毛の流れを整えておきましょう。

② 髪の毛を素洗いする

ヘアケア髪の毛をしっかりとブラシでとかしたら、お湯で髪の毛を素洗いしましょう。

シャンプーをする前にお湯で素洗いしておくことで、髪の毛の表面の汚れを浮かせ、汚れを洗い落とすための準備をすることができます。

髪の毛にただシャワーをあてるだけでなく、手を使ってやさしくすすいでおきましょう。

③ シャンプーを軽く泡立てる

ヘアケアシャンプーは軽く泡立ててから、髪の内側の何ヶ所かに分けて付けていくようにしましょう。
手のひらに取ったシャンプーを髪の毛にそのままベタっと付けるのではなく、あらかじめ軽く泡立ててから頭にのせます。

先ほどご紹介したシャンプーの量を、髪の毛の長さに合わせて手に取り、洗顔料を泡立てるときのように、ぬるま湯を含ませながら少しずつ泡立てましょう。

④ 指の腹を使ってやさしく洗う

ヘアケア地肌を意識しシャンプーを分けて付けたら、次に指の腹を使ってやさしく揉み込んで洗っていきましょう。
爪を立ててしまうと地肌が傷つくこともありますので、必ず指の腹で洗ってくださいね。

⑤ ぬるま湯でしっかり洗い流す

ヘアケアシャンプーでしっかりと髪の毛を洗ったら、指の腹を使って地肌や髪の毛に馴染ませたシャンプーを洗い流していきます。

洗い残しはかゆみやフケの原因にもなりますので、耳の裏等も洗い残しがないよう十分にすすぎましょう!

3.まとめ

髪の毛 サラサラ今回は、髪の毛をくし通りよくサラサラにするための基本編と、おすすめアイテム編に分けてご紹介しました。

日常生活でのヘアケアに加えてアイテムもしっかり選んで使うことで、よりサラサラと風になびくような髪の毛を目指していくことができます。

今日からできるものばかりですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コスパのよさで選ぶなら断然コレ!「サロニア ダブルイオン ストレートアイロン」>>

ヘアケア 関連記事

髪の毛のパサパサ対策してる?おすすめシャンプー&オイルはコレ

うっとりさらツヤ髪に♡ストレートヘアアイロンおすすめ3選

【2017年】肌らぶ編集部注目シャンプーはこれだ!