2017年8月4日 更新

今すぐできる!唇のガサガサのお手入れ方法をご紹介

唇 ガサガサ気が付くと唇がガサガサで皮が剥けている。笑うと唇がすぐに切れる。唇がガサガサで縦シワが目立ち、人の視線が気になったりして、唇をなめたりしていませんか。

実は、普段の何気ない行動が唇のガサガサはよくなりません。悪くなる前に唇ケアをすることで、唇のガサガサを少しでも良くしていきましょう。

今日は、唇をガサガサにしてしまう行動や自宅で簡単に行える唇ケア、唇が荒れてしまう主な原因などをご紹介します。



1.唇がガサガサになるのを防ぐために、今日から出来る行動

唇 ニキビ1ガサガサした唇は、普段の生活で少し気をつけるだけで防ぐこともできる、とされています。この章では、唇がガサガサになるのを防ぐために、今日からできる行動をご紹介します。ぜひ、実践してみてくださいね。

1-1.唇を舐めないようにする

唇 舐める唇が乾燥しているな、と感じると、無意識のうち唇をなめてしまうことがあります。しかし、唇をなめると唇にある油分をなめとってしまうことになり、かえって唇が乾燥し、ガサガサになってしまうこともあるとされています。

唇が乾燥しているな、と感じたら舐めずにリップクリームを使用しましょう。

1-2.リップクリームを塗り過ぎないようにする

すっぴんメイク 方法リップクリームを何度も塗ると、リップクリームを塗る時の摩擦で唇に負担を与えてしまう事があります。リップクリームを塗る際は、力を入れずに滑らせるようにして塗ることをおすすめします。

また、冬場はリップクリームが固くなってしまうことがあります。塗る前に少し温めてから塗ると、唇への摩擦を減らすことができるとされています。

1-3.唇の日焼けをしないようにする

唇 荒れる 原因紫外線による日焼けが原因となり、唇がダメージを受けてしまうこともあるとされています。
外出する際は、普段使用しているリップクリームをUVのあるものに変更してあげるなど、工夫しましょう。

1-4.唇が乾燥しないようにする

リップケア おすすめご飯を食べた後にウェットティッシュや紙ナプキンなどで唇を拭くときにも気をつけましょう。
唇を拭くときには、アルコールが含まれていないウェットティッシュを使用するか、紙ナプキンを使用しましょう。

紙ナプキンは、軽く押しながら使用する「押し拭き」をおすすめします。力任せに擦る様にして拭いてしまうと、摩擦が唇に負担を与えてしまうこともあるようです。

1-5.食生活を見直す

食事おでこ唇がガサガサしたり、荒れたりするのはビタミンB2の不足が原因とも言われています。唇に限らず、肌やからだの健康を維持するには、沢山ある栄養素の中でも特に必要なビタミンB2を取り入れることが大切だとされています。

唇の乾燥が気になってしまう前に、食生活にも気を付けてみましょう。

2.乾燥しがちな唇のセルフケア方法

リップケア おすすめ唇が乾燥しがちだと感じたら、自宅で自分でできるお手入れ方法を試してみてください。
この章では、「リップパック」と「マッサージ」をご紹介します。

2-1.リップパック

唇 黒ずみ●準備するもの

・ワセリン
※ワセリンが無いときは、リップクリーム(普段使用のもの)で代用可能です。
・食用品ラップ
・蒸しタオル

●やり方

①ワセリンを指で唇全体につけます。塗るのではなく、指でワセリンをのせていきます。
②ラップを唇全体が覆いかぶせる大きさに切り、唇にはります。
③蒸しタオルをラップの上からあてて、1分間まちます。

【ポイント】

ぷるぷる感が足りない方は、ラップと蒸しタオルの時間を5~10分に変更しましょう。

2-2.砂糖スクラブマッサージ

口周り 乾燥砂糖を混ぜたスクラブマッサージをして、古い角質を落としてあげましょう。

ただし、唇は通常の皮膚に比べて薄く出来ているので、スクラブマッサージしすぎると唇を傷つけてしまう恐れがありますので、やり過ぎにご注意ください。

●準備するもの

・砂糖 大さじ1
・はちみつ 大さじ1
・オリーブオイル 小さじ1
・ワセリン 小さじ1/2

●やり方

①砂糖とはちみつを混ぜ合わせます。
②ワセリンを追加して、しっかり混ぜます。
③オリーブオイルを少しずつ追加して、好みの固さになるまで混ぜていきます。
④出来上がったもので唇をマッサージしていきます。小さな円を描きながらクルクルしていきます。
⑤優しく洗い流します。

【ポイント】

作った砂糖スクラブは、1週間で使い切るようにしましょう。オイルが酸化してしまうと、唇に思わぬ負担となることもあります。

3.まとめ

唇のケアは、普段から心がけて行うことが大切です。
唇の乾燥が気になったら、こまめな唇ケアをする事が大切です。まずは、リップパックをしてみましょう。乾燥した唇に潤いを与えてくれますよ。

ぷるぷる唇を目指して、いつまでもきれいな女性を目指していきましょう。