2017年10月10日 更新
【PR】

え、肩にニキビ?!4つの原因とケアポイントを詳しく解説!

肩 ニキビ

「どうして肩にニキビが?」「顔にできるニキビと原因は一緒なの?」と不思議に思っていませんか?

肩や背中のニキビは自分の視界に入りづらく、発見が遅れがちです。一方で、意外と他人からはよく見える箇所なので気になるところでもありますね。

今回は肩にできるニキビの4つの原因と、気をつけるべきポイントをまとめました。
正しくケアをしてあげることで繰り返しできるニキビを予防することができます。

ぜひ参考にしてみてください!

肩や全身のニキビ予防に!保湿ジェル『Jitte+(ジッテプラス)』はこちら>>>




◆肌らぶ セレクション◆

【PR】
Jitte+ (ジッテプラス)【医薬部外品】
jitte

肩などのボディのお手入れに使いやすい、ニキビを防ぐオールインワンゲル『Jitte+(ジッテプラス)』です。

ニキビを防ぐ有効成分「グリチルリチン酸2K」や、独自の保湿成分「アクシア-トリプルヒアルロン酸」を配合。みずみずしいテクスチャーで皮膚の厚いボディの角質層までしっかりとうるおいを与え、つるんとなめらかな肌に整えます。
また、保湿成分「ビサボロール」が肌の水分と油分のバランスもすこやかに保ちます。
もちろん顔も含め全身にまで使えますよ。

初回限定907円(税抜)送料無料で購入できる、お得な定期コースを用意&90日間の返金保証付き。『Jitte+』で、出したくなるようなキレイな肩を目指しませんか?

公式HPはこちら(大)

1.肩にニキビができる4つの原因と予防法

肩 ニキビ

ニキビとは、何らかの原因で毛穴が詰まり、詰まった毛穴の中で菌が増殖することで起こる炎症だと考えられています。

メカニズムは一緒でも、ニキビができる原因となる「習慣」は体のパーツによってそれぞれです。

そこで、ここでは肩にニキビを作らないために、肩にニキビができる主な4つの原因と予防法をご紹介します。

肩ニキビ原因① 肩こり

肩 ニキビオフィスでパソコン作業をしていると、感じることの多い肩の「こり」や「はり」。肩こりを感じると、ついつい手でもんだりマッサージしたりしませんか?

肩こりを緩和させるために無意識に手でさすりがちですが、直接触れることで雑菌が繁殖してしまう原因になることがあります。

また、強く押したりこすったりすることで、肌に摩擦が起きて負担を与えてしまうことにもつながってしまいます。

≪対策≫

  • 姿勢を正す

座るときは浅く腰掛け、背筋を伸ばします。目が疲れて焦点が合いづらくなると、無意識に前のめりになるので気をつけましょう。

  • ストレッチ

デスクワーク中は1時間に1回程度ストレッチを取り入れましょう。
ぐるぐると肩を回したり、深呼吸しながら両肩を上げ下げすることでリフレッシュにもなります。

  • 適度な運動

ジョギングなど適度な運動を日常に取り入れましょう。血行が良くなるだけでなく、筋肉量の低下を防ぐことで姿勢を維持しやすくなると考えられています。

肩ニキビ原因② 洗い残し・すすぎ残し

肩 ニキビ

毎日のバスタイムで気を付けたいのは、「洗い残し」・「すすぎ残し」です。

顔やニオイが気になる部分は丁寧に洗っても、手の届きにくい背中から肩にかけてはつい適当になって汚れを洗い残してしまいがちです。
また、体を洗った後に髪を洗うと、シャンプーやトリートメントが肩に落ちてすすぎ残しになり、毛穴に詰まりやすくなってしまいます。

≪対策≫

  • 洗い残し

体を洗う前には十分にかけ湯をすると、肌が柔らかくなり汚れが落ちやすくなります。

  • すすぎ残し

最初に髪を洗い、肩からつま先へ順に体を洗うとすすぎ残しを防ぎやすくなります。
特にロングヘアの方はヘアケア用品の使用量が多く、髪がダイレクトに肩に当たるのですすぎ残しに気を付けてください。

肩ニキビ原因③ 汗

肩 ニキビ

洋服で覆われているため汗などで蒸れやすい部分のひとつである肩は、雑菌が毛穴の中で増えやすいとも考えられています。

さらに背中は皮脂が多く分泌されやすいゾーンなので、肩の背面側にはニキビができやすくなってしまうのです。

≪対策≫

汗は完全にふき取ってしまうと体温調節ができなくなったり、乾燥してしまうことがあります。ウェットシートなど濡れた物で優しく押さえるように拭き、清潔な状態を保ちましょう。
寝具は通気性の良い素材を選び、こまめに変えるのがオススメです。

肩ニキビ原因④ ストレス

肩 ニキビ

ストレスを感じ続けると皮脂がでやすくなり、ニキビができる原因になることがあります。
また、精神的に落ち着かなくなると暴飲暴食や睡眠不足など生活が乱れやすくなりますが、これもニキビができる原因になってしまうことがあります。

≪対策≫

趣味をもったり友人と語らうなど意識的にリラックスタイムを作りましょう。十分な睡眠、適度な運動など生活習慣を見直すことも、ストレスの軽減につながります。
肌の生まれ変わりをサポートする以下の栄養素を中心に、バランスの良い食生活を心がけましょう。

2.もし肩にニキビができてしまったときのケアポイント

肩 ニキビ

「洋服で隠れているから大丈夫」。そう思いがちな肩のニキビですが、黒ずみなどの「跡」が残りやすい箇所だといわれているのをご存知でしょうか。

「跡」は、ニキビが摩擦や紫外線などの負担から肌を守ろうと、メラニン色素がつくられて起こると考えられています。

もし肩にニキビができてしまったら、跡を残さないために以下のことを避けましょう。

①接触

肩 ニキビ

肩は、下着のヒモやバッグの持ち手による摩擦が多い部分です。
できるだけニキビに当たらないよう、手提げタイプのバッグを持つなど工夫しましょう。

②紫外線

肩 ニキビ

肩に紫外線による負担を与えないためにも、UV加工されている衣類を選ぶ、日傘をさすなど持ち物で紫外線を避けましょう。

3.肩のニキビ跡を隠すオススメのコスメ

肩 ニキビ

それでは、すでにできてしまった肩のニキビ跡はどうすれば良いのでしょうか。
クリニックに相談する方法もありますが、結婚式などの特別な日だけ隠したい場合にはコスメの力を借りる方法もあります。

ここでは、肌らぶ編集部おすすめのコンシーラーをご紹介します。
広い部分にも塗りやすいように、伸びのいいクリームタイプのコンシーラーを選びました。

DHC 薬用アクネケアコンシーラー(医薬部外品)

DHC薬用アクネケアコンシーラーDHC薬用アクネケアコンシーラー価格:1,429円(税抜)
容量:10g
全2色/SPF22・PA++

ニキビを予防しながらニキビ跡や色ムラなどを隠す、DHCの薬用アクネケアベースメイクシリーズの薬用コンシーラーです。

ニキビなどで凹凸が気になる肌にもぴったり密着してヨレにくく、ベタつかないさらさらのテクスチャー。
ナチュラルでなめらかな「つるサラ肌」を目指します。
少量でも良く伸び、しっかりとカバーしてくれる、肌なじみの良いアイテムです。
SPF22・PA++で、紫外線からも肌を保護します。

ニキビを防ぐ成分として、イソプロピルメチルフェノールを配合。
無香料、パラベンフリーです。

公式HPはこちら(大)

4.まとめ

オールインワン化粧品 人気

肩や背中にできたニキビは服を選べば隠せます。でも、結婚式など露出が増える特別なシーンでは少し困ってしまいますね。

せっかくのハッピーなシチュエーションを100%楽しむためにも、肩にできるニキビは原因をしっかり知って予防していきましょう!

肩や全身のニキビ予防に!保湿ジェル『Jitte+(ジッテプラス)』はこちら>>>