2019年7月30日 更新

【敏感肌の方へ】おすすめ化粧水と選び方・お手入れのポイント

敏感肌 化粧水 ランキング おすすめ 市販 化粧品 プチプラ 人気

「敏感肌の私でも使える化粧水はどれだろう。どうやって選べば良いんだろう?」とお悩みではありませんか?

敏感肌の方に大切なのは、スキンケアの基礎となる保湿をしっかり行い、かつ自分の肌に合う化粧品でお手入れを行うことです。

そこで今回は、敏感肌の方におすすめしたい毎日のお手入れポイントや、おすすめの化粧水をご紹介します。

1.敏感肌の原因

敏感肌 化粧水 ランキング おすすめ 市販 化粧品 プチプラ 人気はじめに、「敏感肌」について少しお話します。

「敏感肌」とは一般的に、肌の乾燥が進み角質層が乱れているために外部からの負担を感じやすくなっていて、デリケートな状態にある肌のことを指す場合が多いようです。

肌が敏感になる主な原因のひとつとして、肌の水分・油分の極端な不足があげられます。

水分・油分の不足は、日ごろの生活習慣(睡眠不足やストレスなど)やスキンケアの方法による影響が大きいと言われています。
つまり、生活習慣を見直しつつ、乾燥してしまった肌状態に合わせたお手入れ(水分+油分の補給)を行うことで、肌のキメを整え、肌をすこやかに保ちやすい状態を目指すことが大切といえるでしょう。

2.敏感肌の方におすすめ!保湿化粧水

それではさっそく、肌らぶ編集部から敏感肌の方へおすすめしたい化粧水をご紹介します。

敏感肌の方でも試しやすいよう、今回はトライアルセットが販売されている化粧水を選びました。
肌に合う化粧水を見つけるための参考にしてみてくださいね。

dプログラム
バイタルアクトローションW(医薬部外品)

dプログラム バイタルアクトローション 敏感肌 化粧水
価格:4,500円(税抜) 内容量:125mL
トライアルセット:1,300円(税抜)
パラベンフリー、エチルアルコールフリー、無香料

肌に合わせて4種類のシリーズから選べる資生堂の敏感肌向けスキンケアブランド『dプログラム』の薬用保湿化粧水です。

かさつきやごわつきが気になる肌にうるおいとハリを与え、自信あふれるうるおい肌をサポート。資生堂独自の「トータルバランス保湿設計」によって肌へのなじみのよさを実現し、みずみずしいうるおいのある肌を保ちます。
乾燥肌の方はもちろん、肌が荒れやすいという方もぜひお試しください。

清潔に付け替えできるように設計されたレフィルも販売されているので、お得かつエコに使い続けたい方にもおすすめ。
Ⅰ(みずみずしいタイプ)とⅡ(しっとりタイプ)の2種類展開。
使用感の好みや肌状態に合わせて選びましょう。

詳細をチェック!

3.敏感肌の方が化粧水を選ぶポイント

「敏感肌」という自覚のある方の中には、化粧水をどう選べばいいかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この章では、そんな方にぜひ一読していただきたい、化粧水を選ぶ際のちょっとしたポイントをお伝えします。

3-1.保湿成分が配合された化粧水を選ぶ

敏感肌 化粧水 ランキング おすすめ 市販 化粧品 プチプラ 人気肌をすこやかに保つためには、いうまでもなく「保湿」が重要です。
「保湿」に着目した化粧水を選ぶとともに、どんな保湿成分が配合されているかを事前にチェックしておくのもよいでしょう。

以下は化粧水に配合されることの多い代表的な保湿成分の例です。
ぜひ参考にしてみてください。

★保湿成分の一例
セラミド
ヒアルロン酸
コラーゲン
・アミノ酸
・エラスチン など

3-2.合わない成分を把握し、全成分表記をチェックする

敏感肌 化粧水 ランキング おすすめ 市販 化粧品 プチプラ 人気敏感肌の方が化粧水を選ぶ際のポイントのひとつとして、まず自分の肌に合わない成分をしっかり明確にした上で、全成分表記を確認するということもあげられます。

敏感肌以外の肌の方にもいえることですが、人によっては肌に合わない成分がある場合もあります。
今まで使ってきた化粧水の配合成分を確認し直してみるのもよいでしょう。

どの成分が合っていないのかわからないという方は、肌に合わない成分と出会う確率を少しでも少なくするために、なるべく配合成分がシンプルな化粧水を選ぶのも一つの手段です。

なお、新しい化粧水を使い始めるときはパッチテストを行い、問題がないかを確認しましょう。

4.敏感肌をすこやかに保つためのポイント

肌をすこやかに保つためには「肌の保湿」と「肌の保護」が何よりも重要です。
そのために意識していただきたい、お手入れのポイントをお伝えします。

4-1.化粧水だけでなく乳液やクリームも使う

敏感肌 化粧水 ランキング おすすめ 市販 化粧品 プチプラ 人気敏感肌以外の方にも言えることですが、化粧水で水分を補った後は、乳液やクリームを使用し、「油分」を与えることも忘れないようにしましょう。

敏感肌のお手入れで特に大切なのは、これまでにもお伝えしている通り「保湿」を重視することです。
肌に適切な「水分」と「油分」を補って保湿することで、肌を整えてすこやかな状態に近づけることができます。

肌がすこやかに保たれていれば、肌荒れの予防なども期待できます。

4-2.シンプルなお手入れを心がける

敏感肌 化粧水 ランキング おすすめ 市販 化粧品 プチプラ 人気肌が敏感になりやすいと感じるときは、スペシャルケアなどをいきなり行わず、極力シンプルなケアを心がけるとよいでしょう。
皮膚は、時に複雑な化学構造のものに敏感に反応してしまうことがあると言われているからです。

「美容液を何本も使う」などのお手入れは避け、できるだけシンプルなスキンケアを行いましょう。

5.まとめ

敏感肌 化粧水 ランキング おすすめ 市販 化粧品 プチプラ 人気敏感肌のお手入れにおいて重視すべき「保湿」に欠かせない化粧水。自分に合った化粧水で、スキンケアの基礎である保湿ケアをしっかり行いましょう。

初めて使う化粧水は、トライアルセットなどを活用して試してみてくださいね。

自分自身の肌状態を理解して、肌悩みの少ないすこやかな肌を目指しましょう!

作成者情報

肌らぶ編集部
キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください!