2017年5月19日 更新

髭の剃り方でカミソリ負けしない肌に!4つのポイント

髭 剃り方

髭剃りは、男性であればほとんどの方が定期的に行いますよね。でも、その髭の剃り方は合っていますか?

髭の剃り方が適当だったり間違っていたりすると、剃り残しやカミソリ負けを起こしてしまう可能性があります。
そこで今回は、きれいに髭を剃るためのポイントと、肌らぶ編集部おすすめの髭の剃り方をご紹介します。


1.きれいに髭を剃るための4つのポイント

髭 剃り方

きれいに髭を剃るためには、いくつかのコツがあります。

ここでお伝えする4つのポイントを押さえて、カミソリ負けしないきれいな髭の剃り方を覚えましょう!

ポイント1.事前に髭を濡らし、やわらかくしておく

髭 剃り方

髭を剃る前に、まずは髭をしっかりと濡らしておくようにしましょう。

髭は水分を吸収するとやわらかくなり、剃りやすくなるといわれています。乾いた状態の髭はとても硬く、そのまま剃ると肌に負担がかかり、カミソリ負けや肌荒れ、剃り残しなどの原因となることがあります。

朝のシャワー後や洗顔後に髭を剃るのがおすすめです。

ポイント2.シェービングクリームを使用する

髭 剃り方

髭を剃るときは、シェービングクリームを使用するようにしましょう。

シェービングクリームは、カミソリやシェーバーの刃と皮膚の間でクッションのような役割を果たしてくれる重要なアイテムです。シェービングクリームを髭剃り前に塗ることで、肌への負担を緩和してくれることが期待できます。

シェービングクリームには、フォームタイプやジェルタイプ、オイルタイプなどさまざまな種類があるので、自分の肌にあった使いやすいものを選ぶとよいでしょう。

ポイント3.切れ味がよく清潔なカミソリを使用する

髭 剃り方

カミソリやシェーバーはいつでも清潔に保ち、切れ味のよい刃のものを使うようにしましょう。カミソリやシェーバーを不衛生な状態のまま放置しておくと、雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

また、切れ味の悪くなった刃で無理に髭を剃ろうとすると、肌に負担がかかったり、ケガの原因となったりすることがあります。

髭剃り後はカミソリやシェーバーをきれいにし、刃はこまめに交換するようにしましょう。毎日髭剃りを行う方なら、1週間に1回程度は刃を交換した方がよいといわれています。

ポイント4.髭剃り後は肌を保湿する

髭 剃り方

髭を剃ったあとは、アフターケアとして肌の保湿を行うようにしましょう。

髭を剃るとどうしても肌の表面の角質が削り取られ、肌が傷つきやすくなってしまいます。それをそのまま放っておくと、カミソリ負けや肌荒れを引き起こす原因となってしまうことがあるためです。

髭剃りが終わったらシェービングクリームをしっかりと洗い流し、化粧水やアフターシェーブローションなどの保湿アイテムを使用して肌にうるおいを与えるようにしましょう。

ニキビができやすい方や皮脂が出やすい方は、化粧水やローションなどの水分が多い保湿アイテムを使用するのがおすすめです。

逆に、カミソリ負けしやすい方や肌の乾燥が気になる方は、化粧水やローションに加え、乳液やクリームなどの油分が含まれた保湿アイテムも使用するようにしましょう。

使い分けるのが面倒なときは、化粧水や乳液、クリームの役割を1つでまかなえるオールインワンタイプをおすすめします。

2.髭の剃り方|カミソリ編

髭 剃り方

それではさっそく、上記4つのポイントを押さえたうえで、肌らぶ編集部おすすめの髭の剃り方をお伝えしていきます。

まずは、カミソリを使った髭の剃り方をご紹介します。

【カミソリを使った髭の剃り方】

① 顔を洗うかシャワーを浴びるなどして、髭とその下の肌を濡らしてやわかくします。時間に余裕があるときは、さらに蒸しタオルを髭にあてると、蒸気によってより髭と肌がやわらかくなることが期待できます。

② シェービングクリームを剃る箇所に満遍なく塗ります。

③ 比較的やわらかめの髭が生えやすい頬やもみあげに近い部分の髭を剃っていきましょう。このとき、毛の流れに沿って髭が生えている方向に剃ることがポイントです。

髭 剃り方

④ やや硬い髭の生えやすいあごや鼻の下などを剃っていきます。首の毛を剃る場合は、あごを剃る流れで剃ります。このときも③と同様、毛の流れに沿って髭が生えている方向に剃るようにしましょう。

髭 剃り方

⑤ しっかりと深剃りをしたいときは、毛の流れに沿って剃ったあとに逆剃りをするようにしてください。このとき、毛が生えている角度に対して45度程度の角度で剃るようにすると、肌への負担が軽減できます。

髭 剃り方

⑥ 肌に残っているシェービングクリームをぬるま湯で洗い流します。すすぎ残しは肌荒れなどの原因となることがあるため、しっかりと洗い流すようにしましょう。

⑦ 化粧水や乳液、アフターシェーブローションなどの保湿アイテムを肌に伸ばし、手のひらでなじませます。保湿アイテムを肌になじませるときは、けっしてパチパチと肌を叩いたりせず、やさしく押さえるようにしましょう。

3.正しい髭の剃り方|電気シェーバー編

髭 剃り方

続いては、電気シェーバーを使った正しい髭の剃り方をご紹介します。

電気シェーバーは、乾いた状態でそのまま使用する“ドライシェービング”ができることがメリットの1つでもあります。
しかし、肌への負担を軽減するためにも、電気シェーバーを使用する際も髭を濡らし、シェービングクリームをつける“ウェットシェービング”を行うことをおすすめします。

【電気シェーバーを使った髭の剃り方】

① カミソリのときと同じように、洗顔やシャワーなどで髭を濡らし、やわらかくしておきます。

② シェービングクリームを剃る箇所に満遍なく塗ります。

③ 毛を逆立てるイメージで、毛の流れとは逆に向かって剃っていきます。このとき、シェーバーは肌に垂直にあたるようにしましょう。カミソリのときと同様に、頬・もみあげ→鼻の下・あご・首の順番で剃りましょう。

髭 剃り方

④ 肌に残ったシェービングクリームを洗い流したら、保湿アイテムを使ってしっかりとアフターケアを行いましょう。

4.最後に

髭 剃り方

正しい髭の剃り方をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

髭剃りはどうしても肌に負担がかかりやすい行為です。しかし、髭剃り後の肌がカミソリ負けで赤くなっているのは、あまりスマートではありません。
今回の記事を参考に、ぜひ、すこやかな肌を保つ髭の剃り方を実践してみてください!

この記事は2017年5月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。