2018年9月7日 更新

【プレ花嫁応援プロジェクト】披露宴の余興は誰に頼む?何をする?アイディア10選&基本マナー

プレ花嫁

人生の節目の一つでもある「結婚式」。 最高の笑顔と自信に満ちたで臨んでほしい。 そんな思いから生まれた「プレ花嫁応援プロジェクト」。

披露宴 余興 結婚

披露宴での余興、する?しない?誰に頼む??と、悩んでいる新郎新婦のみなさま、お集まりください!
今回は、「ゲストに頼む余興」「新郎新婦が行う余興」「プロに頼む余興」の3つに分けて、披露宴の余興について徹底的にまとめます。

余興を成功させるポイントや余興のマナー、余興を頼む上で大切なこともご紹介するので、結婚式のタイムテーブルを考えている新郎新婦はチェックしてみてください。



披露宴の余興を盛り上げる!守るべきマナーとポイント

披露宴 余興 結婚

具体的な余興のアイディアをご紹介する前に、まずは余興をするにあたって守るべきマナーを先にご紹介していきます。余興を盛り上げるためにも、ぜひご一読ください!

守るべきマナーまとめ
☓ 内輪すぎるネタ
☓ 長過ぎる時間
☓ 下ネタ
☓ 忌み言葉
◯ わかりやすい

☓(バツ) 内輪すぎるネタ

披露宴 余興 結婚

新郎新婦のどちらかに偏りすぎたエピソードや、聞いていても身内にしか分からないようなネタで余興をするのは避けましょう。

もちろん、2人の”人となり”を紹介するのがダメというわけではありません。余興とは「会場全体を楽しませるためのもの」だと考えて線引きをしてみてください。

☓(バツ) 長過ぎる時間

披露宴 余興 結婚

どんなに面白い余興でも、時間が長いとどうしても間延びして感じてしまうものです。余興の時間は5分程度を目安に考えてみてください!

☓(バツ) 下ネタ

披露宴 余興 結婚

こちらは新郎側に目立つ余興ですが、たとえば「裸で踊る!」なんてことも、やはり披露宴では避けた方がベターです。新婦側のゲストや双方の親族がみていることを忘れずに。

☓(バツ) 忌み言葉

披露宴 余興 結婚

余興だけに限らず、披露宴には使用を避けるべき忌み言葉があります。「忙しい・痛い・終わる・消す・切れる・ほどける・別れる」などの不吉・別れを連想させるワードが入っていないか最終チェックをするようにしてください。

◯(マル) わかりやすい

披露宴 余興 結婚

余興は、シンプルでわかりやすく、老若男女が楽しめるものがベスト!考え過ぎずにシンプルな構成の方が意外と盛り上がります。

ゲストに頼む!披露宴でのおすすめ余興アイディア

披露宴 余興 結婚

それではいよいよ、披露宴でのおすすめ余興アイディアをご紹介します!
余興の内容はもちろんゲストにお任せしてもいいですが、何をしようか迷ってしまうという場合には、新郎新婦も話し合いに参加して意見を出すことをおすすめします。

事前に:余興をゲストに頼むに当たってのマナー

ゲストに余興を頼むには3つのことに気をつけましょう!

●余興を頼むのは2組まで

披露宴 余興 結婚

2~3時間の披露宴の場合、余興は2組(例:新郎側1組、新婦側1組)までを目安に考えましょう。それ以上の方に余興をお願いすると、進行がタイトになってせわしない印象になりがちです。

●早めにお願いすること

披露宴 余興 結婚

余興には準備期間や練習期間が必要なため、余興はできるだけ早い段階でお願いするのがマナーです。

●お礼を忘れずに♡

披露宴 余興 結婚

余興をしてくれたゲストには、きちんとお礼をすることを忘れずに♡現金を渡したり(関東では、1人当たり2,000~3,000円をお渡しすることが多いようです。)、お礼の品としてプチギフトを渡したり、お礼の形は人それぞれ。人数が多い場合には、お礼のための場をセッティングして飲食代をごちそうするという新郎新婦もいます。

【おもしろい・簡単・感動・盛り上がる】おすすめ余興アイディア

ゲストにおすすめの余興アイディアを【おもしろい・簡単・感動・盛り上がる】4つの要素に分けてご紹介します!

簡単・感動
●スピーチ

披露宴 余興 結婚

まず、おすすめしたいのはスピーチ!基本的に1人ずつお願いするため、ゲストが練習や打ち合わせをする必要がなく、比較的簡単に行うことができます。思い出が詰まったエピソードや、普段聞けない意外な本音に新郎新婦も涙ぐむ、感動的な余興になるでしょう。

披露宴会場の中心にでてもらってスピーチする方法と、テーブルで起立してもらいその場でしゃべってもらうカジュアルスピーチが一般的。カジュアルスピーチは一言ずつもらうものなので、複数人にしゃべってもらえる点も魅力です。

おもしろい・感動
●映像演出

披露宴 余興 結婚

プロフィールムービーやエンドロールムービーの作成を考えている新郎新婦も多いと思いますが、2人と親しいゲストが作ってくれる映像演出はまた格別♡
2人の「なれ初め」や「おもしろエピソード」を紹介するムービー、懐かしい方々からのビデオレターを盛り込んだ特別な映像を作ってもらえば、一生の記念になりますね。

おもしろい・盛り上がる
●ダンス

披露宴 余興 結婚

盛り上がる余興といえば、複数人のゲストが行うグループダンス!流行りのアイドルやポップスター、お笑い芸人のダンスから、出身大学の伝統的ダンスまでバリエーションも豊富です。
新郎新婦をサプライズで巻き込んで踊るのも最近のトレンド。特に新婦側の余興として人気で、新郎側がきっと盛り上げてくれるはずです♡

おもしろい・盛り上がる
●ものまね・ネタ

式場探し 結婚

少し勇気がいりますが、会場を爆笑の渦に巻き込みたいゲストにおすすめなのが「ものまね・ネタ」を披露する余興です。流行りのお笑い芸人さんを参考にするケースが多く、ものまね・ネタでがっちりと笑いを掴んでから、映像演出やダンスに移る合わせ技もおすすめです。

感動
●歌・演奏

披露宴 余興 結婚

かなり自信があるゲストがいれば、歌や楽器の演奏をお願いする余興もおすすめ。新郎新婦と一緒にピアノの連弾やセッションをしてはいかがでしょう。

披露宴 余興 結婚特におすすめしたいのは、お子様ゲストにお願いすること。お子様ゲストが歌や楽器を披露したり手紙を読んだりする余興は、誰がみてもかわいく、応援したくなる温かい余興になるでしょう。

新郎新婦でする!披露宴でのおすすめ余興アイディア

続いては、新郎新婦みずからが主体となる余興アイディアのご紹介です。

●フラッシュモブ

披露宴 余興 結婚

フラッシュモブとは、その場にいる人達が突然踊り出すサプライズ・パフォーマンスのこと。新郎新婦がこのフラッシュモブを余興に取り入れる場合、タイミングはお色直しのときがおすすめです。

会場スタッフに扮して披露宴会場にこっそり戻ってきた新郎とスタッフが突然踊りだし、お色直し後の新婦も入場してダンスに加わりましょう。披露宴会場の協力が不可欠なので、気になる場合はぜひ相談してみてください。

●ファーストダンス

披露宴 余興 結婚

ヨーロッパの結婚式では、新郎と新婦が結婚式で初めてのダンスを踊る”ファーストダンス”の演出が一般的です。披露宴の余興としてファーストダンスを取り入れれば、まるで気分は海外のロマンティック婚に♡初々しいステップに、きっとゲストもよろこんでくれるはずです。

●クイズ

レイチェルワイン 口コミ

新郎新婦におすすめしたい3つ目の余興は、クイズ大会!新婦のお色直しドレスは何色かを当てるクイズや、2人のなれ初めやプロフィールをもとにしたクイズビンゴも人気です。

そのほかにも、新郎を含めた男性ゲスト数名がマントで姿を隠し、新婦に関するクイズに回答し、誰が本当の新郎かを新婦とゲストに予想してもらうゲームも盛り上がります。

●ラッキードラジェ

披露宴 余興 結婚

ドラジェとは、砂糖でくるんだヨーロッパのお菓子のこと。このドラジェをデザートのケーキにこっそり仕込み、入っていた人が当たりというワクワク・サプライズがラッキードラジェです。
来てくれたことへの感謝を込めて、当たった人には何かプレゼントを用意しましょう♡

●サプライズ・プレゼント

恋愛 結婚

たとえば、来てくれたお子様ゲストにおもちゃのプレゼント、次に結婚式の予定がある親友へブーケをプレゼント、両親へ記念品のプレゼントなど、ゲストに思いを込めた手紙とプレゼントを渡しましょう。

新郎から新婦へ、新婦から新郎へのサプライズ・プレゼントもできるので、気になる場合は相手にばれないようにこっそり披露宴会場へ問い合わせてみてください。

一流の芸で楽しませる♡プロに頼む披露宴の余興

披露宴 余興 結婚

「ゲストに頼むのも自分達で準備するのも時間がない」、「どうせなら上質な余興をゲストに楽しんでもらいたい」そんな新郎新婦から注目を集めているのが、プロに頼む披露宴の余興です。

ゴスペルや生演奏、マジック、コント、ピエロ、イルミネーションショーなど余興の種類はさまざま。結婚式場の中には提携先を紹介してくれるところもありますし、個人でもお願いすることができます。(個人でお願いする場合は、披露宴会場から事前に了承をとっておきましょう。)

じつは「披露宴で余興なし」が増えている?!

披露宴 余興 結婚

さて、ここまで披露宴を盛り上げるおすすめの余興をご紹介してきましたが、最後に1つお伝えしておきたいことがあります。
それは、もし披露宴の進行に余興をいれたくないのであれば、いれる必要はないということ。

披露宴 余興 結婚

「余興なしだと披露宴がさみしい印象になるかな?」「間延びして退屈するかな?」と考えている場合、その多くは杞憂です。披露宴に参加してくれるゲストの多くは、新郎新婦との交流を楽しみに来ています。そのため、余興なしで歓談の時間が長ければ、その分だけ新郎新婦とのおしゃべりを楽しんだり、ゆっくりと写真撮影ができることを喜んでくれるはず。

心配な場合は、ウェディングプランナーに「余興はいれたくないけれど披露宴の進行が間延びしないか心配」と、率直な気持ちを伝えてください。
きっと、代案や間延びしない進行管理について提案してくれるはずですよ。

披露宴の余興まとめ

披露宴 余興 結婚

披露宴での余興は、あってもなくても大丈夫!でも、もし披露宴で余興を取り入れたいと思ったら、今回ご紹介したアイディアをぜひ参考にしてください。
2人にとって特別な日・特別な場所での披露宴、ゲストも盛り上がって楽しんでくれる日になりますように♡

関連記事

▽▽プレ花嫁応援プロジェクトの特集ページはこちら▽▽ プレ花嫁