メニューを開く

乳液はニキビ対策にも必要!選び方とおすすめをチェック!

乳液 ニキビ TOPニキビで悩んでいるけれど、乳液って使っていいのかな?べたつくのも苦手だし、お気に入りが見つからない…とお悩みではありませんか?

ニキビ肌でお悩みの方にも、乳液はぜひ使ってほしいアイテムです。
通常のお手入れと同じく、乳液を適切に使用することで肌に水分と油分を補い、肌を整えましょう。

なぜニキビの気になる肌に乳液が必要なのか、選ぶならどのようなポイントに気を付ければ良いのかについてご紹介します。

またそのポイントとともに、肌質別の気持ちよく使用するためのコツも合わせてお伝えしていきます。

適切な乳液とその使い方でニキビ悩みを緩和させ、美しい肌を目指しましょう。


1. なぜニキビに乳液が必要なの?

プチプラ 乳液ニキビで悩む肌にも乳液が必要な理由、それは肌をすこやかに保つためです。

肌をすこやかに保つためには、肌内部からの水分蒸散と外部からの刺激を防ぐことが必要です。

ニキビは、様々な要因によって肌がデリケートな状態に傾いてしまうことが引き金になってできてしまうことがあります。

肌を整えるためには、化粧水によって与えられた水分量を保ち、皮脂量を意識したお手入れをしなくてはなりません。
そこで役にたつのが、乳液なのです。

乳液を使うことで肌を整えて、ニキビ悩みのない肌をめざしましょう。

2. ニキビにおすすめの乳液の選び方

乳液 ニキビニキビのできやすい肌にも乳液が必要なことはわかっても、たくさんある中から選ぶのは難しいですよね。

ここでは、ニキビ対策用の乳液を選ぶ際のポイントを2つご紹介します。

2-1. 肌にあったものを選ぶ

乳液 ニキビ肌は何かしらの刺激を受けるとデリケートな状態に傾き、ニキビの発生や悪化につながることがあると言われています。

スキンケアによる刺激もなるべく避けるため、自分の肌にあった適切な乳液を選びましょう。

トライアルセットなどで試してみるのもおすすめです。

2-2. ニキビ対策用の乳液を選ぶ

乳液 ニキビニキビや肌荒れを防ぐことに着目してつくられたスキンケアラインの乳液がおすすめです。

肌をすこやかに保つための有用成分が含まれている薬用乳液などを中心にチェックしてみましょう。

また、べたつきが気になる方などは、ニキビ対策用で、油分量が少なめのアイテムなどが肌に合いやすいでしょう。

3. ニキビ対策したい方におすすめの乳液

乳液 ニキビニキビができやすくお悩みの方でも使いやすい、肌らぶ編集部おすすめの肌の潤いを保ちすこやかに整えてくれる乳液ををご紹介します。

ベタつきがちなオイリー肌でニキビが気になる方におすすめの乳液と、カサつきやすい乾燥気味の肌できてしまうニキビにお悩みの方におすすめの乳液に分けてご紹介します。
ぜひ自分にあう乳液探しの参考になさってくださいね。

3-1. ベタつき肌のニキビ対策におすすめの乳液

思春期ニキビや、20代以降の方でもTゾーンなどの皮脂が多いところにできるニキビでお悩みの方に、肌らぶ編集部がおすすめしたい乳液をご紹介します。
乳液を塗った時にどうしても厚ぼったくなってしまうという方におすすめの、ふわっとなめらかに広がるテクスチャーが気持ちよいおすすめの乳液です。

資生堂 【dプログラム アクネケア エマルジョン R(医薬部外品)】

dプログラム アクネケアエマルジョン

ニキビや肌あれを防ぎながら、肌をなめらかにして、うるおいをキープしてくれる乳液。なめらかエアリーミルクのテクスチャーで、気持ちよくなじませながらうるおいで肌を包みます。
パラベン、アルコール、タール色素、香料、着色料不使用。

★資生堂公式HPはこちら

3-2. カサつき肌のニキビ対策におすすめの乳液

Tゾーン以外などの乾燥したところにできるニキビには、保湿も重視しているタイプの乳液がおすすめです。
肌に潤いを与えてくれて、しかも同時に美白※ケアもできてしまう肌らぶ編集部おすすめの乳液をご紹介します。

※日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ

常盤薬品【ノブ ACアクティブ モイスチュアミルク(医薬部外品)】

ノブミルク

保湿成分としてリピジュア・ベタイン・ヒアルロン酸・セラミド3などを配合で、ニキビや乾燥の気になる肌に潤いを与えてすこやかに整えてくれる、しっとりタイプの乳液です。
美白*成分のビタミンC誘導体配合。無香料・無着色。

*メラニンの生成をおさえ、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ

★常盤薬品公式HPはこちら

4. 乳液が苦手な方におすすめ

乳液 ニキビ肌はしっとりすこやかに保ちたいけど、とにかく油分は避けたいという方には、オイルフリーの保湿液もおすすめです。
化粧水の後に使うことで肌をしっとりと整えてくれるオイルカットの、肌らぶ編集部おすすめの保湿液をご紹介します。

オルビス【薬用クリアモイスチャー(医薬部外品)】

【医薬部外品】オルビス 薬用クリアモイスチャー

整肌成分として紫根エキス(シコニン)、保湿成分としてヨクイニンエキスやコラーゲン配合で、肌をしっとりとうるおしながら整える乳液です。すこやかな肌づくりをサポートします。
べたつかない軽い使い心地のテクスチャーが魅了。オイルフリー。

★オルビス公式HPはこちら

5. ニキビが気になる肌のお手入れのポイント

上記でご紹介したような乳液をはじめとする、スキンケアアイテムを使う際の注意点を2つお伝えします。

せっかく選んだ乳液の魅力を半減させないような使い方を意識しましょう。

4-1. こすらない

唇 日焼け⑥乳液をはじめスキンケアを行うときは、肌を強くこすらないことが大切です。

つい無意識にこすってしまいがちですが、ニキビのできやすい繊細な肌のためには、できるだけ摩擦のかからないスキンケアを心がけましょう。

手のひらで優しく押さえるように塗布するのがおすすめです。

4-2.清潔な手で付ける

手洗う画像
乳液をはじめスキンケアをするときは、手をきれいな状態にしてからにしましょう。

手には見えない雑菌がたくさんついていることもあります。
その雑菌がニキビ部分から入り込み、肌が荒れてしまうこともあります。

スキンケアの前には一度手を洗うようにするなど、小さな心がけが大切です。

5. まとめ

洗顔 ニキビ①

今回は、ニキビの悩みにも乳液が必要な理由、その後に選び方のポイントをお伝えしました。

ニキビができやすくてお悩みの方にも乳液は有用なアイテムです。
乳液を使うことで肌を整え、潤ってすこやかなニキビができにくい肌を目指しましょう。

またニキビができやすい肌に負担をかけにくい使い方を意識して、継続して使うことも大切です。

ニキビは一度できてしまうと、時間がかかってしまいます。できる前の対策がとても大事です。

毎日の乳液を使ったスキンケアで、なめらかで潤った肌を目指してくださいね!

この記事は2017年5月2日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る