メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社ビーボ

ニキビ肌には保湿が不可欠!化粧水と美容液の選び方|スキンケア方法

化粧水 乳液 順番

「ニキビ肌は保湿するべき?ニキビにはどんな化粧水、美容液がいいの?」と化粧水や美容液の選び方について悩んでいませんか?

ニキビには、思春期ニキビと大人ニキビがありますが、結論から言うと、どちらの場合も「保湿」は必ず行う必要があります。

肌のお手入れは「保湿」が基本であり、しっかり保湿化粧品で潤いを与える必要はあります。しかし、保湿といっても方法はさまざま。

今回は、繰り返すニキビにお悩みの方が化粧水や美容液を選ぶポイントから、肌らぶ編集部が選んだニキビ肌向け化粧水、美容液、化粧水の使い方やニキビを防ぐために大切なことなどをお伝えします。

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

パルクレールジェル【医薬部外品】
パルクレールジェル
化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック・マッサージジェル・化粧下地などのお手入れが1つでできる、オールインワンジェルです。
1つのアイテムで多くの役割を担うので、普段忙しい方にもおすすめです。
また、日本人の肌のことを想って開発されました。

さらに定期便パックをお申込みの方限定で付いてくる「カラーコントロール」を使えば、日中の気になるニキビもカバーすることができます!




気になる背中から見とれちゃう背中に!ニキビ対策ジェル「パルクレールジェル」>>>

1.ニキビ肌に保湿が必要な理由

乾燥肌 ニキビ 洗顔①

ニキビが肌にできているとき、「保湿は必要なの?たくさん化粧品を使ったらもっとニキビができるんじゃないの?」と疑問に思う方もいると思います。

しかし、結論から言うと保湿はどんな肌質で必要で、ニキビができやすい方にも、ニキビができてしまっている方も保湿は必要です。

保湿にもさまざまな方法がありますが、ニキビが気になる方の保湿=「肌に水分を与えること」です。

本来、肌には、必要な水分と油分が存在しますが、ニキビができている状態というのは過剰な皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こしている状態です。

そこへ濃厚なクリームなど、過剰な油分を与えてしまうとニキビが悪化してしまうことも考えられるので、ニキビができているときは濃厚なクリームなどを避けて肌に水分を与える化粧水や美容液で保湿するようにしましょう。

肌に水分を与えることができれば、皮脂のバランスも整うため、ニキビは落ち着きやすくなります。

 

2.ニキビが気になる方へ|保湿化粧水と保湿美容液を選ぶ3つのポイント

オーガニック 化粧水

ニキビ肌の潤いを与える保湿化粧水・美容液を選ぶには

①保湿成分
②オイル・アルコール少なめ
③医薬部外品
の3つを意識するようにしてください!

上記の3つ以外にももちろん、「値段」や「その化粧品会社のサポート体制」も重要な指標となります!

2-1.保湿成分

ビタミンC
前述のとおり、肌のお手入れは「保湿」が基本です。保湿成分にもこだわって使用する化粧品を選びましょう。

どの保湿成分が自分に合うかは、使ってみないとはっきりとはわかりませんので、サンプルやトライアルセットなどで、肌へのなじみ感を見てみましょう。

保湿成分の一例:

・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・アロエエキス
・エラスチン
・天然保湿因子(NMF)
・その他メーカーごとの独自成分
………………等

2-2.オイル・アルコール少なめ

オイル ×オイルとアルコールがあまり入っていない化粧水や美容液を選ぶようにしましょう。

オイルが多いものはまれに、アクネ菌(ニキビの原因の1つ)の栄養になってしまうことがあると言われています。

また、アルコールは、肌を引き締めたり次に使う化粧品の浸透(角質層まで)をサポートしてくれるという働きがありますが、多量に入っていると、塗った後の乾燥を招いてしまうことがあります。

2-3.医薬部外品

繰り返すニキビにお悩みの方は、医薬部外品を選んでみても良いでしょう。

ニキビに着目していてさらに「医薬部外品」の記載があるものは、肌を整え、ニキビを防いでくれます。

3.ニキビ肌におすすめしたい|保湿化粧水&保湿美容液

たるみ毛穴 化粧水④
VCエッセンス【医薬部外品】(VCスターターセット)

VCエッセンス
値段(スターターセット):1,000円(+税)
内容量:ローション20ml、エッセンス8ml、クリーム20g×7包(それぞれ7日分)
企業:株式会社シーボディ
買える場所:ネット通販
ポイント: 肌らぶ限定価格・送料無料・30日間返金保証

肌らぶ編集部のコメント

パラベンフリー、アルコールフリー、鉱物油フリーのニキビ対策美容液です。

保湿成分であるビタミンA/E、プラセンタエキスが配合されており、肌にうるおいを与え、健やかに保ちます。

化粧水・薬用美容液、クリームの7日分がセットになった「VCスターターセット
現在大変ご好評を頂いている商品のため製造が間に合わず、購入予約の状況が続いているようです。

そこで今回特別予約価格として、通常価格1,800円(税抜)のところ、200個限定で1,000円(税抜)で購入可能となっております!※2016年8月時点での情報です

全国送料無料・30日間返金保証・次回のお買い物に使える20%オフクーポン付きです。
この機会にぜひお試しください。

VCエッセンス 全成分はこちら
有用成分:L-アスコルビン酸 2-グルコシド、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、天然ビタミンE、ビタミンA油、d-δ-トコフェロール、プラセンタエキス(1)、ハチミツ、セイヨウハッカエキス、オトギリソウエキス、オウバクエキス、オウレンエキス、リボフラビン、トウモロコシ油、精製水、1,3-ブチレングリコール、1,2-ペンタンジオール、10-ヒドロキシデカン酸BG、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、水酸化カリウム、カルボキシビニルポリマー、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、キサンタンガム、フェノキシエタノール

「VCシリーズ」公式HPはこちら

Reproskin(リプロスキン)【医薬部外品】
リプロスキン

値段:4,242円(+税)
内容量:100ml(約1ヵ月分)
企業:株式会社ピカイチ
買える場所:ネット通販など
ポイント:通常購入:7,500円(+税)
60日間返金保証

肌らぶ編集部のコメント

保湿成分のヒアルロン酸やコラーゲン、スクワランなどが配合されており、肌に潤いを与え、肌を整えることもできるニキビ対策化粧水です。

値段は、通常購入で7,500円と高く感じるかもしれませんが、60日間の返金保証がついており、肌に合わないという場合には対応してくれます。

購入ページでは“定期コース”がメインで推されていますが、自分の肌に合うかどうかが気になる方は、まずは通常購入で試してみましょう。
定期コースの方が値段は割引されていますので、「良いな」と思ったら定期コースで続けてみて下さい!

リプロスキン 全成分はこちら
有用成分: グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス
その他の成分:精製水、濃グリセリン、ジプロピレングリコール、1,2-ペンタンジオール、フェノキシエタノール、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、クエン酸ナトリウム、ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、ポリオキシエチレンヤシ油脂脂肪酸ソルビタン(20E.O.)、大豆リン脂質、香料、スクワラン、D-マンニット、グルコン酸ナトリウム、クエン酸、ワルテリアインディカ葉エキス、デキストリン、フェルラ酸、1,3-ブチレングリコール、コラーゲン、トリペプチドF、海藻エキス、ソルビン酸カリウム、コメヌカスフィンゴ糖脂質、水素添加卵黄レシチン、卵黄リゾホスファチジルコリン、アマチャヅルエキス、コメヌカエキス、アロエエキス、ゼニアオイエキス、酵母エキス、水溶性コラーゲン液、ダイズエキス

「リプロスキン」公式HPはこちら

4.ニキビ対策|保湿化粧水・保湿美容液の正しい使い方

化粧水 コットン

■手順

①キレイに洗顔する
正しい洗顔方法は、こちらの記事を参考にしてください。

②化粧水を手に取る
使用量は商品に記載されている量を出してください。もし特に記載がないようであれば、500円玉程度を目安にしましょう!

③顔全体になじませる
まずは手のひらを使って顔全体にサッと広げます。
次に、乾燥しやすい目の周りを押さえるようにしてなじませます。

ニキビがある場合は、強く触れて刺激を与えないように、「優しく」を意識してお手入れしましょう。

④保湿成分配合美容液を塗る
しっかりと肌にうるおいを与えることで、肌を柔らかく健やかに保ちます。

■注意点

①手で塗る

コットンは、化粧品をムラにしないよう均一に顔に広げられるというメリットがあります。
ただ、コットンで化粧水を付けていくと、力が入り過ぎたり、コットンの繊維が刺激になったりすることがあります。

ニキビがある時は、手で化粧水などを塗布するようにしましょう。

②ハンドプレスをする

よく浸透させようとしてパチパチと叩いている人がいますが、過度に叩くのは肌への刺激となることがあります。

叩くのではなく、「ハンドプレス」で押すようにして、肌になじませましょう。

③適量を守る

商品に記載されている量は、メーカーがその化粧水の働きを生かすために定めた量です。

多くつけて良いわけでもありませんし、少ないと本来の働きが発揮できません。

量を守って使いましょう。

5.ニキビを防ぐためにできること

毛穴 スキンケア ランキング4

ニキビを防ぐためには、
①正しい洗顔
②規則的な生活習慣
この2つも重要です!

5-1.正しい洗顔

ニキビだけでなく、肌悩みを防ぐためには、“正しい洗顔”を行うことが大切です。

ただ洗うだけでしょ?と思っている方は、今一度洗顔や洗顔料を見直してみてください!

洗顔方法についてはこちらの記事を、
洗顔料についてはこちらの記事を参考にして下さい。

5-2.生活習慣

ニキビに悩む方にとって、「規則的な生活習慣」を心がけることはとても大切です。

当たり前と言えば当たり前なのですが、これができていない時にこそニキビなどの肌悩みが起きる可能性があります。

いきなりすべての生活習慣を変えることは難しいので、まずは睡眠時間を1時間増やしてみたり、バランスの良い食事を心がけるところなどから始めてみましょう!

6.まとめ

いかがでしたか?

ニキビ肌でも保湿は必要であり、ニキビ肌の方が潤うための保湿化粧水や保湿美容液を選ぶには「保湿成分」「オイル・アルコールを控える」「医薬部外品」という3つがキーワードになります。

もし、保湿化粧水・保湿美容液をお買い求め頂く場合は、上記の点を確認して購入するようおすすめします。

※この記事は2016年10月20日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

気になる背中から見とれちゃう背中に!ニキビ対策ジェル「パルクレールジェル」>>>


 

Pocket
LINEで送る