2017年11月14日 更新

コンシーラーの選び方【肌悩み別】ニキビもクマも「色」でカバー

コンシーラー 選び方 色選び おすすめ 色コンシーラーは種類が多く、自分に合った選び方が分からなくなってしまいませんか?

「買ったけど、使いづらくてしまってある…」コンシーラーをお蔵入りさせた経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

コンシーラーを賢く選べば、肌浮きせずに隠したい部分をキレイにカバーし、美肌に仕上げることができます!
今回はよくある肌悩み別に、コンシーラーの選び方やおすすめコンシーラー、使い方のポイントなどをご紹介します。




1.コンシーラーとは

はじめに、コンシーラーの役割や形状(種類)ごとの特徴を簡単にご説明します。

1-1.コンシーラーの役割

コンシーラー 選び方 色選び おすすめ クマ ニキビコンシーラーとは、ファンデーションで隠しきれないシミ・ソバカス・クマ・ニキビなどの気になる部分を目立ちにくくし、美しい肌を演出するメイクアイテムです。

目の下のクマやニキビの赤み、色素沈着したニキビ跡やシミ・そばかす…
誰もが抱えているであろう肌にある隠したい部分をピンポイントカバーし、肌色を均一に見せることができます。

また、唇の輪郭のラインを整えたり小鼻の影を整えたりなど、「隠す」だけでなく、気になるパーツの「補正」にも一役買ってくれます。

ベースメイクの仕上がりをワンランクアップさせたい方には、欠かせないアイテムといえるでしょう。

☆コントロールカラーとの違いは最後の章でご紹介します。

1-2.コンシーラーの種類(形状)

「コンシーラー」と一言にいっても、さまざまな形状のものがあります。ここでは、その中でも代表的な3種類の特徴を簡単にご紹介します。

◇スティックコンシーラー

コンシーラー 選び方 色選び おすすめ クマ ニキビ スティックスティックタイプのコンシーラーは、固い質感でピタッと肌に密着するのが特徴です。
多少の厚みが出ますが、シミやニキビなどをしっかりとカバーしたいときに向いています。

◇クリームコンシーラー

コンシーラー 選び方 色選び おすすめ クマ ニキビ クリーム柔らかいクリーム状のコンシーラーは、油分が多めでツヤ感がでるものも多いです。
伸びがいいので目の下のクマなどにも適しています。色味が明るいものはハイライトとして利用することもできます。

◇リキッドコンシーラー

コンシーラー 選び方 色選び おすすめ クマ ニキビ リキッド筆ペンのようになっているものや、リップグロスのように先端がチップになっているものなど形状はさまざまです。リキッドタイプのファンデーションと同じく、とろりとした液状の質感で肌なじみが良いものが多くあります。

2.肌悩み別コンシーラーの選び方 色と質感

コンシーラーを選ぶうえで大切なのは、それぞれのコンシーラーの特性を知り、自分に合ったコンシーラーを理解することです。
ここでは、コンシーラーの「質感(種類)」と「色」から、肌悩みに合うものを選ぶコツをお伝えします。