メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社イッティ

【必見】大人ニキビの原因と正しい対策|スキンケアのポイント


shutterstock_156534785

何度も同じ所にできてしまう「大人ニキビ」。もうできない様に、しっかり対処したいと思いませんか?

大人ニキビとは、一般的に20代以降にできるニキビ全般を指します。

思春期ニキビとは異なり、考えられる原因がさまざまですので、原因だと思われる行動・習慣を見直していくことが、肌をすこやかに保つ近道になるでしょう。

今回は、大人ニキビとはそもそもなんなのか?すぐにできる身近な大人ニキビの原因・大人ニキビ対策などをご紹介していきます。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.大人ニキビとは ~思春期ニキビとの違い~

shutterstock_418240192「大人ニキビ」とは、医学的に分類されている訳ではないので、実は明確な定義はありません。

一般的には“20代以降にできてしまうニキビ全般(=吹き出物)”のことを指します。

逆に、「思春期ニキビ」は“10代にできるニキビ全般“のことを指し、大人ニキビとは原因や特徴など異なります。

一般的に言われる、「大人ニキビ」と「思春期ニキビ」の特徴は以下です。

大人ニキビ

1-1.大人ニキビができやすい箇所

shutterstock_365083238

「大人ニキビ」ができやすいのは、Uゾーン(あごや口周り)や首などの皮脂が少ない箇所と言われています。

人によりますが、思春期を過ぎると、ホルモン分泌量が安定し始め、それに伴い皮脂分泌量も過剰になることが少なくなります。
逆に、大人になって社会に出ることでストレスや生活習慣の乱れ・ホルモンバランスの乱れが起こりやすくなります。それらの影響がでやすいのが口周りなので、大人ニキビがこの部位にできやすいのだと言われています。

「思春期ニキビ」ができやすいのは、Tゾーン(おでこや鼻周り)や胸の中央あたりなどの皮脂が多い箇所です。

思春期は、成長ホルモンや性ホルモンが増加しているので、皮脂の分泌も過剰になりがちで、毛穴に皮脂が詰まってできるのが思春期ニキビの特徴です。

1-2.大人ニキビの原因

肌荒れ ビタミン大人ニキビの場合、原因は1つだけではなく複数あります。

生活習慣やスキンケア・食事(栄養)・ストレスなど、さまざまなことが影響しています。

逆に思春期ニキビの場合は、多くの場合で「皮脂の過剰分泌」が原因です。

思春期は、成長ホルモンなどのホルモンが急激に増えるので、それに伴い皮脂が多く出ると言われています。

皮脂が多く出ると、毛穴が詰まりやすくなりニキビの原因となります。

1-3.大人ニキビができる時期

冬 洗顔⑤

大人ニキビは、冬場にできることが多い傾向があります。

夏場の強い紫外線から肌を守るため、肌は角質を厚くしていきます。すると、蓄積した角質は、冬場に乾燥してニキビなどの肌悩みを引き起こしやすいと言われています。

逆に思春期ニキビは夏場にできることが多い傾向があります。

夏は冬に比べると皮脂量が多くなり、余計にニキビができやすくなると考えられます。

1-4.大人のニキビ跡

ニキビ跡 化粧水

大人ニキビは、思春期ニキビにくらべると、その後のニキビ跡になりやすいという特徴があります。

これは大人ニキビの性質というよりは、年齢が大きく関係しています。加齢により、肌が新しい肌に生まれ変わる活動の周期がだんだんと遅くなっていきます。

すると、ニキビがおさまっても、肌の生まれ変わりが起きにくいので、シミのように肌に残りやすいといわれています。

逆に思春期ニキビは、大人ニキビに比べると、その後のニキビ跡にはなりにくいでしょう。思春期は、肌の生まれ変わるサイクルも早いためです。

1-5.その他

チェック

大人ニキビは、なんども同じ所にできやすい(再発しやすい)というのも特徴の1つと言われています。

【1-2.原因】でもお伝えしました通り、大人ニキビの場合は原因が複数あり、原因の特定が難しいので、対策も簡単ではありません。

そのため、根本的な原因を理解し、対処していないと、おさまったと思っても、また同じ個所に繰り返してできることがあります。

2.大人ニキビの正しい対策方法|スキンケアのポイント

大人ニキビは、日常の行動を見直していくことで防げる可能性があります。

大人ニキビを防ぎたい方は、下記をチェックしてみて下さい。

2-1.クレンジングと洗顔は丁寧に行う

クレンジング 洗顔 不要①

大人ニキビができやすい方は、肌に余計な負担を与えないことが大切です。

クレンジングと洗顔は、正しく丁寧に行いましょう。

クレンジング・洗顔する際は決してゴシゴシこすらずに洗顔料をしっかり泡立て、優しく洗ってあげましょう。

また、なかなか落ちないクレンジングを使用しているとついゴシゴシこすりがちになるので、力を入れすぎなくてもメイクが落とせるクレンジングを選ぶことも大事です。

2-2.スキンケアを丁寧に行う

たるみ毛穴 化粧水④

大人ニキビができやすい方は、丁寧なスキンケアを心がけることが大切です。

~参考スキンケアアイテム~


Jitte+(ジッテプラス)【医薬部外品】
jitteJitte+(ジッテプラス)」は、背中の分厚い皮膚にもなじみやすいように、大きさの異なるヒアルロン酸*とセラミド*を複合した独自の保湿成分「アクシア-トリプルヒアルロン酸」を配合しています。
気になる顔や背中のお悩みも、美白**成分(プラセンタエキス)がしっかり浸透***してサポートしてくれます。

実は、ニキビを防ぐには「保湿」が何よりも大切ということをご存知でしょうか?
Jitte+(ジッテプラス)」は保湿だけでなく肌の油分と水分のバランスへも注目!
ニキビを防いで、うるおいのあるなめらかな肌を目指したい方におすすめです。

*うるおい成分  **日焼けによるシミそばかすを防ぐ  ***浸透:角質層まで

定期コースをお申込みの方は、通常価格6,463円(税抜)のところ、初回限定908円(税抜)とお得となっています。
(※2016年6月時点の情報です。)

公式サイト

2-3.ストレス対策

ストレス解消

ストレスの原因を完全に取り除くことがもっとも望ましい形ですが、社会人になるとそれはなかなか難しくなりますよね。

なので、ストレスを感じたなら、無理をせず休養・栄養を摂るようにしてください。

自分のストレスはこれだと、明確にわかっているのであれば、その原因から少しでも離れられるような対策を考えましょう。

2-4.生活習慣の見直し

生活習慣といっても大きく分けると「睡眠」「食事」の2つを見直すことが重要です。

★睡眠

美白一般的に推奨されている睡眠時間は6~8時間です。(個人差があります)

もちろん、仕事や育児などで「そんなに時間が取れない」という方もいると思います。
そういった方は、睡眠時間だけに目を向けるのではなく、睡眠の質に目を向けてみてください。

具体的には方法は2つあり、以下の通りです。

・夕方17時以降の仮眠を取らない(起床から約11時間後以降)
・眠る1時間前には頭と体を落ちつかせる

睡眠の質を良くしたい方、詳しくはこちらをチェックしてみてください。

★食事

生理痛 改善 漢方大人ニキビを防ぐためには、バランスの良い食生活に切り替える事が重要です。

肌に良いビタミンが摂れる、「赤パプリカ」「手羽先」「納豆」などを積極的に食卓に並べてみてください!

また、ニキビに良い食べ物を詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。

2-5.日焼け対策

日焼けしたくない日焼けすることも、肌にとっては負担となります。日常的に日焼け止めを塗ることをおすすめします。日焼けは夏だけのものと思っている方もいるかもしれませんが、冬も紫外線は地上に届いています。

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド
ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド特徴:

お子さま(2才以上)から使える日焼け止めなので、家族みんなで行う日焼け対策におすすめです。
(※必ず使用方法をご確認のうえご使用ください)

SPF30、PA+++です。

さらっとしていて、べた付かないので暑い時期にうれしい使い心地です。

公式サイト

>>>日焼け止めの正しい選び方はこちらをご確認ください。
>>>日焼け止めの正しい塗り方はこちらをご確認ください。

3.大人ニキビ|4つの種類と特徴

shutterstock_184677980

ニキビには4つの種類があります。

白ニキビ
黒ニキビ(黒ずみ)
赤ニキビ
黄ニキビ

3-1.白ニキビの原因と特徴

白ニキビ

■特徴

ニキビ自体が白っぽくなり少しだけ膨れています。
毛穴が詰まっているので、内側に皮脂が多く溜まっている状態です。

■原因

毛穴に汚れや角質などが溜まって固くなってしまったことが原因になります。

毛穴は、間違った洗顔やスキンケアなどをしているとすぐに詰まってしまいます。
ちなみに、この詰まっているものを「コメド」と呼んでいます。

毛穴があるところはどこにでもニキビになる恐れがあります。

3-2.黒ニキビの原因と特徴

黒ニキビ

■特徴

詰まってしまった毛穴(白ニキビ)の出口が開いている状態で、空気に触れているところが黒くなっています。
一般的には“黒ずみ”などと言われ、小鼻などに多くできます。

■原因

皮脂が空気に触れて酸化してしまうことが原因になります。

白ニキビは毛穴が詰まっているだけで、中に溜まっている皮脂は空気にふれることはありません。
それに対し、黒ニキビは毛穴が少し開いて空気に触れているので、皮脂が酸化してしまうのです。

3-3.赤ニキビの原因と特徴

■特徴

詰まった毛穴の中が腫れて赤くなっている状態です。
痛みが生じることもあり、俗に言うニキビとは大体が赤ニキビのことを指します。

■原因

白ニキビをそのままにして、アクネ菌が内側で増えてしまったことが原因になります。

詰まった毛穴の中で皮脂をエサにしてアクネ菌が増えていきます
アクネ菌と聞くと良くないイメージですが、もともとは誰にでもある菌(常在菌)で肌のバランスを整える役割があります。
このまま進むと跡が残ることもあるので、赤ニキビになった時は早急に手を打ちましょう。

3-4.黄ニキビの原因と特徴

■特徴

白く(黄色く)膨れ上がり、ニキビの周りは赤く腫れています。
特に触らなくても痛むこともあり、ファンデーションなどで隠しても隠しきれない場合が多くあります。

■原因

黄ニキビはいきなりできるのではなく、赤ニキビがさらに進んだ状態です。

4.まとめ

shutterstock_95276287いかがでしたでしょうか?

大人ニキビは20代以降でできてしまうニキビ全般を指し、原因は数多く考えられます。
だからこそ、生活・暮らしという根本からの見直しが大切になります。

大人ニキビに悩まされている方は、よい機会だと思って、生活習慣から変えてみてはどうでしょうか。

※この記事は2016年10月21日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る