メニューを開く
アスタリフト;

アミノ酸トリートメントのメリットは? おすすめアミノ酸トリートメント紹介

アミノ酸トリートメントみなさんはアミノ酸トリートメントを使用していますか?
最近よく耳にするアミノ酸トリートメントですが、一体何が良いんだろう? と気になっている人も多いのではないでしょうか?
今回はアミノ酸トリートメントの魅力とおすすめのアミノ酸トリートメントをご紹介!
アミノ酸トリートメントが気になっている人は、是非参考にして下さい!



astalift
astalift

1 アミノ酸トリートメントの魅力

アミノ酸トリートメントは髪に馴染みやすく、うるおいを与えてくれるという魅力を持ったヘアケアアイテムです。

そもそもアミノ酸とは、人間の身体の素であるタンパク質を構成している成分のことです。
アミノ酸を配合したアイテムの代表的なものに、アミノ酸シャンプーがあります。
アミノ酸シャンプーは、人間の身体の素であるタンパク質と同じ成分で洗うので、髪や頭皮にうるおいを保ちながら洗うことができるシャンプーとして人気です。

シャンプーと同じように、アミノ酸トリートメントも人間の身体の素であるタンパク質と同じ成分である、アミノ酸を主成分に持つトリートメントのことを指します。
アミノ酸トリートメントは、髪の乾燥やパサつきに悩んでいる人に特におすすめしたい、トリートメントなのです。

2 おすすめのアミノ酸トリートメント

肌らぶ編集部おすすめのアミノ酸トリートメントをご紹介します。
おすすめの基準は、「保湿」と「洗い上がりのしなやかさ」です。

アロマエッセ コンディショナー
アロマエッセ コンディショナーアロマハーブにこだわりエッセンシャルオイルを配合した、洗い流すタイプのアミノ酸トリートメントです。
アミノ酸ピュアポリマー配合。毛髪をしなやかにし、パサつきをおさえてしっとりさらさらした髪に整えます。

mogans
mogans 髪に必要なのは優しさです。優しさにこだわった植物由来のアミノ酸シャンプー。保湿成分として多くのアミノ酸成分と植物エモリエントオイル、ハチミツ、ヒアルロン酸Naなどを配合。洗い流すタイプのトリートメントです。
クリーミィなテクスチャーで髪全体に塗布しやすく、放置中も液だれしにくいです。
使用後は、指通りのよい髪へと導いてくれます。

3 アミノ酸トリートメントの使い方ポイント

アミノ酸トリートメントを使う際は、アミノ酸系の洗浄料を主成分とするアミノ酸シャンプーと併用することをおすすめします。
トリートメントとシャンプーを共にアミノ酸系で揃えることで、髪や頭皮を人間の身体の素であるタンパク質と同じ成分で洗い、整えることができるからです。

アミノ酸シャンプーについてはこちらの記事をご参照ください。

4 アミノ酸トリートメントを使う前に! 徹底したいシャンプーのポイント

ここでは、アミノ酸トリートメントを使用する前のシャンプーで、意識したいポイントをご紹介します。
以下のポイントを押さえてシャンプーをすれば、その後のアミノ酸トリートメントの魅力をさらに感じることができます。

① シャンプー前にブラッシングをする

ブラシシャンプー前にブラシでブラッシングをしましょう。
ブラッシングをすることで、髪に付着したゴミやほこりを取ることができ、同時に頭皮のマッサージにもなります。

② ぬるま湯で髪全体を軽く予洗いする

シャンプー挿絵シャンプー前に、ぬるま湯で髪全体を軽く予洗いしましょう。
「予洗い」とは、シャンプーをする前に水でしっかり髪や頭皮をすすぐことです。
予洗いは、35℃~37℃くらいのぬるま湯を使用すると、頭皮の毛穴が開きやすくなり、洗髪が行いやすくなります。

③ シャンプーは手のひらで馴染ませてから頭につける

洗顔 泡立て シャンプーは人肌に温めると泡立てやすくなるので、手のひらで馴染ませてから頭につけるようにしましょう。
シャンプーを原液のまま頭につけてしまうと、シャンプーが頭皮の毛穴に詰まったり、頭皮への刺激になってしまうことも考えられます。
手のひらで適度に泡出ててから髪や頭皮を洗うように心がけましょう。

④ 頭皮を指の腹で指圧するように洗う
シャンプーを行う際は、頭皮を指の腹で指圧するようなイメージで洗いましょう。
頭皮の汚れは、やさしく揉みほぐすことで浮き上がり、洗い流しやすくなります。
ゴシゴシ力を入れて洗ってしまうと、頭皮が傷ついてしまうことも考えられるので、頭皮全体をやさしくマッサージする感覚で洗うようにしましょう。

⑤ ぬるま湯でしっかりと洗い流す
シャンプー後はぬるま湯で、しっかりと洗い流しましょう。
髪や頭皮にシャンプーが残ると、頭皮のニオイやフケの原因となることがあります。
洗い残しがないように、耳の後ろや襟足なども丁寧に洗い流しましょう。

⑥ トリートメントを塗布する前に、水気を切る
洗い流すタイプも洗い流さないタイプも、トリートメントを塗布する前に、髪が含んだ水気を切りましょう。
シャンプーをしっかりと洗い流せたら、トリートメントを塗布します。
たっぷりと水を含んだままの髪にトリートメントを付けると、せっかくつけたトリートメントが水とともに流されてしまうので、塗布する前にしっかりと水気を切ることが大切です。
タオル越しにでも頭をこすると髪が傷んでしまうので、頭を押さえるようにして水気を吸い取りましょう。

⑦ 早めにドライヤーで乾かす
シャンプー後は早めにドライヤーで乾かしましょう。
濡れたままの髪は乾燥しやすく、また汚れがつきやすい状態です。
シャンプー後できるだけすぐに乾かすことで、髪や頭皮を清潔に保ちましょう。

5 まとめ

アミノ酸トリートメントの魅力とおすすめアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?
アミノ酸トリートメントはアミノ酸シャンプーとの併用でさらに、髪をしっとりと洗い上げることができます。
みなさんも、実際にアミノ酸トリートメントとアミノ酸シャンプーを併用して、コンビネーションのよさを体感してみてください。

※この記事は2016年3月4日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る