2018年1月19日 更新
【PR】

【必見】アミノ酸シャンプーおすすめはこれ!選び方と使い方

アミノ酸シャンプー おすすめ髪と頭皮をやわらかに洗い上げながらすこやかに保つことが期待できるとして、美容感度の高い方々の間で、すっかりおなじみのヘアケアアイテムとなったアミノ酸シャンプー!

「アミノ酸シャンプーが気になってはいるけれど、普通のシャンプーとはどう違うの?」
「たくさんのシャンプーの中から、アミノ酸シャンプーはどのように選べばいいの?」
そんな声にお応えするべく、肌らぶ編集部からアミノ酸シャンプーのおすすめと、アミノ酸シャンプーを使用した髪の洗い方をご紹介します。




◆肌らぶセレクション◆

【PR】
CU(チャップアップ)
オーガニック ノンシリコンシャンプー

CU(チャップアップ) オーガニック ノンシリコンシャンプー

「アナタの髪の毛とアナタに素敵な未来をお届けしたい」そんな思いをこめて毛髪診断士と美容師が共同で開発した、オーガニックのノンシリコンシャンプーです。洗浄成分には「コカミドプロピルベタイン」などのアミノ酸系洗浄成分のみを配合。頭皮を清浄にし、髪にハリやコシを与えます。まるではちみつのようにとろりとしたテクスチャーが魅力的。ほのかなフルーティローズの香りで、上品なバスタイムを楽しめることでしょう。

ベタつくことなく毛髪をうるおし整える、同シリーズのトリートメントを併せて使用することもおすすめです。

商品に関してはもちろん、毛髪や頭皮のお手入れで気になることがある場合は、認定毛髪診断士に電話またはメールで相談をすることができるのも嬉しいですね。

うっかり買い忘れて焦ってしまうことを防げる、お得な定期便コースもぜひ活用してみてください。

公式HPはこちら

1.アミノ酸シャンプーとは

アミノ酸シャンプー おすすめ一般に流通しているシャンプーは、毛髪や頭皮の汚れを洗い落とすために使用されている洗浄成分(界面活性剤)により、高級アルコール系、石けん系、アミノ酸系の大きく3つに分けることができます。

配合成分中、水と洗浄成分(界面活性剤)が大部分を占めるシャンプーを選ぶ際に着目すべきは、何と言ってもこの「洗浄成分(界面活性剤)」です。

私たちが普段ドラッグストア等で良く見かけるシャンプーは、高級アルコール系もしくは石けん系の洗浄成分(界面活性剤)配合のシャンプーが多く、比較的手に取りやすい価格であることが特徴です。

アミノ酸シャンプーは、洗浄成分にアミノ酸系の成分を使用しており、上記の高級アルコール系や石けん系に比べ、価格はやや高めというのが一般的な特徴です。

アミノ酸シャンプー おすすめ

また、一般的に言われるアミノ酸シャンプーの特徴は、比較的おだやかな洗い上がりとうるおい感だとされています。

〈アミノ酸シャンプーをおすすめしたい方〉
・フケやかゆみが気になる
・髪のパサつき・広がりがある
・髪のハリやコシが気になる

2.アミノ酸シャンプーの選び方

アミノ酸シャンプー おすすめ自分にぴったりのアミノ酸シャンプーを選ぶために、主に製品の裏に表示されている「全成分表示」で、配合されている洗浄成分(界面活性剤)を確認しましょう。

アミノ酸シャンプーは、洗浄成分(界面活性剤)として、

「ラウロイル●●」
「ココイル●●」

「ココアンホ●●」
「●●ベタイン」

などの表記の成分を含んでいます。

シャンプーの洗浄成分(界面活性剤)は、約3~5種類を組み合わせて作られているのが主流だとされています。

アミノ酸シャンプー おすすめアミノ酸シャンプーと謳ったシャンプーでも、実際には少量しかアミノ酸系洗浄成分(界面活性剤)が配合されていないものも存在するようです。

化粧品に分類されるシャンプーの全成分表示は、配合量の多いものから順に記載することが義務付けられています。そのため、上記で紹介した成分名の表示順を確認することをおすすめします。

先にお伝えしたように、基本的にシャンプーの配合成分は水と洗浄成分(界面活性剤)が中心となるため、水の次に成分名が表示されていれば十分な量が配合されている1つの目安になると考えられます。

3.肌らぶ編集部おすすめアミノ酸シャンプー

ヘアカラー 診断 似合う 髪色 イエローベース ブルーベース パーソナルカラーこの章では、肌らぶ編集部からぜひおすすめしたいアミノ酸シャンプーをご紹介します。

今回は、通信販売で購入可能で、たっぷり使える300ml以上のボトルサイズのアミノ酸シャンプーの中から選んでいます。

【PR】
アスタリフト スカルプフォーカス シャンプー

アスタリフト 美髪 トライアルセット 頭皮ケア販売会社:株式会社富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー
容量:360ml
価格:2,000円(税抜)
主な洗浄成分:ココイルアラニンTEA、ココイルサルコシンNa、ラウリルベタイン

*アスタリフトスカルプフォーカスシャンプーの全成分はこちら

すこやかな頭皮を保つことを大切に考えられたアミノ酸系スカルプシャンプーです。

うるおい成分として、アスタリフトシリーズの特長でもある成分アスタキサンチンの他、ヒト型ナノヘアセラミド・ナノグリチルレチン酸・水溶性コラーゲン・ヒアルロン酸・グリチルリチン酸ジカリウムを配合。

ふんわりキメの細かい泡が、頭皮と髪の毛についた汚れをさっぱり落としながら、ごわつかないしなやかな髪に洗い上げます。
指通りのよさもぜひ実感していただきたいポイントのひとつです。

ダマスクローズをベースとしたフローラルハーバルの控えめでしとやかな香りも素敵です。
ノンシリコン。ラウリル硫酸フリー。

⇒シャンプー・コンディショナー・薬用育毛剤をライン使いで試せるトライアルセット【1,200円(税抜)】がお得です!

公式HPはこちら

アロマのやさしさ


アロマのやさしさ販売会社:株式会社ハーベストシーズン
容量:500ml
価格:2,800円(税抜)
主な洗浄成分:ココイルグルタミン酸TEA+ラウラミドプロピルベタイン+ココイルアラニンTEA

*アロマのやさしさの全成分はこちら

やわらかな洗い上がりで頭皮や髪を清浄にしてくれる、アミノ酸シャンプーです。

アミノ酸洗浄成分「グルタミン酸由来成分」を配合。一本でシャンプーとコンディショナーを兼ね備えているため、毎日のシャンプーをササッと終わらせたい方や、小さなお子さんがいてなかなかゆっくりとお風呂に入れない、でもヘアケアには気を使いたい…そんな方にもおすすめです。

髪だけでなく体も洗えるので、いちいち頭と体で使い分けるのが面倒…という方にも良さそうですね!保湿成分としてホホバオイルや小麦胚芽油などを配合、髪にうるおいを与えてくれます。

ローズマリー油やベルガモッド油、ティートゥリー油(保湿・香り成分)なども配合されており、やわらかな香りに包まれたバスタイムで、ほっと一息つけそうですね。

洗髪後すぐに洗い流さずに、毛先中心にシャンプーの泡をつけ、2分程置いてから洗い流すと、しっとりとした仕上がりになります。

公式HPはこちら

mogans(モーガンズ)
ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー(リッチ&フローラル)

mogans(モーガンズ) ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー(リッチ&フローラル) 販売会社:彩り株式会社
容量:300ml
価格:2,600円(税抜) トライアルキット:680円(税抜)
洗浄成分:デシルグルコシド

*mogans(モーガンズ)ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー(リッチ&フローラル)の全成分はこちら

髪をなめらかに洗い上げ、ふんわりサラサラに仕上げてくれるアミノ酸シャンプーです。

保湿成分としてヒアルロン酸、ハチミツ等を配合、乾燥しがちな頭皮と毛髪をうるおし整えます。

ハイビスカスやビャクダンオイルなどのオリエンタルで印象的な香りで、毎日のシャンプーの時間を華やかに彩ってくれるでしょう。さっぱりとした使用感で、ベタつかず清潔な髪に洗い上げてくれます。

インテリアに溶け込む、生活感を感じさせないおしゃれなボトルデザインで、自分だけの充実したヘアケアタイムを送りましょう。

気になっていたけれど使った事がなかったという方は、お試しのチャンスです。トライアルキットが送料込みで680円(税抜)!お一人様一回限りですので、この機会にぜひお試しください。

公式HPはこちら

4.シャンプーのポイント|アミノ酸シャンプーを上手に使う!

せっかくお気に入りのアミノ酸シャンプーを使っても、ヘアケアの基本であるシャンプー方法が間違っていては髪や頭皮の負担になることもあります。
そこで、シャンプー方法の基本的なポイントをご紹介します。ぜひ、ポイントをおさえて、すこやかな髪と頭皮を保ちましょう!

①入浴前にブラッシング

アミノ酸シャンプー おすすめ 洗い方髪を濡らす前にブラッシングし、頭皮から汚れを浮かせておきましょう。

髪の毛同士が絡まってキューティクルがめくれ、髪の毛から水分や栄養が抜けてしまうことを防ぐことができます。

②しっかり予洗い

アミノ酸シャンプー おすすめ 洗い方シャワーを使い、ぬるま湯で洗髪前の予洗いを十分にしておきましょう。

髪の毛と頭皮に水分がなじんでいると、少量のシャンプーでも十分泡立ちます。
予洗いによって、髪と頭皮の汚れの大半が取れると言われています。

③シャンプーを泡立て髪の毛にのせる

アミノ酸シャンプー おすすめ 洗い方手のひらで約ワンプッシュ分のシャンプーと少量の水を混ぜ、泡状にして髪の毛にのせましょう。(ロングヘアなら約500円玉大のシャンプーが目安です。)

うまく泡立たない場合は、洗面器にシャンプーと少量の水を入れ、1~2分間小さく指先をパタパタと動かして泡をつくりましょう。

④指の腹で丁寧に洗う

アミノ酸シャンプー おすすめ 洗い方シャンプーの泡を髪の毛にのせ、指の腹で丁寧に洗いましょう。

ゴシゴシ強くこすったり、爪をたてないように気をつけながら、毛穴の汚れを押し出していくように頭皮を揉みつつ、少しずつ手を移動させていきます。

⑤しっかりすすぐ

アミノ酸シャンプー おすすめ 洗い方髪の生え際や耳の後ろなどの流し忘れにも注意して、数分間しっかりすすぎましょう。

⑥コンディショナー・リンスを毛先中心につける

すすぎ終わって軽く水気をきり、髪全体に行き渡るように2回に分けて、傷みやすい毛先からコンディショナー・リンスをつけていきましょう。

コンディショナー・リンスをつけるときは、頭皮や髪の根元は避けることをおすすめします。

5.乾かし方のポイント|髪の毛をつややかに!

アミノ酸シャンプーの魅力を活かすためには、洗い方とともに乾かし方も大切になります。
この章では、アミノ酸シャンプーの魅力を活かすためにも大切になる、髪の毛の乾かし方の基本的なポイントをご紹介します。
上手に乾かして、ツヤのある髪の毛を目指しましょう!

①根元から乾かす

アミノ酸シャンプー おすすめ 洗い方頭皮に指を添えて軽く髪を浮かせ、熱風が頭皮や髪の付け根に届くようにし、頭皮や髪の毛の根元から乾かしていきましょう。

ドライヤーを頭から20センチ以上離して、小刻みに揺らしながら、同じ場所に熱風が当たり続けないようにしましょう。

②上から下に風をあてる

アミノ酸シャンプー おすすめ 洗い方頭皮や髪の根元が完全に乾いたらドライヤーを頭の上に持ち上げ、風が上か斜め上からあたることを意識しながら、根元から毛先までを乾かしていきましょう。

髪の毛を肩の前で集めるようなイメージで風をあてると、髪の毛のハネや広がりが抑えられ、まとまりある髪をつくりやすくなります。

③冷風をあててキューティクルを引き締める

最後にドライヤーの冷風を使い、キューティクルをキュッと引き締めましょう。

冷風によりキューティクルを引き締めることで、髪の水分が逃げにくくなり、すこやかでうるおう髪を維持しやすくなるといわれています。

6.まとめ

アミノ酸シャンプー やさしいアミノ酸シャンプーを探していた方や、使ったことがなかった方は気になるアミノ酸シャンプーは見つかりましたか?

不要な汚れはしっかり洗い落とし、髪にうるおいを与えることで、頭皮や髪をすこやかに保ってくれるアミノ酸シャンプーは、男女問わず試してみてほしいシャンプーです。

普段からアミノ酸シャンプーを使っている方も、今回紹介したシャンプーの中で気になったものがあればぜひ試してみてくださいね。

【CUオーガニック ノンシリコンシャンプー 公式HPに記載の全成分】:水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドメチルMEA、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグリコース、ラウロイルアスパラギン酸Na、セバシン酸ジエチル、グリセリン、メチルグリセス-20、ココイルトレオニンNa、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ココイルグルタミン酸Na、PPG-3カプリリルエーテル、ポリクオタニウム-6、ポリクオタニウム-53、γ-ドコサラクトン、サガラメエキス、BG、グルコシルルチン、グルコシルヘスペリジン、レモン果実水、フェノキシエタノール、ポリアミノプロピルビグアニド、クエン酸、セージ葉エキス、ローズマリー葉エキス、キュウリ果実エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、ラベンダー花エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、ゴボウ根エキス、トウキンセンカ花エキス、グリチルリチン酸2K、ユキノシタエキス、マタタビ果実エキス、ウメ果実エキス、ドクダミエキス、サトザクラ花エキス、アスコルビン酸、リンゴ酸、香料

【アスタリフトスカルプフォーカスシャンプー 公式HPに記載の全成分】:水、ココイルアラニンTEA、ココイルサルコシンNa、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na、ラウリルベタイン、ラウラミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ジステアリン酸グリコール、BG、グリセリン、トコフェロール、セラミド2、コレステロール、グリチルレチン酸、水溶性コラーゲン、アスタキサンチン、ヒアルロン酸Na、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、グリチルリチン酸2K、ポリクオタニウム-10、塩化Na、コカミドDEA、セテアレス-60ミリスチルグリコール、PEG-60水添ヒマシ油、ラウロイルサルコシンイソプロピル、オレイルアルコール、デシルテトラデカノール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、イソステアリン酸ポリグリセリル-10、レシチン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl、ダマスクバラ花油、クエン酸Na、クエン酸、香料、安息香酸Na、メチルパラベン

【アロマのやさしさ 公式HPに記載の全成分】:水(精製水)、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロアンホ酢酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、コカミドメチルMEA、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ラウラミノプロピオン酸Na、ココイルアラニンTEA、ラウラミンオキシド、ホホバ油、コムギ胚芽油、オレンジ油、ローズマリー油、ティーツリー油、ティーツリー油、ラベンダー油、ベルガモット果実油、オニサルビア油(クラリーセージ油)、グリセリン、カミツレエキス(カモミールエキス)、セイヨウハッカエキス、メリッサエキス、セージエキス、レモングラスエキス、ユズ果実エキス、乳酸オレイル、クエン酸、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ポリクオタニウム-10、BG、塩化Na、メタリン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール

【mogans ノンシリコンアミノ酸ヘアシャンプー 公式HPに記載の全成分】:水、デシルグルコシド、グリセリン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウリルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ハチミツ、パンテノール、オリーブ油、月見草油、ツバキ油、ヒマワリ種子油、ブドウ種子油、タウリン、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、プロリン、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、ハイビスカス花エキス、ラベンダー花エキス、イランイラン油、パチュリ油、グレープフルーツ果皮油、ゼラニウム油、ビャクダン油、カラメル、キハダ樹皮エキス、クエン酸、BG、EDTA-2Na、エチドロン酸4Na、ポリクオタニウム-10、塩化Na、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、香料

CUシャンプー