メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社アテニア

気になる目の周りのくすみ!!原因&予防対策とは?

目の周り くすみ

「目の周りがくすんでどんよりしている…」
「目の周りだけ肌よりもワントーン暗い…」とお悩みではありませんか?

目元がくすんでしまうと、目の周りのメイクがきれいに発色しなかったり、顔が疲れて見えてしまったりするのでとても困りますよね。

もともとくすみやすい部分といわれる目の周り。
ここでは目の周りがくすんでしまう主な原因と、そのお手入れ方法をお伝えします。

くすみのお悩みは、種類に合わせた対策を行うことで、予防していくことが大切です。

目の周りのくすみ対策をしっかり行い、自信の持てる目元を手に入れましょう!

目もと美容液1本分の価格でスキンケアフルラインも試せる!
『アテニア アイエクストラセラムセット』はこちら>>>




アテニアアイエクストラセラム バナー

astalift
astalift

1.目の周りのくすみの原因

1-1.目の周りのくすみの種類と原因

ここでいう「目の周りのくすみ」とは、目の上の部分(上まぶた)と目の下の部分(下まぶた)の肌の色がなんとなく暗く見えている状態のことをさします。

目の周りのくすみは、主に3種類に分けることができ、それぞれに考えられる原因があります。

①青黒いくすみ

青くすみ
目の下にできる青黒いくすみで、下にひっぱると色が薄くなり、日によって色の濃さに変化があると言われています。

青黒いくすみは主に目の下にでき、一般的には「青クマ」と呼ばれていることが多いようです。

■主な原因

青黒いくすみの主な原因は、血行が悪くなることだといわれています。

目元の皮膚は薄いため、血行が悪くなったサインが見えやすく、目の周りがくすんで見えやすくなります。

元々色白の方は、特に目立ちやすいと言われています。

■血行が悪くなる例

・睡眠不足
・ストレス、疲労
・目の疲れ
・身体の冷え     など

②茶色いくすみ

茶くすみ
目の下だけでなく上まぶたにもできやすい茶色っぽいくすみで、ひっぱっても上を向いても変化がないといわれています。

目の下の茶色いくすみは、一般的には「茶クマ」と呼ばれています。

■主な原因

茶色いくすみの主な原因は、メラニンによる色素沈着といわれています。

目元の繊細な皮膚に負担をかけてしまうような日々の行動や癖が、メラニンを増加させてしまい、目元が茶色くくすんでしまうと考えられています。

■色素沈着につながりやすい行動

・目のかゆみを感じたときや眠気を感じたときに強くこすってしまう
・アイメイクのときにアイカラーをチップでこするように色を重ねる
・アイラインをひくときに勢いよくひっぱる
・アイメイクをオフするときに力を加えてこすってしまう     など

③黒っぽいくすみ

黒くすみ
下まぶたのたるみや目元の影により黒っぽく見え、上を向くと薄くなることが多いです。

黒っぽいくすみは、目の下によく見られます。

■主な原因
黒っぽいくすみは、他のタイプとは違い、皮膚の色が変わっているのではなく、目の下に影ができることによって黒く見えているという現象です。

そのため、元々涙袋が大きい人やはっきりとした顔立ちの人ほどよく目立ち、顔がむくんだ日はもっと目立ちやすくなります。

年齢を重ねることで肌のハリが失われるとともに、筋肉が衰えてたるむことで生じるケースもあります。

1-2.目の周りのくすみの大敵

主な3種類のくすみを紹介しましたが、どのくすみも、肌が乾燥することによって、よりできやすくなってしまうと考えられています。

なぜなら、うるおい不足の肌は、肌表面のキメが乱れやすく、ツヤやなめらかさがなくなり、くすんで見えやすくなってしまうからです。

目元は皮脂が少ないため、とても乾燥しやすい部分です。

乾燥すると肌の調子が乱れて古い角質が肌表面に残ってしまい、さらにくすみの原因になります。

2.目の周りのくすみを対策する方法

毛穴ケア パック
ここでは、目の周りのくすみをできにくくするための予防方法をお伝えします。

目の周りのくすみを解消するのは難しいですが、これからご紹介する予防方法を行い、くすみの原因をなくしていきましょう。

2-1.目元の青黒いくすみ対策

青黒いくすみをできにくくするには、血行を良くする必要があります。

目の周りの血行を良くするために、目元の温冷パックをしましょう。

目元を温めたり冷やしたりを交互に繰り返すことで、血のめぐりが良くなるといわれています。

■温冷パックのやり方

①タオルを2枚用意します。

②1枚は氷の入った水に入れてよく冷やし、もう1枚は水で濡らしたあとに軽く絞って電子レンジで約1分温めます。

③目元を覆うように、温かいタオルと冷たいタオルを約1分ずつ、交互にのせます。

寒い時期や時間がないときには目元を温めるだけでも心地よく感じられるので、ぜひ試してみてください。

また、血行を良くするためのマッサージもおすすめです。

【おすすめマッサージアイテム】

リファエスカラット
リファエスカラット

話題の美容アイテム「リファ」の中で、最も小さいサイズのものです。
小回りがきくので、目元・口元等の部分用ケア、携帯用におすすめです!

公式HP

2-2.目元の茶色いくすみ対策

茶色いくすみはメラニンの過剰生成が主な原因と言われているので、美白*化粧品でのお手入れをおすすめします。(*メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)

目の周りはとても繊細な部分なので、目元用のアイテムを使うと良いでしょう。

【おすすめアイクリーム】

アユーラ センシエンス バイタラクティブアイポット (医薬部外品)

アユーラ センシエンス バイタラクティブアイポット

付属のアイスプーンを使ってお手入れする、ユニークな使用方法が特徴的な薬用美白*アイクリームです。
肌にうるおいとハリを与え、印象的な目元を目指します。(*メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)

公式HP

資生堂 ホワイトルーセント ブライトニング アイクリーム(医薬部外品)

資生堂 ホワイトルーセント ブライトニング アイクリーム(医薬部外品)

資生堂『ホワイトルーセント』から発売されている、肌表面をうるおしてキメを整える薬用美白*アイクリームです。
美白*有用成分4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)配合。(*メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)

公式HP

2-3.目元の黒っぽいくすみのお手入れ方法

黒っぽいくすみは加齢によるたるみが原因なので、予防するのがなかなか難しいのが現状です。日常のお手入れでは、十分なうるおいとハリを与えるお手入れを続けていくことで、肌をすこやかに保ちましょう。

年齢に応じた肌のお手入れに着目した化粧品を選ぶことをおすすめします。

☆さらに詳しいお手入れについてはこちらの記事もご覧ください。

【おすすめ化粧品】

キラリエ アイクリームⅢ

キラリエアイクリームⅢ

目元の肌にハリとうるおいを与えるアイクリームです。
「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」などの保湿成分が配合されています。
ふっくらとしたうるおいのある目元を目指したい方におすすめです。

公式HP

アテニア アイエクストラセラム

アテニア アイエクストラセラム

伸びのよいテクスチャーが、乾燥による小じわなどにもぴたっと密着するアイセラムです。
セイヨウキズタエキスやコメヌカ油などの保湿成分を配合し、肌にうるおいとハリを与えます。
目元用化粧品としては比較的お手頃な価格も魅力的。
ほのかに香るローズマリー・ゼラニウム・オレンジのアロマの香りで、気分も上がるお手入れタイムを過ごせそうです。

公式HP

3.目の周りのくすみをカバーするメイクのポイント

病弱メイク道具
目の周りのくすみや色素沈着は、目元用のメイクアイテムを上手に使ってカバーするのもおすすめです。ぜひ実践してみてくださいね。

3-1.目元の青黒いくすみ

目の下の青黒いくすみをカバーするには、目元にうるおいを与えることもできる、やわらかいリキッド状のコンシーラーを使うことをおすすめします。

目元はよく動く部分なので、テクスチャーがやわらかく肌に密着するものが向いているからです。

目の下のくすみをカバーする場合は、自分の肌よりも少し明るめの色やパールの入っているものを使って、目元の影をとばすように見せることで、くすみを目立ちにくくさせることができます。

【おすすめコンシーラー】

ミュゼル アイゾーンコンシーラー
アイゾーンコンシーラー

目の周りの肌悩みをカバーする、美容液タイプのコンシーラーです。
やわらかな筆タイプで目の周りにも塗りやすく、自然になじみます。

公式HP

【使う順番】

・パウダータイプのファンデーションをお使いの方
メイクアップベース→コンシーラー→ファンデーション

・リキッド・クリームタイプのファンデーションをお使いの方
メイクアップベース→ファンデーション→コンシーラー→フェイスパウダー

※「さらっとしたアイテムの前につける」と覚えておきましょう!

【コンシーラーの使い方】

目の周り くすみ
①目頭から目尻に向かって、徐々に量が少なくなるように伸ばしてなじませます。

②指やスポンジで軽く押さえるようにして、しっかりと周りをぼかします。

※目のキワや目尻は量が多すぎるとよれやすくなるので、つけすぎに注意しましょう。

3-2.目元の茶色いくすみ

上まぶたの茶色いくすみカバーには、「アイカラーベース」を使うのがおすすめです。

色素沈着により、まぶたが茶色くくすんでいると、アイカラーがきれいに発色せず、色が出にくくなってしまいます。

アイカラーベースは、アイカラーの前に使用するアイテムです。

まぶたのくすみをカバーしながら、アイカラーを密着させてメイクのもちを良くし、発色を良くする役割があります。

【おすすめアイカラーベース】

LUNASOL アイリッドベース(N)
LUNASOL

ナチュラルとライト、2色のバリエーションがあるアイカラーベースです。
メイクによって使い分けるのもおすすめ。

公式HP

【使う順番】

アイカラーの前に使用します。

【使い方】

アイカラーベース

①少量を指に取ります。

②上まぶた全体にのばしていきます。

③むらにならないよう、目のキワまで丁寧にのばします。

目の下のくすみは、「3-1.青黒いくすみ」でご紹介したのと同じ方法でカバーしましょう。

3-3.黒っぽいくすみ

口紅 プチプラ①
黒っぽいくすみは、たるみが原因でできてしまった影なので、コンシーラーでカバーすることは難しくなります。

そのため、目から離れた口元にポイントを置いたメイクをしましょう。

口元にポイントを置いたメイクをすることで、目元から視線を逸らすことができ、くすみを目立ちにくく見せることができます。

☆自分に似合う口紅の色の選び方はこちらの記事をご覧ください!

4.目の周りのくすみ対策【日常生活編】

目の周りの皮膚はとても薄いので、デリケートで乾燥しやすい部分であり、ちょっとしたことが原因でくすみがちです。

日常生活を送る中でも、目の周りのくすみの原因となりかねない落とし穴があります。

目の周りのくすみを防ぐために、次の4つを意識していきましょう。

4-1.保湿を意識したお手入れをする

小じわ対策
目の周りのくすみを対策するためには、スキンケアでしっかりと保湿することが大切です。

なぜなら、肌はうるおいが不足すると、乾燥によりくすんで見えてしまう傾向にあるからです。

普段のスキンケアで肌に必要な水分と油分をしっかりと補って、乾燥を防ぐことをおすすめします。

化粧水で水分を与えて、乳液やクリームで油分を補う基本のお手入れを行って、肌のうるおいをキープしましょう。

また、化粧品の適量を守らずに少ない量でつけたり、化粧品のつけ方が雑になっていたりすると、摩擦が起こりやすくなり、乾燥くすみの原因となってしまうこともあります。

化粧品は正しい使用方法・使用量を守って使いましょう。

4-2.目の周りには丁寧に触れる

目の周りのくすみを防ぐために、目の周りには丁寧に触れることを心がけましょう。

皮膚の薄い目の周りは、摩擦が起こると色素沈着を起こしやすく、くすみの原因になってしまうことがあるからです。

目の周りをこする、ひっぱる、ゴシゴシと力を加えるようなことはできるだけ避けることをおすすめします。

また、アイメイクを落とす際にはポイントメイクリムーバーを使用して、力を加えずに落としましょう。

【おすすめアイメイクリムーバー】
ミュゼル アイメークアップリムーバー
ミュゼル

アイメイクなどを落とす時に活躍する、しっとりとした使い心地のポイントメイクリムーバーです。
アイメイク以外に、リップメイクをオフする際にも使えます。

公式HP

4-3.目を休ませる時間をつくる

毛穴開き 対策目の周りのくすみを防ぐには、目を休ませる時間をつくるように意識することもおすすめです。

長時間パソコンやスマートフォンを使用したままでいると、目に負担がかかりやすく、目元の筋肉が硬くなって目を疲れさせてしまいがちです。

目の疲れは血行を悪くする原因となり、くすみを引き起こすこともあるため、1時間おきに5分程度、目を休ませるように心がけましょう。

4-4.6時間以上の睡眠をとる

まつげエクステ もち

目の周りのくすみを防ぐには、十分な睡眠を取ることも大切です。

睡眠不足によって血行が悪くなることは、くすみの原因にもなりかねません。最低でも6時間は睡眠をとるように意識しましょう。

5.まとめ

目の周りのくすみは、早い段階から対策を行い、日常生活を見直していくことが大切です。

毎日しっかりお手入れを続けて、鏡を見るのが楽しみになる自慢の目元を目指しましょう!

※この記事は2016年12月21日(最終更新日)時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

目もと美容液1本分の価格でスキンケアフルラインも試せる!
『アテニア アイエクストラセラムセット』はこちら>>>

アテニアアイエクストラセラム バナー


Pocket
LINEで送る