メニューを開く
提供:株式会社シーボディ

成分で選ぶ!本当に効く「ビタミンC誘導体化粧水」とは?


Pocket
LINEで送る

ビタミンC誘導体 化粧水
「ビタミンC誘導体」化粧水は、ニキビ・ニキビ跡・美白等のあらゆる肌悩みに効果を発揮します。

しかし「ビタミンC誘導体」化粧水には様々な種類があり、選び方が最も重要です。

そこで今回は「ビタミンC誘導体」の成分を徹底的に調べ、肌らぶスタッフが厳選して選んだ「ビタミンC誘導体」配合の化粧水ランキングと「ビタミンC誘導体」の美容効果についてご紹介します。

◆肌らぶ セレクション◆

VCスターターセット

ビタミンC誘導体の中でも、今もっとも注目がある「最新型ビタミンC誘導体 VC200」が配合されたニキビケアローション「VCローション

大人ニキビ、思春期ニキビも皮脂分泌のコントロールとアクネ菌の殺菌が大切です。
VC200×薬用パワーでニキビを防ぎましょう!

化粧水・薬用美容液、クリームの7日分がセットになった「VCスターターセット」が
通常価格1800円のところ、肌らぶ限定ページで毎月先着200個限定で1000円でお試しできます!

全国送料無料・30日間返金保証・次回のお買い物に使える20%クーポン付きです。
提供:株式会社シーボディ
VCスターター


1.「ビタミンC誘導体」化粧水ランキング

「ビタミンC誘導体」化粧水を選ぶために最も大切なのは、「ビタミンC誘導体」の種類と配合量です。

今回は、「ビタミンC誘導体」成分に着目し、高い効果が期待出来る「ビタミンC誘導体」化粧水と、低刺激な「ビタミンC誘導体」化粧水に分けてご紹介します。

1-1.高い効果が期待出来る!「ビタミンC誘導体」化粧水ランキング

高い効果が期待出来る!「ビタミンC誘導体」化粧水ランキングです。

今回は「ビタミンC誘導体」の中でも特に高浸透性のビタミンC誘導体である「両性ビタミンC誘導体」が配合されているかどうかを重視しました。

詳しい成分の詳細は【2.「ビタミンC誘導体」化粧水を選ぶポイント】をご覧ください。

1位サイクルプラス【2剤式化粧水】エンリッチローション

サイクルプラス

内容量:80ml+パウダー【約1ヶ月分】
企業:株式会社 ナリス コスメティック フロンティア

特徴:高浸透性のビタミンC誘導体「APPS(アプレシエ)」が贅沢に配合された2剤式の高機能化粧水です。

さらに、エイジングケア成分として紫外線やストレスから肌を守る抗酸化効果の高い「ビタミンE」や「ヒアルロン酸」、「EGF/FGF様ペプチド」なども配合されており、ハリと透明感溢れる素肌へ導きます。

⇒サイクルプラス公式HPはこちら

 

2位GranGrace(グラングレース) ローション

グラングレース

内容量:40ml【約1ヶ月分】
企業:株式会社 エストコミュ

特徴:高浸透性のビタミンC誘導体である「APIS」がたっぷりと配合された高機能化粧水です。

「APIS」の他に、潤い力効果の高い保湿成分「ヒアルロン酸」や肌ダメージを予防・改善する抗酸化成分「ビタミンE」が配合されており、あらゆる肌悩みの予防・改善へ働きかけます。

⇒GranGrace(グラングレース)の公式HPはこちら

 

3位≪ドクターケイ≫ビタミン化粧水「ケイカクテルVローション」 
けい

内容量:150ml【約2ヶ月分】
企業:株式会社ドクターケイ

特徴:「APPS(アプレシエ)」を含む12種類のビタミンが肌全体にアプローチして、肌本来の力を底上げして紫外線に負けない調子の良い肌、強く美しい肌を作ります。

抗酸化力に優れているため、毛穴の開きにも効果的です。

⇒ドクターケイ公式HPはこちら

 

1-2.低刺激!「ビタミンC誘導体」化粧水ランキング

「ビタミンC誘導体」配合の化粧水を使用したいけれど、刺激が気になる・・」という方のための低刺激な「ビタミンC誘導体」化粧水ランキングです。

今回は「ビタミンC誘導体」配合に加え、低刺激で保湿成分が多く配合されているかどうかを重要視しました。

1位ASTALIFT(アスタリフト)ローション

5アスタリフト

内容量:150ml【トライアルセット⇒1000円+税】
企業:富士フィルム株式会社

特徴:「ビタミンC誘導体」と保湿成分がバランスよく配合されている高機能化粧水です。

保湿成分である3種類のコラーゲンとヒアルロン酸がたっぷりと配合されているため、肌が乾燥しやすい方でも比較的に安心して試すことができます。

初めて購入される方は、現在セラミド配合保湿美容液を含んだ、「ビタミンC誘導体」配合化粧品のトライアルセットが1000円で販売されているので、是非そちらから試してみてください。

⇒ASTALIFT(アスタリフト)公式HPはこちら

2位decenciaサエルホワイトニングローション クリアリスト

d

内容量:125ml【1ヶ月~2ヶ月分】
企業:株式会社decenciadecencia INC.

特徴:敏感肌に不足しがちなセラミドの産生をサポートし、内側から輝く透明感をもたらします。
「ビタミンC誘導体」と浸透性の保湿成分がバランスよく配合されているため、保湿ケしながら、肌悩みへのアプローチを行う事が可能な化粧水
です。

⇒decencia(ディセンシア)サエル公式HPはこちら

 

3位:POLA (ポーラ)WHITISSIMO 薬用ローションホワイト

POLA

内容量:150ml【3ヶ月分】
企業: 株式会社POLA

特徴: 「ビタミンC誘導体」と共に保湿効果の高いヒアルロン酸を配合した、とろみのある薬用化粧水です。

各美白成分と保湿成分が肌にたっぷりと潤いを届けながら、透明感溢れる肌へと導きます。

⇒POLA(ポーラ)公式HPはこちら

 

2.「ビタミンC誘導体」化粧水を選ぶポイント

肌に効果のある「ビタミンC誘導体」を選ぶポイントは、【ビタミンC誘導体の種類】と【ビタミンC誘導体の配合量】を見て選ぶことです。自分の肌状態や目的に合わせて選んでいきましょう。

2-1.「種類」で選ぶ

パッケージで「ビタミンC○○」と記載があっても実際の成分表示を見ると「類似成分」であったり、ほとんど配合されていないものもあります。

効果的に「ビタミンC誘導体」を摂取するためにもパッケージだけで判断せずに、裏の成分表示を見て、どのような種類の「ビタミンC誘導体」が含まれているのかを確認しましょう。

ビタミンC誘導体には「水溶性」「油溶性」「両性」の3タイプがありますが、化粧水と相性が良いのは「水溶性」と「両性」です。

中でも「両性」のビタミンC誘導体は、油溶性・水溶性両方のビタミンC誘導体のメリットを持ち、安定性・安全性・持続性にも優れた高浸透性のビタミンC誘導体です。

APPS

参考:APPSプラスEローション.net

■水溶性ビタミンC誘導体
水との相性が抜群に良く、短時間で肌に浸透します。高い浸透力と肌への即効性が魅力です。

例)
・リン酸アスコルビルNa(APS)
・リン酸アスコルビルMg(APM)
・アスコルビン酸グルコシド

■油溶性ビタミンC誘導体
水溶性に油分を結合させてクリームやゲルなどの配合できるようにしたものです。時間をかけて浸透するため、即効性には欠けますが効果は穏やかで低刺激なので肌が乾燥しやすい方や敏感に傾きやすい方におすすめです。

例)
・テトラへキシルデカン酸アスコルビル
・テトライソパルミチン酸アスコルビル
・テトラリン酸アスコルビル

■両性
水溶性+油溶性の成分を持つビタミンC誘導体です。最も肌への浸透性が良く、「APPS(アプレシエ)」は通常のビタミンCのおよそ100倍の浸透力を持ち、肌へ有効成分を届けます。

例)
・APPS(アプレシエ・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)
・APIS(イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)
・FuncosC-IS(VCP-IS-2Na・イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)

2-2.「配合量」で選ぶ

化粧品は全成分表示が義務付けられており、配合量の多いものから順に記載するようになっています。(1%未満のものは順不同)

ビタミンC誘導体の配合量は多ければ多いほど上記に記載されているので、配合量を調べる際は目安にしましょう。

3.「ビタミンC誘導体」化粧水の効果

「ビタミンC誘導体」とは、化粧品に入れると安定しにくいといわれる「ビタミンC」を安定しやすい成分に変化させたものです。

3-1.「ビタミンC誘導体」の美肌効果

「ビタミンC誘導体」は、あらゆる肌悩みに対応できる絶大な美肌効果が期待できる成分です。

■美白効果
「ビタミンC誘導体」にはシミの元であるメラニンの生成を抑える働きと、できてしまったメラニンの色素沈着を改善する効果があります。

■ニキビの予防・改善効果
ニキビの予防にも、「ビタミンC誘導体」は大変効果的です。それは、ニキビができる原因である皮脂の詰まりをビタミンCが改善し、過剰な皮脂の分泌を減らす作用やニキビの炎症を抑える効果があるからです。

■エイジングケア (抗酸化) 効果
「ビタミンC誘導体」にはエイジングケアに最も欠かすことのできない抗酸化作用があります。この抗酸化とは、体内で過剰に発生した活性酸素を除去する作用の事です。

肌は、紫外線・摩擦の刺激やストレスから肌を守るために「活性酸素」を発生しますが、この「活性酸素」は過剰に発生しすぎてしまうと自らの肌細胞を傷つけます。

肌細胞は傷ついてしまうとシワやたるみなどの肌老化を引き起こします。この過剰な「活性酸素」を防ぐのが「抗酸化」成分なのです。

3-2.「ビタミンC誘導体」は化粧水配合がベスト!

ニキビ 化粧水

「ビタミンC誘導体」は化粧水に取り入れるのが最も効果的です。

それは、「ビタミンC誘導体」が他のアイテムよりも化粧水などの「水」に配合した方が成分自体の安定がしやすく肌への吸収も抜群に良いからです。

化粧水は肌に「水分」を与えるのではなく、効果のある「有効成分」を届けるものなので、化粧水と相性の良い有効成分を取り入れる事が重要です。

「ビタミンC誘導体」以外でも「水溶性の美容成分」であれば肌への美容効果は高いのですが、複合的な肌悩みに対応できるのはビタミンC誘導体なのです。

3-3.ビタミンC誘導体化粧水の注意点

「ビタミンC誘導体」には、多くの美容効果が期待できますが注意点もあります。自分の肌状態に合わせて使用していきましょう。

■肌が乾燥しやすい方は、濃度が低いタイプを使用する
「ビタミンC誘導体」には皮脂分泌を抑える働きがあるため、乾燥している肌状態の場合、より乾燥を招いて肌に刺激を与えてしまう恐れがあります。

「ビタミンC誘導体」濃度は低いものを選ぶようにして、保湿をメインに行っていきましょう。

■肌が敏感な状態の時は使用を控える
「ビタミンC誘導体」は、肌への浸透が高く即効性も期待できますが、肌状態が敏感な時に使用してしまうと肌への刺激になってしまいます。

肌が敏感になりやすい方は、必ず事前にパッチテスト等を行い自分の肌に合うかを確認しましょう。

4.まとめ

あらゆる肌悩みに効果を発揮する「ビタミンC誘導体」化粧水は、自分自身の肌悩みと目的に合わせて選ぶことで効率よくケアが可能です。

美容効果に優れている「ビタミンC誘導体」を普段のケアに取り入れてみてはいかがでしょうか?

この記事は2015年6月1日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。



Pocket
LINEで送る


【永久保存版】クレンジング完全攻略マニュアル