2017年7月13日 更新

眉間ニキビの原因&防ぐためのセルフケア方法は?詳しく解説!

眉間ニキビ 原因1
眉間のニキビ、原因をご存知ですか?

眉間は目立つ場所ですので、自分でも気になっちゃいますよね。

どうして眉間にニキビができるのか、原因を知って対策していきましょう!
今回は、眉間ニキビができる原因と、ニキビ防ぐためのお手入れ方法についてお伝えしていきます。



1.眉間ニキビの原因

眉間はもともと皮脂が多く、ニキビができやすい場所と言われています。

眉間のニキビはどの年代にも共通して考えられる原因があり、体内の影響(内的要因)と、外からの影響(外的要因)の大きく2つに分かれています。

それぞれ考えられる原因を詳しくご紹介します。

1-1.内的要因

shutterstock_287444756

①ホルモンバランスの乱れ

眉間ニキビが発生する原因の1つとして、「ホルモンバランスの乱れ」が考えられます。

睡眠不足・過度のストレス・生理周期などの影響でホルモンバランスが乱れ、肌の皮脂量が増えることなどにより、ニキビができやすくなると考えられています。

②肝機能の低下

生活習慣の乱れも、眉間のニキビには関係していると言われています。

肝臓は、アルコールの摂りすぎ・食べ過ぎ・ストレス等の影響を受けやすい部位と考えられています。

1-2.外的要因

髪 女性①

①眉間を触ること

眉間を手で触ったり、眉毛のお手入れの際にピンセットやかみそりで触れることが、ニキビの原因となることもあります。

手などに付着した雑菌が原因でニキビができやすくなったり、何かしらの摩擦を受けることで眉間の肌表面が硬くなることがあると考えられているからです。

②クレンジング・洗顔不足

Tゾーンにあたる眉間は皮脂量が多い部位であるため、クレンジングや洗顔で余分な皮脂や汚れを落とせていないとニキビができやすくなる原因になると言われています。

鼻骨もあり、シワが寄りがちな眉間は、頬などと比べて肌に凹凸が生まれやすい部位といえます。
その凹凸に汚れがたまったり、洗顔料が眉間に残ったままになることなどが、眉間ニキビの原因となる場合があります。

2.眉間ニキビを防ぐ!肌をすこやかに保つスキンケア方法

アイブロウ ペンシル
ここでは、肌をすこやかに保ち、眉間にもできるニキビを防ぐお手入れ方法をご紹介していきたいと思います。

2-1.丁寧に洗顔する

顔は空気中の汚れに常にさらされています。

余分な皮脂や汗、古い角質が混ざり合い、これを放置すると雑菌が繁殖したりすることで、さまざまな肌悩みの原因となることがあります。丁寧に洗顔を行いましょう。

■洗顔方法

①しっかり手を洗う
洗顔 方法
手についた雑菌を取り除くために、ハンドソープを使ってキレイに落としましょう。

②洗顔料をよく泡立てる
眉間 ニキビ
ここがとても大事です!
しっかりと泡立てることで、泡が肌と手の間でクッションのような役割をしてくれ、より丁寧な洗顔につながります。

泡立て専用のネットは100円ショップにも売っています。ぜひ活用してみてください。

③Tゾーン→Uゾーンの順でなじませる
30代 クレンジング おすすめ
皮脂が多いTゾーンから洗い、次にUゾーンへと移ります。こするのではなく、くるくると円を描くように泡と汚れとなじませます。

ゴシゴシと力を入れなくても、泡で丁寧に包み込めば十分汚れを落とすことができると言われています。

④ぬるま湯ですすぐ
洗顔 方法
お湯が熱すぎると、肌に必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。若干ぬるめかな、と思うくらいの温度でOKです。

⑤肌触りの良いなめらかなタオルで拭く
思春期 ニキビ 洗顔
ゴワゴワしたタオルを使用したり、ごしごしと強い力で拭いたりすることはやめましょう。

眉間ニキビの有無に関わらず、洗顔後の肌はデリケートな状態です。

雑菌の繁殖を避けるために、洗ってから1度でも使用したタオルは控えましょう。

【ポイント】
・ゴシゴシ洗顔はNG!汚れは泡で包み込んで落としましょう。
・すすぎ残しが無い様、十分注意しましょう。

【洗顔料の選び方】

洗顔料を選ぶ際、意識しておくとよいポイントは以下の2つです。
①泡立ちがよい
②油分の配合が少ない

肌らぶ編集部おすすめの洗顔料

ニキビを防ぎたい方に、肌らぶ編集部がおすすめしたい洗顔料をご紹介します。

NonA(ノンエー)(医薬部外品)
NonA.
内容量:100g
値段:2,723円(税抜)

さっぱりと洗い上げることで汚れを落とし、ニキビを防ぐ洗顔石鹸
油分が少ないので、さっぱりした使用感が好きな方にもおすすめです。

公式HPはこちら(大)

2-2.ニキビを防ぐ薬用化粧品でお手入れを行う

眉間にもできるニキビを防ぐには、「スキンケア」も重要なポイントです。

洗顔をきちんとしてもスキンケアがおろそかになると、「インナードライ」の肌状態を招き、皮脂量をさらに過剰にしてしまう場合もあります。

ニキビを防ぐ薬用化粧品でスキンケアして、ニキビを防ぎましょう。

【スキンケア化粧品の選び方】

スキンケア化粧品を選ぶ際、意識してほしいポイントとして以下の2つが挙げられます。
①ニキビを防ぐ有用成分が配合された薬用化粧品のもの
②オイル・アルコールフリーのもの

肌らぶ編集部おすすめの保湿化粧品

眉間にもできるニキビを防ぎたい方に、肌らぶ編集部がおすすめしたい薬用化粧品をご紹介します。
ノブ ACアクティブ(医薬部外品)
NOV
トライアルセット内容:クレンジング・洗顔料・化粧水・乳液(約7日分)
価格:1,500円(税抜)、送料無料

製薬会社から発売されている、ニキビを防ぐスキンケアシリーズです。
セラミド・ヒアルロン酸・リピジュア®等の保湿成分を配合。肌にうるおいを与え、なめらかにしてくれます。

公式HPはこちら(大)

3. まとめ

女磨き(Clara)
眉間ニキビの原因や、ニキビを防ぐお手入れ方法などをご紹介しました。

どうしても目立って気になるニキビ。原因を知って、すこやかな肌を目指しましょう!