メニューを開く

ニキビで悩む方必見!クレンジングオイルはニキビによくないのか?


Pocket
LINEで送る

ニキビ 悩み 女性

「ニキビの原因=皮脂」であれば、さらにオイルという油分をのせてクレンジングをする「クレンジングオイル」は、ニキビの原因となるのではないか、ニキビができたときに悪化させるのではないかと不安に思ったことはありませんか。

ニキビで悩んでいる方は、ニキビにクレンジングが良くないのであれば使いたくありませんよね。

では実際に、クレンジングオイルがニキビの原因やニキビを悪化させることはあるのでしょうか…。

答えは、YESでもありNOでもあります!

クレンジングオイルが絶対に悪いということはありません。

そこで今日は、クレンジングオイルがニキビによくないと言われる3つの理由から、どのようにクレンジングオイルを使えば良いのかをご紹介します。

また、クレンジングオイルの正しい使い方や、ニキビを防ぐためのセルフスキンケア方法についても詳しくみていきましょう。



1.ニキビに良くないと言われる3つの理由

クレンジングオイルがニキビに良くないと言われる理由には、主に3つあります。一つ一つ詳しく見ていきましょう。

1-1.肌への摩擦や界面活性剤がニキビに刺激を与える場合がある
1-2.オイルの洗い残しがニキビを進行させる原因になる場合がある
1-3.植物性オイルに含まれる成分がニキビの原因となる場合がある

1-1.肌への摩擦や界面活性剤がニキビに刺激を与える場合がある

クレンジングオイルはサラサラしていることから、メイクとなじませるときに、手による肌への摩擦は大きくなります。

また、油分が多いことから、油分を洗い流すための界面活性剤も多く必要となります。

肌への摩擦に加え、界面活性剤の量や種類によっては、肌への刺激が増えることになるため、クレンジングオイルはニキビにはよくないと言われているのです。

油分の多いクレンジングは、クレンジング料自体に含まれる油分を落とすために界面活性剤が多く含まれている傾向にあります。

けれど、油分の少ないクレンジングにも、実はメイクの油分を落とすために界面活性剤が多く含まれています。

クレンジングの本質は、油分であるメイク汚れを落とすことです。そのために、クレンジングの油分、もしくは界面活性剤の洗浄力で落としているということですね。

クリームやミルクタイプのクレンジングは、界面活性剤の量が比較的少なく、またクリームやミルクのテクスチャーが手による肌への摩擦を抑えることが期待できるので、ニキビに刺激を与えにくくするとされているからです。

※オイル(油分)と界面活性剤は、悪者ではありません。メイクをしっかり落とすために必要な成分です。あくまで、ニキビができている状態には負担となることがあるということです。

1-2.オイルの洗い残しがニキビ発生を進行させる場合がある

クレンジングオイルがしっかり「乳化」できていないと、クレンジングのオイルはもちろん、油性のメイク汚れや皮脂汚れなどをしっかり洗い流すことができません。

これらの油分が肌に残ってしまうことで、ニキビの原因やニキビに良くない状態へつながってしまうことがあるのです。

クレンジングオイルの乳化とは、クレンジングオイルを水で洗い流す前に、ぬるま湯を肌になじませて、オイル全体が白っぽくなることを言います。

この時、なじませたぬるま湯にクレンジングオイルなどの油分の汚れが浮き上がることで、油を水で洗い流すことができるのです。クレンジングオイル ニキビ

このように、水と油のように混ざり合わない液体が、もう一方の液体中に分散することを「乳化」といいます。この乳化した状態のものを「エマルション」といい、水の中に油が乳化している「水中油滴(O/W・Oil in Water型)エマルション」と油の中に水が乳化している「油中水滴(W/O・Water in Oil型)エマルション」があります。

普通にクレンジングを行っても、油分と水分を乳化させる働きのある界面活性剤によって乳化をすることができます。

しかし、クレンジングの際に乳化を促してあげることが、クレンジングオイルの使い方における最大級のコツなのです。

1-3.植物性オイルに含まれる成分がニキビの原因となる場合がある

オイル

ニキビを繰り返す方に気を付けて頂きたいのは、オレイン酸を多く含む油が含まれたクレンジングオイルです。

栄養が豊富に含まれたオレイン酸は、皮膚を保護する働きがありますが、それと同時にニキビの原因にもなり得るという一面も持っていると言われています。

オレイン酸を多く含む植物性オイル

■オリーブオイル
オリーブ
クレンジングオイルによく使われています。オレイン酸を豊富に含み、皮膚を保護する働きがある一方、アクネ菌のエサにもなりえます。

■グレープシードオイル
マスカット
リノール酸、オレイン酸が主体のオイルです。ビタミンEも豊富で、若々しい肌づくりのサポートをしてくれます。オイルのべたつきが少なく、滑らかな使い心地です。

■コメヌカオイル
稲 米
オレイン酸、リノール酸、パルミチン酸が主体となります。コメヌカオイル特有のγオリザノールという成分が含まれ、保湿性を持っています。

 

ニキビを繰り返しやすい方は、これらを控えてみても良いかもしれませんが、もちろん、肌に合っているのであれば、無理に変える必要はないでしょう。

2.ニキビに気を付けつつも使いたいクレンジングオイル

「1.ニキビに良くないと言われる3つの理由」から、いつもナチュラルメイクの方ならば、ニキビが気になるときには、クリームやミルクタイプのクレンジング料を使うことをおすすめします。

しかし、バッチリメイクの方は、なかなか落としにくいメイクもあるでしょう。

落としきれなかったメイク汚れもまた、ニキビにとっては良くない影響を与えます。従って、メイクをしっかりしたい方は、クレンジングオイルでしっかりとメイクを落とす必要があります。

肌に負担のかからないメイクやクレンジングはありません。

肌質や肌の状態、メイクの濃度でしっかり見極めて選ぶことが大切です。

クレンジングオイルをご紹介

【ちふれ】クレンジングオイル

ちふれ:クレンジングオイル

価格:220ml / 700円(+税)

シンプルなミネラルオイル(クレンジング成分)配合クレンジングオイルです。濡れた手でも使えるのが嬉しいですね!

>>ちふれ 公式HPはこちら

【専科】パーフェクトウォータリーオイル

パーフェクトウォータリーオイル
価格:230ml / 989円(+税)

手軽に買えるクレンジングオイルの代表格です。ウォータープルーフマスカラも、するん!と落としてくれます♪

>>資生堂 専科 公式HPはこちら

クレンジングオイルの代用に使えるニキビにおすすめホホバオイルをご紹介

ホホバオイルは、ワックスエステルという人間の肌にも含まれる成分を含んでいることから、肌のなじみが良いとされています。

クレンジングオイルの代用として使えるホホバオイルをご紹介します。

【NATURAL ORCHESTRA】ホホバオイル

NO:ホホバオイル価格:34ml / 2,778円(+税)  55ml / 4,352円(+税)

100%オーガニックホホバオイルです。

>>ナチュラルオーケストラ 公式HPはこちら

 

【無印良品】ホホバオイル
無印 ホホバオイル価格:50ml / 833円(+税) 100ml / 1,481円(+税)

安くて手軽に買いやすいのがうれしいホホバオイルです!

>>良品計画 公式HPはこちら

3.ニキビのためのクレンジングオイルの使い方

3-1.クレンジングオイルの使い方のポイント

ニキビのための使い方のポイントはこの2つだけです!

①時間  ②乳化

①クレンジングには時間をかけすぎない

砂時計クレンジングに時間をかけるほど、擦る際の摩擦とクレンジングに含まれる成分によって、肌の角質層には負担が与えられます。

肌の表面にある皮脂膜や角質層は、外界の刺激から肌を守る働きを持ちあわせていることから、この角質層に負担がかかると、ニキビができやすくなることもあります。

肌への刺激を抑えるために、クレンジングはなるべく1分以内で行うことが大切です。

ただ、クレンジングで肌のすべての汚れを落とそうとしてしまうと、1分以上時間がかかってしまったり、肌をこすって傷つけてしまったりします。

この時点では、6割程度の汚れが落ちていれば大丈夫です。すすいだ後に残っている汚れやべたつきは、この後の洗顔で落とせるからです。

②クレンジングオイルを乳化させる

オイルに少量の水を加えてクレンジングオイルを乳化させると、オイルが水っぽいミルクの状態になります。この時、オイルは下の写真のように白くなります。これが乳化しているしるしです。

【クレンジングオイルが乳化した状態】乳化 前後

正しいクレンジングオイルの使い方は、クレンジングオイルを水で洗い流す前に、ぬるま湯を肌になじませて、このようにオイル全体が白っぽくなってから洗い流すことです。66

3-2.クレンジングオイルの正しい使い方

◆使用量◆

オイルはたれ落ちしやすいので、2回にわけて顔に広げましょう。 オイルの量は、ポンプのもので顔全体に3~4プッシュ、目元に1~2プッシュが目安です。

◆手順◆

①   手を洗って清潔にする

ニキビの有無に関わらず、肌はとても繊細です。すべてのお手入れは清潔な手で行いましょう。

②   手のひらにオイルを出す

メイクとのなじみをよくするために、乾いた手にオイルをとりましょう。

③   Tゾーンからなじませる

皮脂が多い部分からつけていきます。まず額~鼻にのせ、指のはらを使ってくるくると円を描くようになじませます。

④   Uゾーンになじませる

ほほ~あごにのばしファンデーションとなじませます。

⑤   目元・口元になじませる

オイルを足して、最後に皮脂が少な目の目元と口元になじませます。

⑥   少量の水を手に取り乳化させたら、顔全体になじませる

新しくオイルを出す必要はありません。手に残っているオイルに少量の水を加え、白くなったら乳化のしるしです。顔全体になじませましょう。

⑦   ぬるま湯で洗い流す

顔全体が白くなったら、ぬるま湯で少しずつ洗い流しましょう。

4.ニキビを防ぐためのセルフスキンケア

スキンケア 化粧水 女性

ニキビのための基本は、以下の3つです!

①クレンジング  ②洗顔  ③潤い

①クレンジング

ニキビなどの肌悩みのない健やかな肌を保つための基本は、肌を清潔に保つことです。

メイクをした日は、クレンジングが不十分だと、肌に残ったメイクがニキビの原因となることも考えられます。

余計な負担を与えずに、メイクを落とすためには、その日のメイクの濃さに合わせてクレンジングを使う必要があります。

・軽いメイク(フェイスパウダー・パウダーファンデーション)
➡クリーム・ミルク・ジェルタイプのクレンジングで落として、洗顔料で洗う

・濃いメイク(リキッドファンデーション・落としにくいアイメイク)
➡オイルタイプのクレンジングで落として、洗顔料で洗う

②洗顔

肌の表面や毛穴に汚れが残っていると、ニキビの原因にもなりますが、洗顔は多くても朝晩の2回で十分です。

なぜならば洗顔で皮脂を落としすぎると、肌が乾燥して角質が厚くなり、毛穴が詰まってニキビの原因となると言われています。

メイクをした日の夜は、クレンジングの後に洗顔をしてほしいのですが、朝の洗顔は、オイリー肌とその他の肌質とで方法が異なります。

固形石鹸

・オイリー肌
 ➡皮脂が多く出やすいため、朝も不要な皮脂を落とすために洗顔料を使って優しく洗うことをおすすめします。

・その他の肌質
 ➡皮脂がそこまで出ない方は、洗顔料をつかわずぬるま湯のみで優しく洗うようおすすめします。混合肌の方は、テカリやベタつきが気になるところのみ洗顔料を使っても良いでしょう。

③保湿

ニキビを繰り返しやすい方は、クレンジングや洗顔など皮脂やメイク汚れを落とすことに目が行きがちですが、うるおいを与える「保湿」はとても大切です。肌がしっかりうるおって健やかな状態でいれば、ニキビができにくい肌を目指しやすいからです。

・化粧水
自分の肌にあったものを使いましょう。さっぱりタイプなのかしっとりタイプなのか、どんな化粧水が肌になじみやすいのかを把握しておきましょう。

・美容液
美容液は、保湿成分などの美容成分を肌に与える目的で作られています。化粧水のあとには美容液も使用することをおすすめします。

・乳液、クリーム
目元、口元など、乾燥が気になるところにのみにつけること。ニキビやテカリが気になるところにはつけないことがポイントです。

化粧品を選ぶポイント

皮脂汚れや古い角質で毛穴がふさがれてしまうと、ニキビの原因となります。

肌を清潔で健やかに保てる、自分の肌に合った化粧品を選びましょう!

おすすめ化粧品

ここではおすすめの化粧品をご紹介します。

化粧品は、何と言っても自分の肌に合うかどうかがとても大切です。

ご紹介するシリーズはすべてトライアルセットがありますので、一度お得に試してみて下さい!

オルビス クリアシリーズ【医薬部外品】

オルビスクリアトライアルセット

販売:オルビス株式会社
トライアルセット価格:1,200円(+税)

オルビスのスキンケアアイテムは、オイルカットなので、皮脂が多く出やすい方にもおすすめです。
保湿成分「エリスリトール」「グリセリン」配合。肌にたっぷりと潤いを与えます。

>>オルビス 公式HPはこちら

ルナメアAC 1週間キット【洗顔料以外は医薬部外品】

ルナメアAC
販売:富士フィルム
トライアルセット価格:1,000円(+税)

清潔感漂うブルーのボトルがおしゃれなルナメアACシリーズです。さっぱりとした化粧品をお求めの方におすすめです!

>>ルナメアAC 公式HPはこちら

 

ノブ ACアクティブ【医薬部外品】
ノブACアクティブ

販売会社:ノエビアグループ常盤薬品工業株式会社
価格:1,500円(+税)

ノブACアクティブは、大人ニキビ用の化粧品です。ノブACアクティブの化粧水は、保湿成分として「ヒアルロン酸」「セラミド」を配合しています。

>>ノブACアクティブ 公式HPはこちら

5.ニキビの原因と、スキンケア以外の対策

5-1.思春期ニキビと大人ニキビの違い

ニキビには、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」があります。

明確な定義は実は決まっていませんが、それぞれ特徴と原因は異なります。

思春期ニキビ

特徴
・皮脂腺の多いところ(Tゾーン中心に顔・頭・胸・背中)にできる
・オイリー肌だとできやすい

主な原因
・年齢による皮脂分泌の過剰

大人ニキビ

特徴
・皮脂分泌の少ないところ(フェイスライン・Uゾーン)にできる
・オイリー肌でなくてもできる
・要因が複雑で、クセになりやすい

主な原因
・ストレス
・睡眠不足
・ホルモンの乱れによる皮脂分泌の過剰
・間違ったスキンケア
・日焼けや乾燥など

5-2.生活習慣によるニキビ対策

1.睡眠は最低6時間

パジャマ(睡眠)睡眠不足になると、肌の代謝や免疫が低下すると言われています。

また。ホルモンのバランスが崩れやすくなり、皮脂が過剰に分泌されることで、ニキビができやすくなります。

理想は、肌のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯(22:00~2:00)の間にぐっすりと眠ることです。

忙しい女性には難しいかもしれませんが、ほぼきまった時間(24:30まで)に就寝することを心がけ、最低6時間は睡眠をとりましょう。

2.栄養バランスの取れた食事を取る

和食

栄養バランスの取れていない食事は、肌だけでなく体に良くありません。

和食は、いろいろな食材がとれて栄養バランスがよいことから、1日1回でも和食を食べるとよいでしょう。

ニキビ対策におすすめの栄養素が含まれる食品

・β-カロテン(ビタミンA
トマト、かぼちゃ、ブロッコリー、にんじんなど

・ビタミンC
イチゴ、キウイフルーツ、キャベツ、かぶの葉など

・ビタミンE
うなぎ、はまち、ナッツ類など

・ビタミンB2
牛レバー、ブリ、納豆、卵、牛乳

・ビタミンB6
かつお、豚肉、牛肉、鶏肉

3.便秘

便秘をすると悪玉菌が増え、腸内でビタミンをつくる働きが下がってしまうため、ニキビを引き起こしやすくなると言われています。不溶性食物繊維が多く含まれる食品を積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

不溶性食物繊維が多く含まれる食品
  • 大豆、いんげん豆などの豆類
  • ブロッコリー、ごぼうなどの野菜類
  • さつまいも、さといもなどのいも類

6.まとめ

クレンジングオイルがニキビに良くない理由は3つありました。

① 肌への摩擦や界面活性剤がニキビに刺激を与える場合がある
② オイルの洗い残しがニキビを進行させる原因になる場合がある
③ 植物性オイルに含まれる成分がニキビの原因となる 場合がある

クレンジングオイルは、ニキビの負担になる可能性を持っていますが、正しい使い方をマスターすることで、健やかな肌を保つこともできます。

今回は、クレンジングオイルとあわせてニキビにまつわるさまざまな情報もお伝えしました。

負けず、くじけず、できることから行っていきましょう。

この記事は2016年6月7日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る