メニューを開く

ニキビで悩む人必見!クレンジングオイルがニキビによくない3つの理由


Pocket
LINEで送る

ニキビ 悩み 女性

「ニキビの原因=皮脂」であれば、さらにオイルをのせてクレンジングをするクレンジングオイルは、ニキビの原因となるのではないか、ニキビを悪化させるのではないかと不安に思ったことはありませんか。

ニキビで悩んでいる人は、ニキビによくないクレンジングであれば使いたくありませんよね。では実際に、クレンジングオイルがニキビの原因やニキビを悪化させることはあるのでしょうか…。

答えは、YESです! しかし、クレンジングオイルが絶対に悪いというわけではありません。 そこで今日は、クレンジングオイルがニキビによくないと言われる3つの理由から、どのクレンジングオイルなら使っても良いのかをご紹介します。また、クレンジングオイルの正しい使い方や、ニキビのためのスキンケア方法についても詳しくみていきましょう。



1.ニキビに良くないと言われる3つの理由

クレンジングオイルがニキビに良くないと言われる理由には、3つあります。一つ一つ詳しく見ていきましょう。
1-1.肌への摩擦や界面活性剤がニキビに刺激を与える
1-2.オイルの洗い残しがニキビを悪化させる
1-3.植物性オイルに含まれるオレイン酸がニキビのエサとなる 

1-1.肌への摩擦や界面活性剤がニキビに刺激を与える

クレンジングオイルはサラサラしていることから、メイクと馴染ませるときに肌への摩擦は大きくなります。また、油分が多いことから、油分を洗い流すために界面活性剤も多く必要となります。肌への摩擦に加え、界面活性剤の量や種類によっては、肌への刺激が強くなるので、クレンジングオイルはニキビにはよくないと言われているのです。

では、他のクレンジング剤はどうでしょうか。下の図より、クレンジングの種類による油分と水分の関係を見てみましょう。(※種類別に大きく分けられています。商品によっては前後することもあります。)

クレンジングオイル

油分の多いクレンジングは、クレンジング剤の油分を落とすために界面活性剤が多く含まれており、一方、油分の少ないクレンジングでも、実はメイクアップ剤の油分を落とすために界面活性剤が多く含まれています。

クレンジングの本質は、油分のメイクアップ剤を落とすことです。そのために、クレンジングの油分、もしくは界面活性剤の洗浄力で落としているということですね。 クリームやミルクタイプのクレンジングがニキビに良いとされているのは、界面活性剤の量が多くはなく、またクリームやミルクのテクスチャーが肌への摩擦も小さくしてニキビに刺激を与えにくくするためなのです。

1-2.オイルの洗い残しがニキビを悪化させる

クレンジングオイルがしっかり乳化できていないと、クレンジングのオイルはもちろん、油性のメイク汚れや皮脂汚れなどをしっかり洗い流すことができません。これらの油分が肌に残ってしまうことで、ニキビの原因となってしまうのです。

クレンジングオイルの乳化とは、クレンジングオイルを水で洗い流す前に、ぬるま湯を肌に馴染ませて、オイル全体が白っぽくなることを言います。この時、ぬるま湯の水分中にクレンジングオイルなどの油分の汚れが浮いた状態となることで、油を水で洗い流すことができるのです。67

このように、水と油のように混ざり合わない液体が、もう一方の液体中に分散することを乳化といいます。この乳化した状態のものをエマルションといい、水の中に油が乳化している「水中油滴(O/W・Oil in Water型)エマルション」と油の中に水が乳化している「油中水滴(W/O・Water in Oil型)エマルション」があります。

普通にクレンジングを行っても、油分と水分を乳化させる働きのある界面活性剤によって乳化をすることができます。しかし、クレンジングの際に乳化を促してあげることが、クレンジングオイルの使い方における最大のコツなのです。

1-3.植物性オイルに含まれるオレイン酸がニキビのエサとなる

オイル最もニキビに気を付けたいのは、オリーブオイルが含まれたクレンジングオイルです。オリーブオイルはオレイン酸を豊富に含み栄養価が高く、皮膚を保護する働きがあります。植物性オイルは肌にも優しいといわれているので、ニキビにも良さそうですよね。

植物性オイルにはたくさんの種類があり、構成される脂肪酸の種類や成分によって、様々な有効機能を持ちます。しかし、その栄養価の高さが落とし穴なのです!オレイン酸は、ニキビの原因であるアクネ菌などの栄養ともなり、ニキビを活性させてしまいます。

もちろん、クレンジング剤の代わりにオリーブオイルでクレンジングすることもニキビには良くありません。オリーブオイルの他にも、オレイン酸を多く含む植物性オイルには注意をしましょう。

オレイン酸を多く含む植物性オイル

■オリーブオイル
オリーブ
クレンジングオイルに大変よく使われています。オレイン酸を豊富に含み、皮膚を保護する働きがある一方、栄養価が高いことからニキビを活性させる可能性があります。
■グレープシードオイル
マスカット
リノール酸、オレイン酸が主体のオイルです。ビタミンEを豊富に含むことから抗酸化作用を持ちます。オイルのべたつきが少なく、滑らかな使い心地です。
■コメヌカオイル
稲 米
オレイン酸、リノール酸、パルミチン酸が主体となります。コメヌカオイル特有のγオリザノールという成分が含まれ、かゆみやアレルギーにも効くと言われています。低刺激性と高い保湿性を持ちます。

2.ニキビにも使えるクレンジングオイル

「1.ニキビに良くないと言われる3つの理由」から、ニキビがあるときはクレンジングオイルではなく、クリームやミルクタイプのクレンジング剤を使うことをおすすめします。ナチュラルメイクの人は、そもそもクレンジングオイルを使用する必要はありません。

しかし、ニキビを少しでも目立たなくするために、昼間はファンデーションやコンシーラでカバーしたいですよね。すると、他のクレンジング剤ではメイクが落としにくいのも事実です。しっかり落とせなかったメイク汚れもまた、ニキビにとってはよくないもの。

しっかりメイクをしたい人は、クレンジングオイルを使わざるを得ません。では、どんなクレンジングオイルならニキビにも使えるのでしょうか。

2-1.ミネラルオイルは正しく使えばOK

クレンジングオイルによく使われている「ミネラルオイル」は「鉱物油」とも言います。精製されたミネラルオイルは安価で安定性が良く、その成分自体のニキビへの影響は特にないことから、ニキビ肌でも使うことができます。

しかし、ミネラルオイルは正しく落とさないと肌に残留しやすいので、クレンジングの際には、乳化をしっかりと行う必要があります。

正しい使い方(3.ニキビのためのクレンジングオイルの使い方)をマスターしてから使いましょう。

◎ミネラルオイル配合ニキビ肌でも使えるおすすめクレンジングオイル

商品の全成分は、記事の最後をご覧下さい。

ちふれ:クレンジングオイル【ちふれ】クレンジングオイル 220ml / 756円(税込)
シンプルなミネラルオイル配合クレンジングオイルです。
販売元:株式会社ちふれ化粧品

専科:パーフェクトオイル【専科】パーフェクトオイル 150ml / 950円(税込)
界面活性剤の配合割合もほどほどに抑えられています。手軽に買えるクレンジングオイルの代表です。
販売元:株式会社 資生堂

2-2.クレンジング剤の代わりにホホバオイルを使用する

ホホバオイルは、ワックスエステルという人間の肌にも含まれる成分を含んでいることから、肌の馴染みが良く、ニキビ肌でも使えます。

本来は、ホホバオイルだけが配合されたクレンジング剤があればよいのですが、ホホバオイルが配合されたクレンジング剤には、オリーブオイルなども一緒に配合されているものが多いのです。

◎クレンジングオイルの代用に使えるニキビにおすすめホホバオイル

NO:ホホバオイル【NATURAL ORCHESTRA】ホホバオイル 34ml / 3,000円  55ml / 4,700円(税込)
こだわりの100%オーガニックホホバオイルです。
販売元:株式会社ナチュラルオーケストラ


無印 ホホバオイル【無印良品】ホホバオイル 50ml / 900円  100ml / 1,600円(税込)
安くて手軽に買えるホホバオイルです。
販売元:株式会社良品計画

◎ホホバオイル配合ニキビにおすすめクレンジングオイル

オルクレ:ホホバオイル【ナチュアロ】ナチュラルクレンジングオイル 200ml/ 3,024円(税込)
探したらありました!ホホバオイルの配合割合が高いクレンジングオイルです。
販売元:中京商事株式会社

3.ニキビのためのクレンジングオイルの使い方

3-1.クレンジングオイルの使い方のポイント

ニキビのための使い方のポイントはこの2つだけです!
①時間  ②乳化

①クレンジングには時間をかけすぎない

砂時計クレンジングに時間をかけるほど、擦る際の摩擦と界面活性剤の刺激によって、肌の角質層は部分的に剥がれてしまいます。肌の表面にある皮脂膜や角質層は、外界の刺激から肌を守るバリア機能を持っていることから、この角質層まで剥がれることで、ニキビを悪化させてしまうのです。

界面活性剤による刺激を抑えるためには、クレンジングを1分以内で行うことが大切です。 クレンジングですべての汚れを落とそうとしてしまうと、1分以上時間がかかってしまったり、肌をこすって傷つけてしまいます。この時点では、6割の汚れが落ちていれば大丈夫です。すすいだ後に残っている汚れやべたつきは、この後の洗顔で落としましょう。

②クレンジングオイルを乳化させる

オイルに少量の水を加えてクレンジングオイルを乳化させると、オイルから水っぽいミルクの状態になります。この時、オイルは下の写真のように白くなります。これが乳化しているしるしです。

【クレンジングオイルが乳化した状態】乳化 前後

正しいクレンジングオイルの使い方は、クレンジングオイルを水で洗い流す前に、ぬるま湯を肌に馴染ませて、このようにオイル全体が白っぽくなってから洗い流すことです。66

3-2.クレンジングオイルの正しい使い方

◆使用量◆

オイルはたれ落ちしやすいので、2回にわけて顔に広げましょう。 オイルの量は、ポンプのもので顔全体に3~4プッシュ、目元に1~2プッシュが目安です。

◆手順◆

①   手を洗い、菌を取り除く
  ニキビケアは清潔な手で行いましょう。

②   手のひらにオイルを出す
 メイクとの馴染みをよくするために、乾いた手にオイルをとりましょう。

③   Tゾーンから馴染ませる
 肌が強い部分からつけていきます。まず額~鼻にのせ、指のはらを使ってくるくると円を描くように馴染ませます。

④   Uゾーンに馴染ませる
 ほほ~あごにのばしファンデーションと馴染ませます。

⑤   目元・口元に馴染ませる
 オイルを足して、最後に肌が薄い目元と口元に馴染ませます。

⑥   少量の水を手に取り乳化させたら、顔全体に馴染ませる
 新しくオイルを出す必要はありません。手に残っているオイルに少量の水を加え、白くなったら乳化のしるしです。顔全体に馴染ませましょう。

⑦   ぬるま湯で洗い流す
 顔全体が白くなったら、ぬるま湯で少しずつ洗い流しましょう。

4.ニキビができてしまった後のスキンケア

スキンケア 化粧水 女性

4-1.ニキビのための3つの基本

①クレンジング  ②洗顔  ③潤い

①クレンジング

ニキビ予防の基本は、肌を清潔に保つことです。メイクをした日は、ファンデーションが肌に残っているとニキビの原因となることがあります。余計な負担を与えずに、メイクを落とすためには、普段のメイクの濃さに合わせてクレンジングを使う必要があります。

・軽いメイク(フェイスパウダー・パウダーファンデーション)
➡クリーム・ミルク・ジェルタイプのクレンジングで落として、洗顔料で洗う

・濃いメイク(リキッドファンデーション・落としにくいアイメイク)
➡オイルタイプのクレンジングで落として、洗顔料で洗う

②洗顔

肌の表面や毛穴に汚れが残っているとニキビの原因となりますが、洗顔は多くても朝晩の2回で十分です。洗顔で皮脂を落としすぎると、肌が乾燥して角質が厚くなり、毛穴が詰まってニキビの原因を作ってしまうからです。

メイクをした日の夜は、クレンジングの後にW洗顔をしてほしいのですが、朝の洗顔は、オイリー肌とその他の肌質とでケアは異なります。オイリー肌の人には、固形石鹸がおすすめです。固形石鹸には、余分な成分が含まれないことが多いので、洗浄力は高くても肌への刺激は少ないのです。固形石鹸

・オイリー肌
 ➡固形石鹸で優しく洗う

・その他の肌質
 ➡ぬるま湯で優しく洗う

③潤い

ニキビケアでは、クレンジングや洗顔など皮脂やメイク汚れを落とすことに目が行きがちですが、潤いはとても大切です。肌がしっかり潤っていれば、ニキビができにくい肌にすることができるのです。

・化粧水
ビタミンC誘導体配合の化粧水を使うこと。ビタミンC誘導体には余分な皮脂の分泌を抑える働きがあります。

・美容液
セラミドやヒアルロン酸など、潤い成分を配合した、油分が少なめの美容液をつけること。

・乳液、クリーム
目元、口元など、乾燥が気になるところにのみにつけること。ニキビや脂っぽいとことにはつけないことがポイントです。

ニキビにおすすめの化粧品はノンコメドジュニック

最近では、ノンコメドジュニックというものもあります。ノンコメドジュニックとは、ニキビの元となるコメド(角栓)ができにくい成分でつくられた化粧品のことです。コメドが毛穴をふさいでしまうことで、毛穴が炎症を起こし、ニキビの原因となります。

ノンコメドジュニックは、今あるニキビを治すものではありませんが、繰り返しできるニキビや、長期間治らないニキビには使ってみるのもよいでしょう。

トライアルキットなどを活用して、まずは試してみることをおすすめします。

ニキビケア:オルビス【オルビス】クリア トライアルセット \1,296円(税込)
出典:オルビス


ニキビケア:ビーグレン2【ビーグレン】ニキビケア トライアルセット \1,944円(税込)
出典:Beverly Glen Laboratories, Inc


ニキビケア:ルナメアAC【ルナメアAC】ルナメアアクネケア 1週間キット \1,080円(税込)
出典:LunamerAC



ニキビケア:エトヴォス【セラミディアル】バランシングライン トライアルキット \1,944円(税込)
出典:株式会社エトヴォス

4-2.ニキビのためのベースメイク

1.下地

化粧下地には界面活性剤や防腐剤などの成分がニキビを刺激したり、油分が多いことから、使用は控えた方がよいでしょう。

2.日焼け止め

日焼け止めも下地と同様に、ニキビを刺激することがあるため、できるだけ控えてください。紫外線カットのパウダー類を使うとよいでしょう。

3.ファンデーション

リキッドやクリームタイプのファンデーションは、油分が多く界面活性剤や防腐剤によって肌への刺激も強いことから、ファンデーションはパウダー類を使いましょう。

・パウダファンデーション
保湿の後に、直接肌につけて使いましょう。

・フェイスパウダー(おしろい)
保湿の後に、どうしてもニキビが気になるところだけをコンシーラでカバーしてから、フェイスパウダーをのせましょう。

4-3. ニキビ跡のケア

1.赤み

ニキビ跡の赤みを抑えるためには、ビタミンC誘導体配合の化粧水を使いましょう。赤みはメラニン色素によるものではないので、美白化粧品なら何でも良いわけではありません。

2.色素沈着

茶色っぽいしみのようなニキビ跡は、炎症性色素沈着を起こしています。美白成分が配合された化粧品でケアしましょう。日に当たると沈着して残るので、紫外線対策はしっかり行ってください。

3.陥没

ニキビの炎症が毛穴の周りにまで及び、毛穴が破壊されると、クレーターのように陥没したニキビ跡となってしまいます。こうなると、セルフケアでは治すことができないため、皮膚科などでの治療が必要となります。

5.ニキビの原因とスキンケア以外の改善方法

5-1.思春期ニキビと大人ニキビの違い

ニキビには、思春期ニキビと大人ニキビがあり、それぞれ特徴と原因は異なりますが、両者とも毛穴に皮脂が詰まり化膿する「痤瘡(ざそう)」という皮膚疾患です。

思春期ニキビ

特徴
・皮脂腺の多いところ(Tゾーン中心に顔・頭・胸・背中)にできる
・オイリー肌だとできやすい

主な原因
・年齢による皮脂分泌の過剰
・遺伝的

大人ニキビ

特徴
・皮脂分泌の少ないところ(フェイスライン・Uゾーン)にできる
・オイリー肌でなくてもできる
・要因が複雑であり治りにくい

主な原因
・ストレス
・睡眠不足
・ホルモンの乱れによる皮脂分泌の過剰
・間違ったスキンケア
・日焼けや乾燥によるターンオーバーの乱れ

5-2.生活習慣によるニキビケア

1.睡眠は最低6時間

パジャマ(睡眠)睡眠不足になると、自律神経の乱れから肌に代謝や免疫力が低下します。また。ホルモンのバランスが崩れ、皮脂が過剰に分泌されるとニキビができやすくなります。

理想は、肌のゴールデンタイム(22:00~2:00)の間にぐっすりと眠ることです。忙しい女性には難しいかもしれませんが、ほぼきまった時間(24:30まで)に就寝することを心がけ、最低6時間は睡眠をとりましょう。

2.食事は和食を中心に

和食和食は、いろいろな食材がとれて栄養バランスがよいことから、1日1回でも和食を食べるとよいでしょう。

また、ニキビの予防に効果的なのは、ビタミンA・C・Eであり、ニキビに悩んでいる人は、ビタミンB2・B6が不足する可能性があります。

ビタミンは、サプリメントで摂るよりも、野菜など食品から摂る方が吸収がよいことから、食品に含まれる天然のビタミンを摂るようにしましょう。

ニキビ予防におすすめの栄養素が含まれる食品

・β-カロテン(ビタミンA
トマト、かぼちゃ、ブロッコリー、にんじんなど

・ビタミンC
イチゴ、キウイフルーツ、キャベツ、かぶの葉など

・ビタミンE
うなぎ、はまち、ナッツ類など

・ビタミンB2
牛レバー、ブリ、納豆、卵、牛乳

・ビタミンB6
かつお、豚肉、牛肉、鶏肉

3.便秘

便秘をすると悪玉菌が増え、腸内でビタミンをつくる働きが下がってしまうため、ニキビが悪化しやすくなります。不溶性食物繊維が多く含まれる食品を食べることで、便秘解消の効果が得られますが、慢性的な便秘の人は、便秘薬を使うのもよいでしょう。

不溶性食物繊維が多く含まれる食品
  • 大豆、いんげん豆などの豆類
  • ブロッコリー、ごぼうなどの野菜類
  • さつまいも、さといもなどのいも類

6.まとめ

クレンジングオイルがニキビに良くない理由は3つありました。
①    肌への摩擦や界面活性剤がニキビに刺激を与えるから
②    オイルの洗い残しがニキビを悪化させるから
③    植物性オイルに含まれるオレイン酸がニキビのエサとなる

クレンジングオイルの使い方やオイルの種類によっては、ニキビには良くないものとなるのですね。しかし、正しい使い方をマスターし、ホホバオイルなどオイルの種類で選ぶことができれば、ニキビ予防の味方にもなるのです。

今回は、クレンジングオイルとあわせてニキビケアなどについてもみていきました。ニキビに負けず、できることから行っていきましょう。

この記事は2015年7月22日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。
==================================
あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! 2016年全部の恋愛運も占えます!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の 運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?
あなたの生年月日から運命の人をズバリ教えてくれる占い『あなたの幸運』が大好評です!

もしかしたら、別れた彼かもしれないし いま付き合ってる人かもしれませんし いつ・どこで運命の人と会えるのかも教えてくれます。

2016年の恋愛運が気になる人は是非やってみてください
==================================

==================================
《たった3分で恋と幸せを引き寄せる方法》

『美』を追求している女性陣から圧倒的な信頼!!

わずかな時間で自分を好きになって、恋と幸せを引き寄せる方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』で
あなたの本質を理解すれば、現在の悩みが消えて驚くほど人生が好転します。

今回はプロ鑑定師が、アナタだけの為に「魅力が開花する鑑定結果」を無料でプレゼント。

いつも頑張っている貴女に、是非『全員0円』鑑定をお試しください!
==================================


紹介商品情報

2-1-1.ミネラルオイル配合ニキビにも使えるおすすめクレンジングオイル
商品:ちふれ クレンジングオイル
価格:220ml / 756円(税込)
成分:ミネラルオイル、イソステアリン酸PEG−8グリセリル、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、グリセリン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、トコフェロール、水
出典:株式会社ちふれ化粧品

商品:専科 パーフェクトオイル
価格:150ml / 950円(税込)
成分:ミネラルオイル、オクタン酸セチル、パルミチン酸オクチル、ジイソステアリン酸PEG-12、フェニルトリメチコン、イソステアリン酸PEG-10、水、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ジイソステアリン酸PEG-8、コハク酸ジエトキシエチル、エタノール、イソステアリン酸、ビタミンE、香料
出典:株式会社 資生堂

2-2-1.クレンジングオイルの代用に使えるホホバオイル
商品:NATURAL ORCHESTRA ホホバオイル
価格:34ml / 3,000円  55ml / 4,700円(税込)
成分:100%オーガニック認定ホホバオイル
出典:株式会社ナチュラルオーケストラ

商品:無印良品 ホホバオイル
価格:50ml / 900円  100ml / 1,600円(税込)
成分:ホホバ油
出典:株式会社良品計画

2-2-2.ホホバオイル配合ニキビにおすすめクレンジングオイル
商品:ナチュアロ ナチュラルクレンジングオイル
価格:200ml/ 3,024円(税込)
成分:ダイズ油、トリエチルヘキサノイン、ホホバ種子油、トリイソステアリン酸PEG-20(ヤシ・ナタネ等)、イソステアリン酸PEG-8(ナタネ)、コメヌカ油、ラウロイルグルタミン酸ジヘキシルデシル(ヤシ・サトウキビ・タピオカ・パーム等)、ノバラ油、ラベンダー油、イランイラン油、トコフェロール(大豆・菜種)
出典:中京商事株式会社

肌らぶ編集室イチオシ商品






Pocket
LINEで送る