メニューを開く
アスタリフト;

【検証有り】クレンジングオイルは乳化をするかどうかで変わる!

女性 笑顔
クレンジングオイルはしっかりメイクの方にぴったりのアイテム。
不要な汚れをスルッと落とせてとっても便利ですが、洗い流した後にベタベタしたり、なかなかオイルが落ちなくて困ったという経験をしたことがある方も多いかと思います。

実は、クレンジングオイルは「乳化」をさせることで使いやすくすることが期待できます。

今回はその「乳化」の正しい意味と方法について、肌らぶ編集部員の肌で試したこともふまえて詳しくお伝えいたします。
早速今夜から試してみてください!



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.乳化とは

1.乳化の意味

乳化とは、写真のように、透明のオイルに水を加えることでオイルと水が混ざり合い、白く濁る現象を言います。
乳化前・乳化後
水を数滴加えて乳化させることで、下の図のように水がオイルに包まれた状態から、オイルが水に包まれた状態に変わります。

2.   乳化を行うタイミング

メイクをなじませる前に乳化を行ってしまうと、メイクが落ちにくくなることがあります。
クレンジングオイルとメイクをなじませた後、洗い流す直前に行いましょう。

手に残ったオイルに水を数滴加えると、上の写真のように白く濁るので、それを肌全体につけて軽くなじませます。
肌全体が白っぽく濁るので、その後水ですすぎましょう。

3.   目的

乳化は、メイクの落ちをよくするためではなく、なじませたオイルとメイクをきれいに洗い流すために必要な行為です。
プリント
乳化をさせることで、オイルと水がなじみやすくなります。

乳化をしないでいきなり水ですすぐと、オイルが水をはじきやすくなり、不十分なすすぎや余計な力を入れて落とすことにつながることもあるので、意識して乳化を行いましょう。

洗い流すための準備をしておくことで、より簡単・きれいに洗い流すことができます。

2.【検証!】乳化した肌と乳化しなかった肌の違い

乳化をすると具体的にどのような状態になるのか、実際に肌らぶ編集部員の肌で試してみました!

2-1.検証内容

•    検証1 乳化有りの場合 なじませた後、乳化をしてからすすぐ
•    検証2 乳化無しの場合 なじませたらそのまますすぐ
この2パターンで検証し、メイク落ちと肌の感触を比べました。
※アイメイク・リップのポイントメイクは例外とします。
ベースメイクは化粧下地→リキッドファンデーション→パウダーを使いました。

使ったクレンジングオイルはこちら
専科 パーフェクトオイル
専科 パーフェクトオイル
販売元:株式会社資生堂

Pocket
LINEで送る