メニューを開く
アスタリフト;

除毛クリーム【容量順】肌らぶ編集部おすすめランキング

除毛クリーム ランキング1「そろそろムダ毛の処理をしたいけど、除毛クリームってどうなんだろう?」「おすすめの除毛クリームはどれ?」とお考えではないでしょうか。

数あるムダ毛処理方法のうちの一つである「除毛クリーム」を使用したお手入れ。
特に夏場やレジャーシーズンには気になる商品ですよね。最近では、性別問わず手に取る方も増えているようです。

そこで今回は、肌らぶ編集部がおすすめしたい除毛クリームを、内容量が多い順のランキングにして発表します!

除毛クリームを使うときのポイントやその他のムダ毛処理方法などもお伝えしますので、理想のなめらか肌を目指したい方はぜひ参考にしてみてくださいね。



astalift
astalift

1.まず確認!除毛クリームとは?

脱毛クリーム ランキング肌らぶ編集部おすすめの除毛クリームランキングをご紹介する前に、そもそも除毛クリームとはどんなものか、その特徴やメリットについて、簡単にお伝えします。

1-1.除毛クリームとは?

除毛クリームとは、クリームやペーストにアルカリ性の成分を配合したクリームです。
肌に塗ることで、肌に生えている毛を化学的に変化させる(溶かす)ことでムダ毛のお手入れに役立ちます。

1-2.除毛クリームのメリット

除毛クリーム ランキング除毛クリームのメリットは、なによりもその「手軽さ」にあるといえるでしょう。

主にドラッグストアや通販などで販売されているので、まず手軽に購入しやすいのがメリットの一つとしてあげられるかと思います。

また、使い方の手順がさほど難しくないこともメリットの一つです。
商品によって多少の違いはありますが、除毛クリームを体毛が隠れる程度まで塗布して5~8分程度放置した後、取り除くのが一般的な使い方です。
除毛クリームを広げて待ち洗い流す(or拭き取る)だけなので、気持ち的に楽と感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

2.肌らぶ編集部おすすめ【容量順】除毛クリームランキング

除毛クリーム ランキングではさっそく、肌らぶ編集部が男女別におすすめしたい除毛クリームを、それぞれランキング形式でご紹介いたします。
今回は、どちらも容量が多い順にランキングを作成しました。自分に合った除毛クリームを探す際の参考にしてみてくださいね。

【女性向け】肌らぶ編集部おすすめ除毛クリームランキング・容量順

まずは、女性に向けて肌らぶ編集部がおすすめしたい除毛クリームを、容量が多い順のランキングでご紹介します。
同容量の場合は、価格が低い方を上位にしました。

★第1位★ディー・レジーナ・エピ・プレミアム(医薬部外品)

ディー・レジーナ・エピ・プレミアム容量:150g
価格:2,834円(税抜)

【肌らぶ編集部コメント】
まるで保湿ボディクリームのようにおしゃれなパッケージが印象的な除毛クリーム。ドレッサーや洗面台に並べていても違和感のない見た目が素敵ですね。
片手で開け閉めできるワンタッチキャップや塗布時・拭き取り時ともにヘラがいらない点など、使いやすくするための工夫も施されています。
ピンクグレープフルーツのさわやかな香りで、心地よいお手入れタイムを過ごせそう。

公式HP

★第2位★ヴィート バスタイム除毛クリーム サプレム・エッセンス(医薬部外品)

ヴィートバスタイム除毛クリーム サプレム・エッセンス容量:135g
価格:オープンプライス

【肌らぶ編集部コメント】
『Veet®(ヴィート)』の”バスタイム除毛クリームシリーズ”から発売されている除毛クリーム。
その名の通りバスルームで使えることができ、放置目安時間が約3分というのも魅力的です。
保湿成分シアバターを配合。肌にうるおいを与えてなめらかにします。
お手入れタイムが楽しくなりそうな、ベルベット・ローズの香りです。

公式HP

★第3位★パイナップル豆乳除毛クリーム(医薬部外品)

パイナップル豆乳除毛クリーム容量:100g
価格:2,600円(税抜)

【肌らぶ編集部コメント】
『大自然のチカラを活かした商品開発』がモットーの鈴木ハーブ研究所から発売されている除毛クリームです。
保湿成分として、大豆イソフラボン(ダイズエキス)のほか7種類の植物由来成分*を配合しています。
シンプルなパッケージにも好感が持てますね。
30日以内の全額返金保証制度**もありますので、まずは試してみたいという方にもおすすめです。
(*すべて保湿:ツボクサエキス、オウゴンエキス、イタドリ根エキス、ローズマリー葉エキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、カミツレ葉エキス)
(**2017年2月時点の情報、終了日未定。初回注文時限定、一人1回限り、電話連絡必須)

公式HP

★第4位★EpiSara(エピサラ)(医薬部外品)

エピサラ容量:100g
価格:3,686円(税抜)

【肌らぶ編集部コメント】
おしゃれなグリーンのパッケージが印象的な除毛クリームです。
保湿成分として10種類の植物由来エキス*を配合しています。
心地よいお手入れタイムを過ごせそうな、ほのかなラベンダーの香り。
(*すべて保湿:ダイズエキス・トウキンセンカエキス・セージエキス・セイヨウノコギリソウエキス・スギナエキス・アルニカエキス・アイビーエキス・カモミラエキス・オトギリソウエキス・ビロウドアオイエキス)

公式HP

★第5位★エピラット 除毛クリームドームヘッド敏感肌用(医薬部外品)

エピラット 除毛クリームドームヘッド敏感肌用容量:80g
価格:オープンプライス

【肌らぶ編集部コメント】
『epilat(エピラット)』から発売されている、ワキに直接塗れるドーム型ヘッドが使いやすい除毛クリームです。
このシリーズの象徴ともいえるバレリーナのパッケージは、一度は見たことがあるという方も多いのでは?
細身のチューブでそのまま肌に塗ることができるので、ワキなどの曲線が多い部分にも便利です。
片手で使えるので、塗布に時間を掛けたくないという方にもおすすめ。
保湿成分として、ヒアルロン酸・お茶の葉エキス・ハマメリス水・カモミールエキス・海藻エキスを配合しています。

公式HP

【男性向け】肌らぶ編集部おすすめ除毛クリームランキング・容量順

続いて、男性に向けて肌らぶ編集部がおすすめしたい除毛クリームを、先ほどと同様に容量が多い順のランキングでご紹介します。

★第1位★ソランシア・リムーバークリーム(医薬部外品)

ソランシア容量:250g
価格:4,862円(税抜)

【肌らぶ編集部コメント】
体毛のお手入れで悩みがちな男性のことを考えてつくられた除毛クリームです。
シンプルなパッケージデザインは、浴室などに並べておいても洗練された印象を与えてくれます。
保湿成分として、濃グリセリン・アロエエキス・パパインなどを配合。
肌にうるおいを与え、すこやかにします。
100日間の全額返金制度*もあります。気になる方はぜひ試してみてください。
(*2017年2月時点の情報、終了日未定。電話もしくはメールでの連絡必須)

公式HP

★第2位★NULLリムーバークリーム(医薬部外品)

NULLリムーバークリーム容量:200g
価格:2,499円(税抜)

【肌らぶ編集部コメント】
メンズ用スキンケアブランド『NULL』から発売されている除毛クリームです。
一目では除毛クリームと気づきにくいスタイリッシュなデザインなので、こっそりお手入れを始めたい男性にもおすすめ。
洗面台にも自然になじむデザインが素敵ですね。
毎回のお手入れが楽しみになりそうな、グリーンフローラルのすがすがしい香りもポイントです。
アロエエキス2などの保湿成分を配合。きめを整えながら、女性も思わず触れたくなるなめらか肌に。

公式HP

★第3位★プレミアムリムーバーミルク(医薬部外品)

除毛クリーム プレミアムリムーバーミルク容量:150g
価格:2,980円(税抜)

【肌らぶ編集部コメント】
『プレミアムリムーバーミルク』という商品名の通り、柔らかく伸びの良いクリームが特徴の除毛クリームです。
アロエエキス・カッコンエキス・大豆エキス・サクラ葉エキスなどの保湿成分を配合。
肌をなめらかにし、うるおいを与えて整えます。
定期コースもありますので、お得に続けたい方はぜひそちらもチェックしてみてください。

公式HP

3.除毛クリームを選ぶときのチェックポイント

除毛クリーム除毛クリームの商品数が多く、どれを選べばいいか悩んでしまう…という方も多いかと思います。

ここでは、除毛クリームを選ぶ際にチェックしておくとよい簡単なポイントを2つお伝えします。

3-1.使用できる部位をチェック

商品にもよりますが「使用可能部位:○○、○○」などという説明書きがある場合もあります。
除毛クリームを購入する際は、体のどの部位に使いたいかを明らかにしたうえで、その部位に使用できるものを選ぶとよいでしょう。
不明点がある場合は、メーカーに問い合わせるという手段も検討してみてください。

3-2.香りをチェック

除毛クリームを選ぶ際は、ぜひ香りに着目することをおすすめします。
先の章でお伝えした通り、除毛クリームは肌に塗布した後数分おいてから洗い流すという使い方をします。
クリームを取り除くまで待っている間、少しでも快適に過ごすために、自分にとってストレスのない香りを選んでみるとよいでしょう。無香料の商品を視野に入れてみてもいいですね。

4.除毛クリームを使う際のポイント

除毛クリーム自分に合った除毛クリームを見つけたら、適切に使用することも大切です。
ここでは、除毛クリームを使う際に意識しておきたいポイントをお伝えします。

4-1.使用前にはパッチテストをする

除毛クリームを使う際は、使用前に必ずパッチテストを行うことをおすすめします。
いきなり広範囲に塗るのではなく、まずはパッチテストを行い、肌の様子を見ましょう。

パッチテストの方法はさまざまありますが、ここでは参考までに、一般的な手順をお伝えします。

【パッチテストの手順(参考)】
①使用したい部位に、10円玉大を目安に除毛クリームを塗る。
②指定の放置目安時間に従って待つ
③除毛クリームを取り除く(商品によって、洗い流しor拭き取り)
④1日様子を見て、赤くなったりかぶれたりしないかを確認

※以前に使用したことがあるという商品でも、肌の状態はその日によって変わることもあります。除毛クリームの使用前には毎回パッチテストを行うことをおすすめします。

4-2.指定の放置目安時間に従う

除毛クリーム ランキング商品によって、除毛クリームを塗った後の放置目安時間も異なります。使用前にはしっかり確認し、指定の放置目安時間を守りましょう。
放置時間を長くしすぎると、思わぬ肌悩みにつながることもあり得ます。

4-3.肌を清潔にし、温めてから使う

まずは除毛する部位の肌を清潔にしましょう。
肌を清潔にしておかないと、除毛クリームとともに雑菌も広げてしまう可能性があります。

また、肌も毛も冷えると硬くなる傾向があるといわれており、処理しにくくなることがあります。
そのため除毛クリームの使用前には肌と毛を温めておくのが理想的です。

これら2つの観点から、除毛クリームはお風呂上がりに使用するのが便利といえるでしょう。
浴室で処理すれば、放置後の洗い流しも簡単に行えそうです。

4-4.体調が悪い時は使用を控える

除毛クリーム ランキング風邪をひいているときや生理中など、体調が思わしくないときは、肌もデリケートに傾きがちです。
体の調子があまり良くないときは無理せず、なるべく使用を控えることをおすすめします。
除毛クリームは、体にも心にも余裕があるときに使いたいものですね。

4-5.アフターケアもしっかり行う

除毛クリームを使って処理した後は、その後のお手入れもぬかりなく行うことを忘れないようにしましょう。
除毛後のケアとしておすすめしたいのは「クールダウン」と「保湿」です。

除毛が完了したらまず水で冷やしたり保冷剤を包んだりしたタオルをあて、しばらくおきます。
その後、ボディ用の保湿クリームなどでうるおいを与え、肌の乾燥を防ぎましょう。

5.除毛クリーム以外のムダ毛お手入れ方法

除毛クリーム ランキング最後に、除毛クリーム以外のムダ毛処理方法について、それぞれ簡単にご紹介します。参考までにぜひご覧ください。

ムダ毛の処理方法には、除毛クリームを使ったもの以外にもさまざまあります。
自分にとって理想的なムダ毛処理方法を選ぶようにしましょう。

また、部位によって方法を変えるのも賢い選択です。
たとえば、一般的に除毛クリームでは処理することが難しい顔やデリケートゾーンなどはサロンや美容クリニックへお願いする、というのもありですね。
※クリニックでの治療は自由診療のため、保険適用はされません。

5-1.家庭用脱毛器(減毛)

家庭用脱毛器でできるのは、「肌に生えているムダ毛を抜けやすくし、徐々に減らしていく」ことで、厳密にいうと「減毛」にあたります。
除毛クリームなどと同様、自宅で自分の好きなときにお手入れができます。

【参考】家庭用脱毛器(減毛)
ケノン
ケノン

5-2.レーザー脱毛

医療機関でのみ行うことができるレーザー脱毛は、レーザーの光を使って毛の元を焼くことで脱毛するという方法を用いています。
永久脱毛*を目指すことができるのも魅力です。(*長期間にわたって毛を目立たなくすること)
※クリニックでの治療は自由診療のため、保険適用はされません。

【参考】医療脱毛できる美容クリニック
アリシアクリニック
アリシアクリニック 新バナー

5-3.光脱毛(フラッシュ脱毛)*厳密には減毛

「脱毛サロン」と呼ばれるところで主に採用されている脱毛(減毛)方法の一つです。
最近では光脱毛(減毛)の施術を行っているサロンの数も多くなっているので、比較的試しやすいのも魅力の一つではないでしょうか。

【参考】光脱毛(減毛)を行っているサロン
ミュゼプラチナム

5-4.脱毛テープ・脱毛ワックス

テープもワックスも、どちらも物理的にムダ毛をはぎ取ることで脱毛する方法です。

テープは肌表面の角質層まで一緒にはがしてしまうことがあるとも言われています。よく考えてから使用することが大切といえるでしょう。

5-5.カミソリ

除毛クリーム ランキングもはや定番ともいえるムダ毛処理の方法ではないでしょうか。どちらも「剃る」という行為によって除毛する方法です。
通常のカミソリのほか、電気カミソリ(シェーバー)もあります。

5-6.毛抜き

毛抜き(ツィザーとも呼ばれる)を使って1本ずつ毛を引き抜く方法です。

6.まとめ

除毛クリーム ランキング肌らぶ編集部がおすすめしたい除毛クリームを、容量が多い順のランキングにしてご紹介しました。
使ってみたいと思える除毛クリームには出会えましたか?

お気に入りの除毛クリームを手に入れたら、適切に使用することも大切です。
また、除毛クリーム以外にもムダ毛を処理する方法はさまざまありますので、部位や自分の好みに合わせて、上手に使い分けてみてくださいね。

自分に合ったやり方と自分に合った商品で、思わず触れたくなるなめらか肌を目指しましょう!

この記事は2017年2月7日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る