メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社decencia

肌が乾燥しがちな方必見!頼れる保湿クリームおすすめ3選

乾燥肌 クリーム
「乾燥肌のお手入れができるうるおいのあるクリームが欲しいけど、どうやって選べば良いんだろう?」とお困りではありませんか?

肌の水分と油分が共に少なく乾燥しがちな肌は、本当に頼れる保湿クリームを選んで、しっかりとうるおいキープのお手入れを行うことが大事です。

そこで今回は、乾燥しがちな肌におすすめしたい保湿クリーム3選と、本当に頼れる保湿クリームの選び方をご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.乾燥しがちな肌におすすめ!保湿クリーム3選

乾燥しがちな肌のお手入れに使う保湿クリームを選ぶときに重要なことは「水分・油分をしっかり補い、うるおいをキープしてくれる保湿成分」が入っているかチェックすることです。

今回は、肌らぶ編集部が独自に選んだぜひともおすすめしたい保湿クリーム3選をご紹介します。

紹介する全ての商品がトライアルセットを販売しているので、「まずは試してみたい!」という方や、肌に合うか心配な方はぜひトライアルセットから試してみてください。

【チェックポイント】
■ヒト型セラミドが配合されているか?
■その他の保湿成分がバランスよく配合されているか?

※保湿クリームの選び方に関しては「2.肌を乾燥させない保湿クリームの選び方」でご紹介します。

アヤナス クリーム コンセントレート

アヤナス クリーム
会社:株式会社decencia(ディセンシア)
内容量:30g
価格:5,500円(+税)
トライアルセット:あり ※2,500円(+税) ⇒ 初回限定1,371円(+税)

返金保証:あり(30日間)(※2016年10月時点の情報です)

保湿成分:ヒト型セラミド(セラミド2)配合
その他の保湿成分:ワセリン/グリセリン等配合

特徴:アヤナスは、ポーラ・オルビスグループの、肌がデリケートになりやすい方・乾燥しやすい方に向けたスキンケアブランド「DECENCIA(ディセンシア)」から発売されている、保湿エイジングケアブランドです。(※年齢に応じたうるおいのお手入れ)

「ヒト型セラミド」などの保湿成分が肌にうるおいを与え、乾燥を防いでくれます。

さらに、肌にハリを与えるオリジナル成分「CVアルギネート」を配合しているので、乾燥だけでなく年齢によるサインが気になる方にもおすすめです。

クリームだけでなく、化粧水・美容液も入った10日分のトライアルセットが初回限定で1,371円(税抜、送料無料)でお試しできます。※2016年10月時点での情報です。
気になる方は、まずこちらからお試しください。

ディセンシア/アヤナス公式HPはこちら

つつむフェイスクリーム R1(こくのあるタイプ)

tutumu
会社:株式会社decencia(ディセンシア)
内容量:30g
価格:3,000円(+税)
トライアルセット:あり ※初回限定1,362円(+税)

返金保証:あり(30日間)
返品保証:あり(30日間)
(※2016年10月時点の情報です)

保湿成分:ヒト型セラミド(セラミド2)配合

その他の保湿成分:レシチン/スクワラン/ワセリン配合

特徴:基本の保湿スキンケアに着目した「つつむ」ラインから出ている、水分と油分の少ない乾燥肌にうるおいを与える保湿クリームです。

「ヒト型セラミド」をはじめとした保湿成分たっぷりのクリームがぴたっと肌に密着し、乾燥の気になる肌を保護します。

敏感肌向けのブランドが手がけているシリーズなので、肌がデリケートに傾きがちな方にもおすすめです。

ディセンシア/つつむ公式HPはこちら

ヒフミドエッセンスクリーム

ひふみど
会社:小林製薬株式会社
内容量:40g
価格:6,000円(+税)
トライアルセット:あり ※初回限定908円(+税)

返金保証:記載なし
返品保証:記載なし
(※2016年10月時点の情報です)

保湿成分:ヒト型セラミド(セラミド1・2・3)配合
その他の保湿成分:リピジュア/グリセリン等配合

特徴:肌のうるおいを保ち、ふっくらとハリのある肌へ導く保湿クリームです。

3種類のヒト型セラミドを配合しているため、肌をしっかりうるおします。乾燥対策におすすめです。

さらにリピジュアやグリセリン等の保湿成分がセラミドが与えたうるおいをサポートします。

小林製薬/ヒフミド公式HPはこちら

2.肌の乾燥を防ぐ保湿クリームの選び方

クレンジングクリーム

肌の乾燥を防いでくれる保湿クリームを選ぶポイントは、「水分・油分を補い、うるおいをキープしてくれる保湿成分」が入っているかです。

「保湿成分」にも様々な種類がありますが、特に「セラミド」は水分をはさみこむように蓄える性質(保水性)があると言われていて、保湿成分としておすすめです。

「セラミド」のなかでも種類が細かくありますが、今回、肌の乾燥が気になっている方におすすめしたい「セラミド」は、成分表示欄で「セラミド」の後に【1・2・3・6・10】などの数字が書いてある「ヒト型セラミド」と呼ばれるセラミドです。

また、セラミドに次いでおすすめの保湿成分は次の通りです。肌の乾燥にお悩みの方は、「ヒト型セラミド」や、これらの成分が複数、バランスよく補える化粧品をチェックするとよいでしょう。

■保湿成分の例
ヒアルロン酸/コラーゲン/スフィンゴ脂質/ワセリン/リピジュア/リン脂質 など

3.乾燥肌について

頬 毛穴 ケア1
乾燥肌とは、一般的に、肌の水分量(うるおい)と油分量(皮脂)がともに少なく、表面がカサつきがちな肌のことを指していることが多いようです。

肌の角質層の水分量(うるおい)と油分量(皮脂)がともに少なくなると、その役割のひとつ、肌を保護する役割をじゅうぶんに果たせなくなり、肌自体がデリケートな状態に傾いてしまうと言われています。

つまり、肌に必要な「水分」と「油分」が不足して乾燥しがちな肌というのは、あらゆる肌悩みが起きやすい肌といってもよいでしょう。

肌の乾燥にお悩みの方は、他の肌悩みにつながる前にしっかり対処して、肌をすこやかに保つことが大事です。
あらゆる肌悩みへの対策として、水分と油分の補給=保湿のお手入れをしっかり行いましょう。

4.乾燥しがちな肌のお手入れのポイント

①クレンジング・洗顔は丁寧かつやさしく行う

混合肌 洗顔①
クレンジング・洗顔を行う際は、皮膚に強い摩擦を与えないよう、やさしく丁寧に行いましょう。

クレンジングや洗顔の際に過度な力を入れてしまうと、必要な皮脂まで取り除いてしまうことがあります。
皮脂を奪いすぎると、さらなる肌の乾燥を招くことにつながる可能性があるので、クレンジング・洗顔は丁寧にやさしく行いましょう。

また、熱すぎるお湯も必要な皮脂(油分)まで落としてしまうことがあるので、乾燥が気になっている方は、クレンジングや洗顔の際は30度~35度のぬるま湯で洗うのがおすすめです。

②「適量」を意識してスキンケアを行う

アンダーヘア 脱毛器 保湿
肌のお手入れを行う際は、必ず「適量」もしくは「やや多め」を使用するようにしましょう。

それは、各メーカーが推奨している適量よりも使用する使用量が少ないと、せっかく肌へのせても必要なうるおい成分が角質層全体のすみずみまで浸透せず、化粧品のよさが実感できないことがあるからです。

化粧品のよさを最大限に引き出すためにもまずは「適量」か「やや多め」を使用することを心がけましょう。

③ハンドプレスをする

ハンドプレス
化粧水や美容液、クリームはハンドプレスで乾燥しやすい部分を中心にしっかりとなじませていきましょう。

肌に押し込むようになじませることで、肌の隅々まで保湿成分や美容成分を浸透*させることができます。(*角質層まで)

目元や口元など乾燥やエイジングサインが気になる部分には、重ねづけするのもおすすめです。

5.まとめ

洗顔ブラシ ニキビ
今回は、乾燥しがちな肌におすすめしたい保湿クリーム3選と、保湿クリームの選び方をご紹介しました。

肌の水分と油分が共に少なく乾燥しがちな肌は、保湿クリームを選んで、コツをおさえたお手入れを行うことが大事です。

自分に合う保湿クリームを毎日のお手入れに取り入れて、乾燥を防ぎ、うるおいに満ちた「もっちり肌」を目指しましょう!

この記事は2016年10月3日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る