メニューを開く
提供:株式会社decencia

しっかり保湿で潤い肌に!乾燥肌におすすめの化粧水と正しい保湿方法


Pocket
LINEで送る

乾燥肌化粧水

乾燥肌に合う化粧水はどれだろう。どうやって選べばいいんだろう?とお悩みではありませんか?

乾燥肌の自分に合った化粧水を選んで、うるおいのある肌になりたい!と思っている方も多いと思います。
うるおい肌のためには、しっかりと使用する製品を見極めることが大切です。

今回は、おすすめの化粧水、そして乾燥肌のための保湿方法についてご紹介します。

※今回は、「水分と油分が少なく、乾燥しがちな肌」のことを「乾燥肌」として定義します。

◆肌らぶ セレクション◆

ディセンシアアヤナス RCローション
アヤナス

乾燥しやすい肌・デリケートに傾きがちな肌の保湿と同時に、エイジングケア(※1)にもおすすめなアイテム「アヤナス RCローション」です。

肌にもともと存在する保湿成分「ヒト型ナノセラミド」や「ヒアルロン酸」配合。肌にうるおいを与えてくれます。

乾燥してゴワついたお肌の保湿におすすめです!とろりとした美容液のようなテスクチャーがやみつきになりそうです。
(※1 年齢に応じたお手入れのこと)

この化粧水・美容液・クリーム・アイクリーム(1回分)が約10日間試せるトライアルセットが1,370円(+税)で購入できますので、ぜひこの機会に体感してみてください!

>>「アヤナス RCローション」をお得に試せる!公式HPはこちら

 

1.乾燥肌の保湿に|化粧水で取り入れたい成分

乾燥肌をうるおいのある肌にするために、まずは乾燥肌と、乾燥肌の保湿におすすめの成分についてご説明します。

1-1.乾燥肌とは

乾燥肌化粧水
乾燥肌とは、先に定義したように水分・油分が少なく、表面が乾燥してカサついたような状態のことを指します。

肌が乾燥すると、カサつきだけでなく肌の生まれ変わりが正しく行われなくなり、シワ・シミ・ニキビなどの肌悩みの原因にもなります。

1-2.乾燥対策!化粧水で取り入れたい成分

乾燥肌に必要なのは、不足している肌の『水分』と『油分』をバランス良く補うことです。

化粧水の役割は、肌の水分補給をして肌をやわらげなめらかな肌にすることです。
乾燥肌化粧水
肌を保湿する「保湿成分」には、「水溶性」と「油溶性」があります。

水溶性の保湿成分とは、水に溶けやすく水分と相性の良いとされる成分です。肌の水分(うるおい)を補給をしてくれます。

水溶性保湿成分は、水分の多い化粧水に配合することで、安定しやすくなります。

水分補給した上で、美容液や乳液・クリームなどで油分を補い、肌を整えましょう。

具体的な水溶性の保湿成分例は、次の章で詳しくご説明します。

2.乾燥肌にもおすすめ|水溶性保湿成分と化粧水

うるおいを与えてくれる水溶性の保湿成分は多くありますが、代表的なものをいくつかご紹介します。

また、その成分が比較的多く含まれている化粧水も、例としてご紹介いたします。

(化粧品の成分表示は配合量が多いものから順に記載されています。成分表記の最初の方に、それぞれの保湿成分が記載されているものを選んでいます。)

・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・エラスチン
・天然保湿因子(アミノ酸 など)

これ以外にも、メーカー独自の保湿成分などもあります。

①ヒアルロン酸

1gで約5~6リットルの水分を保つと言われています。
乾燥肌化粧水 ヒアルロン酸

少しベタつきのあるため、ヒアルロン酸配合化粧水はとろみがあるのが特徴です。

化粧水に含まれるヒアルロンは、以下のような名前で表示されています。

・ヒアルロン酸Na
・加水分解ヒアルロン酸
・アセチルヒアルロン酸Na

アヤナスRCローション
アヤナス

125ml/4,500円(+税)

保湿成分としてヒアルロン酸Naや、セラミド2が配合された化粧水です。
肌にすっとなじみ、ハリを与えてくれます。

このアヤナスRCローションと、EVエッセンス(美容液)・ASクリームが一緒に試せる、お得なトライアルセットもあります。

アヤナス 10日間トライアルセット
アヤナス
アヤナスRCローション14mL、アヤナスEVエッセンス8mL、アヤナスASクリーム9g

初回限定 1,370円(+税)

RCローションと、ヒアルロン酸、アミノ酸(グリシン・アルギニン・セリン)・セラミドなどの保湿成分が配合されたEVエッセンスや、こっくりとした保湿クリームのASクリームがセットになっています。
初回限定で化粧水・美容液・クリームがお得に購入できるので、この機会にぜひアヤナスのスキンケアアイテムを試してみてください!

>>アヤナス 公式HPはこちら

②コラーゲン

コラーゲンは、真皮と呼ばれる肌の土台の約7割を作っていると言われる、もともと肌にも存在している成分です。
肌の外側からコラーゲンを塗っても、土台となっている真皮までは浸透しないとされていますが、肌(角質層)にうるおいを与えてくれます。

コラーゲンは、下記のような名前で化粧水などに記載されています。

・水溶性コラーゲン
・加水分解コラーゲン など

特に加水分解コラーゲンは、より分子が細かくなっています。

メディプラスゲル

メディプラスゲル

180g/2,774円(+税)※初回限定

コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Naなどの保湿成分が配合されています。
通算で計62種類もの美容成分が配合されています。

「化粧水・乳液・美容液・クリーム」が1つになったオールインワンスキンケアアイテムなので、時短スキンケアとしてもおすすめです。

>>メディプラスゲル 公式HPはこちら

③エラスチン

エラスチンはゴムのように伸縮する弾力のある美容成分です。
エラスチンが配合されていると、コラーゲンが肌をうるおわせやすくなるとされています。

エラスチンは以下のような名前で表記されていて、加水分解エラスチンはより分子が細かいです。

・水溶性エラスチン
・加水分解エラスチン

DHCエラスチン コラーゲン セラミド プラセンタ フレッシュ ローション

DHC エラスチン
120ml/1,200円(+税)

加水分解エラスチン、加水分解コラーゲン、プラセンタエキスなどの保湿成分が含まれています。
さっぱりとした着け心地が心地よい化粧水です。

>>DHC 公式HPはこちら

④天然保湿因子(アミノ酸 など)

化粧水などに含まれるアミノ酸は、以下のような名前で記載されています。

・プロリン
・セリン
・アルギニン  など

アルファピニ 28 エッセンスローション

アルファピニ28エッセンスローション

120ml 4861円(+税)【定期便ならお得に3,888円(+税)】

アミノ酸(保湿成分)配合の、ミストタイプの化粧水です。
森林浴を思わせる「クマタケラン」の爽やかでちょっぴりスパイシーな香りのミストシャワーは、日々のお手入れや、気分をリフレッシュしたいときにも良いですね♪

>>アルファピニ 公式HPはこちら

3.肌が乾燥していると刺激を感じやすい成分

水分油分ともに不足した乾燥肌の状態は、刺激を感じやすくなっていると言えます。

そんな乾燥肌状態のときに刺激となりやすい成分をご紹介します。

化粧品の成分表示は、配合量が多いものから順に記載されていますので、上の方に刺激となりやすい成分が入っているものは、肌が乾燥しているときは避けた方が良いでしょう。

■ビタミンC誘導体
乾燥肌化粧水 ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は『パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na』『アスコルビルリン酸Na』などの名前で記載され、美容成分として話題となっていますが、ビタミンCは強い酸性の物質です。
乾燥して繊細になっている状態では、刺激を感じる可能性もありますので、注意が必要です。

■アルコール

『○○アルコール』『○○エタノール』などは、スーッとする清涼感を与えたり、肌を引き締めたりという作用があります。
ただ、肌が乾燥しているときなどは、刺激となってヒリヒリと痛みを感じることもあるので、ヒリヒリ感があるようなら控えた方が良いでしょう。

これらの中に『フェノキシエタノール』という成分があり、防腐剤として多くの化粧品に配合されていています。先ほど紹介した中にも含まれる化粧水があります。
人によってフェノキシエタノールも合わないことがありますので、合わないと感じたら使用を避けましょう。

■精油(エッセンシャルオイル)
精油とは『ラベンダー油』『ダマスクスバラ花油』などのように、『花・果実などの名前+油』と記載されている成分です。
乾燥肌化粧水 ラベンダー
植物由来の成分は、【植物エキス】と【精油】の2種類ですが、精油は植物に含まれる香り成分だけを取り出して濃縮したものです。取り出した香り成分は化学物質で、複数の精油が一緒に配合されているものなど、刺激を感じることがあります。

4.より良い保湿をするには

乾燥肌化粧水 美容液

よりしっかりと保湿をするには、化粧水の後に美容液を使いましょう。

化粧水の主な役割は肌の水分補給と、美容液の浸透(肌の角質層まで)をサポートすることなので、化粧水の後に美容液を使うことがおすすめです。

~美容液の選び方~

美容液を選ぶ際は、保湿成分に着目しましょう。

うるおいを与えるという点では、『セラミド』配合の美容液がおすすめです。

セラミドは、肌の水分を保ち、肌を保護してくれます。肌の水分の約80%は、セラミドが保持しているとされています。

セラミドが減ると、肌の水分が減少して肌が乾燥にかたよります。年齢を重ねるごとにセラミドは減少するので、美容液でセラミドを補いましょう。
乾燥肌化粧水 美容液

セラミド美容液は、セラミドの後に数字がついているかどうかを確認してみてください。『セラミド1』『セラミド2』『セラミド3』『セラミド6』が配合されているものがおすすめです。

数字がついているセラミドはヒト型セラミドと呼ばれ、私達の肌に存在するものと同じ構造です。

5.乾燥肌のための保湿方法

洗顔後の保湿は、なるべく洗顔後5分以内に行いましょう。

洗顔後は皮脂が落ちて肌の水分が逃げやすい状態で、洗顔してから約15分~20分経つと洗顔前よりも肌が乾いてしまいます。

また、肌は『刺激』『摩擦』に弱いため、それらは乾燥を進行させる原因にもなります。
「優しく」を意識して保湿しましょう。

①化粧水

手順1:化粧水を乾いた手にとる
乾燥肌化粧水 使い方
乾燥肌の方は、手で化粧水をつけることをおすすめします。

手順2:化粧水をなじませる
化粧水を顔全体になじませます。塗りもれ・ムラがないよう、顔全体にしっかりなじませましょう。

手順3:手の平で包み込む
化粧水を肌に浸透させるように、両方の手の平で顔を包み込みます。
乾燥肌化粧水 使い方

②美容液

化粧水を顔全体になじませたら、次に美容液を使います。

手順1:美容液を手の平に取り、顔全体になじませる
保湿のためにはチビチビ使うのではなく、惜しみなく顔が潤う分量を使いましょう。適量はしっかりパッケージなどで確認しましょう。
乾燥肌化粧水 使い方

手順2:手の平で包み込む
顔全体になじませたら、化粧水と同様に手の平で浸透させるように包み込みます。

③乳液・クリーム

化粧水・美容液で水分と保湿成分を補ったら、最後に乳液・クリームを使います。
最後に乳液・クリームの油分で肌にフタをすることで、補った成分が蒸発しにくくなり、肌の水分を保つことができます。

手順1:顔全体になじませる
塗りもれのないように、顔全体になじませましょう

手順2:手の平で包み込む
化粧水・美容液と同様に、手の平で顔を包み込みましょう。

~~おすすめ商品~~

ディセンシア/アヤナスASクリーム

アヤナス ASクリーム

ヒト型ナノセラミド配合です。
ポーラ・オルビスグループのブランド「ディセンシア」の保湿スキンケアアイテムです。

セラミド・ヒアルロン酸などの保湿成分配合で、肌触りが柔らかくまろやかなクリームです。
今なら10日間使える「化粧水」「美容液」「保湿クリーム」「アイクリーム(1回分)」全てセットで、お試し価格1,370円(+税)でお申込み可能です!

>>アヤナスASクリーム お得なお試しはこちら公式HPから

6.まとめ

うるおい肌を保ち続けるためには、自分にあった化粧水などでしっかり保湿をすことが大切です。

自分に合った化粧水と正しい保湿方法で、乾燥知らずのうるおい肌を目指しましょう。

この記事は2016年6月3日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る