メニューを開く
提供:株式会社HRC

美容液の全知識|役割・順番・種類と選び方・効率的な使い方とは

Pocket
LINEで送る

美容液美容液って何の意味があるの?わたしには必要あるの?など疑問に思っていませんか?

美容液は、きちんと目的を持って効率的に使用することで、その役割を実感することができます。

今回は、美容液についての正しい知識と、自分の肌をもっと輝かせてくれる美容液の選び方・効率的な使い方についてご紹介します。



1.美容液とは

女性美容液とは基礎化粧品のひとつで、保湿や美白を中心とした有用成分が濃縮配合されているリッチなスキンケアアイテムです。
※日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ

顔全体はもちろん、気になる部分に集中的に使用するなど、普段のスキンケアアイテムに加えることで目的に沿ったお手入れができます。

また、美容液は定義が曖昧なため、テクスチャーはさらっとしたものから乳液のようなもの、ジェル状のものまでさまざまです。好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

2.美容液の役割とつける順番

美容液

2-1.美容液の役割

美容液は、有用成分を肌の角質層まで届けるための役割があります。つまり、「乾燥による小じわを目立たなくしたい」「乾燥を防ぎたい」「日焼けによるシミを予防したい」など、明確な目的がある場合は美容液で補うととても効率的です。

美容液には、何歳から使うべきというような使用に関する定義は特にありません。
年齢による肌の変化が気になってから使うよりも「エイジングケア※のために使う」方が効率的であるため、20代のうちから使うことをおすすめします。
※年齢に応じたうるおいのお手入れ

2-2.美容液をつける順番

美容液は、通常、化粧水等で肌を整えた後、油分を含む基礎化粧品(乳液・クリームなど)を使用する前に塗布します。

基礎化粧品アイテムの役割を一連のステップで見てみましょう。
美容液 順番●クレンジング:メイクを落とす

●洗顔:肌の汚れ・洗い残したクレンジング料を落とす

●化粧水:洗顔で奪われたうるおいを与え肌を整える

●美容液:肌に必要な栄養を角質層まで届ける

●乳液・クリーム:油分を補う

商品によっては化粧水の前に使用するタイプもありますので、必ずパッケージで使用手順を確認しましょう。

美容液という言葉の定義が特に決まっているわけではないので、メーカーにより有用成分の配合濃度はさまざまです。自分自身できちんと配合量を確認・判断する必要があります。

3.美容液の種類と選び方・おすすめ

美容液を細かく分けるとキリがありませんが、お手入れ目的で言えば、大きく「保湿」「美白※1」「エイジングケア※2」の3種類に分かれます。
※1 日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ ※2 年齢に応じたうるおいのお手入れ

自分が今一番気になっている肌悩みに合わせて選びましょう。そうすることで、より効率的なスキンケアができます。

(1)保湿タイプ

こんな方におすすめ

・乾燥肌の方
・どのタイプにするか決めきれない方
・乾燥による小じわが気になる方

おすすめ美容液

●セラミド配合


Lapiel~ラピエル~
ラピエル販売元:株式会社HRC

価格:7,389円(税抜)
※お試しサイズ10gからはじめる定期コースは、初回に限り無料(送料650円のみかかります)*2016年9月時点での情報です

まるでクリームのようなしっとり感触の、うるおい美容液です。

夜のお手入れに使用することで、寝ている間も肌を引き締め、ハリを与えます。

また豊富な種類の保湿成分、5種類のセラミド*、ローズ水、プラセンタエキス、カタツムリ分泌液、水溶性プロテオグリカンなどを配合。*セラミドNP、セラミドNS、セラミドEOS、セラミドEOP、セラミドAP

乾燥しがちな肌にうるおいを補い、しっとり吸い付くようなもちもち肌を実感できます。

衛生的に使いやすいポンプタイプなのもうれしいポイント。
肌なじみのよいテクスチャーなので、朝もお使いいただけます。

かわいらしいデザインとローズフローラルの華やかな香りで、女子力も上がりそうです♪

>「ラピエル」公式HPはこちら

ETVOS モイスチャライジングセラム

ETVOS モイスチャライジングセラム販売元:株式会社エトヴォス

価格:2,400円(税抜)
※ラインでの2週間トライアルセットは1,900円(税抜)

保湿成分ヒト型セラミド5種類(セラミド1,2,3,5,6Ⅱ)をバランス良く配合、肌にみずみずしいうるおいを与える保湿美容液です。

さらに保湿成分としてヒアルロン酸、NMF(アミノ酸の天然保湿因子)などを配合、保湿・整肌成分として6種類の花のエキス※1が肌のキメを整え、植物性プラセンタエキス※2でハリを与えます。

肌なじみが良くさらっとしたテクスチャーとラベンダーの穏やかで落ち着く香りで、スキンケアタイムを心地よく過ごすことができます。

※1 ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス
※2 アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、クズ根エキス

>「エトヴォス」公式HPはこちら

(2)美白※タイプ ※日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ

こんな方におすすめ

・日焼けによるシミ、そばかすを予防したい方

おすすめ美容液

●ルシノール、ビタミンC誘導体配合

【医薬部外品】ホワイトショット CX
【医薬部外品】ホワイトショット CX販売元:株式会社POLA

価格:15000円(税抜) 約2ヶ月分

保湿成分として、こだわりの独自配合ルシノール(R)EXと、植物由来のYACエキス・EGクリアエキスを配合、うるおいとキメを与え肌を整える薬用美白※美容液です。
※日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ

独自開発の「ショットデリバリー」という浸透方法で、肌の角質層までしっかりなじませます。

>「POLA」公式HPはこちら

●ビタミンC誘導体配合

【医薬部外品】ASTALIFT(アスタリフト) エッセンス インフィルト

【医薬部外品】ASTALIFT(アスタリフト) エッセンス インフィルト販売元:富士フイルム株式会社

価格:7,000円(税抜)
※トライアルセットは1,000円(税抜)

保湿成分として独自配合ナノAMAとナノオリザノールを配合、みずみずしくのびやかなつけ心地で、肌にうるおいを与える赤の美白※美容液です。
※日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ

フジフイルムの独自技術で配合成分を20ナノメートルのナノユニット化、角質層まですっとなじませます。

>「アスタリフト」公式HPはこちら

(3)エイジングケア*タイプ

*エイジングケアとは、年齢に応じたうるおいのお手入れのこと

こんな方におすすめ

・肌のハリがなくなってきたので対策したい方
・エイジングケア*を意識し始めた方

おすすめ美容液

●レチノール配合(保湿)

トワエッセ モアヴェールエッセンス
トワエッセ モアヴェールエッセンス販売元:株式会社IKコスメティックス

価格:6,480円(税抜) 約1ヶ月分
※毎月300名限定初回特別価格は1,980円(税抜)

保湿成分として配合されたヒアルロン酸Naやグリコシルトレハロースなどで、年齢サインが気になり始めた肌にうるおいとハリを与えます。

パラベン、鉱物油、香料は不使用です。

>「トワエッセ」公式HPはこちら

●部分用美容液

【医薬部外品】リバイタル リンクルリフトAA
【医薬部外品】リバイタル リンクルリフトAA販売元:資生堂ジャパン株式会社

価格:10,000円(税抜)

目もとや口もとなどの乾燥が気になる部分を中心に、うるおし整える薬用美容液です。

保湿成分として配合されたアミノ酸複合体とWBバイタライザーが肌にハリを与え、若々しい印象づくりに一役買います。

>「リバイタル リンクルリフトAA」公式HPはこちら

4.効率的な美容液の使い方

せっかく手に入れたのなら、その美容液の良さを最大限に生かさなければもったいないですよね。より効率的に使うポイントをお伝えします。

①化粧水をしっかりなじませてからつける

ハンドプレス
化粧水をつけたらすぐに美容液をつけるのではなく、一度両手で包み込むようにハンドプレスをしてからつけましょう。きちんと化粧水が肌になじんでいると、美容液もより浸透(角質層まで)しやすくなります。

②量はケチらない

もったいないからといって量を少なくして使うことはやめましょう。適量を守ることで、効率良くお手入れをすることができます。

使う前に、必ずパッケージで適量を確認するようにしましょう。

③気になる箇所には重ねづけする

目元や口元などの乾燥しやすい箇所は、再度重ねづけすることをおすすめします。ハンドプレスをしたときに自分の肌を確認しながら、季節や状況に応じて量を調整してみてください。

④毎日継続して使用する

美容液は、スペシャルケアとして使用するよりも、毎日使用することでより効率的にお手入れすることができます。毎日続けられる価格のものを選ぶことも大切です。

5.最後に

これを機に、今自分が1番求めていることを再確認してみましょう。

スキンケア商品は、それぞれが何の役割を持っているかをきちんと理解してから購入する、使うことで失敗は少なくなります。
美容液を賢く使って、魅力的な肌を目指していきましょう!

この記事は2016年9月23日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。

Pocket
LINEで送る