2017年3月29日 更新

一重まぶた必見!アイラインの上手な引き方&選び方とは?

アイライン 一重「一重まぶたもアイラインを引いて目元をパッチリみせたい!」「一重まぶたにおすすめのアイラインの引き方やアイライナーの選び方ってあるのかな?」と思っていませんか?

一重まぶたのアイラインは引き方が難しいように感じますが、ポイントを押さえるだけで簡単かつ綺麗に仕上げることができます!また一重まぶたならではの、目元を魅力的に演出する方法もあります。

そこで今回は、一重まぶたの方必見!肌らぶ編集部おすすめのアイラインの引き方&選び方についてご紹介します。



1.一重まぶたにはリキッドアイライナーがおすすめ

アイライナー 種類 リキッド  アイライン

一重の方は、まぶたに厚みがある場合が多いため、アイラインがにじんだり、パンダ目のように色移りしたりしてしまうことが少なくありません。

そのためアイライナーを選ぶ際は「素早く乾く(速乾性)」・「にじみにくい」・「落ちにくい」特徴のものを選ぶことがポイントです!

アイライナーにも色々な種類がありますが、肌らぶ編集部では一重の方へ、上記の特徴をもったリキッドアイライナーを選ぶことをおすすめします。

【肌らぶ編集部おすすめ参考商品】

ウォータープルーフタイプで、ぬるま湯でメイクオフできるアイテムを選びました。
POLA ミュゼルノクターナルアイライナーリキッド
tttttttt

価格:3,000円(+税)
カラー:ブラック・ブラウン

【肌らぶ編集部コメント】
グリップが安定していて扱いやすく、書きやすいのが特徴のリキッドアイライナーです。力の強弱で太いラインと細いラインを簡単に描き分けられる、「筆先」のコシも魅力の1つ。
保湿成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「リピジュア」などを配合しています。

 

 

2.一重まぶたにおすすめ!アイラインの引き方

一重 アイラインアイラインの魅力は、瞳に近いまつげの根元を黒く埋めることで瞳の大きさを増して見せ、くっきりとした目元を演出できることです。
また、まつげの根元を黒く埋めることで、フェミニンで魅惑的な印象をつくりやすくなるともいわれています。

まつげの密度を濃くみせ、目元の存在感やボリュームを演出するためにアイラインを上手に活用しましょう!

2-1.【基本】一重アイラインの引き方

ここでは、肌らぶ編集部がおすすめする、一重まぶたの魅力を引き出すアイラインの引き方についてご紹介します。

<用意するもの>

アイライナー
・綿棒

<アイラインを引く部分>

アイライン02

<一重アイラインの引き方>

1.まぶたを軽く押さえるように引っ張り、アイライナーでまつ毛とまつ毛の間を埋めることを意識しながら、【目尻⇒中央】【目頭⇒中央】へ向かってアイラインを引いていきます。
一重 アイライン 引き方アイラインは一気に引かずに少しずつ動かすのがポイントです。

2.はみ出した部分を綿棒でオフします。

3.次に【黒目⇒目尻】【目頭⇒黒目】の順に、まつげのふちにラインを引いて整えます。

一重 アイライン 引き方一重まぶたの方が目尻を引く際は、目尻の延長線上をやや長め(目尻から5mm~7㎜)に引くと魅力的な目元を演出しやすくなります。

4.アイライナーが完全に乾ききる前に綿棒でラインを軽くなぞります。
15アイライン

こうすることで、アイラインが肌に密着しやすくなります。

5.微調整しながらアイラインを重ねて太くしていきます。アイラインがにじまないように、乾かしながら行いましょう。

(一重まぶたの場合、アイラインが細すぎてしまうとまぶたに埋もれてしまいがちです。調整しながら、アイラインを太くしていきましょう。太いアイラインに抵抗がある方はブラウン系の柔らかい色を使ってみてくださいね!)

6.目を開けた時にアイラインが見えるくらいになったら完成です。

■一重タイプのアイラインを引くポイント

・横幅を出す(目尻から5mm~7㎜)
・目を開けた時に見えるくらい、少し太めにアイラインを引く
・まつげの間をしっかり埋める

2-2.【応用】より目元を大きく見せるアイメイク方法

プチプラ アイブロウ

より目元を大きく見せたい場合は、下まぶたの目尻3分の1程度の部分にブラウン系のアイライナーかアイシャドウを入れましょう。

自然と目元全体を強調し、大きく見せることができます。やわらかい印象をつくりやすいのでブラウン系カラーを使用するのがおすすめです。上まぶたのアイラインから自然に繋げるように入れましょう。

3. 一重アイラインのパンダ目を防ぐ対策ポイント!

パンダ目 原因16

アイラインがにじんで目周りが黒くなってしまう「パンダ目」はお化粧直しも大変です。

特に一重まぶたの場合はアイラインがにじみやすく、パンダ目になりやすいといわれています。パンダ目にならない【対策ポイント】を、ぜひ実践してみてください!

■アイメイクの前は、目元をサラサラな状態にする

眉_整え方03アイライナーがにじんでしまう主な原因は、まばたきをした時にアイライナーの成分が目元の油分(乳液や下地などの油分)と混ざり合うためだといわれています。

メイク前には目元の油分をティッシュなどで軽くオフし、フェイスパウダーをのせるなどしてサラサラな状態に整えておきましょう。

■アイライナーを引いた後にもう一度アイシャドウを重ねる

パンダ目 原因6

アイメイクの順番は①アイシャドウ②アイライナーですが、アイラインを引いた後、もう一度アイラインの上に軽くアイシャドウをのせましょう。

アイラインの密着度が高くなるのでアイラインが落ちにくくなるといわれています。

4.まとめ

一重まぶたのアイラインは「引き方」のポイントを押さえるだけで、簡単で、綺麗に仕上げることができます!

アイラインを敬遠せずに、一重まぶたならではの美しさを引き出すアイラインにぜひチャレンジしてみてくださいね。
自分に合ったアイラインの引き方をマスターし、魅力的な目元をつくりましょう。

この記事は2017年2月17日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。