メニューを開く
提供:株式会社decencia

マツエク長持ち!おすすめクレンジングと選び方

Pocket
LINEで送る

マツエク 施術
マツエクをしている人でも使えて、かつマツエクに合ったクレンジングをお探しではありませんか?

マツエクをしている方におすすめしたいクレンジングは以下の3タイプです。

■ナチュラルメイクの方 ➡【ラチュール】クレンジングジェル(水性ジェルタイプ)
■しっかりメイクの方  ➡【ディセンシア】スキンアップリキッドクレンズ(リキッドorジェルタイプ)
■面倒くさがりの方   ➡うる落ち水クレンジングローション(ふき取りタイプ)

しかしどれだけクレンジングやマツエクのお手入れを徹底していても、まつ毛には生え変わる周期があるので、最後はまつ毛と一緒に抜けてしまいます。
実はマツエクケアと同様に、どんなマツエクを付けるのか、どのように付けるのかも、とても重要なのです。

そこで今日は、マツエクが長持ちする情報を出来る限り多くご紹介していきます。

するりと落ちて、うるおい実感!マツエクOKなリキッドクレンジングの詳細はコチラ>>


リキッド△クレンジング・クレンジング△マツエク

◆肌らぶ セレクション◆

ディセンシアスキンアップリキッドクレンズ
ディセンシアスキンアップリキッドクレンズ
マツエクをしている方も使えるリキッドクレンジング「ディセンシアスキンアップリキッドクレンズ
ディセンシアのクレンジングは水のようになじみ、強くこすらずともするりと落ちるので、メークオフが楽ちんです!
秘密は6つのポイントにあります!

①マツエクにも使える!
②メーク浮きが早い!…リキッドタイプなのでオイルを一切使用しておらず、ヌルヌル感がなく水のようにスルスル伸びてお肌になじみます!
③ウォータープルーフ のメークも落とせる!…独自のクレンジング成分により、ウォータープルーフのマスカラなど油分の汚れを素早く浮かせます!
④スッキリ流せる!…リキッドタイプなのでこすらなくても瞬時に洗い流せて、ヌルつきや洗い上がりのつっぱり感がありません!
⑤濡れた手OK!
⑥配合成分へのこだわり…オイル・着色料・合成香料フリーとなっています。

お得な初回特別セット価格は、2,250~円(税抜)となっております!
ディセンシアスキンアップリキッドクレンズ(ボタン)

1.マツエクに合ったクレンジング

1-1.マツエクのためのクレンジングの選び方

1-1-1.マツエクに使えるクレンジングのタイプ

マツエクを付けている方におすすめしたいクレンジング料は、水性ジェルタイプ、リキッドタイプ、ローション(ふき取り)タイプです。

こんな人には、このタイプがおすすめです!
  • ナチュラルメイクの人 ➡水性ジェルタイプ
  • しっかりメイクの人  ➡リキッドタイプ
  • 面倒くさがりの人   ➡ローション(ふき取り)タイプ

水性ジェルタイプの特徴

ジェルタイプのクレンジング料には、水性と油性の2種類があります。水性ジェルタイプは、油分を含んでいないことが多いので、ばっちりメイクの日には洗浄力がやや物足りないことがあります。
しかし、アイメイクが薄めの人にはおすすめしたいクレンジング料です。

<メリット>
テクスチャーがよい
吸着性がある

リキッドタイプの特徴

リキッドタイプのクレンジング料は、油分と水分の両方になじみやすい性質を持っており、扱いやすいのが特徴です。
洗浄力は比較的高く、アイメイクやファンデーションもしっかり、しっかりメイクの人におすすめしたいクレンジング料です。

<メリット>
濡れた手でも使える
洗浄力が高め

ローション(ふき取り)タイプの特徴

ローションを含ませたコットンなどで拭き取ることで、メイクを落とすことができるクレンジング料です。
洗浄力は商品の成分によりますが、面倒くさいマツエクケアのお助けアイテムです。

<メリット>
化粧水・洗顔も同時にできるものが多く、手軽で便利
保湿成分を配合しているものが多い

1-1-2.マツエクをしていても使えるクレンジングジェルの選び方

マツエクをしている方がクレンジングジェルを使う際は、「水性」のクレンジングジェルをおすすめします。

「どれが水性なのかわからない…」というときには、商品の成分表示をしっかり確認するという手段もあります。

成分表示は、配合割合の多い成分から順に表示されるように決められています。
表示の一番上に「水」や「界面活性剤」が表示されていれば、水性タイプのジェルクレンジングであると考えてよいでしょう。

成分表示からなかなか判断できないときは、成分名を検索(日本オーガニックコスメ協会 成分辞典)することもできます。
もしものときにはぜひ参考にしてください。

1-2.クレンジングのタイプによる使い方

1-2-1.水性ジェルタイプの使い方

使用量
ジェルの量は、さくらんぼ1コ分がおおよその目安です。
ジェルを顔全体にのばしてみて、指が肌の上を楽にすべるくらいの量です。

手順
①    乾いた手にジェルを取る
クレンジング力を発揮するために、乾いた手にジェルを取りましょう。

   手の平でジェルを温める
手に取ったジェルを、軽く揉み込むようにして手の熱で温めます。
冬場など手が冷え切っているときは、お湯などで手を温めてからジェルを取りましょう。
ジェルを温めることでメイクとのなじみがよくなり、クレンジング時間の短縮にもなります。

③    目元以外の顔にのせる
額や頬、鼻、あごなどの部位につけて、顔の隅々まで行き渡るようにそっとクレンジングジェルを広げます。

④    顔全体になじませる
鼻、小鼻、額、あご、頬、目元と、両手の指先を使って顔全体に、内側から外側に向かって円を描くようにして、軽くマッサージするように汚れをジェルになじませます。
この動作を2~3回繰り返します。小鼻の脇など、あぶらっぽくなりがちな部分は、汚れが落ちにくいのでゆっくりと丁寧になじませましょう。

⑤   目元になじませる
手に残ったジェルで目元に優しくなじませます。ジェルが足りないときは、様子を見ながら足してください。

    ぬるま湯で洗い流す
少しずつぬるま湯でなじませながら丁寧に洗い流します。

注意点
ジェルの使用量が少なすぎると、汚れを十分になじませることができず、汚れが肌に残ってしまうことがあります。

また、ファンデーションやアイメイクをしっかりした日は、丁寧にメイクとなじませる必要があるので、少し時間がかかりがちです。
濃いメイクをした日は、他のクレンジング料を使うのもよいでしょう。

1-2-2.リキッドタイプの使い方

使用量
リキッドはたれ落ちやすいので、2回に分けて顔に広げましょう。
リキッドの量は、ポンプのもので顔全体に2~3プッシュ、目元に1~2プッシュが目安です。

手順
①    リキッドを手に取り、温める
2~3プッシュを手に取ったリキッドを、手で揉み込むようにして手の熱で温めます。
リキッドを温めることでメイクとのなじみがよくなり、クレンジング時間の短縮にもなります。

②    目元以外の顔にのせる
温めたリキッドを額や頬、鼻、あごなどの部位につけて、顔の隅々まで行き渡るようにそっとクレンジングリキッドを広げます。

③    顔全体になじませる
両手の中指と薬指の指先を使って、鼻、小鼻、額、あご、頬と、顔全体に、内側から外側に向かって円を描くようにして、汚れをリキッドになじませます。小鼻は丁寧になじませましょう。
これを2回繰り返します。

④    目元になじませる
さらに1~2プッシュ手に取り温めた後、目元に優しくなじませます。

⑤    ぬるま湯で洗い流す
少しずつぬるま湯でなじませながら丁寧に洗い流します。

注意点
時間をかけすぎるのを避けるため、クレンジングの時間は約1分程度で手早く行いましょう。

また、メイクになじませる際に力が入りすぎると、肌への摩擦が大きくなってしまいます。
中指と薬指の指先を使って、力を入れすぎないようにしましょう。

1-2-3.ローション(ふき取り)タイプの使い方

使用量
ふき取るコットンは使い回さず、4枚は使いましょう。
ローションの量は、コットン1枚につきポンプのもので3~4プッシュ、ボトルのものはコットンの裏側までぬれるくらい出すのが適量です。

手順
①     コットンにローションを含ませる
ローションの使用量が少なすぎると、ふき取る際の摩擦が大きくなるので、コットンにたっぷり含ませましょう。

②     目元は先に落とす
目元にコットンをのせたら、初めから擦るのではなく、少しおいてメイクとなじませてから、優しくふき取りましょう。
メイクの薄いときはコットンを裏返して片目ずつ使用してもよいですが、メイクの濃いときはコットンは変えるようにしましょう。

③     コットンを変えて顔全体をふき取る
額、頬、あご、鼻と、顔の内側から外側に向かって優しくふき取ります。
顔を1周させたらコットンを変えて、もう1周させましょう。

④     コットンを変えて、細かい部分をふき取る
コットンを4つに折り、角を使うようにして目元の際や下まつ毛の下・小鼻の脇などを優しくふき取りましょう。

注意点
ローションタイプは、使用量やコットンをケチって使うのは避けましょう。
ふき取った後のコットンには、アイシャドウのラメや、皮脂汚れなどの汚れが付いています。
コットンを使い回すことで、肌の負担になることがあります。

肌の弱い人は使用前にパッチテストを行うようにしましょう。

マツエクに引っかかりにくいおすすめのコットン

マツクレ:シルコット【シルコット】なめらか仕立て 80枚 / 165円(税抜)
クッションのように中綿を包み込んだ表面加工がされているので、コットンの繊維残りや型崩れが起きにくい作りになっています。
出典:ユニ・チャーム株式会社


マツクレ:ベネフィーク【ベネフィーク】コットンn 204枚 / 700円(税抜)
ふんわりソフトでぜいたくな使い心地の、お手入れ専用コットンです。
出典:株式会社 資生堂


応用編
クレンジング料にオイルタイプやクリームタイプを使いたいという人は、ローションタイプのクレンジング料を買い足すのがおすすめです。
目元だけローションタイプで落としてから、お気に入りのクレンジングで肌全体のメイクを落とすとよいでしょう。

1-3.マツエクをしている方でも使えるおすすめクレンジング

ラチュール クレンジングジェル【ラチュール】クレンジングジェル
150ml/1,800円(税抜)
メイクや汚れはスッキリ落としながら、しっとりうるおうクレンジングジェルです。
出典:株式会社ビナ薬粧

水クレ
【ビフェスタ】うる落ち水クレンジング ローション
300ml / 1,000円(税抜)
忙しい女性にうれしい、ふき取りタイプのクレンジングです。
出典:株式会社マンダム

2.クレンジング以外のマツエクケア

2-1.自宅でのマツエクケアのポイント

2-1-1.洗顔後はドライヤーで乾かす

マツエクは乾いているように見えても、グルー(接着剤)には小さな気泡が存在することから、中まで乾いていないことがあります。

洗顔または入浴後には、マツエクについた水気をタオルで軽くあてるようにしてとりましょう。
ドライヤーの冷風を下から当てて左右1分ずつ乾かすと、マツエクの持ちがよくなります。

2-1-2.スキンケアの盲点

せっかくドライヤーで乾かしたのに、化粧水を付けるときにまた濡らしてしまっては、もったいないです。
また、乳液やクリームには保湿のために油分が含まれていることから、目元につけるときは、マツエクにつかないように注意しましょう。

2-1-3.まつ毛美容液

マツエクを長持ちさせるためには、土台となる自まつ毛の状態も重要です。
まつ毛美容液を活用して、健康で丈夫なまつ毛を保ちましょう。

マツエクにおすすめのまつ毛美容液 

マツ美容:DHC【DHC】アイラッシュトニック 1,200円(税抜)
保湿成分のセンブリエキスやプラセンタエキスなどを配合した、お手頃価格で実力も備えたまつ毛美容液です。
出典:株式会社DHC


ディー・ラベッラ・エラーナル・アイラッシュD.ラベッラ・エターナル・アイラッシュ 2,362円(税抜)
マツエク・つけまつ毛・まつ毛パーマだけでなく、マスカラの上からでもつけられるのが特徴です。
出典:有限会社銀座・イマージュ化粧品


アンファースカルプDまつ毛美容液【スカルプD ボーテ】ピュアフリーアイラッシュプレミアム 3,204円(税抜)、定期価格2,724円(税抜)※2016年6月時点での情報です
スカルプDのまつ毛美容液です。まつ毛一本一本にハリやコシを与えます。
出典:アンファー株式会社


マツ美容:spa【spa】ビューティーラッシュ 5,500円 12,000円(税抜)
筆が細いことで、アイライナーのように塗れる使いやすさが特徴です。
ヒアルロン酸やアミノ酸などの保湿成分を配合しています。
出典:株式会社ウェーブコーポレーション


リバイタラッシュ アドバンス【リバイタラッシュ】アイラッシュアドバンス 13,200円(税抜)
こちらも筆の細さが特徴の、使いやすいまつ毛美容液です。
2本セット(24,800円、税抜)での販売もあるので、長く続けようと思う方にもうれしいですね。
出典:ビューティーアンドヘルス リサーチ社

2-1-4.マスカラはお湯で落とせるものを

マツエクにマスカラを付けたい場合は、お湯で落とせるタイプのものが使いやすいでしょう。
メイク落としの際、簡単にオフすることができるので、まつ毛への負担が少なくすみます。

マツエクに使えるおすすめのマスカラ 

誘惑しマスカラ誘惑しマスカラ 798円(税込)※お試し特別価格(※2016年9月1日時点の情報です)
ボリュームだけでなく上向きカールも実現。さらにウォータープルーフタイプなので、落ちにくいマスカラです。
出典:株式会社マザーリーフ


マスカラ:D.U.p【 D.U.P】マスカラ ボリュームエクステンション 1,500円(税抜)
ウォータープルーフなのにお湯で落とすことができ、自然にまつ毛のボリュームをアップします。
出典:株式会社コスメ・コム


マスカラ:クリニーク【クリニーク】ラッシュ パワー マスカラ ロング ウェアリング フォーミュラ 3,500円(税抜)
繊細なロングまつ毛に仕上がります。長さを足したいときにおすすめです。
出典:エスティローダー株式会社


マスカラ:ランコム【ランコム】ヴィルトゥーズ ドールアイ 3,800円(税抜)
ローズフレグランスが香るマスカラ!可憐なドールまつ毛に仕上がります。
出典:日本ロレアル株式会社

2-2.お直し(リペア)

すべて付け替えなくても大丈夫です。
2~3週間ごとにメンテナンスをすることが、いつもキレイな状態を保つポイントです。

理想は2週間に1回、少ない本数ずつつけ足していくことです。リペアをすることで、自分のまつ毛の毛周期(3-1-4.まつ毛の毛周期)を把握することができ、抜けにくくきれいなマツエクを維持することができるのです。

結婚式や旅行などでマツエクを初めてつけるときは、2週間以上前に付け、前日にお直し(リペア)するとよいでしょう。
イメージが違ったという場合などのためにも、余裕をもってつけることをおすすめします。

3.長持ちするマツエクをつけるポイント

そのマツエク、ちゃんとついていますか?
初めから長持ちするマツエクをつけましょう。
目元 シワ
長持ちするマツエクをつけるために大切なポイントは3つあります。
3-1.自分のまつ毛に合ったマツエクをつける
3-2.マツエクを付ける直前と直後にも気をつける
3-3.信頼できるサロンで施術を受ける

ここをしっかり押さえることができれば、日々のマツエクケアも気にしすぎる必要はありません。
では、これらを順に詳しくみていきましょう。

3-1.自分のまつ毛に合ったマツエクをつける

マツエクを長持ちさせるためには、自分のまつ毛に合ったマツエクを選ぶことが一番重要です。
サロンでは、自分のなりたいイメージを伝えて、自分でマツエクの長さや本数、太さなどを決めることができます。

しかし、自分のまつ毛に合ったマツエクでなければ、すぐにとれてしまったり、まつ毛自体が傷みやすくなります。
サロンによっては、なりたいイメージとその人のまつ毛の状態を照らし合わせて施術してくれるところもありますが、自分でも知っておくことが大切です。

3-1-1.一般的な日本人のまつ毛

一般的に日本人女性のまつ毛は、欧米人などに比べて短く、細いまつ毛が下向きに生えていることが多いと言われています。

これらの特徴から、長持ちするマツエクが必然的に決まってきます。

3-1-2.日本人に合ったマツエク

長持ちするマツエク
長さ :自まつ毛の長さ+1~3mm
太さ :0.1~0.15mm
カール:Jカール、Cカール
毛質 :セーブルエクステ、ミンクエクステ
本数 :60~100本
(日本人のまつ毛にも個人差があるので、これは一つの目安です。)

なぜ、これが長持ちするマツエクなのでしょうか。一つ一つ理由をみていきましょう。

3-1-3.長持ちするマツエクの理由

長さ :自まつ毛の長さ+1~3mm
太さ :0.1~0.15mm

27

マツエクの長さは、6mm~15mmまで1mm単位であります。太さは、0.1mm、0.12mm、0.15mm、0.18mm、0.2mm、0.22mm、0.25mm、0.28mm まであるようです。

自まつ毛の長さ+1~3mm以上のマツエクを付けると、長すぎるマツエクは自まつ毛に接着している部分が足りず、まつ毛の向きがまだらになったり、下向きに反転したりします。

0.2mm以上の太いマツエクは、まつ毛が細い人には重さが耐えられず、切れたり抜ける原因となってしまうのです。しっかりとしたまつ毛の方は、0.2mmでも大丈夫でしょう。

カール:Jカール、Cカール

さらにカールの具合によって、各々にJカール、Cカール、Dカールがあります。
26

Jカール

ほぼストレートで毛先が軽くカーブしたカールです。ナチュラルな仕上がりです。
Cカール
上向きにカーブしたカールです。華やかな印象に仕上がります。
Dカール
Cカールよりもさらにカーブしたカールです。CCカールともいわれます。ドーリーな印象に仕上がります。

日本人のまつ毛は下向きに生えていることが多いことから、カールが強すぎるマツエクはまつ毛を無理やり上げているような状態になります。
そのため、下向きまつ毛の人がカールの強いマツエクを付けると、自まつ毛が戻ろうとする力によって、接着部が剥がれ易くなってしまうのです。

特に、目尻や目頭はカールが強すぎると、皮膚に接触しやすく抜けやすいです。
Cカール以上のものは中央部分のみにして、目頭や目尻はJカールを取り入れるなどと、位置によって違うカールのものをミックスしてつけると、持ちがアップすると言われています。

毛質 :セーブルエクステ、ミンクエクステ

毛質の種類には、シルクエクステ、ミンクエクステ、セーブルエクステなどがあります。
長持ちさせるためには、セーブルエクステやミンクエクステを選ぶとよいでしょう。

シルクエクステ
一番リーズナブルなお値段のマツエクです。
質感が固めで弾力があり、カールは取れにくいことが特徴です。

仕上がりは自然なツヤがあり、はっきりとした強めの印象になります。
普段つけまつげをしている人や、マツエクで印象を変えたい人など、仕上がりを重視する場合はおすすめのマツエクです。

ミンクエクステ
高級感があるため、人気のマツエクです。
自まつ毛との密着度が高いことから、マツエクのもちがよいとされています。

質感は柔らかく軽い付け心地が魅力で、仕上がりはマットでゴージャスな印象になります。

セーブルエクステ
自然のまつ毛に近い、リッチな印象のマツエクです。
セーブル特有のしなやかさにより、まつ毛との密着度が高く、マツエクのもちがよいと言われています。

仕上がりは自まつ毛になじみやすく、ナチュラルな印象になります。
マツエクを付けている違和感やゴワつきを感じにくいことから、マツエクにこだわりのある人におすすめです。

本数 :60~100本

日本人のまつ毛の本数と、まつ毛の周期を考えると、長持ちするマツエクの本数は60~100本の間です。
それ以上つけると、つけはじめの仕上がりはよくてもすぐに取れてしまったり、マツエクのデザインが変わってしまうことがあります。

まつげの本数が少ない人には、ボリュームアップして見えるYラッシュ、2本タイプのマツエクもあります。
仕上がりと、自まつ毛の太さを確認してつけることができれば、選択肢に入れてもよいかもしれません。

3-1-4.まつ毛の毛周期

241.成長初期
皮膚の中で成長が始まる時期。毛が細くて弱く、まだマツエクをつけることができない毛の時期です。

2.成長期(アナゲン期)
成長初期から皮膚表面へ出たあと、太く伸びて行く時期。期間は約40日前後です。
目元に生えているまつ毛のうち、約15~40%がこの時期にあたると考えられています。

まつ毛の根元は、ボールのように丸い毛球という部分があり、この部分には毛母細胞があります。
毛母細胞が成長することによってまつ毛が伸びていきます。
またこのとき毛球が栄養や酸素を積極的に吸収することで、まつ毛に太さやコシが出てくると言われています。

3.退行期(カタゲン期)
約40日の成長期を終え、毛母細胞の成長が止まる時期と言われています。

成長が止まったまつ毛の毛球は、成長期の6分の1ほどの大きさまで縮小していき、約2週間後にまつ毛が抜けることが多いようです。

4.休止期(テロゲン期)
成長が止まったまつ毛が抜け落ち、次の毛が生えるまでの準備段階の時期。
この期間はまつ毛の毛周期の中でも最も長く、2~3か月間続くと言われています。

退行期で縮んでしまった毛球が再び成長初期に戻ることで、毛周期が1周すると考えられています。
この休止期に毛母細胞がリセットされないと、休止した状態がずっと続き、まつ毛が生えてこないこともあります。

成長期と休止期のまつ毛にマツエクをつけるとどうなるのか

上記の毛周期によると、成長期の終わりから退行期が始まる時期が、マツエクを付けるのに最適な時期であることが考えられます。

もし、成長期のはじめである短いまつ毛に付けてしまった場合、2~3週間後には根元部分が数ミリ伸びているのがわかります。マツエクが垂れ下がってきたり、デザインが乱れたりするのは、まつ毛の成長のせいなのです。

25成長期のまつ毛は、目元に生えているまつ毛のうち約15~40%存在するということから、日本のまつ毛の多い人(約150本)でも、約20~60本はこの成長期のまつ毛ということになります。
マツエクの本数を増やすと、成長過程の短いまつ毛にも付けてしまうことになるので、100本以上付けても結局は無駄にしてしまうことが多いのです。

一方、休止期のまつ毛は、成長初期のまつ毛と違って見ただけではわかりません。
せっかくマツエクを付けても、休止期のまつ毛に付けてしまっては、すぐに取れてしまいます。
この時期のまつ毛は触れるだけで抜けることもありますので、マツエクを付ける前に、指で挟んで軽く引っ張り、休止期のまつ毛を自分でも確認してみましょう。

3-2.マツエクを付ける直前と付けた直後が甘い

3-2-1.マツエクを付ける直前にするべきこと

ズバリ、すっぴんメイクでサロンに行くことです!アイメイクはすべて、アイライン、マスカラ、アイシャドウはしないでサロンに行くことがおすすめです。

最近では、メイク落としが置いてあるサロンもありますが、アイメイクを落としてすぐのまつ毛には水分や(メイクやクレンジング料の)油分が残っており、グル―(接着剤)が乾きにくく、接着も弱まるため、すぐに取れてしまう原因となります。

これが意外と難しいですよね。サロンでは予約時間が決まっていることから、焦ってメイクを落としがちです。
しかし、ここが今後の別れ道であることを意識して、余裕をもって臨みましょう。

3-2-2.マツエクを付けた直後にするべきこと

グル―(接着剤)が乾くまでに約4~5時間、完全にマツエクが安定するのに約1日はかかります。
付けたその日は、できれば洗顔など水に濡れるのは避けることが望ましいです。
最低でも4~5時間は洗顔を控え、洗顔をした後はドライヤーでしっかり乾かしましょう。

また、マツエクを付けてから約24時間は、完全に安定していないため、できる限りマツエクに接触しないように過ごしてください。
以下のことには特に注意をしましょう。
女性 疲れてベッドに倒れ込む

  • 目を擦らない
  • むやみに触らない
  • うつ伏せで寝ない
  • 引っ張らない

3-3.信頼できるマツエクサロンに出会えていない

マツエクのもちは、マツエクを付ける施術者やサロンなどにもよります。

マツエクのトラブルは少なくないと言われています。サロンを慎重に選び、マツエクを付けるようにしましょう。

自分に合ったマツエクサロンを選ぶポイント
①   安全
  • カウンセリングがしっかりしているか
  • グルーが国産であるか
  • グルーの種類は選べるかどうか
  • グルーのパッチテストを行うかどうか
  • 質問にもきちんと答えられる知識があるかどうか
②   技術
  • 美容師免許保有者のいる正規サロンかどうか
  • サロンの技術経験がどのくらいであるか
  • 施術時間はどのくらいか
③   価格
  • 初回だけ安く、リペアは高額でないか
  • 特典のありなし(コースメニューや2回目以降の価格)
  • 保障期間があるかどうか

4.まとめ

マツエクを長持ちさせるためにできることは、マツエクを付けてからだけでなく、マツエクを付ける前から始まっています。
マツエクケアを完璧にすることができれば理想ですが、付ける前のポイントも意識できるとよいですね。
楽にマツエクを長持ちさせて、賢くマツエク代も節約しちゃいましょう。

この記事は2016年9月1日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご理解ください。

するりと落ちて、うるおい実感!マツエクOKなリキッドクレンジングの詳細はコチラ>>

リキッド△クレンジング・クレンジング△マツエク

Pocket
LINEで送る