2017年6月16日 更新
PR

【足汗の原因と対策】足汗が気になる、足汗に夏も冬も悩んでる方へ

足 汗 TOP
「足汗がひどくてぬるぬるする…。」
「足汗のせいで、足が臭い…。」
「ブーツを脱いだらタイツごしに足の裏の汗がしみて、床に足跡がついた…。」
などなど、足汗にお悩みの方は夏に限らず冬も意外に多いようです。

そこで、今回は、足汗の原因と対策についてご紹介します。
大事な場面で足汗に悩まなくてもよいように、できることからしっかり対策していきましょう!

足のことを考えた靴下『foota』はこちら>>>




foota バナー

◆肌らぶ セレクション◆

PR
foota 機能性靴下専門店
foota画像1102 足 汗

靴下やインソールなどの販売を行っている、機能性靴下の専門店です。
履き心地の良さを追求して作られた靴下は、締め付けすぎず緩すぎず、足にぴったりとフィット。さらに綿を高密度で縦と横に編むことで、くり返し履いても破れにくく、通気性も確保してくれます。
footaが初めての方限定価格や、5足まとめ買いでインソールが1足無料でもらえるなど、お得なプランもさまざま用意されています。また品質に満足いかなかった場合も、30日間の全額返金保証付きなので、気になる方はぜひ気軽に試してみてくださいね!(2017年6月時点)

公式HPはこちら(大)

1. 足汗がひどい主な4つの原因

足 汗人が1日にかく汗の量は約700~900mlといわれています。

そして実は、私たちの足の裏は“汗腺が密集”していて、汗をかきやすい部位と言われています。

この2つの要素を重ねて考えると、足の汗に悩む方が多いのも当然のことなのかもしれません。

では、汗腺が密集しているからある程度は仕方ないことと納得するしかないのでしょうか?
今回は「自分は人並み以上に足汗がひどいのでは?」と気になっている方のために、汗腺の密集以外に考えられる主な原因を4つご紹介します。

1-1 靴などでの蒸れ

足 汗足汗が多いとお悩みの場合に、通気性のよくない靴などによる足の蒸れが原因のひとつとなっていることがあります。

体温を調節するためなどにかいている汗が、靴などで蒸れてしまい、かいた汗が蒸発できないので、下がるはずの体温が下がらず、さらに汗をかくという悪循環に陥っていることが考えられるのです。

ブーツのなかで大量の汗をかいてしまうケースなどは、これに当てはまるかもしれません。

1-2 ストレスや緊張

足 汗精神的なストレスや緊張などからくる発汗の場合、手のひらや足の裏、脇、額などに集中して汗をかきやすいと言われています。

特に緊張が高まったシチュエーションでなくても、手や足などの末端に大量の汗をかく場合もあります。
日ごろのストレスなどで、からだの緊張とリラックスをつかさどる神経のスイッチが乱れてしまっていることがあるからです。

そういった場合は、ストレスを発散するなど日ごろの生活習慣からからだの調子を整えていくように心がけましょう。

1-3 環境の変化

足 汗環境の変化によって以前よりも汗をかくようになった場合、以前と違う汗の量に驚き、自分の足の汗が異常なのでは?気になってしまっている可能性があります。

人は、全身にある汗腺を皆同じように使っているとは限らず、暮らしている気候・環境によって、不活発になる汗腺もあるようです。

寒冷な気候の土地から、温暖な気候の土地に移り住むと、不活発だった汗腺が活発になることがあるといわれています。

1-4 その他

足 汗 病気このほかに、なんらかの病気により足汗がひどくなっていることもあります。
気になる方は、一度病院で医師に相談してみましょう。

2. 足汗の対策

それでは、足汗の悩みを少しでも軽くするために、おすすめしたい足汗対策を4つご紹介します。

2-1 通気性を確保する

足 汗汗が蒸発できず靴が蒸れてしまっている場合は、通気性の良い素材の靴を選んだり、一日中靴を履きっぱなしにしないなどの工夫をして足元の通気性をよくしましょう。
オフィスにサンダルなどを常備しておくのもおすすめです。

また、サイズのあった靴を履くことも大事です。
サイズが大きすぎると、靴が脱げないように踏ん張ってしまい、足が緊張して汗をかきやすくなることがあると言われています。

2-2 運動する

足 汗 対策ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳などの全身に汗をかくような有酸素運動を定期的に行うのもおすすめです。

上手に汗をかけることは、体温をコントロールするために大事なことです。

全身で汗をよくかけるように、定期的に軽い有酸素運動などをとりいれるとよいでしょう。

2-3 湯船に浸かる

足 汗 対策湯船に浸かって体温をあげ、全身に汗をかくとよいと言われています。

また、湯船にゆったり浸かって、日々のストレスをほぐすように体を休めることで、緊張やストレスからくる汗の対策にもなりますね。

全身から上手に汗をかき、のぼせない程度に体をあたためる入浴をとり入れましょう。

2-4 できるだけの対策はすべて行い、あとは気にしない

足 汗緊張やストレスは完全に取り除くことはできないからこそ、日ごろから溜めこまないこと、上手につきあう方法を身につけておくことが大事です。

とはいえ、精神的な理由からくる発汗は、気にするほど悪化することも考えられます。
不安になってしまって、ストレスを助長してしまうのを避けるためには、具体的な行動で、不安要素を対策していくことも大切です。
先にご紹介したような対策をいろいろとりいれてみてくださいね。

とはいえ、いざというときのことも気になりますよね。
幾つかの応急の対処法をご紹介します。どうしてものときにはこれらも試してみるのもおすすめです。

☆太い血管の通っている部位、太もものつけ根などを冷やす
太い血管の通っている部位を冷やすことで体温を下げることが期待できるので、汗を抑えたいときには太もものつけ根や、膝の裏などをおしぼりや冷えたペットボトルなどで冷やすとよいと言われています。

☆メントール系の制汗アイテムを使う
メントールの清涼感のある刺激により、体が冷たさを感じて汗を抑えることにつながると言われています。

3. 足が臭くなってしまったときの対処

足汗 制汗 臭い 対策さまざまな対策をし、気をつけても、それでもやむを得ず汗をたくさんかいてしまうこともあるでしょう。
足汗は臭いの原因になることもあります。

足汗が原因で、足が臭くなってしまった場合に備えて、ピンチのときの対策と、自宅で行いたい対策をご紹介します。

3-1 ピンチのとき

足 汗 蒸れピンチのとき、足の臭いを少しでも軽くするための方法をご紹介します。

必要なもの:
・除菌ウェットティッシュ
・フットスプレー
・履き替え用のストッキング/靴下

①除菌ウェットティッシュで足を拭く
足を洗うことがベストですが、外出先で難しければ除菌ウェットティッシュを使いましょう。
ウェットティッシュがない場合は、ティッシュに水を含ませたものを使っても大丈夫です。
【ポイント】指の間までしっかりと拭くこと

②足用消臭スプレーをかける
指の間から土踏まずまで、まんべんなくスプレーしましょう。

③靴下/ストッキングを履きかえる
足が乾いたら、キレイな靴下/ストッキングに履き替えます。
時間が無い場合は、足の余分な水分をティッシュなどでとっても大丈夫です。

普段から、3点セットを持ち歩いていれば急にお座敷で食事をすることなどになっても焦らずにすみそうですね。
急いでいるときなどは、ストッキングの上からでも使える足用消臭スプレーを使う、ストッキングを履き替えるなど部分的な対策でも臭いを抑えることは期待できます。

また、次章では外出前に自宅でしておきたいお手入れ、足の制汗・臭い対策についてご紹介しますので、そちらも参考にしてみてください。

3-2 自宅で行いたい対策

足 汗自宅で足の臭い対策をするためのアイテムをご紹介します。
清潔な肌につけることで、汗や気になる足の臭い対策になる、制汗成分配合の薬用デオドラントアイテムです。

【肌らぶ編集部おすすめのデオドラントアイテム】
足汗用 制汗デオドラント【足サラ】(医薬部外品)
足サラ 足 汗
販売:株式会社ハーバーリンクスジャパン

【肌らぶ編集部コメント】
足汗のぬめり、ベタつき対策に、外出前にサッと手軽に使えるミストタイプの薬用制汗デオドラントアイテム。サラッとした使い心地で、足裏だけでなく、ひざ裏やもも裏などの汗をかきやすい部分にも使用できます。
またシャクヤクエキス・ローズマリーエキスなどの保湿成分を配合しているので、足の汗を抑えながらかかとの乾燥を防いでなめらかに整えてくれます。
送料無料のお得な定期コースも用意されているので、気になる方は公式HPをチェックしてみてくださいね。

公式HPはこちら(大)

薬用デオドラントクリーム【薬用ネオテクト】 (医薬部外品)
薬用ネオテクト 足 汗
販売:株式会社ヴィジョンステイト

【肌らぶ編集部コメント】
スッと肌になじむので、お風呂あがりに使用してもベタつきがなくサッパリとした使い心地の薬用デオドラントクリーム 【薬用ネオテクト】
制汗成分としてフェノールスルホン酸亜鉛を配合。
足以外の汗をかきやすいところや、臭いが気になる部分にも使用できます。
初めてネオテクトを購入する方毎月先着250名限定で、通常価格よりお得な3,695円+税で購入できるキャンペーンを実施中です!(2017年6月時点)
お得なこの機会をお見逃しなく!

公式HPはこちら(大)

4. まとめ

足 汗今回は、足汗の原因と対策~足が臭くなってしまったときの対処法までご紹介しました。

「足汗」とひとことで言っても、さまざまな原因が複雑に絡み合っていることもあります。
大事な場面で「足跡がついた!」「足が臭くて恥ずかしい!」等々、恥をかくことのないように、できそうなことから、ひとつひとつ丁寧に対策していってくださいね。

足のことを考えた靴下『foota』はこちら>>>


foota バナー