メニューを開く
アスタリフト;

頭がかゆい…頭皮のかゆみと抜け毛の原因は3つ!正しい対策も紹介

頭皮 かゆみ 抜け毛「頭皮がかゆくて抜け毛が多い!」「頭皮のかゆみや抜け毛は、どんな対策をすればいい?」
と、お悩みではありませんか?

頭皮のかゆみや抜け毛には、普段のお手入れや、生活習慣がかかわっていると言われています。

頭皮のかゆみや抜け毛の原因と、正しい対策方法をご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.頭皮のかゆみをともなう抜け毛の原因

頭皮のかゆみと抜け毛の原因は共通していて、どちらも頭皮の状態の乱れが関係していると考えられています。

頭皮の皮脂の量が過剰、または不足していたりすると、健康な髪の毛が育ちにくかったり、髪の毛が抜けやすくなったりすることがあります。

頭皮がかゆく、抜け毛があるときは、原因を探り、頭皮のケアや生活習慣を見直すことをおすすめします。

頭皮のかゆみをともなう抜け毛には、3つの原因が考えられます。それぞれをご紹介します。

1-1.乾燥

なんらかの理由で頭皮が乾燥していると、かゆみの原因となり、かゆみが引き起こされると言われています。

冬に乾燥して粉がふいた肌も、かゆみを感じますよね。それと同様の仕組みです。

乾燥によりフケや湿疹などが発生し、毛穴がふさがれ、健康な髪の成長に影響を及ぼすことで、抜け毛が増えると言われています。
乾燥

1-2.傷

頭皮は、ラップと変わらないほど薄いと言われています。

指などと比べ出血はしにくいものの、強い力でこすると傷がつきやすく、シャンプーの際のこすりすぎ、かきむしりすぎなどによって傷がつくことがあるのです。

その傷から菌やカビが繁殖し、かゆみや抜け毛の原因になると言われています。

1-3.汚れ

シャンプーや、過剰な皮脂、整髪料がなどの汚れの落とし残りによって毛穴がつまり、かゆみ、抜け毛などが引き起こされることがあります。

2.頭皮のかゆみと抜け毛を予防する方法

頭皮のかゆみと抜け毛を予防する方法を8つご紹介します。

2-1.頭皮を保湿する

頭皮の乾燥は、かゆみを引き起こすため、頭皮の保湿をすることで、かゆみが抑えられることが期待できます。

頭皮のうるおいのバランスを保つためには、頭皮用のローションなどをお使いいただくのがおすすめです。

《おすすめの頭皮に使えるローション》
すこやか地肌(化粧品)
すこやか地肌ヒアルロン酸、コラーゲン、アロエエキス、アルゲエキス、オクラ果実エキスの、5つの保湿成分を配合しています。

肌にうるおいを与えてかゆみを防ぎ、すこやかな地肌を保ってくれます。

>>「すこやか地肌」の公式HPはこちら

薬用ローション【ルプアクア】(医薬部外品)

ルプアクア頭皮をすこやかに保つ、薬用ローションです。頭皮を保湿し、ニキビの予防にも期待ができます。

合成香料、着色料、鉱物油、パラベンなどは入っていません。

>>「ルプアクア」の公式HPはこちら

2-2.頭皮に優しいシャンプーを使う

普段お使いのシャンプーが、頭皮に負担をかけ、乾燥などを招いていることがあるので、頭皮のかゆみや抜け毛を気にされている方は、頭皮のことを考えた優しいシャンプーをお使いください。

頭皮を優しく洗いあげるのは、洗浄成分に、アミノ酸系の成分を使っているシャンプーだと言われています。

また、頭皮への使い心地が優しいだけでなく、フケやかゆみの予防にお役立ていただけるシャンプーがおすすめです。

《かゆみや抜け毛におすすめのシャンプー》

コラージュフルフルネクスト うるおいなめらかタイプ(医薬部外品)
コラージュフルフルネクストうるおいなめらか
販売元:持田ヘルスケア
頭皮に潤いを与え、フケ・かゆみ、においを防ぐ、薬用シャンプーです。

>>「コラージュフルフルネクスト」の公式HPはこちら

コラージュフルフルスカルプシャンプー(医薬部外品)
コラージュフルフルネクスト販売元:持田ヘルスケア
こちらも、かゆみやフケを抑え、健やかな髪を保つ薬用シャンプーです。

メントール配合なので、洗い心地がすっきりするでしょう。

>>「コラージュフルフルスカルプシャンプー」の公式HPはこちら

2-3.頭皮に爪を立てない

シャンプーのときや、頭皮がかゆいときに、爪を立てて頭皮をこするのはやめましょう。

シャンプーのときは爪ではなく指の腹を使うようにし、頭皮がかゆいとき、爪を立ててボリボリかくのは控えた方がよいでしょう。

また、どうしてもかゆみを我慢できないときは、かゆい部分に人差し指、中指、薬指の指の腹を押しつけてみてください。

2-4.シャンプーは1日に1回までにとどめる

シャンプーは、1日に1回で十分だと言われています。

1日に2回以上シャンプーをすると、頭皮に必要な皮脂まで落ちてしまい、乾燥を招き、かゆみにつながることがあるそうです。

また、その際はシャンプーやコンディショナーのすすぎ残しがないよう、時間をかけてすすぎましょう。

2-5.シャンプーの後はよく乾かす

シャンプーの後は、できるだけすぐに髪を乾かしましょう。頭皮や髪が湿った状態だと、カビや菌が発生することがあると言われています。

自然乾燥を避け、頭皮と髪はしっかり乾かしきるのがおすすめです。

2-6.食生活を見直す

妊娠 ダイエット栄養バランスの整った食生活を心がけましょう。

油っこいものばかり食べたり、ダイエットなどで食事の栄養が偏ったりしていると、頭皮の皮脂の分泌が過剰になったり、不足したりすることがあると言われています。

特に、油っこいものをよく食べる方は、皮脂の分泌を促すことがあるので、控えめにすることがおすすめです。

食生活の乱れで肌や体の不調を感じた経験がある方がいるかもしれませんが、頭皮も肌の一部なのです。

2-7.睡眠不足、ストレスを防ぐ

睡眠不足やストレスは、皮脂の分泌を促すと言われています。

皮脂の分泌量のバランスが崩れると、頭皮のかゆみや抜け毛につながることがあるので、休めるときはしっかり休むように心がけ、ストレスがたまらないように定期的にリフレッシュする時間を作ることをおすすめします。

2-8.紫外線を防ぐ

紫外線は、髪の成長を支える、ヘアサイクルに影響を与えると言われています。

頭皮は、紫外線が直接当たりやすい部分なので、紫外線が当たらないよう、日頃から帽子や日傘などで防ぐことをおすすめします。

紫外線は、季節や天候に関係なく降り注いでいますので、油断せずに対策をしましょう。

3.皮膚科に相談する

頭皮に湿疹ができていたり、シャンプーや頭皮ケアの方法を見直しても、頭皮の不快感が取れないときは、一度皮膚科に相談することをおすすめします。

頭皮のかゆみや抜け毛には、なんらかの病気が関係していることもあるからです。

4.まとめ

頭皮のかゆみや抜け毛の原因や、予防方法などをご紹介しました。

頭皮のかゆみ・抜け毛は、日頃の頭皮のお手入れ方法や、生活習慣の見直しを行うことで、予防しましょう。

それでもかゆみや抜け毛がおさまらない場合は、皮膚科に相談してみてください。

この記事は2016年2月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る