メニューを開く
アスタリフト;

はちみつは美容によい?!はちみつ美容の魅力とはちみつの使い方

はちみつ 美容

はちみつは、美容によいイメージがあるけど、具体的にどういいの?どうやって使えばいいの?と疑問に思っていませんか?

今回は、「食べる美容液」と呼ばれることもあるはちみつの魅力、保湿成分としてスキンケアなどに取り入れるはちみつ美容の方法、肌らぶ編集部がおすすめしたいはちみつ美容アイテムをご紹介いたします。



astalift
astalift

1.はちみつが美容によい理由

まず、はちみつがなぜ「食べる美容液」と呼ばれるのか、その理由をご説明します。

①肌の保湿

はちみつを肌のお手入れに取り入れると、肌の保湿を行うことができるといわれています。
はちみつ 美容はちみつは、保湿成分として基礎化粧品に配合されることが多くあります。
はちみつが保湿成分として配合された基礎化粧品を使用すると、うるおいが与えられ、肌をすこやかに保つことができます。
はちみつ配合のリップクリームなども多く販売されています。

②肌荒れ対策

はちみつは、肌にハリや潤いを与えてすこやかに保つことで、肌荒れ対策としても期待できるといわれています。
はちみつ 美容 肌荒れ対策

③頭皮の保湿

はちみつは頭皮の保湿ケアにもおすすめです。
はちみつ 美容 頭皮の保湿頭皮をマッサージする際に、はちみつ配合のヘアケアアイテムを使ってみましょう。毛穴汚れが落ちやすいといわれていて、頭皮をすこやかに保つことが期待できます。
また、はちみつは保湿も期待できるため、頭皮の乾燥が原因で起こるフケなどの悩みを対策したい方にもおすすめです。髪の毛もしっとりまとまりやすくなるといわれています。

2.はちみつを用いた美容方法

ここでは、はちみつを取り入れた美容方法をご紹介します。
はちみつの美容活用方法には、大きく分けて「はちみつパック」「化粧水・美容液に加える」「洗顔に加える」「頭皮のマッサージ」の4つがあります。

(※事前にパッチテストを行うことをおすすめします。肌にあわない場合は、きれいに洗い流し、使用を中止しましょう。)

■はちみつパック

はちみつ 美容 はちみつパック大さじ1杯程のはちみつを顔全体になじませて、5分程度待ちます。
5分程経ったら、ぬるま湯ですすぎます。

はちみつが残らないようによく洗い流しましょう。

■はちみつ化粧水・美容液

はちみつ 美容 ふだん使っている化粧水や美容液を手に取り、少量(1滴~2滴)のはちみつを加えます。
両手でなじませてから、いつも通りにお手入れしてください。
はちみつを加えることで、より保湿できることが期待できます。

はちみつの直塗りはベタベタしてしまうので、スキンケアアイテムに混ぜて、洗顔後の肌にお手入れしてみましょう。

■はちみつ洗顔

はちみつ 美容 洗顔はちみつを洗顔料に加えて洗顔をするのも、おすすめのもおすすめのハチミツ美容法です。
お手持ちの洗顔料を手に取り、1~2滴のはちみつを入れて泡立て、いつも通り洗顔をしましょう。しっとりとした洗い上がりが期待できます。

■頭皮のマッサージ方法

頭皮の保湿には、はちみつを使った頭皮マッサージもおすすめです。
はちみつ 美容まずは、シャワーで髪の毛を濡らします。次に、頭皮にはちみつをつけ、なじませましょう。爪を立てないように指の腹を使って、力を入れずに2~3分程マッサージします。毛穴などに詰まった汚れなどが落ちやすくなることが期待できます。

マッサージが終わったらシャンプーをしっかり行いましょう。

3.はちみつの保存方法&使用の注意点

開封後のはちみつの保存方法と、注意点についてお伝えします。
はちみつ 美容 効果

■常温・暗い場所で保存する

はちみつの保存は、容器のフタをしっかり閉め、季節を問わず常温・暗い場所で保存してください。
日光に当たる場所に保存すると、味や風味が変わってしまうことがあります。

また冷蔵庫などの低い温度で保存すると、固まって結晶化します。
結晶化は自然現象で、固まっても品質には問題ありませんが、溶かすために電子レンジなどで高温で温めると、味などが変化してしまうといわれています。

一般的なはちみつは、細菌などが繁殖しにくい保存食のひとつとされているので、常温保存を基本と考えるとよいでしょう。
賞味期限はだいたい1~3年など長く設定されていますが、長く置いたものは風味がだんだんと消えていくといわれていますので、早めに使いきるとよいですね。

■結晶化したはちみつを溶かしたい時は湯煎する

結晶化したはちみつは、湯煎で溶かしましょう。電子レンジなどは熱がかかり過ぎることがあるので、湯煎がおすすめです。
湯煎するときは、お湯を熱くしすぎないことがポイントです。

※結晶化しても品質は変わらないとされているので、気にならない方は無理に溶かさなくてもよいでしょう。

①お鍋に水を入れ、その中に、フタをあけたはちみつのビンを入れます。(ビンのなかに水が入らないように水量を調節してください。)
②火をつけて、はちみつが溶けるまでゆっくり湯煎します。
③溶けはじめたら、箸などではちみつを静かにかき混ぜます。
④全体が柔らかく溶けたら、火を止めてください。

4.はちみつ美容におすすめのはちみつ

肌らぶ編集部がおすすめしたいはちみつ商品をご紹介します。

はちみつ美容に使うはちみつを選ぶ際は、「純粋はちみつ」と呼ばれる自然のままのはちみつがおすすめです。
自然からとれた後に液糖などを加えた加糖はちみつなどでないほうが、本来の栄養素が楽しめると考えられているからです。

国産アカシア蜂蜜花の露

はちみつ 美容 国産アカシア蜂蜜花の露

国産(熊谷産)アカシアの、純粋はちみつです。※数に限りがある商品のため、なくなり次第終了となります。

アカシアの花から採れたはちみつは、味や香りにクセがないといわれています。
また、はちみつの中でも、アカシアのはちみつは比較的固まりにくい種類といわれていて、保存しやすく日常的に使いやすいタイプです。

≫≫国産アカシア蜂蜜花の露 公式HPはこちら

UMFマヌカハニー 15+
はちみつ 美容 UMFマヌカハニー

ニュージーランド産のはちみつです。マヌカハニーとは、ニュージーランドに自生するマヌカという木の花から採られるはちみつです。
マヌカは英語で言うとティーツリーのことです。ティーツリーならばアロマ好きの方にはなじみのある名前かもしれませんね。

このマヌカハニーは、はちみつに含まれる栄養素を守るために、温度・遮光など、品質管理を重視して作られており、品質保証書も付いています。

≫≫UMFマヌカハニー 15+公式HPはこちら

5.はちみつ化粧品

もっと気軽にはちみつを美容に取り入れたいけれど、食用のはちみつを化粧品に使用するのが気になる…
という方には、はちみつが保湿成分などとして配合されている化粧品がおすすめです。

高濃度ハニーソープ


はちみつ 美容 高濃度ハニーソープ

ほんのりと黄色い泡がはちみつを思い起こさせてくれる保湿洗顔石鹸です。

きめ細かく、マシュマロのような弾力のある泡が余分な皮脂を洗い流してくれます。30秒ほど泡パックするのもおすすめです。
しっとりした洗い上がりが魅力です。

≫≫高濃度ハニーソープ 公式HPはこちら

ハニープラセンタ美容液

はちみつ 美容 ハニープラセンタ美容液

保湿成分としてはちみつを配合した美容液です。
洗顔後、1番始めに使うタイプの美容液で、さらっとしたつけ心地で、肌にすっとなじみます。保湿に重点を置いて作られています。

合成香料・着色料・鉱物油・オイル・パラベン・活性剤 無添加。

≫≫ハニープラセンタ美容液 公式HPはこちら

マジョリカ マジョルカ リップエッセンスバーム

マジョリカ マジョルカ リップエッセンスバーム

保湿成分としてはちみつエキス(ハチミツ、リンゴ酸ジイソステアリル)を配合しています。
テクスチャーがやわらかく、唇の上でとろりと溶けるように広がり、塗りやすいのが魅力。唇にうるおいを与える美容液リップバームです。

ベビーティントと数量限定のチェリーティントの2色があります。

≫≫マジョリカ マジョルカ リップエッセンスバーム 公式HPはこちら

6.はちみつ美容 まとめ

はちみつ 美容 効果はちみつは栄養素が豊富なので食べるのはもちろんですが、美容アイテムのひとつとしてとりいれるのもおすすめです。

はちみつを、普段の食事や肌のお手入れに取り入れて、ツヤのある毎日を目指しましょう!

この記事は2017年2月17日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る