メニューを開く

はちみつは美容に良い!?はちみつの嬉しい効果&使い方


Pocket
LINEで送る

はちみつ 美容
はちみつは、美容に良いイメージがあるけど、具体的にどう良いの?どうやって使えば良いの?と疑問に思っていませんか?

今回は、食べる美容液とも呼ばれるはちみつの魅力と、おすすめの美容蜂蜜アイテムをご紹介いたします。



1.はちみつが美容に良い理由

まず、はちみつがなぜ「食べる美容液」と呼ばれるのか、その理由をご説明します。

①肌の保湿

はちみつを肌のお手入れに取り入れると、肌の保湿を行うことができます。
はちみつ 美容はちみつは、保湿成分として基礎化粧品に配合されることが多くあります。
はちみつの配合された基礎化粧品を使用すると、うるおいが与えられ、やわらかな肌を目指すことができます。
はちみつ配合のリップクリームなども多く販売されています。

②肌荒れ対策

はちみつは、肌に塗る事で皮膚にハリや潤いを与え、肌荒れ対策にもつながります。
はちみつ 美容 肌荒れ対策はちみつには肌を整えるビタミンB群・ビタミンCが含まれています。
ニキビ・吹き出物などの肌荒れ対策も期待が出来るのです。

③頭皮の保湿

はちみつは頭皮の保湿にもおすすめです。
はちみつ 美容 頭皮の保湿はちみつの配合されたヘアケアアイテムで頭皮マッサージをすると、毛穴の汚れが落ちやすくなり、頭皮を清潔に保つことができます。
また、頭皮が保湿され、乾燥によるフケの予防などが期待できますし、髪もしっとり落ち着きやすくなります。

2.はちみつを用いた美容方法

ここでは、はちみつを取り入れた美容方法をご紹介します。
はちみつの美容活用方法には、大きく分けて「はちみつパック」「化粧水・美容液に加える」「洗顔に加える」「頭皮のマッサージ」の4つがあります。

■はちみつパック
はちみつ 美容 はちみつパック大さじ1杯程のはちみつを顔全体に馴染ませて、5分程度待ちます。
5分程経ったら、ぬるま湯ですすぎます。

はちみつが残らないように洗い流しましょう。

■はちみつ化粧水・美容液
はちみつ 美容 化粧水や美容液に、はちみつを1~2滴加えて、肌に馴染ませます。
はちみつの働きで、保湿力がアップします。

はちみつをそのまま塗るとべたついてしまいますので、洗顔後の保湿は、化粧水や美容液に混ぜて使うと良いでしょう。

■はちみつ洗顔
化粧水・美容液など、はちみつを肌につけたままなのが気になるという方は、洗顔にプラスする方法もあります。
はちみつ 美容 洗顔お使いの洗顔料に、はちみつを1~2滴加えて、しっかり泡立ててから洗顔します。

■頭皮のマッサージ方法
頭皮の保湿には、はちみつの頭皮マッサージがオススメです。
はちみつ 美容 頭皮まず髪を濡らし、頭皮にはちみつを乗せて、指の腹で優しく、頭皮を2~3分程マッサージします。
その後に、普段通りシャンプーをします。

はちみつで頭皮をマッサージする事で、頭皮の汚れが落ちやすくなります。

3.はちみつの保存方法&使用の注意点

開封後のはちみつの保存方法と、注意点についてお伝えします。

■金属の容器・スプーンを使用しない
はちみつには金属を溶かす性質があるとされています。
金属の容器に入れ替えたり、容器からスプーンですくう時に金属製のスプーンなどを使わないようにしてください。
はちみつ 美容購入したビンなどの容器で保存し、木製のスプーンや、画像のはちみつディッパーなどですくうと良いでしょう。

■常温・暗い場所で保存する
はちみつの保存は、容器のフタをしっかり閉め、季節を問わず常温・暗い場所で保存してください。
日光に当たる場所に保存すると、味や風味が変わってしまう事があります。

また冷蔵庫などの低い温度で保存すると、固まって結晶化します。
結晶化は自然現象で、固まっても品質には問題ありませんが、溶かすために高温で温めると、栄養素が変化してしまいます。
はちみつ 美容 冷蔵庫はちみつは、細菌などが繁殖しにくく、抗菌作用もあるので品質が変化する事はほとんどありません。
常温保存でも腐る事はほとんどないので、夏の暑い時期でも冷蔵庫には入れないようにしましょう。

■結晶化したはちみつを溶かしたい時は湯煎する
結晶化したはちみつは、湯煎で溶かしましょう。お湯を熱くしすぎない事がポイントです。

※結晶化しても品質は変わらないので、気になる方は無理に溶かさなくても良いです。

①お鍋に水を入れ、その中に、フタをはずしたはちみつのビンを入れます。
②火をつけて、はちみつが溶けるまで湯煎します。
③溶けはじめたら、箸などで結晶を溶かすようにかき混ぜます。
④中身の溶け具合を見つつ火を弱めます。お湯の温度は約50~60度が理想です。
⑤全体が柔らかく溶けたら、火を止めてください。

4.美容にオススメのはちみつの選び方

はちみつを選ぶポイントと、オススメのはちみつ商品をご紹介します。

はちみつを選ぶ際のポイントは、2つあります。

①温度管理されているかどうか
はちみつを選ぶ際に気にしたいポイントは、温度管理 されているかどうかの点です。

加工や輸送の際に、温度が管理されていないと、高温になり栄養素が変化してしまう事があります。

はちみつの栄養素をしっかり摂り入れたい方は、温度管理がしっかりされているはちみつや、非加熱のはちみつを選びましょう。

②『加糖はちみつ』・『精製はちみつ』ではないものを選ぶ
加糖はちみつや精製はちみつは、糖類を加えたり、はちみつの栄養素が加熱処理などによって取り除かれているものです。

栄養素やカロリーも変化している事が多いので、加糖・精製ではないはちみつを選びましょう。

~オススメのはちみつ~
先程ご紹介した、
・温度管理がされている
・加糖・精製ではない
この2つのポイントを満たした、オススメのはちみつをご紹介します。

UMFマヌカハニー 15+【品質保証書付】

はちみつ 美容 UMFマヌカハニー ニュージーランド産のはちみつです。マヌカハニーとは、ニュージーランドのみに自生するマヌカという木の花から採られる天然はちみつです。

マヌカハニーは、普通のはちみつと比べて抗菌作用があり、美容・健康にも良いとされています。

UMFというのは、はちみつの抗菌作用を数値化したものでマヌカハニー独自の数値です。
数が大きいほど抗菌作用があり、UMF10+以上でも充分に健康へのアプローチが得られるといわれています。

このマヌカハニーは、はちみつの栄養素を変えないよう、工程・温度・遮光など、品質管理に徹底して作られており、品質保証書も付いています。

≫≫UMFマヌカハニー 15+【品質保証書付】公式HPはこちら

国産アカシア蜂蜜花の露

はちみつ 美容 国産アカシア蜂蜜花の露

国産(熊谷産)アカシアの、純粋はちみつです。
※人気が高く、貴重なはちみつのため、なくなり次第終了となります。

アカシアは、優しい香りと、さっぱりした味のはちみつです。
はちみつの中でも、アカシアのはちみつは固まりにくい事で人気があります。

≫≫国産アカシア蜂蜜花の露 公式HPはこちら

5.はちみつ配合の化粧品

もっと気軽にはちみつを美容に取り入れたい、食用のはちみつを化粧品に使用するのが気になる…
という方には、はちみつが配合されている化粧品を3つご紹介します。

高濃度ハニーソープ


はちみつから採れたはちみつが配合されています。
はちみつ 美容 高濃度ハニーソープ きめ細かく、マシュマロのような弾力のある泡が、しっとりさせてくれます。

初回特別価格500円(税込)で試せる定期購入があります。

≫≫高濃度ハニーソープ 公式HPはこちら

ハニープラセンタ美容液

はちみつ 美容 ハニープラセンタ美容液 保湿成分として馬プラセンタと、ミツバチから取れるハチの子エキスを配合した美容液です。

洗顔後、1番始めに使う導入美容液で、さらっとしたつけ心地で、肌にすっとなじみます。
しっかり保湿に重点を置いて作られています。

20%OFFの5,840円(税込)で始められる、定期ケアコースもあります。

≫≫ハニープラセンタ美容液 公式HPはこちら

マジョリカ マジョルカ リップエッセンスバーム
マジョリカ マジョルカ リップエッセンスバーム
保湿成分としてはちみつエキス(ハチミツ、リンゴ酸ジイソステアリル)を配合、唇の上でとろりと溶けて広がり、唇にうるおいを与える美容液リップバームです。

気になる乾燥やくすみをカバーして、血色感ある健やかな唇に整えます。

≫≫マジョリカ マジョルカ リップエッセンスバーム 公式HPはこちら

6.まとめ

はちみつは栄養素が豊富なので、食べても肌に塗っても、美容に嬉しい働きが期待できます。

はちみつを、普段の食事や肌のお手入れに取り入れて、キレイを手に入れましょう!

この記事は2016年5月10日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る