メニューを開く
アスタリフト;

韓国化粧品の魅力、教えます! 人気ブランド&アイテム紹介

韓国化粧品

韓国化粧品の魅力、皆さんは知っていますか?
韓国化粧品ってなんとなく人気なんだなー、程度にはわかっていても、実際韓国化粧品の何がそんなに良いのかまでは知らない、という方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、韓国化粧品の魅力についてご紹介します!



astalift
astalift

1 韓国化粧品の魅力

まずは韓国化粧品の魅力をご紹介します。

① 韓国化粧品は「素肌」にこだわっている

韓国化粧品には、素肌を美しく保つことにこだわりを持っているものが多くあります。
スキンケアアイテムはもちろん、メイクアップアイテムにも保湿成分や美容成分を配合し、メイク中も肌の状態を良く保てるよう導こうとしているのです。

② 韓国化粧品は漢方を取り入れている

韓国化粧品には漢方を取り入れているものが多くあります。
スキンケアアイテムに漢方の成分を配合しているものは日本にもありますが、
韓国化粧品のように漢方の成分に重きを置いたメイクアップアイテムはあまり見かけません。
そういった珍しさが日本で韓国化粧品が人気である理由なの1つと考えられます。

③ 価格が安い

韓国化粧品は、日本の化粧品に比べ、価格が安く設定されているものが多くあります。
美容大国と呼ばれる韓国では、数多くの化粧品メーカーが競い合いながら新商品の開発を行っています。
品質面の競争はもちろん、コストパフォーマンスの面でも競争が起こっているため、必然的に化粧品の価格が安く抑えられていくのです。

④ 斬新なアイテムが多い

韓国化粧品には斬新なアイテムが多くあります。
今では定番となっているBBクリームやCCクリームも、もともとは韓国から人気が広まったものでした。
そうした新しいアイテムは、斬新なアイテムを作ることで他社との差別化を図ろうという、美容大国ならではの工夫により生み出されています。

⑤ ドクターズコスメが多い

韓国化粧品にはドクターズコスメが多くあります。
韓国では男女問わず、皮膚科に通うことが美容法の1つとされています。
そのため美容皮膚科医によるドクターズコスメに対する関心が高く、さまざまな皮膚科がドクターズコスメが開発し、販売されているのです。

2 韓国化粧品、注目のブランド3選

ここでは、韓国化粧品の注目ブランドをご紹介します。
最近では日本に実店舗を構える韓国化粧品も増え、実際に手に取って試すことができるブランドも増えています。
今回は、日本向けの通信販売サイトを持つ韓国化粧品を集めてみました。
日本に居ながらにして韓国化粧品を購入することができる便利なECサイトを是非活用してみてください。

3CONCEPT EYES

3CE
韓国で人気のファッションブランド「STYLE NANDA」のコスメラインである「3CONCEPT EYES」です。
リップ+チーク+アイカラーとして使用できるクリームタイプのマルチリップや、ペンタイプのティントなど、リップメイクアイテムの発色の良さ、使い勝手の良さに定評がある韓国化粧品です。

自然体の大人が持つ女性らしさと、トレンド感が盛り込まれたコスメたちは、10代後半から30代のモードな女性から高く支持されています。

お試し気分で購入しやすいプチプラと、ショッキングピンクでまとめられたパッケージのキッチュなキュートさは韓国コスメならでは。
日本国内では公式通販サイトや一部セレクトショップで購入が可能です。

3CONCEPT EYES公式HPはこちら

SKIN&LAB

skin0
韓国の皮膚科医によるドクターズコスメ「SKIN&LAB」です。

「SKIN&LAB」のコスメは、ドラッグストアで購入することのできるコスメで、しっくりとした肌馴染みを感じることができる韓国化粧品として人気が広まりました。
日本国内では、公式通販サイトからの購入が可能です。

SKIN&LAB公式HPはこちら

too cool for school

toocool

「学校にはあまりにクールすぎる!」という名前が表す通り、クールさにちょっとのダークさをはらんだ独特な世界観が魅力的なコスメブランドです。
韓国化粧品ならではのオシャレなパッケージデザインとユニークなコンセプトのアイテムで、10代後半~20代前半の学生に人気です。

メイクアイテムが中心ですが、クレンジングやボディクリームなどのケアアイテム展開もあります。
肌のお手入れをオシャレに、キュートに楽しむためのアイテムとしておすすめの韓国化粧品です。

日本国内では、公式通販サイトの他、路面店で購入が可能です。
(※2016年6月現在の情報です。店舗情報は公式サイトでご確認ください

too cool for school公式HPはこちら

3 韓国化粧品、注目のアイテム

続いて、おすすめの韓国化粧品アイテムをご紹介します。
まだ日本では聞き慣れないものもあるかもしれませんが、美容に興味のある女性の間ではすでに定番となっている韓国化粧品ばかりです。
今後、BBクリームのように日本でもブームとなる韓国化粧品があるかもしれません。
是非チェックしてみてください。

①水分クリーム【スキンケア化粧品】

水分クリームとは、油分を多く含んでいる通常のクリームに対し、水分が多く配合されたクリームのことです。
韓国は日本に比べ、乾燥や寒さが厳しいです。
そのため韓国人女性の多くは、年代を問わずスキンケアにおいて「保湿」を重要視しています。
水分クリームは油分でつくられた通常のクリームよりも、肌に水分をたっぷり補うことができるアイテムとして、韓国女子の間では定番のアイテムとなっています。

おすすめアイテム

ザ・トゥルー・クリーム・アクアボム(Belif)
rrr
ナチュラルコスメブランド「belif」の、肌に馴染ませてから、長時間うるおいを感じられるという水分クリームです。
見た目は真っ白いクリームですが、ジェルのようにみずみずしい肌触りで、肌にのせると溶け込むようにするすると馴染んでいきます。
ライトな付け心地とは裏腹に、肌表面に水分のマスクをしたかのようなうるおい感が持続するので、クリームのこってりとした感じが苦手、という方におすすめです。

>>公式HPはこちら

② ティント【メイクアップ化粧品】

ティントとは、唇の温度によって色づく、リップメイクアイテムです。
唇の表面に色をのせているのではなく、唇自体をティントの色素で色づけているので、色落ちがしにくいという特徴を持っています。
リップティントの色素は、塗った直後は唇にしっかりと密着していますが、時間が経つにつれ密着力が弱まり、大体メイクから10時間ほどで色落ちが始まります。
そのため、普通のメイクと同じように、クレンジングで落とすことができます。

おすすめアイテム

ベリサム リップティントパック
ベリサム_

パックのように塗って剥がすだけで、唇に色が付く不思議なリップティントです。
唇につけて10分~20分放置後、乾いたリップティントを剥がせば、鮮やかに色づいた唇が完成しています。

>>公式HPはこちら

③クッションファンデーション【メイク化粧品】

クッションファンデーションとは、スポンジでできたクッションに、リキッドタイプのファンデーション(またはBBorCCクリーム)を染み込ませたファンデーションのことです。
メーカーやブランドにより多少の差はありますが、化粧下地、日焼け止め、ファンデーションなどの役割を併せ持っています。
みずみずしく、素肌のように自然なツヤ肌に見せてくれるアイテムとして、徐々に日本でも注目され始めています。

おすすめアイテム

エアクッションXP C3J(IOPE)
xpj03
クッションファンデーションの生みの親である韓国コスメメーカー、アモーレパシフィック社が展開するコスメブランド「IOPE」のクッションファンデーションです。
クッションファンデのウリともいえるナチュラルなツヤ肌は守りつつ、気になる部分をしっかりとカバーしてくれるアイテムなので、クッションファンデ初心者からの支持が高いことが特徴です。(SPF50+/PA+++)

この「エアクッションXP C3J」は、度々の改良を重ねながら、韓国で長きに渡り愛され続けてきた「エアクッションXP」の、日本限定盤モデルです。

>>公式HPはこちら

④ヘアパック【ヘアケア化粧品】

厳しい乾燥への対抗策としてパック文化が栄えた韓国、
フェイスだけでなく、リップ、ネック、フット、ネイルと様々な部位の為のパックがあります。
その中でもおすすめなのはヘアパックです。日本よりも乾燥しがちな気候をしている韓国では、髪の保湿も重要視されています。
そのため、韓国のヘアパックは保湿に着目したものが多くあるのです。

おすすめアイテム

シルクスカーフ ダブル ヘアマスク(ETUDE HOUSE)
etyu-do
保湿成分「ホホバオイル」「トウキンセンカ花エキス」配合。
「ヘアパック」というその名の通り、ヘアキャップを被り髪にパックをするアイテムです。

髪に揉み込むタイプのエッセンスを塗布後、エッセンスの塗りこまれたヘアキャップをかぶることで、髪の隅々までエッセンスを行き渡らせます。

>>公式HPはこちら

4 韓国化粧品|まとめ

韓国化粧品のおすすめアイテム、そしておすすめのブランドをご紹介しましたが、いかがでしたか?
乾燥が厳しい韓国ならではの保湿に対する工夫や、韓国女子が大切にしている「自然美」へのこだわりが詰まった韓国化粧品の魅力、伝わりましたか?
ここでご紹介したのはほんの一部。韓国化粧品は常に進化を遂げています。
あなたも是非、進化し続ける韓国化粧品の魅力を、実際に体感してください。

※この記事は2016年6月28時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る