メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社 flower cafe hanna

くるぶしの黒ずみ、磨いて女子力UP! ~お手入れ方法と対策~

くるぶし 黒ずみ新しいサンダルを買おうと試着したら、ふいに目に留まった黒ずんだ足のくるぶし…。昨年の夏はこんなじゃなかった…。なんて思う方もあるかもしれません。

生活習慣や年齢を重ねてゆっくりになった肌リズムなどなど、様々な原因が重なって、そのくるぶしは知らない間に黒ずんでしまったのかもしれません。
今回は足のくるぶしの黒ずみのお手入れ方法と合わせて、原因と対策についてもご紹介します。

素足の季節、お手入れが行き届いた“魅せ足”で堂々としていれば、女子力UPです♪ ぜひ、お手入れを取り入れてみてください。

>>気になる“ひざ下”のお手入れにおすすめの薬用美白クリーム『ラスター』
(※美白とは、日焼けによるしみ・そばかすを防ぐこと)


astalift
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

ラスター(医薬部外品)
ラスター (2)気になる“ひざ下”のお手入れにおすすめの薬用美白クリームです。
(※美白とは、日焼けによるしみ・そばかすを防ぐこと)

保湿成分セラミド・スクワランなどを配合しているので、しっかりうるおいを与えてくれます。

朝晩2回のお手入れで、肌をなめらかにしていきましょう。

定期便コースお申し込みの方には、今ならオリジナルの「ローズクォーツかっさ」がついてきます♪ ※2016年5月時点での情報です。
ラスターボタン

1. くるぶしの黒ずみのお手入れ方法

くるぶしの黒ずみの正体は、厚くなってしまった古い角質と、皮膚に発生したメラニン色素と言われています。(詳しい原因は第2章で説明します。)
ではどうやってその黒ずみの正体をお手入れすればよいのでしょうか。

まず、くるぶしに溜まった古い不要な角質を取り除きましょう。
安価で手に入れやすい重曹を使ったお手入れ方法をご紹介します。

重曹によるお手入れで不要な古い角質を落としたら、そのうえで、黒ずみを悪化させないように日常からの対策(第3章)を行うとよいでしょう。

<重曹で角質のお手入れ>

用意するもの:
・重曹
(粒子の細かさや、お肌に直接触れるものであるという点から、食用のものがおすすめです。スーパーなどで、重曹またはタンサンという名前で売られています。)

・水

・化粧水
(顔に使っているものでOK)

・保湿クリーム
(化粧水と同じく、顔用のもので構いません)

・ひどく手荒れしているひとは、念のため、手袋などで保護してください。
(手のひらの柔らかい部分に粒があたってしまうため。)

方法:
① 重曹ペーストを作る。
(「重曹 大さじ1杯」に「水 小さじ1杯程度」を加えて、混ぜ合わせる)

② くるぶしの黒ずみの気になるあたりに、重曹ペーストを塗る。

③ 手の指のはらで円を描くように、くるぶしをやさしくマッサージする。

④ 洗い流す。

⑤ タオルでやさしく水分を拭き取る。
(角質のお手入れ後の肌はデリケートです。ゴシゴシとこすって強い摩擦を与えるのは避けましょう。)

⑥ 顔と同じように、化粧水で保湿する。

⑦ 顔と同じように、保湿クリームで保護する。

上記のお手入れを、月に1~2度のペースで続けてください。
一度で黒ずみが気にならなくなるわけではありませんが、角質のお手入れをすることで、肌リズムをサポートしていけば、徐々に黒ずみが気にならなくなることが期待できます。

重曹によるお手入れは肌の表面(角質)を少しずつお手入れしていくので、頻度や強さに気をつけましょう。
早く黒ずみをなくしたいからと焦って、強くこすったり、頻繁にやり過ぎると、まだ新しい必要な角質まで傷つけてしまい、肌がデリケートな状態に傾き、黒ずみの状態が悪化しかねません。

人によっては数か月以上時間がかかることがあるかもしれません。それは、個人差があったり、黒ずみの正体のメラニン色素が角層内の深いところあったりするからです。焦らず気長にお手入れを続けることをおすすめします。

重曹によるスペシャルケアを月に数度行いつつ、その間も第3章で紹介する、予防策を心がけ、新たな黒ずみを生まない、悪化させないことに気をつけるようにしましょう。

2. くるぶしの黒ずみの原因

足のくるぶしの黒ずみは、摩擦乾燥紫外線による日焼けが原因と言われています。

2-1 摩擦

靴のストラップが当たったり、ハイカットの靴でこすれたり、正座やあぐらなどによって、くるぶしが摩擦にさらされることがあります。

皮膚は、摩擦などの刺激を受けると、メラニン色素(シミ・そばかすのもとになる黒っぽい色の色素)を発生させるといわれています。黒ずみの原因のひとつです。
あぐら
くるぶしなどの骨の出ている部位、関節などは「摩擦を受けやすい」、つまり、「黒ずみやすい」です。

しかも、くるぶしなどの関節の部位では、もともと角質が厚く、肌リズムがゆるやかと言われているので、余計に色が定着してしまいやすいと考えられます。

2-2 乾燥

乾燥は、黒ずみを悪化させる原因になると考えられています。
肌が乾燥すると、お肌がデリケートに傾きやすくなります。
肌がデリケートに傾くと、紫外線や摩擦などによる影響を受けやすくなるからです。

2-3 紫外線

過剰な紫外線による日焼けは、メラニン色素を発生させ、皮膚を黒ずませてしまいます。

レジャーなどで浴びる強烈な紫外線はもちろんですが、曇りの日も含めて日々浴びている日常の紫外線も、黒ずみの原因となりえます。

紫外線
このような事情が重なって、足のくるぶしは黒ずんでいるのです。

3. くるぶしの黒ずみ対策のために

新たにくるぶしの黒ずみができないようにする対策として、また、今あるその黒ずみの悪化させないためにも、日ごろから、地道な対策をすることが必要です。

第1章で紹介したお手入れは、黒ずんでしまったくるぶしへの月に数度のスペシャルケアとして行っていただきつつ、日ごろから心がけていただきたい対策を4点ご紹介します。

①摩擦をさける。

・正座や、女座り(お姉さん座りとも言います)、あぐらなど、くるぶしが強い摩擦や圧迫を受けるような体勢を避ける。

・靴下やレッグウォーマー、タイツをはくなどして、素肌のくるぶしが強い摩擦を受けるのをできるだけ和らげる

・くるぶしにあたるようなストラップのついた靴などを避ける

②保湿する。

・毎日、顔のお手入れをするように、くるぶしもしっかり保湿する。
(水分と油分をバランスよく補うことで、すこやかな肌を保つことが大事です。)

・角質が厚いと感じるときは、尿素配合の保湿クリームなどを塗る。
(尿素は角質に作用し、保湿成分を角層へと浸透させてくれます)

③紫外線を避ける。

・日焼け止めを塗る

・靴下やレッグウォーマーなどを用いて、素肌の露出を避ける

④ライフスタイルを気をつける

・良質な睡眠をとる

・お風呂につかったり、運動したりして、血行をよくする

・バランスのとれた食事を心がける

・からだを冷やさない

・喫煙を控える

古い角質のお手入れをして、今の黒ずみが目立たなくなっても、これらの4つの対策は日常に取り入れて続けることをおすすめします。
一度色素沈着したものをお手入れするのはたいへんだからです。黒ずむ前に、しっかり対策しましょう。

4. 皮膚科や美容外科で行う方法

自宅でのお手入れでは満足できない場合は、美容外科や皮膚科で専門家に相談し、黒ずみの治療を受ける選択肢もあります。

行われるのは、薬剤によって古い角質を剥がすケミカルピーリングや、レーザーによる治療、ハイドロキノンなどを含む外用薬の処方などが主です。

濃度の高いハイドロキノンはお薬ですので、希望しても、症状によっては処方してもらえないこともあります。

いずれの施術も、よく医師と相談してから取り入れるようにしましょう。

―――

くるぶしまでお手入れの行き届いた足で、女子力UPを目指しましょう。
ぜひ、日々のお手入れにひと手間と、4つの予防策をとり入れてみてください。

この記事は2016年5月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

>>気になる“ひざ下”のお手入れにおすすめの薬用美白クリーム『ラスター』
(※美白とは、日焼けによるしみ・そばかすを防ぐこと)

Pocket
LINEで送る