2017年3月7日 更新

ルースパウダーの基本の使い方♡崩れにくいツヤ美肌を演出する!

ルースパウダー 使い方ルースパウダーはツヤのある美しい肌を演出するための仕上げには欠かせない!と言う方もいますが、
その役割・基本的な使い方が正直よく分からない…という方もいるのではないでしょうか。

「ルースパウダーってフェイスパウダーとはどう違うの?」
「どの順番で重ねればいいの?」
「ファンデーションの上にさらに重ねたら粉っぽくならない?」

今回はそんな疑問にお答えするべく、崩れにくくツヤのある美しい肌を演出するルースパウダーの使い方をお伝えします!

◆肌らぶ セレクション◆

B.A ザ フィニッシングパウダー
B.A ザ フィニッシングパウダー
販売会社:株式会社 ポーラ

ふわりと粉雪のようになじんで肌むらをカバーし、仕上げたてのメイクの美しさを演出する微細なルースパウダーです。

ファンデーションとしっかり馴染んで、肌の表面をサラサラなめらかにしてくれるのも嬉しいですね。

B.A ザ フィニッシングパウダー


1.ルースパウダーとは

ルースパウダー 使い方ルースパウダーとは、一般的に粉おしろい、粉状のフェイスパウダーのことを指します。

ファンデーションの上から重ねることによって、さらにファンデーションを肌にフィットさせ、きめ細やかなパウダーで毛穴や色ムラなど肌の気になる部分をカバーしやすいと言われています。さらに、パウダーで余分な汗や皮脂を吸着してヨレやテカリを防ぐことも期待できます。

ルースパウダーは、肌を包み込むようにふんわりとした、やわらかな印象に仕上げられるのが特長であると言われています。

ファンデーションよりも少し明るい色のルースパウダーをハイライトとして使用し、奥行きのあるメイクを演出したり、チークに混ぜて使用したりと様々な応用がききます。

このように肌を美しく演出するルースパウダーは、欠かすことのできないメイクアイテムとも言えるでしょう。

素肌にそのまま使用したり、仕上げとして重ねたりすることで、肌自体をサポートしながらメイクしたてのような状態を保ちやすいと考えられています。

2.ルースパウダーの基本の使い方Q&A

ルースパウダー 使い方ルースパウダーの使い方を意識することで、さらに魅力的でツヤめいた美しい肌の演出ができるでしょう。

この章では、ルースパウダーの使い方をQ&A方式でお伝えします。

Q.ルースパウダーを使用するタイミングは、メイクの一番最後なの?

A.一般的には、一番最後に使用しますが、手順の間に挟む方もいるようです。
ファンデーションのタイプによって、使用順を変えてみることをおすすめします。

リキッドファンデーションまたはBBクリーム・CCクリームを使用する場合は、その上からルースパウダーを重ねることで、ファンデーションをより密着させると言われています。

パウダーファンデーションを使用する場合は、化粧下地の後にルースパウダーをのせてからパウダーファンデーションで仕上げていくとよいでしょう。

そうすることで、下地のべたつきを抑えられ、通常よりも少量のファンデーションでベースメイクを仕上げやすくなるので、厚塗りを防ぎ、化粧崩れしにくくなるとされています。

化粧直しにもおすすめのアイテムです。

Q.ルースパウダーの色はどう選べばいいの?

A.理想のイメージに合わせて選ぶことをおすすめします。

色の選び方で仕上がりイメージが左右されると言われています。そのため、なりたいイメージに合わせて選びましょう。

ピンクやホワイトは、ふんわりとした立体感、透き通るような肌に仕上げたい方におすすめだと言われています。

パープルは、あまり白っぽく見せずに透き通るような肌をさりげなく演出したい方に、ルーセント(透明)は、ファンデーションで仕上げた肌色をそのまま活かしたい方や、より自然な仕上がりがお好みの方におすすめでしょう。

Q.ルースパウダーはブラシとパフ、どちらを使って仕上げたらいいの?

A.仕上げたい質感に合わせて使い分けることをおすすめします。

仕上げたい質感に合わせて、メイクブラシとパフを使い分けましょう。
よりナチュラルに、ベールをまとうようなやわらかな質感に仕上げたい方はメイクブラシ、ファンデーションと肌をフィットさせて比較的しっかりと肌悩みをカバーしたい方はパフを選ぶのがおすすめです。

その日の仕上げたいメイクのイメージに合わせて、ブラシとパフを使い分けてみてもよいでしょう。

また、パフを使用して仕上げた場合も、最後に何もつけていないブラシで顔全体の余分な粉をはらうと、化粧持ちや仕上がりが変わると言われています。ぜひ試してみてください。

Q.ルースパウダーの付け方にコツはあるの?

A.顔の中心から外側に向かって“軽く”のせることが大切だと言われています。

ルースパウダーは、顔の中心から外側に向かって、のせるようにつけていきましょう。

一般的に他のファンデーションにも言われることですが、たくさんつけ過ぎると化粧崩れの原因にもなりかねないので、薄く、できるだけ均一にパウダーをなじませるように意識しましょう。

その手順をメイクブラシとパフの場合に分けてご紹介します。

〈メイクブラシの場合〉

(1)ルースパウダーをブラシにとる
(2)ティッシュの上でブラシを回すようにしてなじませる
(3)顔の中心から外側に向かってくるくる回しつける
(4)フェイスラインをぼかす
(5)ブラシについた粉をとり、きれいなブラシで顔全体を軽くはらう

〈パフの場合〉

(1)ルースパウダーをパフにとり、両手で揉みこむ
(2)顔の中心から外側に向かって滑らせるようにのせる
(3) パフを折り小鼻と目のまわりにのせる
(4)フェイスラインをぼかす
(5)きれいなブラシで顔全体を軽くはらう

《肌らぶ編集部おすすめ参考商品》
肌のトーンを選ばないクリアタイプを選びました。

rms beauty(rmsビューティー)
アンパウダー【00】

rms beauty アンパウダー【00】販売会社:株式会社アルファネット

ニューヨークのメイクブランドrms beautyのフェイスパウダーです。

創設者のファッション&メイクアップ業界での経験から『肌のすこやかさを保つこと』を概念として誕生、表面がサラサラとした絹のような質感に仕上げます。

色は様々な肌トーンに合わせることができる、便利なクリアカラーです。

3.ルースパウダーの基本の使い方♡崩れにくいツヤ美肌を演出する!まとめ

ルースパウダー 使い方いかがでしたでしょうか。
やはりルースパウダーは美しい肌を演出するのに欠かせないメイクアイテムのひとつだと感じられた方もいるのではないでしょうか。

この記事を参考に、是非、毎日のメイクにルースパウダーを取り入れて魅力的な印象を手に入れてください!

プレストパウダーについて知りたい方はこちらの記事をご参照ください♡

この記事は2017年3月7日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。