メニューを開く
アスタリフト;

マスクで肌荒れする原因とマスク選びの5つのポイント

マスク 肌荒れ

マスクをするようになってから肌が荒れた気がする。もしかして合っていないのかな?とお悩みではないでしょうか?

マスクを外すことができればいいのですが、風邪や花粉症の時期には頼もしい味方のマスクは、なかなか外すことはできないですよね。

そこで、マスクで肌荒れする原因と、マスクの選び方のポイントをご紹介します。

さらに、マスク着用時に特に気をつけていただきたい自宅でのスキンケアのポイントも合わせてご紹介いたします。

快適なマスク生活を過ごして自分の身を守りましょう♪



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

アルファピニ28

アルファピニ28エッセンスローション

販売:シェルゥーム

保湿成分セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸を配合しています。肌にうるおいを与え、肌あれを防ぎます。

スプレータイプなので、自宅でも外出先でも使いやすいのが魅力ですね♪

>>アルファピニ 公式HPはこちら

1.マスクで肌荒れしてしまう原因

4つの原因がありますので、それぞれご説明します。

1-1.摩擦

マスクは必ず肌にあたるので、あたった部分がこすれることで肌荒れを引き起こすことがあります。

ゴムひも部分がこすれるという場合も多いです。

特に、顔に合っていないマスクをしている時に起こる傾向があります。

サイズが合っていないと、マスクの輪郭部分が頬や口回りに当たりやすいためです。

1-2.繊維が合わない

マスクにも種類が多くあり、使っている素材も様々なので、その繊維が肌に合っていないと肌荒れを引き起こします。

家庭用のマスクは、大きく分けてガーゼマスク不織布(ふしょくふ)マスクの2つに分類されます。

小学校の給食当番で使っていたのがガーゼマスク、現在ほとんどの方が使っている使い捨てが不織布マスクです。

そして、肌荒れを引き起こしている原因のマスクが②の不織布マスクになります。

① ガーゼタイプ
主に綿織物を重ね合わせたマスク。最近では中に特殊なフィルタを縫い込んで花粉などの通過を防ぐためのものも増えています。

②  不織布タイプ
複数の原料を組み合わせることで、厚みや空隙を自由に調整できるのが特徴です。値段が安く、使い切りを前提にしたものが中心。

不織布マスクは繊維が絡み合ってできているため、その分肌にあたったときの負担がガーゼマスクに比べると大きいです。

ただし、不織布マスクは繊維が絡み合うことによるフィルタとしての働きが期待できるため、風邪の予防に特に着目するのであれば、不織布マスクをおすすめします。

1-3.蒸れ

マスクは、喉の乾燥を防ぐためにも使えますが、同時に湿気やすい環境を作っていると言えます。

蒸れたマスクの中で菌が増殖することによって、肌が荒れることがあります。

狭い空間の中で自分の息が充満しており、体温によって温められているマスクの中は、菌が繁殖するのにとても好条件なのです。

特にニキビなどが既にできている方は、蒸れないようにたびたびマスクを外してマスク内を換気しましょう。

1-4.抗菌剤がアレルギーを引き起こす場合もある

マスクの中には抗菌剤が含まれているものがあります。抗菌剤は、殺菌作用や細菌の繁殖を抑えてくれますが、人によってはこの抗菌剤でアレルギーを起こすこともあるそうです。

少しでも異変を感じたら、使用を控えましょう。

2.肌荒れ対策!マスクを選ぶ5つのポイント

せっかく使うのであれば、肌荒れは防ぎたいですよね!

これから紹介する5つのポイントをおさえて、マスクを選んでみてください。

2-1.不織布マスクは素材にこだわる

不織布マスクの魅力は、使い捨てなので毎日清潔が保て、洗う手間などがないことです。

ただ中には繊維が肌に合わないという場合もありますので、顔にあたる部分だけでも綿など自分の肌に合う繊維でできたマスクにしてみましょう。

商品例

不織布マスク

素材
1層目:ポリエステル70%・レーヨン30%(抗菌加工SL/オーミケンシ)
2層目:ポリプロピレン100%(エレクトレット加工MB/東レ)
3層目:綿100%(コットエースSL/ユニチカ)
販売元:横井定 株式会社

2-2.合わない場合は中にガーゼをはさむ

買ったマスクがどうしても肌に合わないという場合は、中にガーゼをはさむことでマスク素材が肌にあたるのをさけるという方法があります。

中途半端なサイズだと口を動かす度にずれてしまうので、マスクと同じくらいの大きさを買う、または大きめサイズを買って切ると良いでしょう。(切る時は清潔なハサミで切りましょう)

商品例
ガーゼ

素材:綿100%
サイズが30cm × 1mからあり、好きなサイズに切ることが可能
販売元:白十字株式会社

2-3.ガーゼマスクを使う

どうしても肌に合う使い捨てマスクがないという方は、最初からガーゼマスクを使ってみてはいかがでしょうか。

綿パジャマなどが肌触りが柔らかいのと同様に、顔にやわらかくフィットしてくれるでしょう。捨てではないので毎日洗わないといけないという手間はかかりますが、もしマスクをつけると肌荒れを繰り返しやすいという方は、試してみて下さい。

※ポイント

①毎日変えること
1日使ったマスクは雑菌の宝庫です。2日連続で洗わずに使うことはやめましょう。

洗う時は洗濯機だと手間が減らせますが、ほつれが気になる場合は手洗いしましょう。

洗面器に水・マスク・洗濯洗剤を入れ、少し時間を置いたら洗い流します。(手が荒れないようにゴム手袋をすると良いでしょう!)

②素材をチェック
もし使い捨てマスクが合わなかったのであれば、同じ繊維は避けましょう。

■商品例

ガーゼマスク
素材:綿100%
やわらかく気持ちの良い素材で、男性用・女性用・子ども用があるのが特徴です。
販売元:株式会社シバタ

マスク 株式会社クオーレ・アモーレ

素材:綿100%
しっかりと覆う作りになっているので、こすれの心配がなく、耳が痛くなりやすい方にもおすすめです。
販売元:株式会社クオーレ・アモーレ

大人用ガーゼマスク 日本マスク

素材:綿100%
150円+税とお手頃価格なのでまとめ買いに適しています。洗濯中の予備用としても◎
販売元:横井定 株式会社

2-4.顔を包み込む大きめサイズを選ぶ

顔の下半分を全部覆ってくれるサイズを選びましょう。しっかりサイズが合っていてマスクと顔とのすき間が少なければ、雑菌などの侵入を防ぎやすくなります。

サイズが大きすぎると隙間ができてマスクとしての機能が果たせなくなるので、横を向いて隙間がないかを確認しましょう。

2-5.ゴム(ひも)部分は太めを選ぶ

頬や耳元が荒れる場合は、マスク部分ではなくゴム部分の紐のこすれが原因だと思われるので、太めのひもタイプを選びましょう。

ひもなしマスクというのもあるので、肌荒れ以外にも耳が痛くなって気になるいう方は試してみてはいかがでしょうか。

商品例
ひもなしマスク

頬に貼るタイプのマスクです。べたつかないシリコンテープで、何度も脱着可能。幼児用・子ども用もあります。
販売元:株式会社 ビー・エヌ

3.マスク着用時に心がけること

3-1.ニキビができていたら長時間マスクしたままは避ける

口周りのニキビを隠したいからとマスクをしていると、蒸れによって雑菌が繁殖し、ニキビが増える可能性もあります。

ニキビの原因菌は通気性の悪い場所を好むため、マスクの中でニキビ菌のお祭りのようになってしまうかもしれません。

また、ニキビにマスクが当たると刺激となり、肌への負担となります。

ニキビ肌の方で、マスクで花粉や風邪対策をしたい場合は、ずっと着用するのは避け、時々外して換気してあげましょう。

3-2.外したマスクを清潔に扱う

「マスクを時々外す」とお伝えしましたが、外したマスクをポイっとそこらへんに置いたり、カバンの中にぐしゃっと入れないようにしましょう。

肌に当たる部分に汚れなどが付くと、そのまま肌に付いてしまうためです。

もうその後着けないのであれば構いませんが、一時的に外したのであれば、外したマスクは肌に当たる部分がどこにも触れないように折りたたんで、キレイなビニール袋などに入れましょう。

手でうっかり触ってしまうことのないように注意しましょう。

4.マスクした肌のスキンケアポイント

どれだけ自分に合うマスクを選んでも、肌にあてている以上は最低限の摩擦は避けられません。

そこで、マスクをつける時は、いつも以上に自宅でのスキンケアに気をつけてあげる必要があります。

女性はもちろん、男性もきちんと保湿をして肌を労わってあげましょう。

4-1.ナチュラルメイク&クリームかミルククレンジングがおすすめ

クレンジングは、肌になじませやすいクリームかミルククレンジングを使用してみましょう。

クリームクレンジング(+ミルククレンジング)は、とろっとしていて厚みがあり、肌と手の間にクッションのように入り込んでくれるので、クレンジング時の手による摩擦が軽減できます。

クリームクレンジング

あまりしっかりメイクであると、クリームやミルククレンジングでは落とし切れないこともありますので(製品によります)、マスクによる肌荒れが気になるときはナチュラルメイクか、限りなくすっぴんにしてマスクで隠すという手もあります。

4-2.洗顔はぬるま湯で、洗いすぎやこすりすぎがないようにすること

洗顔も、クレンジング同様にこすりすぎはNGです。

しっかり泡立てて、泡で汚れを浮かせて落とすようにやさしくなじませましょう。

また、熱すぎるお湯だと必要な皮脂まで落としてしまうこともあるため、「ちょっとぬるいかな?」と思うくらいのぬるま湯で洗い流しましょう。

32~34度くらいを目安にして下さい。お風呂と同じくらいの温度では若干熱すぎます。

洗顔について詳しくはこちらの記事をご参照ください。

4-3.化粧水は手でつける

化粧水
化粧水はコットンでつけても手でつけても、それはお好みによりますし、それぞれメリットがあります。

ただ、「マスクによる摩擦が気になる」という方が、それ以上の摩擦を抑えたいのであれば、手でお手入れすることをおすすめします。

手にたっぷり化粧水をのせたら、肌を包み込むようにハンドプレスして、優しく染み込ませます。

4-4.口周りの保湿は入念に

マスクの当たる口周りは、いつもより念入りに保湿をしてあげましょう。
化粧水で水分を与えたら、美容液や乳液(またはクリーム)をつけて油分も与えてあげましょう。

保湿には、水分と油分の両方が必要です。

ただし、入念にやりすぎて肌を触りすぎると負担がかかりますので、ここでもこすりすぎないよう注意してください。

おすすめスキンケア製品

ヒフミド(小林製薬株式会社)

ヒフミド販売:小林製薬

全ての製品に保湿成分「セラミド」(ヒト型セラミド)が配合されています。
潤いをたっぷり補うことで、肌をすこやかに保ち、なめらかな肌に整えるシリーズです。

約1週間分のお試しセットで、クレンジングミルク・洗顔ソープ・保湿化粧水・保湿クリーム・日焼け止め下地が試せます!

>>ヒフミド 公式HPはこちら

5.最後に

いかがでしたでしょうか?身体を守るためのマスクが肌荒れの原因になったり不快感を与えたりはとても悲しいことですよね。

本日お伝えした選び方のポイントと自宅でのスキンケアのポイントをしっかり守って、快適なマスク生活を送ってください。

この記事は2016年6月8日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。


Pocket
LINEで送る