メニューを開く
2016年10月20日 更新

メンズ化粧品を試してみたい!男性の「キレイ」の味方を見つけよう

メンズ化粧品
メンズ化粧品ってどんなのがあるんだろう?
興味はあるけどお店では買いづらい・・
と、お悩みの男性がいらっしゃるのでは無いでしょうか。

肌のお手入れと言えば女性のイメージが強いかもしれませんが、
「メンズ化粧品」や「メンズコスメ」は、様々な種類のものがドラッグストアにも並んでいます。

今回は、メンズ化粧品についてのお話や、お手入れのポイントと共に、肌質における男女差などをご説明します。

メンズ化粧品に興味はあるけど買いに行くのは面倒だし恥ずかしい…という方へ、おすすめのネットで買えるメンズ化粧品のご紹介もします。




1.おすすめメンズ化粧品|スキンケア化粧品の選び方

ポイント女性_ボブカット

メンズ化粧品を選ぶ際は、2つのポイントがあります。
ここで選び方のポイントをご紹介します。

1-1.保湿成分の入ったものを選ぶ

男女問わず、「保湿」はとても重要となります。

男性は一般的に、女性に比べ、皮脂の分泌量が多いとされています。

また、皮脂に対し、肌内部の水分の量は、女性のそれと比べ、やや少ないことが多いようです。

そのため、男性の肌には特に「保湿」が必要となるのです。

肌は乾燥すると、「シミ・ニキビ・くすみ」といった肌悩みが生じやすくなるといわれています。そのため、肌を健やかに保つためには、保湿成分の配合されたスキンケアアイテムで、肌のお手入れをする必要があるのです。

おすすめの保湿成分としては以下の様なものがあげられます。

・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・アミノ酸
・天然因子NMF
・トレハロース ・・・・等。

1-2.油分の少ないものを選ぶ

男性は一般的に、もとより油分が多いため、
化粧品を選ぶ際は油分の少ないものをおすすめします。

べたつかないテクスチャーで、油分の少ないものを選ぶようにしましょう。

1-3.スキンケア用おすすめメンズ化粧品

ここではおすすめしたいメンズ化粧品(お手入れ用)をご紹介します。

男性向けに作られたメンズ化粧品はいくつかありますが、
今回はその中でも特に、手間をかけずにさっとスキンケアを行う事ができるアイテムをご紹介します。

マージェンス マルチ コンディショニング ジェル

マージェンス

価格:120ml/3,240円(税込)

こちら、「マルチ」とある様にオールインワンの化粧水です。
「S-ヒアルロン酸」などの保湿成分を配合しています。
うるおいはしっかり与えてくれるのに、表面はさらっとしているのでベタつきが苦手な方にもおすすめの使用感です。
ご使用の際に手からこぼれにくくて浸透させやすいジェルタイプとなっています。

>>マージェンス 公式HPはこちら

ZIGEN オールインワン フェイスジェル

ZIGEN

価格:100ml/3990円(税込)【約2か月分】

こちらもオールインワンのフェイスジェルです。
お手入れの時間や手間を省いてくれます。
さっぱりとした使い心地と、香りのない無香料と言う点で、スキンケア慣れしていない男性にも気兼ねなく使用していただけます。
保湿成分として、ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、セラミド、プラセンタエキス、必須アミノ酸が配合されています。
しっかりと肌にうるおいを与え、健やかに保ってくれます。

>>ZIGEN 公式HPはこちら

アクアモイス

アクアモイス

価格:50ml/5184円(税込)【約2か月分】

こちらは「オールインワン美容液」と言われるものです。
オールインワン美容液とは、一つのアイテムで化粧水や乳液、クリームといった、基本的なスキンケアが完了してしまう、便利なアイテムです。スキンケアに時間をかけたくない、面倒くさがりなので、手間暇がかかることは続かない、という方は、オールインワン美容液の使用がおすすめです。
保湿成分として、浸透型コラーゲン、ヒアルロン酸、アロエベラエキス、アミノ酸、コンドロイチン硫酸Na、グリセリルグルコシドが配合されています。
プッシュ式なので、持ち運びも便利です。

>>アクアモイス 公式HPはこちら

1-4.メンズ化粧品でのスキンケアポイント

①肌はやさしく、丁寧に扱う

洗顔・クレンジングは肌に負担をかけない様優しく行いましょう。
ゴシゴシこすって洗ったり、乱暴に力を込めてしまうと、摩擦により肌がダメージを受け、乾燥やシミ、しわなどの肌悩みが生じてしまう場合があります。
顔を洗う際は、よく泡立てたふわふわの泡で、肌を包み込むような感覚で洗いましょう。泡が汚れを吸着し、洗い流してくれるので、擦る必要はありません。

また、男性の場合は髭剃りの行為によってどうしても肌に刺激を与えてしまいます。
肌のためにも清潔で切れ味の良い刃で髭剃りは行いましょう。

②化粧品はハンドプレスする

ハンドプレス

お手入れする際は、しっかりとハンドプレスして馴染ませていきましょう。
肌に押し込むように馴染ませることで、肌の温もりによって隅々まで保湿成分や美容成分を浸透させることができます。(※角質層まで)

③適量を守って使う

化粧品は各メーカーが推奨した「適量」、もしくは「やや多め」を意識して使用するようにしましょう。

化粧品にはそれぞれ、定められた適量というものがあります。適量とは、その製品の魅力を充分に発揮するために必要な量のことを指します。適量よりも少なくても、多くても、化粧品は本来のパフォーマンスを出しきることができません。

化粧品を使用する際は、できるだけ適量を守って使用するよう心がけましょう。

2.女性との肌の違い

男と女

男性と女性は、体の作りはもちろんの事ながら肌も異なって出来ています。
一般的に言われている、女性と男性の肌の違いをお伝えします。

① 皮脂分泌量が多い

個人差はもちろんありますが、男性は女性よりも皮脂分泌量が3倍程度多いと言われています。
肌の水分量は女性の方が多いとされています。

ただ皮脂が多いので肌の表面がテカる方が多く、そのためにかさつきや乾燥等を感じづらい事が多いそうです。

② 10~50代まで、皮脂は一定量

女性は20~30代が皮脂分泌のピークであり、その後減少していきます。
しかし男性は10~50代までほぼ一定の量の皮脂が分泌されます。

また、女性は月経や閉経等、ホルモンバランスによって肌に影響を受ける場面が多いですが、
男性は月経も閉経もありません。

③ 皮膚が厚い

男性の肌の方が、女性よりも硬くゴワゴワしている事が多いです。
これは男性の方が皮膚が厚いためです。

そのため、同じダメージを受けても男性の方が影響を受けにくいとされています。

3.まとめ

メンズ化粧品についてのお話、少しお役にたてたでしょうか。

「化粧品」と聞くと少し抵抗のある男性もいるかもしれませんが、
仕事でもプライベートでも、「清潔感」の有無は大きなポイントになると思います。
また、「今努力をしている」、と思うとモチベーションも上がるのではないでしょうか。

もし興味があれば、メンズ化粧品でのお手入れ、是非試してみて下さい。

※この記事は2016年1月15日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。