メニューを開く
アスタリフト;

生理でもむくみたくない! むくみの原因&対応策

生理 むくみ
生理前や生理中のタイミングで、顔や足のむくみがひどくなった経験はありませんか?

中には、生理前から生理中にかけて、一時的に体重が増えたり、体が重くなったりするように感じる方も多いのではないでしょうか。

生理前や生理中に起きるむくみに対処するには、マッサージなどで血行を良くすることが大切と言われています。

色々な不調が重なって、気持ちまでブルーになりやすい生理前や生理中だからこそ、嫌なむくみは前もって防ぎたいですよね!

今回は、生理前や生理中のむくみの原因をはじめ、生理によるむくみが起こったとき自分でできる対処法、むくみ予防のために行いたいことなどをご紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.生理前・生理中にむくみが起こる原因

生理前・生理中のむくみは、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2つの女性ホルモンの分泌量が関係していると言われています。

生理のときは、女性はホルモンバランスが乱れるタイミングでもあります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠を促し、体温を上げ、妊娠後に備えて栄養や水分を備蓄する役割を持つホルモンで、エストロゲン(卵胞ホルモン)は、代謝を促す役割を持つホルモンです。

・生理前に起こるむくみの原因
生理前(特に生理の10~12日前)は、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えるため、水分の排出が行われにくくなり、むくみが起こりやすくなると言われています。

・生理中に起こるむくみの原因
生理中は、プロゲステロンとエストロゲン両方の分泌が少なくなり、体温が下がります。そのため、全身の血行が悪くなり、代謝が下がることで、体内の水分が排出されにくくなり、むくみが起こりやすくなると言われています。

2.むくみができたときにおすすめの対応策

生理前や生理中の、顔や足のむくみにおすすめの、自分でできる対応策を3つご紹介します。

2-1.冷・温パック(顔のむくみ編)

温かいタオルと冷たいタオルを顔に交互に当ててパックすると、顔の血行が良くなり、顔のむくみ解消が期待できます。

朝のスキンケアの前に行いましょう。忙しい朝でも5分程度でできますよ!

<冷・温パックの手順>
①2枚タオルを用意し、1枚を水道水に浸し、冷タオルを作ります。※水道水の冷たさでは物足りない場合は、氷水を洗面器に入れ、冷タオルを作りましょう。

②もう1枚のタオルは、水道水に浸してゆるめにしぼり、耐熱皿に載せて電子レンジで加熱します。

加熱の時間は、40秒~1分くらいにとどめましょう。タオルを取り出した直後は、やけどに注意し、タオルを広げて冷ましてから顔に当ててください。

③冷タオルと温タオルを、20秒くらいずつ、顔に交互に当てます。

3回ずつくらいを目安とし、途中でタオルの温度が生ぬるくなってきたら、作り直しましょう。

冷・温パックなど、顔のむくみにおすすめの方法は、こちら でも詳しくご紹介しています。参考にご覧ください!

2-2.ゴキブリ体操(足のむくみ編)

G体操

脚のむくみが気になる場合は、仰向けに寝た状態で、手足を上にあげ、力を抜いてブラブラさせます。

この動作を、1分程度行います。1分間続けるのが難しければ、途中で休みながら、無理のない程度に行ってください。

途中から手足が温まってくるのを感じるかと思います。

朝起きたときや、夜寝る前に行うのがおすすめです。

2-3.足湯(顔・足のむくみ編)

足湯

身体の末端にある足を温めることで、全身の血行を良くすることが期待できます。

40度くらいのお湯を桶(おけ)に用意し、そこに足を入れます。しばらくすると全身が温まってきます。

お風呂に入る方法もありますが、足湯の方が使うお湯の量も少なく服を脱いだりするという手間をかけることがないので、簡単に行うことができ、おすすめです。

じんわりと足元を温めることで、ゆううつな気分もほぐれていきそうですね!

お湯が冷めてきたら、熱いお湯を追加できるよう、あらかじめ沸かしたお湯を用意しておくのも良いでしょう。

Pocket
LINEで送る