メニューを開く

鼻がザラザラするのはなぜ?原因と対策を徹底解説!

鼻 ザラザラ TOP
「鼻のザラザラが気になる」「鼻のザラザラって改善できるの?」と思ってはいませんか?

「クレンジングや洗顔には気を使っているのに、いつの間にか鼻がザラザラしていた…」という方も多いのではないでしょうか?

今回は、気になる鼻がザラザラする原因や対策、鼻がザラザラするときにこそ試したい洗顔方法をご紹介します。

鼻がザラザラすることが気になって仕方がない方は、悩み解消を目指してぜひ参考にしてみてください!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
astalift

1.鼻がザラザラする原因

鼻 ザラザラ 1
鼻のザラザラの正体は角栓です。角栓とは、本来肌を外部の刺激から守る角質と皮脂が混ざり合い、毛穴に詰まった栓のことだと言われています。
鼻 ザラザラ 角栓
この角栓が毛穴からはみ出すほど詰まると、小鼻を触ったときに鼻がザラザラしているように感じやすくなるのです。

ここでは、鼻がザラザラするときの対策をより効果的に行えるよう、まずは原因を4つご紹介します。

原因①ターンオーバーの乱れ

鼻 ザラザラ
鼻がザラザラになる原因の1つに、ターンオーバーと言われる肌の生まれ変わりの周期の乱れが関係すると言われています。

ターンオーバーが正常に行われないと、剥がれるはずだった肌に不要な角質が毛穴に溜まりやすくなることがあるのです。

原因②過剰な皮脂

鼻 ザラザラ 2
皮脂が過剰に分泌される状態が続くと毛穴が開き、皮脂が詰まりやすくなることがあります。

過剰な皮脂が毛穴に詰まってしまうと鼻がザラザラするだけではなく、ニキビができやすくなるとも言われているのです。

また、皮脂が詰まったまま酸化してしまうと角栓が黒くなり、より鼻の毛穴が目立つことにも繋がります。このように、小鼻の黒ずみが目立つ状態をいちご鼻と呼ぶことがあります。

原因③肌の乾燥

鼻 ザラザラ
肌が乾燥した状態が続くと鼻がザラザラになりやすくなると言われています。

肌の水分が保てなくなったり、不足したりしていると角質が硬くなることがあるのです。

硬くなった角質は古くなっても肌に残りやすくなるため、鼻がザラザラしやすくなると考えられています。

原因④ファンデーションやホコリなどの汚れ

鼻 ザラザラ
ファンデーションやホコリなどの汚れが毛穴に詰まると、鼻がザラザラする原因になることがあります。

クレンジングや洗顔でメイクや汚れを落としているつもりでも、十分に落とせていないと鼻がザラザラしやすくなるのです。

2.鼻がザラザラしたときの3つの対策

鼻 ザラザラ 3
次に、鼻がザラザラすると感じたときの対策を3つご紹介します。

鼻がザラザラした状態をそのまま放っておいてしまうと、毛穴に詰まった角栓が酸化し黒ずんで、いちご鼻になると見た目にも目立つようになってしまいます。

悩みを深めないためにも、自分ができそうな対策をチェックしておきましょう。
また、鼻がザラザラになったときにやってはいけないと言われている、ケア方法も併せてご紹介します。

対策①クレンジングを見直す

鼻 ザラザラ
鼻のザラザラが気になるときには、1度クレンジングを見直しましょう。

自分の肌に合っていないクレンジングを使用しているとメイクや汚れが落ちにくかったり、汚れと一緒に肌に必要な皮脂まで落としてしまったりすることがあります。

皮脂が多く鼻のザラザラ以外にもいちご鼻やテカリが気になる方は、オイルやジェルのクレンジング、肌が乾燥しやすいという方にはミルククレンジングなどがおすすめです。
鼻 ザラザラ 2
また、メイクの濃さによってクレンジングを変えることもおすすめです。
ばっちりメイクのときはオイル系、ベースメイクだけなどナチュラルメイクのときはミルク系というように、日によってクレンジングを使い分けてみましょう。

対策②正しい洗顔方法で洗う

鼻 ザラザラ
鼻がザラザラすることが気になるときは、洗顔方法を間違えていたり、効果的に洗顔が行えていなかったりする場合があります。正しい洗顔を心掛け、すっきりと洗い上げることが大切です。

鼻のザラザラの正体「角栓」を、洗顔によって洗い流せるように正しい洗顔を行えるようにしましょう。

正しい洗顔方法の手順や、鼻がザラザラするときに試したい洗顔方法を詳しく3章でご紹介します。

対策③しっかりと保湿ケアする

鼻 ザラザラ
乾燥によって鼻がザラザラになることを防ぐために、しっかりと保湿ケアを行いましょう。

洗顔後の肌を化粧水、乳液で保湿することで乾燥によって皮膚が硬くなることや、皮脂を増やしてしまうことを防ぐことができると言われています。
鼻 ザラザラ
「鼻のザラザラが気になってきたからスキンケア化粧品を変えてみようかな」などとお考えの方には、“ビタミンC誘導体”が配合された化粧水がおすすめです。

ビタミンC誘導体は、ターンオーバーのサポート、美白*、肌のひきしめなどさまざまな効果が期待できます。

*日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと

対策④正しい方法で毛穴パックを行う

鼻 ザラザラ
鼻のザラザラが気になって仕方がないときは、毛穴パックを行うことも1つの手です。

毛穴パックは賛否が分かれる対処法ではありますが、正しい使い方で使用すれば鼻のザラザラの元である角栓を除去できると言われています。

~毛穴パック(シートタイプ)の正しい使い方~
鼻 ザラザラ

1:毛穴パックを付ける前に洗顔をする

肌の表面の汚れをあらかじめ取っておくことで、角栓をシートで取り除きやすくします。
このときぬるま湯で洗顔し、毛穴を開かせておきましょう。

2:肌(鼻)が濡れた状態でシートを付ける

シートではなく、肌(鼻)を濡らしてから毛穴パックのシートを付けましょう。

3:毛穴パックが完全に乾くまで待つ

毛穴パックが濡れたり、湿ったりした状態では毛穴の汚れが取りきれないことがあります。

4:ゆっくりと毛穴パックを剥がす

乾いた毛穴パックは一気に剥がしてしまうと、せっかくシートに付いた角栓が毛穴に残ってしまうこともあるので気を付けましょう。

シートタイプの毛穴パックを使用した後は、保湿ケアをしっかりと行うことが大切です。

また、頻繁に毛穴パックを行うことはおすすめできません。毛穴パックは、1週間に1回程度で使用しましょう。

やってはいけないケア方法

鼻 ザラザラ
鼻がザラザラするのが1度気になると、さまざまな対策や肌ケアを試したくなるとは思いますが、中にはおすすめできないケア方法もあります。

特に、鼻がザラザラするときのお手入れで、おすすめできないものを2つご紹介しておきましょう。

①:角栓をピンセットで抜く

鼻 ザラザラ
鼻のザラザラやいちご鼻が気になる方は、ピンセットで角栓を抜いてしまうこともあるようです。しかし、こうして無理やり角栓を抜くケアはおすすめできません。

ピンセットで角栓を取ると、角栓を抜く際に毛穴が広がってしまうことがあります。
すると、広がった毛穴に皮脂や汚れが溜まりやすくなり、鼻のザラザラがさらに気になるようになってしまう可能性があります。

②:角栓をつまみ出す

鼻 ザラザラ 4
ピンセット同様鼻のザラザラが気になるからと言って、手で角栓をつまみ出そうとすることもおすすめできません。

手で無理やり毛穴周りの肌を押すことで摩擦がおこり、肌の負担になるのです。

また、角栓をつまみ出すときに力を入れすぎると、毛穴周りの肌が内出血して痣になってしまうこともあると言われています。

3.鼻がザラザラするときの洗顔方法

鼻 ザラザラ
鼻がザラザラしてしまったときの対策の1つとしてご紹介した洗顔は、やはりとても大切です。

また、「ちゃんと洗顔しているのに鼻がザラザラになってしまった!」という方の中には、洗顔方法が間違っている場合もあります。

鼻のザラザラが気になる方は、1度正しい洗顔方法の手順を確認してみましょう。

また、鼻がザラザラしてしまったときにおすすめの洗顔方法も併せてご紹介するので、基本の洗顔に合わせて、試してみてください!

1:【基本】正しい洗顔方法

鼻 ザラザラ
鼻のザラザラが気になるときは、正しい洗顔を行うことが大切になります。
基本的なことを見直して、もし自分の洗顔手順と違う点や、やっていないことがあれば取り入れてみましょう。

~正しい洗顔手順~

①洗顔前に手を洗う

鼻 ザラザラ
洗顔を行う前には、必ず手を洗いましょう。

清潔にしているつもりでも手には雑菌が付いているものです。
手に付いている雑菌が顔にうつらないように、手を洗ってから洗顔する習慣を身に付けましょう。

②ぬるま湯ですすぐ

鼻 ザラザラ
洗顔フォームなどを付けて洗う前に、32~35度くらいのぬるま湯で顔を洗っておきましょう。

鼻がザラザラするときは、鼻周りの皮脂をぬるま湯である程度落としておくことも大切です。

③洗顔フォームはしっかりと泡立ててから顔に付ける

鼻 ザラザラ
洗顔フォームをしっかりと泡立ててから肌に付けることで、肌へ摩擦を与えにくくなります。

④皮脂の多いTゾーンから洗う

鼻 ザラザラ
鼻がザラザラしてしまう原因にもなる皮脂は、Tゾーンに多く出てしまうと言われています。

Tゾーンから洗い、角栓や皮脂、汚れなどをしっかりと落としましょう。

その後、皮脂の少ない頬などほかの部分の洗顔を行います。
鼻 ザラザラ

⑤目や口に泡を乗せて洗う

鼻 ザラザラ
目や口周りの皮膚は比較的薄いと言われているので、洗顔フォームの泡を乗せ、擦りすぎないように洗います。

⑥洗顔ファームをすすぐ

鼻 ザラザラ
洗うというよりは、手のひらに溜めたぬるま湯を顔に付けるようなイメージですすぐことがポイントです。

⑦タオルで優しく水気を取る

鼻 ザラザラ
洗顔フォームをすすいだ後は、タオルで優しく水気を取りましょう。
この際、肌を擦ったり、タオルを押し付けたりしすぎないように気を付けることが大切です。

水気を取った後は、あまり時間を空けずスキンケア化粧品で保湿ケアを行いましょう。

2:蒸しタオル洗顔

鼻 ザラザラ
鼻のザラザラが気になるときは「蒸しタオル洗顔」もおすすめです。

蒸しタオル洗顔は、基本になる正しい洗顔方法にプラスで行います。

洗顔前のひと手間で、洗顔をより効果的に行えるようになると言われています。

~蒸しタオル洗顔のやり方~
鼻 ザラザラ

①タオルを水が滴るくらい濡らす

なるべく分厚いタオルを用意して、水で濡らします。
その後軽く絞り、電子レンジ対応のトレーやお皿にのせましょう。

②タオルをお皿やトレーにのせて電子レンジで温める

トレーやお皿にのせたタオルを電子レンジで1分程温めます。

③タオルの熱さを確認する

電子レンジから出したばかりの蒸しタオルはとても熱く、やけどしてしまうこともあります。

触ってみて熱すぎた場合は、やけどに気を付けながら端をつまみ、広げながら少しさましましょう。

④3~4分間蒸しタオルを顔に当てる

3~4分を目安に蒸しタオルを顔に当て、毛穴を開かせます。
(このとき、タオルの上からラップをかけると蒸しタオルが冷めにくくなるそうです。)

⑤正しい洗顔を行う

蒸しタオルを当てた後は、正しい洗顔方法で顔を洗います。
その後、保湿ケアをしっかりと行いましょう。

3:ピーリング洗顔

鼻 ザラザラ
鼻のザラザラが気になるときは、ピーリング洗顔もおすすめです。

ピーリングを行うことで、肌に残ってしまっている古い角質や鼻のザラザラの原因である角栓などを洗い流すことが期待できます。

~ピーリング(ジェルタイプ)のやり方~
鼻 ブツブツ

①Tゾーンにピーリングジェルをのせる

皮脂の多いTゾーンにピーリングジェルをのせ、軽くマッサージをするようになじませましょう。

②頬から顎にかけてピーリングジェルをのせる

頬から顎にかけたUゾーンと呼ばれる部分にピーリングジェルをのせ、Tゾーンのときよりも優しい力でマッサージしながらジェルをなじませます。

③ピーリングジェルを洗い流す

ピーリングを行った後は、ぬるま湯ですすぎながらジェルを流していきましょう。

すすぎ残しがあると、肌荒れなど鼻がザラザラしてしまう以外の悩みが増えてしまうことがあります。ぬめりがなくなるまでしっかりと洗い流しましょう。

ピーリングを行った後の肌はとてもデリケートだと言われています。ピーリングジェルを洗い流した後は、保湿ケアを行いましょう。

4.鼻 ザラザラまとめ

鼻 ブツブツ
鼻がザラザラするときの原因や対策、洗顔方法などをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

鼻がザラザラした状態は触り心地だけではなく、見た目にも良くないので「どうにか鼻のザラザラを改善したい!」と思い、いろいろな対策や対処法を試してみたくなりますよね。

でも、手当たり次第ケア方法を試しても良いことはありません。無理やり角栓を抜いたり、除去したりすることは、ご紹介した通り毛穴をさらに目立たせてしまう原因になるからです。

「鼻のザラザラを今すぐにどうにかしたい…」そう思う気持ちも分かりますが、まずは洗顔やクレンジングなどの基本の対策で、毛穴が引き締まった小鼻を目指しましょう!

この記事は2016年11月30日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る