メニューを開く
アスタリフト;
提供:資生堂ジャパン株式会社

脂性肌(オイリー肌)を対策!すこやか肌を目指すスキンケアのポイントは?

脂性肌

「全体的にべたつく脂性肌…どう対策したらいいんだろう?」とお困りではありませんか?

全体的に過剰な皮脂が出やすい脂性肌(オイリー肌)とも呼ばれる肌タイプは、肌に合わせたお手入れを行うことで、肌悩みを実感しにくいすこやかな肌を目指すことができます。

そこで今回は、脂性肌(オイリー肌)の仕組みやスキンケア・生活習慣改善のポイントなどをご紹介します。




富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

マキアージュ パーフェクトマルチベースBB
マキアージュ パーフェクトマルチベースBB

SPF30・PA++/全2色/オールシーズン用

まるで濃密美容液のように肌になじみ、自然なツヤ肌に仕上げるBBベースです。

毛穴やシミ・そばかすなどの色ムラをナチュラルにカバーしながら、顔の高い位置には光のツヤを、低い位置には自然な影を演出します。

大人の色気を引き出し、美人印象をアップさせてくれるでしょう。

公式HPはこちら(オレンジ)

1.脂性肌(オイリー肌)とは|その原因

脂性肌(オイリー肌)とは一般的に、顔全体の皮脂量が多く、テカリやべたつきが起きやすい肌のことを指します。

皮脂腺の働きが活発なため、皮脂が過剰に出ることで、ニキビなどの肌悩みを招くこともあります。

脂性肌03

脂性肌(オイリー肌)の原因は、主に次の4つと考えられています。

■遺伝性(生まれつき皮脂量が多い方)
■最も皮脂量が増えやすい10代~20代前半の方
■男性(男性ホルモンは皮脂量を増やすと言われています)
■生活環境によるもの(ストレス・睡眠不足など)

脂性肌(オイリー肌)の対策として大切なことは、その仕組みを理解し、肌状態に合わせたお手入れをすることです。
毎日のスキンケアで、肌悩みの起きにくいすこやかな肌を目指しましょう。

2.脂性肌(オイリー肌)の仕組み

まず初めに、顔全体がべたつきやすい脂性肌(オイリー肌)の仕組みを理解していきましょう。

2-1.脂性肌(オイリー肌)の肌状態

皮脂腺(脂性肌)ロゴ・角質層入り
全体的に皮脂腺が活発な脂性肌は、皮脂が過剰に出やすいという特徴があります。

本来、皮脂は皮脂腺から出て肌の表面にあらわれます。
その皮脂が汗と混ざることによって「皮脂膜」ができ、紫外線やほこりなどの外的な影響から肌を保護する役割があると考えられています。

しかし、過剰な皮脂は毛穴に詰まってニキビなどの肌悩みを引き起こすこともあるため、状況に応じて適切に取り除く必要があるのです。

2-2.脂性肌(オイリー肌)に多い肌悩み

脂性肌(オイリー肌)の特徴である「過剰な皮脂」は、主に次の3つの肌悩みを引き起こします。

①毛穴の開き
②毛穴の詰まり
③ニキビ・肌荒れ

それぞれについて、順番に詳しくご紹介していきます。

①毛穴の開き

毛穴の開きは、皮脂が過剰に出ることが主な原因だと考えられています。皮脂量が多い脂性肌(オイリー肌)の方は、皮脂腺が発達することで皮脂の出口も大きくなり、毛穴が丸く開いて目立つことがあります。

★毛穴の開きについてはこちらの記事をご参照ください。

②毛穴の詰まり

毛穴が詰まる主な原因は「過剰な皮脂(油分)」と「古い角質(タンパク質)」が混ざり合うことです。
この詰まりは「角栓(かくせん)」とも呼ばれています。

角栓は約7割がタンパク質、約3割が皮脂でできていると言われており、皮脂の出やすい鼻などで特に目立つことが多いです。
過剰に皮脂が出やすい脂性肌(オイリー肌)の場合は、頬や口周りにもできることがあります。
角栓(角質層・ロゴ入り)
毛穴の詰まりは、黒ずみやニキビなどの様々な肌悩みの一因になることがあります。

★毛穴の詰まりについての詳細はこちらの記事をご参照ください。

③ニキビ

ニキビは毛穴の中の皮脂が詰まってアクネ菌が繁殖することで発生すると考えられています。
過剰な皮脂が毛穴に詰まりやすい脂性肌(オイリー肌)の方は、多くの場合ニキビもできやすいと考えてよいでしょう。
混合肌04

★大人ニキビについてはこちらの記事をご参照ください。

3.脂性肌(オイリー肌)のスキンケアポイント

油分・保湿(脂性肌)角層・ロゴ入り
脂性肌(オイリー肌)のお手入れポイントは、「過剰な油分を取り除き、保湿ケアを行う」ことです。

「保湿」とは水分と油分を与えるケアのことですが、脂性肌(オイリー肌)の場合は油分(皮脂)が過剰なため、多くの場合新たに油分を補う必要はありません。
過剰な油分を取り除いてから「水分」を補い、すこやかな肌を保ちましょう。

3-1.脂性肌(オイリー肌)が化粧品を選ぶ2つのポイント

脂性肌(オイリー肌)の方は化粧品を選ぶ際、次の2つのポイントを意識していきましょう。

■肌を引き締める化粧品を使用する

ビタミン
脂性肌(オイリー肌)の方は、過剰な皮脂によって肌がべたつきやすい状態になっています。
肌を引き締めてくれる化粧品を使用してお手入れしましょう。

例えば整肌成分「ビタミンC誘導体」などが配合されている保湿化粧品などは、肌を引き締めてすこやかに保ってくれることが期待できます。

「ビタミンC誘導体」は、特に水との相性が良いため、化粧水で取り入れることをおすすめします。

★ビタミンC誘導体化粧水についての詳細はこちらの記事をご参照ください。

「ビタミンC誘導体」には「水溶性」「油溶性」「両性」の3タイプがあります。
また、化粧品成分表示に「ビタミンC誘導体」と書かれていないため、下記の代表的な成分名を参考にしてみてください。

【水溶性ビタミンC誘導体】

水との相性が良く、肌になじみやすいのが特徴です。

・リン酸アスコルビルNa(APS)
・リン酸アスコルビルMg(APM)
・アスコルビン酸グルコシド  など

【油溶性ビタミンC誘導体】

水溶性に油分を結合させてクリームやゲルなどに配合できるようにしたものです。

・テトラへキシルデカン酸アスコルビル
・テトライソパルミチン酸アスコルビル
・テトラリン酸アスコルビル  など

【両性ビタミンC誘導体】

水溶性+油溶性、両方の性質を持つビタミンC誘導体です。

・APPS(アプレシエ・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)
・FuncsC-IS(VCP-IS-2Na・イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)  など

②保湿成分配合の美容液を選ぶ

水分補給が大切な脂性肌(オイリー肌)には、美容液で集中的に水分を与えましょう。
使用する際は頬を中心につけて、特に乾燥が気になる部分には重ね付けしましょう。

保湿成分といってもさまざまな種類がありますが、例えばセラミドなどがおすすめです。
たるみ
セラミドとは肌の80%もの水分を維持していると言われる細胞間脂質の1つで、肌の水分キープに期待ができます。

セラミド入りの化粧水でももちろん保湿できますが、セラミドは脂質であり水にはほとんど溶けないと言われているため、セラミドは美容液として取り入れることをおすすめします。

セラミドにもいくつかの種類がありますが、成分表示上で「セラミド」の後に、2・3・6・10などの数字が書いてあるものが「ヒト型セラミド」と呼ばれています。

【おすすめセラミド配合美容液】
アスタリフト ジェリーアクアリスタ
astarihuto
肌をうるおいで包み込む、新感覚のジェリー状導入美容液です。

洗顔後の素肌に使うことで、うるおいを与える保湿成分「ヒト型ナノセラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などが、角層のすみずみまでみずみずしいうるおいとハリを与え、肌をなめらかにします。

通販限定で、ジェリーアクアリスタを含むトライアルセットが1,000円(税抜)で販売されています。

まず試してみたいという方は、ぜひトライアルキットでお試しください。

アスタリフト公式HPはこちら

3-2. 脂性肌(オイリー肌)が行ってはいけない3つのスキンケアポイント

間違ったスキンケアは、脂性肌(オイリー肌)にとって負担となることもあります。
効果的にスキンケアを行うためにも、次の3つを行わないよう気を付けましょう。

①強い力でクレンジンング・洗顔を行う

ニキビ 洗顔 シャワー
過剰な皮脂を落とそうとするあまり、ごしごしと強い力でクレンジング・洗顔を行うと肌に摩擦が起き、負担となることがあります。

クレンジング・洗顔の目的は、肌表面の「メイク汚れ・不要な皮脂や汗・ほこり」等の汚れを落とすことです。
肌に負担をかけないように、使用量は「適量」を意識して、皮膚が引っ張られないようやさしい力で丁寧に行いましょう。

★詳しいクレンジングと洗顔の方法についてはこちらの記事をご参照ください。

②乳液・クリームをたっぷり使用する

ニキビ オールインワン
乳液・クリームは、肌の水分を保ち肌を保護するためにも必要な油分を補えるものですが、「過度な油分」は脂性肌(オイリー肌)にとってニキビなどの原因になってしまうこともあります。

本来、顔の皮脂(油分)には「天然のクリーム」として乾燥から肌を守る役割があるため、乳液やクリームは必要不可欠な化粧品ではありません。

脂性肌(オイリー肌)の方は、セラミドなどの保湿成分配合の美容液を使うだけでも十分ですが、使用したい方は乳液かクリームのいずれかを乾燥する部分にのみ薄く塗るようにしましょう。

③高いSPF値PA値の日焼け止めを朝だけ塗って一日過ごす

日焼け止め
日焼け止めを選ぶ際にの目安のひとつとなるSPF値やPA値ですが、日常使いにおいて、高すぎる数値のものはあまりおすすめしません。

紫外線から肌を守ることはとても大切ですが、通勤や日常の外出程度であれば、SPF20~30・PA++~+++程度のものでじゅうぶんと言われています。

また、日焼け止めはSPF・PAの値に関わらず、小まめに塗り直すことが大切です。

特に脂性肌(オイリー肌)の方は肌の油分量が多いため、日焼け止めが落ちやすい傾向にあります。
肌を守るためにも、2~3時間おきを目安に塗り直しするよう意識しましょう。

★日焼け止めの選び方と使い方に関しては、下記をご参照ください。
・日焼け止めの選び方:こちらの記事
・日焼け止めの塗り方:こちらの記事

4.脂性肌(オイリー肌)のメイク方法

脂性肌(オイリー肌)の方は、化粧崩れを防ぐメイクを行う「皮脂対策」がポイントです。
以下でお伝えするポイントを意識して、毎日のメイクを楽しみましょう!

4-1. メイクの前は必ず1度ティッシュオフする

ティッシュ画像
朝は、スキンケア終了後にティッシュで軽く顔表面を押さえましょう。

これによって、肌表面の過剰な油分が取り除かれ、化粧下地やファンデーションが肌に密着しやすくなります。

4-2. 油分の少ないベースアイテムを選ぶ

ファンデーション お試し
脂性肌(オイリー肌)の方に「過剰な油分」は禁物です。

下地やファンデーションは極力油分の少ないものを選びましょう。例えばファンデーションはパウダータイプなどがおすすめです。

★化粧下地の選び方・おすすめについてはこちらの記事をご参照ください。

4-3. こまめなメイク直しで過剰な皮脂を抑える

垢抜けメイク
日中のメイク直しでは、ティッシュやあぶら取り紙で軽く肌を押さえて、過剰な皮脂を取り除くように意識しましょう。
日中の化粧崩れを防ぐだけでなく、肌表面に出た皮脂の酸化を防ぐことも期待できます。

過剰な皮脂は時間が経つと雑菌と混ざり、過酸化脂質という皮脂に変化すると言われています。そうなるのを防ぐためにも、日中のメイク直しは欠かせません。

また、あぶら取り紙の使い過ぎは「必要な皮脂まで奪ってしまうから良くない」という説もありますが、1日に1~2回程度の使用であれば、皮脂をとり過ぎるということはないと考えてよいでしょう。
肌の状態に応じて、適度に活用することをおすすめします。

5.過剰な皮脂を増やす生活環境を改善する

脂性肌(オイリー肌)の敵である「過剰な皮脂」は、食生活や睡眠などの生活習慣によっても増えてしまうことがあります。

脂性肌(オイリー肌)の原因ともなる過剰な皮脂を増やさないよう、できることから意識して、生活習慣を改善していきましょう。

5-1. 食生活

肌荒れ ビタミン
甘い物や油分の多いものは皮脂を増やしてしまうこともあるため、できるだけ控えましょう。

一方で、日常生活で不足しがちなビタミンB1やビタミンB2などのビタミン類を多く含む食材は、積極的に摂取していくことをおすすめします。

【ビタミンB2】卵、納豆、まいたけ、うなぎ、たらこ、モロヘイヤ、とうがらし、アーモンド など
【ビタミンB6】まぐろ、にんにく、鶏肉、さんま、生ハム、牛肉、とうがらし、ピスタチオ など
【ビタミンC】柑橘系のフルーツ、イチゴ、パプリカ、ブロッコリー、カリフラワー、ピーマンなど

5-2. 生活環境

加湿器
エアコンや暖房などの影響で乾燥した場所に長時間いると、肌は自ら皮脂を出すことによって、外的影響(乾燥など)から肌を守ろうとします。

加湿器などで室内環境を調節したり、朝晩の保湿中心のスキンケアを大切にしたりするなど、日中の乾燥を防ぐ努力をしましょう。

5-3. 睡眠

生理前 うつ8
睡眠不足は、肌の免疫力を低下させて皮脂量を増加させると考えられています。
美容と健康のためにも、睡眠は6時間以上8時間以内を意識してとるようにしましょう。

★睡眠についての詳細はこちらの記事をご覧ください。

5-4. ストレス

リンパ流れ良くする方法4
人は、仕事の忙しさや人間関係で緊張状態が続きストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れます。
するとホルモンのバランスも乱れ、皮脂量がの多くなると言われています。

自分に合った方法でストレス解消し、イキイキとした毎日を送れるようにしましょう。

6.まとめ

脂性肌(オイリー肌)のお手入れポイントは、過剰な皮脂を取り除いて保湿を行うことです。
基本のように感じることを守って、地道にコツコツ続けていくことこそが、すこやかな肌を目指す第一歩につながります!

自分自身の肌質と特徴を理解して、思わず触れたくなるようなきめの整ったなめらか肌を目指しましょう。

この記事は2016年11月11日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る