2017年5月10日 更新

ピーリングジェルを選ぶポイント&使い方|つるんとなめらか肌を手に入れる♡

ピーリングジェル ランキング「肌のざらつきやごわつきが気になる…。」
「肌がくすんでツヤがなくなってしまった…。」そのようなお悩みを抱えていませんか?

それはもしかすると、古くなった角質が肌にたまっているからかもしれません。
そんなときにおすすめしたいのが、洗い流しタイプのピーリングジェルを使った古い角質を洗い流すお手入れなのです!
洗い流しタイプのピーリングジェルは、とても手軽でおすすめです。

今回は、洗い流しタイプのピーリングジェルを選ぶ際のポイント、肌らぶ編集部がおすすめしたいピーリングジェル(洗い流しタイプ)、使い方の注意点、アフターケアなどをまとめてご紹介いたします。
ピーリングジェルを上手に使って、つるんとすべすべのなめらか肌を目指してみませんか?


◆肌らぶ セレクション◆

【スキンビル ホワイトピーリングジェル(医薬部外品)】
スキンビル ホワイトピーリングジェル
容量:250g
価格:1,980円(+税)
保湿成分:ヒアルロン酸Na-2、米デンプン、濃グリセリン

肌の水分を保ちながら、古くなった角質などの汚れを洗い流すピーリングジェルです。

使用後は、まるでパックをしたかのようなうるおいを与えます。顔だけでなく全身に使用できるのも、うれしいポイントですね。

合成香料、合成色素、パラペン、鉱物油、エタノール不使用。

>>>スキンビル 公式ページはこちら

1.ピーリングジェル(洗い流しタイプ)を選ぶポイント

ピーリングジェル ランキング 選び方 おすすめ自宅で古い角質をお手入れする時には、洗い流すタイプのピーリングジェルは、手軽でおすすめのアイテムのひとつです。

ドラッグストアや通販などで手に入れることができますが、どれが使いやすいのか迷う方も多いのではないでしょうか?

ピーリングジェルを選ぶ際は、もちろん実際に試してみて肌にあうものを選ぶのが大事ですが、購入前にわかることでチェックしておきたいポイントもあります。

使いやすさという意味では容器の形・デザイン、また、ひじやひざ、かかとなどボディの角質ケアに使う方の場合は、広い面積に惜しみなく使えるようなコスパのよさも大事です。

また、古い不要な角質を洗い流した肌は「むきたて卵」に例えられるような繊細な状態ですので、保湿成分などを配合した、潤いケアのできるピーリングジェルを選ぶのもおすすめです。

2.肌らぶ編集部おすすめピーリングジェル(洗い流しタイプ)

ピーリングジェル ランキング
今回は、保湿成分配合のピーリングジェル(洗い流しタイプ)のなかから、洗顔時に洗面所でも使いやすいポンプタイプのピーリングジェルをご紹介します。

使ってみたレビューもご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

【フューチャーラボ デルマQⅡ マイルドピーリングゲルWN】
デルマQⅡマイルドピーリングゲルWN
容量:250g
価格:5,800円(+税)
保湿成分:天然ヒト型セラミド、ローヤルゼリーエキス、3Dヒアルロン酸

気になる部分にくるくるとマッサージするようになじませ、洗い流して使うピーリングジェルです。

桜色のジェルが華やかで、顔はもちろん踵や肘などカサつくボディにも利用できます。

合成香料、タール系色素、鉱物油、パラベン不使用。

>>>フューチャーラボ 公式ページはこちら

≪肌らぶ編集部で実際に使用してみました!≫
マイルドピーリングゲル

【肌らぶ編集部コメント】
ピンク色のジェルを肌にのせて、くるくるなじませると…こんなにたくさんの白い塊が!
うれしい反面、「毎日きちんと洗っているのに、こんなに汚かったの…?」と衝撃が走りました。

洗い流したあとは、ツッパリ感がなくすべすべとした触り心地。まるで一皮むけたような感覚でした。
古い角質がすっきりと洗い落とされたからか、その後のスキンケアの浸透※が良かったような気がします。

※角質層まで
(※個人の感想です)

3.ピーリングジェル(洗い流しタイプ)の使い方

ピーリングジェル ランキング 使い方せっかく古い角質を洗い流して、肌をなめらかに整えてくれるピーリングジェルも、間違った使い方をしてしまっては肌荒れを招いてしまう場合があります。

ピーリングジェルを使うときには以下の3点に気をつけて使用しましょう。

3-1 使用する前にパッチテストを行う

ピーリングジェルを使う前に、パッチテストを行うことをおすすめします。

肌質や肌状態によっては、ピーリングジェルが肌にあわず、かゆみや赤みがでてしまう可能性があります。

特に、肌がデリケートに傾きやすいと感じている方は、必ずパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

≪パッチテストの方法≫
①入浴後、腕の内側などの目立たない部分にピーリングジェルをのせ、なじませる
パッチテスト
②そのまま丸1日様子を見る

③ピーリングジェルを塗った部分に、かゆみ・赤みなどがないか確認する

かゆみや赤みなどが出た場合は、パッチテストを中断してすぐに洗い流し、ピーリングジェルの使用は控えましょう。

3-2 使用頻度や使用方法を守る

ピーリングジェル ランキングピーリングジェルを使うときには、製品に記載された使用頻度や使用方法を必ず守りましょう。

洗い流すことで肌の角質を取り除くピーリングジェルは、必要以上に使用したり、間違った使い方をしてしまうと、必要な角質までも取り除いてしまい、肌の負担になってしまうことがあります。

肌がつるつるになって気持ちがいいからといって、使用しすぎないように注意しましょう。

3-3 ゴシゴシと強くこすりすぎない

ピーリングジェル ランキング 使い方ピーリングジェルを使うときには、ゴシゴシと強くこすりすぎないよう気をつけましょう。

ピーリングジェルを使うと、古い角質がポロポロと目に見えてとれるので、つい力を入れてしまいがち。
しかし、強くこすってしまうと、肌の負担になりやすいといわれています。

肩の力を抜き、やさしい力加減で行うと良いでしょう。

4.ピーリングジェルを使ったあとのアフターケア方法

ピーリングジェル ランキングここでは、ピーリングジェルを使用したあとのアフターケア方法についてご説明します。

①しっかりと肌を保湿する

ピーリングジェル アフターケアピーリングジェルを使ったあとは、化粧水や乳液などの保湿化粧品でしっかりと保湿をしましょう。

洗い流すことで肌の余分な角質を取り除くピーリングジェルは、必要なうるおいまで洗いながしてしまいがちといわれています。
保湿成分が配合された化粧品で、肌の水分や油分を補い保つことが大切です。

以下のような保湿成分が配合された化粧品の使用がおすすめですよ。

≪保湿成分の例≫
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・スクワラン
・ワセリン
・メーカー独自の保湿成分 など

②日焼け対策をする

ピーリングジェル ランキングピーリングジェルを使ったあとは、しっかりと日焼け対策をしましょう。

ピーリングジェルを使用したあとの肌は、まっさらな赤ちゃんの肌のようなものと考えて、繊細にお手入れしなければなりません。

日光の影響も受けやすいと考えられているため、日焼け止めや帽子などの日焼け予防グッズを使用して、日差しを避けることをおすすめします。

5.ピーリングジェル まとめ

ピーリングジェル ランキング今回は、洗い流しタイプのピーリングジェルを選ぶ際のポイント、肌らぶ編集部がおすすめしたいピーリングジェル(洗い流しタイプ)、使い方の注意点、アフターケアなどをまとめてご紹介しました。

加齢や肌への負担などにより、古い角質は肌の表面にたまりやすくなります。
ピーリングジェルを使って古い角質を洗い流し、肌をすこやか保っていきましょう。肌をなめらかに整えることで、肌のツヤも違って見えるはず!

この記事は2017年5月10日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。