メニューを開く
2017年5月22日 更新

1,000円以下でお財布にも嬉しい♡プチプラリップライナーをご紹介!

リップライナー プチプラ
リップメイクを引き立たせてくれる「リップライナー」。プチプラで手に入れられたら嬉しいですよね!

今回は、肌らぶ編集部が選んだ1,000円(税抜)以下のプチプラなリップライナーをご紹介します。カラーバリエーションが豊富なものから、ワンコインでお釣りがくるものまで、色々なリップライナーを集めてみました。

あわせて、リップライナーの基本的な使い方や、印象が変わるリップライナーの使い方などについてもお話しします。

リップライナーを初めて使う方も、プチプラのリップライナーに興味のある方も、ぜひ参考にしてみてください。




1.1,000円以下のプチプラリップライナー【タイプ別】

肌らぶ編集部がおすすめしたい、1,000円(税抜)以下のプチプラのリップライナーをご紹介します。今回は、一般的によく使われている定番の「繰り出し(カートリッジ)タイプ」と「ペンシルタイプ」の2種類のリップライナーに分けています。

♦プチプラ リップライナー|繰り出しタイプ

口紅のように繰り出して使う、繰り出しタイプのプチプラリップライナーをご紹介します。

■ちふれ  リップ ライナー

リップライナー プチプラ

価格:500円(税抜)
販売元:ちふれ化粧品

描きやすくなめらかな使い心地です。「オリーブ油」、「スクワラン 配合」などの保湿成分を配合。にじみにくいのもポイントです。

カラーは唇になじみやすい6色展開。プチプラなので、色違いで購入しても楽しめますね。

>>公式HPはこちら

■キスミーフェルム リップライナー

リップライナー プチプラ

価格:600円(税抜)
販売元:伊勢半

やわらかな芯で、なめらかな描き心地です。にじみにくく、くっきりとした唇を演出します。
保湿成分「イソステアロイル加水分解コラーゲン」、「ヒアルロン酸Na」、「ローヤルゼリーエキス」を配合。唇の乾燥を防ぎます。

>>公式HPはこちら

■メイベリン ライン アンド デザイン リップライナー

リップライナー プチプラ
価格:600円(税抜)
販売元:日本ロレアル

普段のリップメイクにプラスすることで、立体感のある魅力的な唇を演出します。描き心地もよく、にじみにくいのも魅力。

肌の色になじみやすいカラー展開は「ピンク」、「ベージュ」、「ヌード」、「モーヴ」、「レッド」の5色です。

>>公式HPはこちら

■リンメル エグザジェレート リップライナーペンシル

リップライナー プチプラ

価格:600円(税抜)
販売元:コーセー

やわらかな芯はすべらせるとよくほぐれ、唇に密着しやすく、発色もよいです。輪郭のふっくらとした唇を演出。口紅やグロスをにじみにくくしてくれます。

肌に自然になじみやすいカラーは「クリームベージュ」、「ベビーピンク」、「アプリコットベージュ」、「ウォームレッド」の4色展開。

>>公式HPはこちら

■マキアージュ スムース&ステイリップライナー N

リップライナー プチプラ

価格:900円(税抜)
販売元:資生堂

くっきりと形の整った唇を演出するリップライナーです。にじみにくく、カラーが長持ちしやすいのも魅力。

「ふっくらライトカラー」・「すっきりクリアカラー」・「ふっくらソフトシェード」の3つのタイプから選ぶことができます。

>>公式HPはこちら

♦プチプラ リップライナー|ペンシルタイプ

先端を削りながら使う、ペンシルタイプのプチプラリップライナーをご紹介します。

■無印良品 リップライナー 木軸

リップライナー プチプラ
価格:352円(税抜)
販売元:良品計画

無印良品のシンプルなリップライナーです。木軸のデザインは、なんとなくあたたかみを感じます。芯は適度なやわらかさで、描きやすいです。

唇になじみやすい、「ベージュ」・「ピンク」・「ローズ」の3色からお選びいただけます。

>>公式HPはこちら

■セザンヌ リップペンシル

リップライナー プチプラ

価格:380円(税抜)
販売元:セザンヌ化粧品

やわらかな芯で、なめらかな描き心地。立体感のある唇を演出します。輪郭の浮きにくさを考えた、ツヤタイプの「コーラル・ベージュ系」と「ピンク系」と、 発色の良さをより感じられる、マットタイプの「ローズ・レッド系」の3色展開です。

保湿成分として、「ローズマリーエキス」を配合。

>>公式HPはこちら

■セルフィット リップペンシル

リップライナー プチプラ

価格:400円(税抜)
販売元:資生堂

口紅などをにじみにくくし、唇の自然な立体感を演出します。リップメイクになじみやすい、「モーヴ」、「ローズ」、「レッド」、「ベージュ」の4色展開です。

ワンコインでもおつりがくるプチプラなので、どんな気分にも合うよう、全色そろえられそうですね。

>>公式HPはこちら

■インテグレート グレイシィ リップライナーペンシル

リップライナー プチプラ

価格:400円(税抜)
販売元:資生堂

クリアに発色し、輪郭のはっきりした唇を演出します。にじみにくいので、唇の縦ジワも目立ちにくい仕上がりです。

保湿成分として、「マカデミアナッツ油」などの植物成分を配合。カラーは「ローズ」、「レッド」、「ブラウン」の3色展開です。

>>公式HPはこちら

■FANCL スムースタッチ リップライナー

リップライナー プチプラ
価格:953円(税抜)
販売元:ファンケル

スーッとなめらかに描きやすく、輪郭がにじみにくいです。ローズ系・ピンク系のルージュになじみやすい「ローズピンク」と、レッド系・ベージュ系のルージュになじみやすい「レッドベージュ」の2色展開。

どちらも、パール感が少なめなので、日常使いもしやすそうです。

>>公式HPはこちら

2.リップライナーの選び方

リップライナーの選び方をご紹介します。リップライナーを選ぶ際の参考にしてみてください。

2-1.タイプで選ぶ

リップライナー プチプラ
自分で使いやすいと思うタイプのリップライナーを選びましょう。

リップライナーは、「繰り出し(カートリッジ)タイプ」・「ペンシルタイプ」・「クレヨンタイプ」の3種類に分けられます。

繰り出しタイプのリップライナーは、削る必要がなく、詰替え用があれば、詰替えて使い続けることができて便利です。

ペンシルタイプは、専用のシャープナーで削りながら使う鉛筆のようなもので、芯の細さや硬さがほどよく、スーッと描きやすいのが特徴です。

また、クレヨンタイプのリップライナーは、芯が比較的硬めで、にじみにくく、リップライナー単体というよりは、口紅としても使用できるという点がポイントになります。

リップクレヨンが気になる方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

それぞれのリップライナーのタイプを理解し、使いやすいものを選びましょう。

2-2.色で選ぶ

リップライナー プチプラ
リップライナーを選ぶ際、色を見て決めるのもポイントです。
お手持ちの口紅やグロスに合うことと、自分の肌や唇の色になじむ色であることを確認しましょう。

唇や口紅となじむ色のリップライナーを使うことで、より自然な仕上がりになります。

色はスマホやパソコンのモニターでは分かりにくいこともあるので、実際に店頭で見た方が、イメージをつかみやすいかもしれませんね。

ドラッグストアのカウンセリング化粧品用のカウンターや、デパートなどで、店員さんに塗ってもらってもよいでしょう。

3.リップライナー 基本の使い方

リップライナーで自然な唇を演出するための、基本的な使い方をご紹介します。

用意するもの

・リップクリーム
・ティッシュ
・リップライナー
・リップブラシ
・口紅、グロス

準備

リップライナーを塗る準備として、まずはリップクリームで唇を保湿しましょう。リップクリームで唇の表面をなめらかに整えると、リップライナーが描きやすくなります。

リップクリームをつけすぎて、リップライナーがすべりやすくなってしまった場合は、軽くティッシュオフなどをして表面の油分を抑えましょう。

①リップライナーの先を丸くする

リップライナーの先を、手の甲やティッシュを使って丸くしましょう。
リップライナーの先は少し丸くなっていた方が、安定してラインが引きやすくなるだけでなく、唇にも引っかかりにくくなります。

このひと手間が、失敗なく自然にリップメイクを仕上げるためのコツですね。

②上唇の山を作る

IMG_2496

上唇の山になっている部分を描きます。山の部分は、カクカクした線にならないよう、なめらかに描くように意識することで、優しい雰囲気の唇になります。

③下唇の底辺を描く

IMG_2497

下唇の中央あたりの、直線になっている部分を描きます。唇の赤みがやや薄くなっている、約1~2mm外側のライン(唇の丸みの裏側のギリギリあたり)に線を描くように意識してみてください。

④口角と上唇の山をつなげる

IMG_2498

②で描いた唇の山に向かって、口角からラインを引きます。左右の口角が同じになるように、バランスに気をつけましょう。

⑤口角と下唇の底辺をつなげる

IMG_2499

口角から③で描いた下唇の底辺に向かって線を引きます。

⑥口角の上下のすき間を埋める

IMG_2500

上下の口角のすき間を埋めましょう。口角はすき間ができやすいので、口をあけながら、すき間を埋めるようにラインを引くのがポイントです。

⑦内側に向かってラインをぼかす

IMG_2502

リップライナーで引いたラインを、内側に向かってぼかしましょう。リップブラシを使うと、ぼかしやすいです。

最後にラインをぼかすことで、唇の輪郭が浮くことなく、自然な仕上がりになります。

4.印象が変わる?リップライナーおすすめの使い方

リップライナーを使った、リップメイクの印象を変えるメイクのポイントをご紹介します。ちょっと違った印象の唇を演出したいときにおすすめです!

4-1.ナチュラルな唇に仕上げる

リップライナー プチプラ
ナチュラルな唇に仕上げたいときは、上唇と下唇の真ん中にだけリップライナーを引き、指でラインをなじませましょう。

口角の方までリップライナーを引かないことで、ナチュラルな印象の唇を演出できるのです。

4-2.ふっくらとした立体感のある唇に仕上げる

リップライナー プチプラ
立体感のある唇に仕上げたいときは、リップライナーで全体にラインを引いたところで、上下の口角の部分を、三角に塗ります。

口角を三角形に塗ることで、陰影を出すことができ、唇を立体的に見せることが期待できるのです。

4-3.くっきり引き締まった唇に仕上げる

リップライナー プチプラ
リップライナーでリップラインを引くときに、使用する口紅よりもやや濃い色のものを使いましょう。

口紅よりも濃い色のリップライナーで線を描くことにより、口元が引き締まった印象になり、くっきりとした唇を演出することができます。

5.まとめ

リップライナー プチプラ
プチプラのリップライナーと、リップライナーの選び方や使い方をご紹介しました。

プチプラでも、魅力的なリップライナーがたくさんありましたが、気になるリップライナーは見つかりましたか?

自分に合ったリップライナーを使うことで、リップメイクの幅が広がり、もっとメイクが楽しくなりそうですよね。

リップライナーの使い方を押さえて、より魅力的な印象の唇を演出しましょう!

この記事は2017年5月11日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。