メニューを開く
アスタリフト;

そのフケ予防は間違い!?正しい予防法は2つのフケの種類で変わる

フケ 予防「フケを予防したい」「ケアしても出てくるフケの予防方法を知りたい」と、お悩みではありませんか?

フケには2つの種類があり、そのフケの種類によって予防の方法が変わります。

今回は、2種類のフケに合わせた予防方法や、おすすめのシャンプー、基本的な頭皮のお手入れ方法などをご紹介します。

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

シンフリー 薬用トニック
シンフリー 薬用トニック髪へのやさしさを追求した「シンフリー 薬用トニック

フケの原因のひとつである「皮脂」のバランスを整えるための、お手入れグッズとして参考にしたいヘアケアシリーズです。

フケを抑えながら頭皮がすっきり爽快になるように、日々の頭皮ケアに加えてみてはいかがでしょうか。
シンフリー 薬用トニック


1.予防のために自分のフケのタイプを知る

フケには、「乾性フケ」と「脂性フケ」の2つの種類があり、それぞれのフケの種類によって、予防方法が変わると言われています。

それぞれのフケの特徴と原因をご紹介しますので、あなたのフケがどれに当てはまるのかをご確認ください。

1-1.乾性フケ

乾燥したフケが大量に出る、乾性フケは、その名の通り、何らかの原因で頭皮が乾燥することによって起こります。

【フケの特徴】
・フケが服の肩にかかる
・フケの色が白い
・フケが比較的細かい
・冬など乾燥する季節に増える
・頭皮を触ると落ちてくる
・頭皮が乾燥している
など

【原因】
・頭皮に合わないシャンプー
・洗髪のし過ぎ
・栄養不足
・空気の乾燥
など

1-2.脂性フケ

脂性フケは、何らかの原因で頭皮がベタつき、湿ったフケが出ます。

【フケの特徴】
・フケが髪や頭皮についている
・フケの色が黄みがかっている
・フケが比較的大きい
・頭皮がベタついている
・頭皮にかゆみや炎症がある
など

【原因】
・皮脂分泌量が多い
・カビ、菌の増殖
・頭皮が不潔
など

2.フケのタイプ別 予防方法

フケの出にくい頭皮にするためには、基本的な予防方法は同じですが、フケの状態によって、予防方法も変わると言われています。

乾性フケと脂性フケの2種類に分けて、予防方法をご紹介します。あなたのフケのタイプに合った予防方法を実践してみてください。

2-1.乾性フケの予防方法

・シャンプーを変える

乾性フケにお悩みの方は、洗浄力の強すぎない、アミノ酸系のシャンプーがおすすめです。アミノ酸系のシャンプーは、洗浄力が優しく、頭皮に必要な皮脂を残しながら、優しく頭皮を洗い上げると言われています。

■乾性フケの予防におすすめのシャンプー
コラージュフルフルネクスト(医薬部外品)
コラージュフルフルネクストうるおいなめらか販売元:持田ヘルスケア

2つの薬用成分、ミコナゾール硝酸塩とオクトピロックスが配合されています。フケとかゆみを防ぎ、毛髪・頭皮をすこやかに保ってくれます。

薬用・無香料・無色素という、こだわりのシャンプーです。


>>「コラージュフルフルネクストシャンプー」の公式HPはこちら

・頭皮を保湿する

頭皮の乾燥を防ぐために、合わせて保湿をするのもおすすめです。

シャンプーや生活習慣を変えることで、すこやかな頭皮を保つことが期待できますが、湿度の下がりがちな季節や、エアコンで乾燥する環境にさらされると、頭皮は乾燥しやすくなります。

■頭皮の保湿におすすめの美容液
すこやか地肌(化粧品)
すこやか地肌
ヒアルロン酸、コラーゲン、アルゲエキス、アロエエキス、オクラ果実エキスの、5つの保湿成分が配合されています。

地肌に直接なじませる美容液です。とろみのある透明の液体は、ベタつかず、お出かけ前にも気兼ねなく使えます。

>>「すこやか地肌」の公式HPはこちら

2-2.脂性フケの予防方法

・シャンプーを変える

脂性フケにお悩みの方は、洗いすぎによる皮脂の過剰分泌を防ぎましょう。カビや菌が繁殖しにくい頭皮を保つため、アミノ酸系の洗浄成分を含んだシャンプーがおすすめです。

■脂性フケの予防におすすめのシャンプー
コラージュフルフルスカルプシャンプー
コラージュフルフルネクスト
販売元:持田ヘルスケア

頭皮をすっきりと洗い上げ、フケ・かゆみの起こりにくい頭皮を保ちます。薬用成分として、ミコナゾール硝酸塩を配合しているのがポイントです。

>>「コラージュフルフルスカルプシャンプー」の公式HPはこちら

・油っこい食べ物を控える

油っこい食べ物を日常的に食べていると、皮脂の分泌が過剰になると言われています。

油っこい食べ物を頻繁に食べている自覚のある方は、控えめにすることをおすすめします。

・髪はすぐに乾かす

髪を洗った後は、すぐに乾かすようにしましょう。

髪を濡れたまま放置すると、頭皮でカビや菌が繁殖することがあります。菌やカビは、湿った環境を好みます。

生乾きや、自然乾燥は避けた方が良いでしょう。

3.フケを予防する基本の髪の洗い方

はげ シャンプーフケのタイプには2種類あるとお話ししましたが、どちらのフケも、頭皮の乾燥や刺激などが原因となることがあります。そこで、頭皮の乾燥などを防ぐための、髪の洗い方のポイントを5つご紹介します。

普段のお手入れが正しいか確認する意味でご覧ください。

3-1.シャンプーは1日1回

1日のシャンプーは、1回までにとどめておきましょう。

必要以上にシャンプーをすると、頭皮に必要な皮脂まで奪われてしまいます。その結果、頭皮の乾燥を防ぐために、過剰に皮脂が分泌されると言われています。

皮脂の過剰分泌を防ぐためにも、頭皮のベタつきやフケが気になるからと言って、1日に何度もシャンプーをするのは避けましょう。

3-2.優しく指の腹で洗う

頭皮は爪を立てず、指の腹を使って優しく洗いましょう。

爪を立てると頭皮に傷がつき、頭皮の状態の乱れにつながると言われています。頭皮への刺激を防ぐためにも、強い力で頭皮を洗うのは避けた方が良いです。

3-3.シャンプーはよく泡立てる

泡立てシャンプー液は、よく泡立ててから頭皮につけましょう。

シャンプーの液をそのまま頭皮につけると、毛穴づまりの原因となることがあると言われています。

毛穴づまりは、頭皮の環境の乱れを引き起こすことがあります。

3-4.38度くらいのぬるま湯を使う

シャンプーの際には、38度くらいのぬるま湯を使いましょう。

40度を超えるような熱すぎるお湯は、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまったり、頭皮に負担をかけたりすることがあると言われています。

3-5.すすぎ残しのないようにする

すすぎ残しは、頭皮の毛穴づまりの原因になると言われています。

シャンプーやコンディショナーのすすぎ残りがないよう、頭皮を中心にしっかりと洗い流しましょう。

4.フケの原因になるかもしれない行動

フケの発生を引き起こすかもしれない行動を、3つご紹介します。乾性フケ、脂性フケともに、せっかく頭皮のお手入れに気を配っていても、その意味がなくなるかもしれないので、注意しましょう。

4-1.紫外線を直接浴びる

紫外線は、頭皮の乾燥などを引き起こす、刺激となることがあります。

頭皮は紫外線を直接浴びるので、帽子や日傘を使って、紫外線を防ぐことをおすすめします。

4-2.頻繁にパーマやカラーリングをする

パーマやカラーリングの液剤は、人によっては頭皮に刺激となることがあります。

フケが気になる方は、パーマやカラーリングの頻度を減らしたり、刺激の少ないものを使った美容室を利用したりすると良いかも知れません。

4-3.栄養バランスの乱れた食事をする

バランスの良い食事栄養バランスの偏った食事をしていると、頭皮の皮脂分泌が過剰になったり、逆に少なくなったりすることがあります。

偏食や油っこい食べ物を避け、バランスの良い食生活を心がけましょう。

5.原因の分からないフケは病院に相談する

フケの原因がよく分からない、予防方法を実践してみたけれどフケが減らないという方は、一度医療機関に相談することをおすすめします。

フケの出る原因には、何らかの病気がかかわっている可能性があると言われているからです。その際、皮膚科を受診するのが良いでしょう。

6.まとめ

フケは、頭皮のお手入れ方法や、生活習慣を見直すことで、予防を行いましょう。

フケに悩んでいる人ほど、人一倍頭皮の清潔に気を遣っていて、人の目を気にされているかと思います。

ご自身でできる予防方法を実践しつつ、悩んだら皮膚科に相談してみてください。

この記事は2016年1月21日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る