2017年5月16日 更新

頭皮のべたつき対策&べたつきが出てしまう原因

頭皮 べたつき TOP頭皮のべたつきが気になって何とかしたい、頭皮のベタつきがなぜ出てきてしまうのか知りたいと思っていませんか?

頭皮がべたついていると、いやなニオイもしてきそうで早く何とかしたいと思いますよね。

今回は、頭皮にべたつきが出てしまう原因と、頭皮のべたつき対策についてご紹介します。


1.頭皮にべたつきが出る原因…その多くは過剰な皮脂

頭皮にべたつきが出る原因の多くは、過剰に出た皮脂だと言われています。

もちろん、スタイリング料などの洗い残しがあったり、髪を洗う頻度が少なく汚れがたまったりすることが原因で頭皮がべたつくこともありますが、そういう場合はなぜ頭皮にべたつきが出たか自覚があることが多いでしょう。

なぜ知らぬ間に頭皮の皮脂は過剰に出てしまうことがあるのでしょうか。その原因を見ていきましょう。

1-1.シャンプーのしすぎによる乾燥から頭皮を守るため

ヘアカラー 長持ち毛穴から出る皮脂は、頭皮や髪を乾燥や摩擦などの刺激から保護する役割があり、すこやかな頭皮であれば皮脂が頭皮を覆っていてもべたつくことはあまりありません。

しかし、1日に2回以上シャンプーをしてしまったり、自分に合っていないシャンプーを使っていると、本来頭皮や髪に必要な皮脂までなくなってしまう可能性が高いそうです。

頭皮から皮脂がなくなると、地肌を乾燥から守ろうと皮脂が過剰に出てしまい、それがベタつきとなってあらわれてくるとされています。

1-2.脂質の多い食事を頻繁に摂っている

髪の毛 絡まる脂っぽいものを食べた翌日、顔にいつもよりべたつきが出た、という経験をしたことがある方は意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか。
脂質の多い食事ばかり摂っていると、皮脂がたくさん出てしまうことがあります。

頭皮は体の中でも、皮脂腺が多くある部位だと言われているので、脂質を摂り過ぎてしまうと多くの皮脂腺から皮脂が出てしまい、頭皮がべたつきやすくなると考えられているのです。

1-3.生活習慣の乱れ

手汗 対策ストレスが多かったり、寝不足だったり、不規則な生活サイクルを送っていたりと、生活習慣が乱れてしまうと皮脂が多く出ることに繋がってしまうことがあると言われています。

生活習慣が乱れてしまうとホルモンバランスも崩れやすくなり、ホルモンバランスが崩れてしまうと皮脂が過剰に出てしまう可能性があるようです。

2.頭皮のべたつきが気になるとき!頭皮クレンジングをしてみよう

頭皮のべたつきは、頭皮クレンジングを行ってみることもひとつの手です。

頭皮クレンジングとは、油分同士は混ざりやすいという性質を利用して、頭皮の余分な脂分や毛穴につまった皮脂をオイルに混じらせて浮かし、洗い流す頭皮ケアのことです。

オイルは頭皮や髪を包み込み、乾燥した空気などから保護しうるおいを保ってくれるので、皮脂と近い役割も果たしてくれると考えられています。

2-1.頭皮クレンジングの方法

では、頭皮のべたつき対策として、頭皮クレンジングの方法をみていきましょう。

なお、頭皮クレンジングはだいたい週1回を目安にし、頭皮のべたつきが気になる場合でも週2回程度にするなど、行いすぎには注意しましょう。

①ブラッシングで汚れを浮きやすくする

頭皮 皮脂事前にブラッシングをすると、頭皮の汚れが浮きやすくなります。

また、髪の絡まりをあらかじめといておくことで、頭皮クレンジングの際の髪同士の摩擦を抑えることが期待できるそうです。

②オイルを手に取り指の腹で頭皮全体になじませる

オリーブオイル 髪 パック ドライヤー 伸びる 使い方 効果500円玉サイズを目安にオイルを手に取り、指の腹で頭皮全体になじませていきます。そして頭皮から汚れを揉みだすようなイメージで優しく指圧していきます。

時間に余裕があれば、頭皮マッサージも行いましょう。
頭皮の血行をよくすることは、すこやかな頭皮を保つためにも大切です。

皮脂や汗などの汚れが溜まりやすい頭のてっぺんや髪の生え際は、べたつきがとくに出やすい部分だとされています。このような部分は、できればマッサージしておいた方がいいでしょう。

べたつきが気になる部分を軽く押したり、髪の生え際に指をそえて力を入れてぐっと頭頂部の方向に引き上げたりするなど、軽くマッサージすることがポイントです!

③頭皮の皮脂汚れが浮くまで5~10分待つ

頭皮 皮脂頭皮にオイルをなじませ、べたつきの原因となる不要な皮脂とオイルをなじませるため、5~10分ほど時間を置きましょう。

この時、もし蒸しタオルやシャワーキャップがあればぜひ使ってみてください。
頭皮が温まることで毛穴が開きやすくなるため、詰まっていた不要な皮脂や汚れをより浮き出しやすくなるとされています。

④シャワーで頭皮と髪を数分間すすぐ

加齢臭 髪 シャワー5~10分待って頭皮の不要な皮脂や汚れとオイルが混ざった所で、ぬるま湯のシャワーを当てながら頭皮と髪をすすぎましょう。

水と油は混ざりにくいので、シャワーの勢いで余分な皮脂や汚れが混ざったオイルが流れていきます。

数分間はシャワーをあて続けて、シャンプーの前にできるだけ汚れを流してしまいましょう。

⑤シャンプーでオイルと汚れを洗いきる

頭皮 皮脂十分にシャワーですすいだら、最後に普段通りシャンプーを行います。

もし、ヌルヌル感が残るようなら二度洗いしてもかまいませんが、シャンプーの量は増やしすぎない方がいいでしょう。

頭皮クレンジングをした時は、オイルが髪にうるおいが与えているので、その日のシャンプー後はコンディショナーやトリートメントを控えてみてもよいかもしれません。

もちろん、普段から髪がパサパサしがちだという方は、コンディショナーやトリートメントを使いましょう。その際、使用量はいつもより少な目にすることがおすすめです。

2-2.頭皮クレンジングにおすすめのオイル

頭皮クレンジングに使うオイルはサラサラとした使用感のものがおすすめです。また、保湿成分が含まれているオイルもいいでしょう。

ここでは、頭皮クレンジングに肌らぶ編集部がおすすめしたいオイルを紹介します。

ナチュラルオーケストラ「オーガニックホホバオイル」
ナチュラルオーケストラホホバオイル 乾燥肌 クレンジング

世界四大オーガニック認証機関であるECOCERT、COSMOS、USDA、ACOの全てから認定を受けた、オーガニック製品取扱正式認定ブランド、ナチュラルオーケストラが販売するホホバオイルです。
サラサラとした使い心地でクセがなく、頭皮だけでなく顔や身体にも使えるため、1本あると便利です。

サンナチュラルズ「プレミアムピュアジェイオイル」
サンナチュラルズ

オーガニックホホバオイルを使った化粧品ブランド、サンナチュラルズのピュアオイルです。
ホホバのなかでも、美容のために品種改良されたアリゾナ産のKEIKO種と呼ばれるホホバの品種だけを使用しています。
初めての方限定でお試しサイズが10ml・950円(+税)で購入できるので、お手頃価格でオイルケアを試したいという方におすすめです。

mogans ディープモイストオイル
モーガンズ ディープモイストオイル

自然由来の素材で作られたディープモイストオイルです。
保湿成分として、アルガンオイル、オリーブ油、ベルガモット果実油などのエッセンシャルオイルを配合しています。
さらさらとしたつけ心地で、頭皮だけでなく、顔や身体にも使えます。また、スポイト式になっており必要な分だけとりだせ便利です。

3.頭皮のべたつき対策には毎日のシャンプーも大切!

頭皮のべたつき対策には、毎日のシャンプーも大切です。意外と洗髪方法が間違っている方が多いので、一度シャンプー方法を見直してみた方がいいでしょう。

頭皮に皮脂が過剰に出てしまわないように、乾燥を招くような洗い方をしてはいけません。
頭皮と髪をすこやかに保つために意識したいシャンプー方法をご紹介します。

3-1.頭皮のべたつき対策【シャンプー方法】

では、頭皮のべたつきを抑えるシャンプーのやり方を確認していきましょう。

毎日一般的に言われている正しい洗髪を行なっていれば、頭皮のべたつきが気にならなくなるかもしません。

①入浴前のブラッシング

頭皮 皮脂頭皮クレンジングの時にもお伝えしたように先にブラッシングをしておくと、頭皮や髪の汚れをある程度浮かせておくことができると言われています。

②シャンプーはぬるいシャワーでおこなう

ワキガ熱いシャワーを頭皮や髪にあててしまうと、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいかねません。

しかし、シャワーの温度が低すぎても毛穴がなかなか開かず汚れが洗い流しにくくなってしまうと言われています。シャワーの温度は、ぬるま湯に設定しましょう。

③シャワーで十分に頭皮と髪を濡らす

加齢臭 髪 シャワーシャンプー前に頭皮と髪をたっぷり濡らすことで、皮脂や汚れが落ちやすくなるとされています。

また、頭皮や髪をたっぷりと濡らしながら予洗いをしっかり行うことで、シャンプーが泡立ちやすくなるでしょう。

④優しくマッサージするように頭皮を洗う

頭皮 皮脂シャンプーを手で泡状にして頭皮につけたら、マッサージするように優しい力で洗っていきましょう。

ゴシゴシと力強く洗ってしまうと頭皮を傷つけてしまう可能性があります。

⑤シャンプーのすすぎをしっかりおこなう

髪の毛 チリチリ皮脂やシャンプーの洗い残しがあると、頭皮のべたつきの原因になってしまうとされています。

シャンプーの泡がきれても、数分間はすすぎを行いましょう。
これはコンディショナーなどを塗布した場合も同様です。

⑥ドライヤーはできるだけ手短に済ませる

頭皮 乾燥 シャンプードライヤーの熱風を長時間あててしまうと頭皮や髪のうるおいがなくなっていってしまうことがあります。

タオルである程度頭皮と髪の水分を取り、根本からできるだけ手短に乾かしていきましょう。

3-2.頭皮のべたつきが気になる方におすすめのシャンプー

シャンプー皮脂が過剰に出てしまうことを避けるために、自分に合ったシャンプーを選びましょう。

ここでは、頭皮のべたつきが気になる方に肌らぶ編集部がおすすめしたいシャンプーをご紹介します。

今回は、洗い心地がマイルドなアミノ酸系シャンプーをピックアップしました。

アスタリフトスカルプフォーカスシャンプー
アスタリフト

カメラのフィルムでお馴染みの富士フィルムが展開するアスタリフトブランドのアミノ酸系シャンプーです。
頭皮と髪をきめ細やかな泡が優しく包んで洗い、うるおいを与えて頭皮をすこやかに保ってくれます。
また、髪にハリとコシを与えてくえるので髪のボリューム感が気になる方にもおすすめです。

mogans ノンシリコンアミノ酸ヘアシャンプー
mogansモーガンズ 頭皮 乾燥 シャンプー

自然派コスメmogansのノンシリコン、アミノ酸系シャンプーです。
ハイビスカス花エキスやビャクダン油、ツバキ油やオリーブ油など頭皮と髪にうるおいを与える保湿成分を配合しています。
頭皮と髪をマイルドに洗い、余分な皮脂や汚れはすっきりと洗い流します。
トライアルキットもあるので気軽にお試ししやすい点も魅力的です!

アロマのやさしさ
アロマのやさしさ

植物由来のアミノ酸洗浄成分を配合し、髪と頭皮をマイルドに洗い上げるノンシリコン・アミノ酸系シャンプーです。
ホホバオイルや麦胚芽油などの自然由来の保湿成分が頭皮と髪にうるおいを与えます。こちらのシャンプーは、リンスを行わなくてもよいので、シンプルなお手入れがお好みの方にもおすすめです。
石油系界面活性剤・合成香料・着色料不使用。

4.健康的な生活を送ることでもべたつき対策に!

脂質の多い食生活や生活サイクルが乱れることで皮脂が過剰に出てしまう可能性があるため、健康的な生活を心掛けることも大切です。

ヘアケアに合わせて、健康的な生活を心がけて普段から頭皮や髪をすこやかに保てるようにしましょう。

4-1.脂質を控え栄養バランスの良い食事を摂る

ほうれい線 ニキビ脂分の多い食生活を続けると皮脂が増えてしまうことがあるとされているため、日頃から脂質を控えて栄養バランスの良い食事を摂ることを心掛けましょう。

それに加えて、不足しがちなビタミンB2、B6、A、C、E、亜鉛、たんぱく質などは意識的に摂り入れるようにするといいでしょう。

4-2.適度にストレス発散して生活リズムを整える

モテる 趣味忙しいとなかなか難しいとは思いますが、ストレス発散を適度にしたり、睡眠時間を確保して生活リズムを整えたりしましょう。

ストレス発散はカラオケでもスポーツでも、趣味に没頭するでもなんでも構いません。
睡眠時間も、いつもより5分早く寝る、ということを繰り返していけば、30分くらいならそう無理なく睡眠時間を伸ばせるのではないでしょうか。

5.まとめ

白髪染め シャンプー

頭皮にべたつきが出る原因とべたつき対策の方法をみてきましたがいかがでしたか?

べたつきの原因の多くは過剰に出た皮脂のようです。皮脂は頭皮のうるおいを保つ役割もあるので、必要なものではありますが過剰に出てしまった皮脂はしっかりと普段の洗髪で洗い流しましょう。

※この記事は2017年5月16日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。