メニューを開く
アスタリフト;

頭皮のべたつきを取る方法&べたつきが出てしまう原因

頭皮 べたつき

頭皮のべたつきが気になって何とかしたい、頭皮のベタつきがなぜ出てきてしまうのか知りたいと思っていませんか?

頭皮がべたついていると、いやなニオイもしてきそうで早く何とかしたいと思いますよね。

今回は、頭皮にべたつきが出てしまう原因と、頭皮のべたつきを取る方法を紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1 頭皮にべたつきが出る原因…その多くは皮脂の過剰分泌

頭皮にべたつきが出る原因の多くは、皮脂の過剰分泌によるものです。
もちろん、スタイリング料などの洗い残しがある、髪を洗う頻度が少なく汚れてべたついているといったケースもありますが、そういう場合はなぜ頭皮にべたつきが出たか自覚があることが多いでしょう。

なぜ知らぬ間に頭皮の皮脂は過剰分泌されてしまうのでしょうか。その原因を見ていきましょう。

1-1 シャンプーのしすぎによる乾燥から頭皮を守るため

毛穴からでる皮脂は、頭皮や髪を乾燥や刺激から保護する役割があり、健康的な頭皮であれば皮脂が頭皮をコーティングしてもべたつくことはありません。

しかし、1日に2回以上シャンプーをしてしまったり、洗浄力の高いシャンプーをたくさん使っていると、本来あるべき必要な皮脂まで落としさってしまう可能性が高いのです。

頭皮から皮脂がなくなると、地肌を乾燥から守ろうと皮脂を過剰に分泌し、それがベタつきとなってあらわれてくるのです。

1-2 脂質の多い食事を頻繁に摂っている

脂っぽいものを食べた翌日、顔にいつもよりべたつきが出た、という経験をした方はけっこういるのではないでしょうか。

脂質の多い食事を取ると、皮脂腺から分泌される皮脂が多くなります。
頭皮は皮脂腺が多く、Tゾーンの2倍あるとも言われています。脂質を摂り過ぎてしまうと多くの皮脂腺から皮脂が分泌され、べたつきがでてしまうのです。

1-3 自律神経の乱れ

ストレスが多かったり、寝不足だったり、不規則な生活サイクルを送っていたりすると、自律神経が乱れてしまいます。
自律神経が乱れると皮脂量の調節機能がうまく働かなくなり、皮脂を過剰分泌してしまい、頭皮のべたつきの原因になってしまう場合があります。

2 頭皮クレンジングで頭皮のべたつきを取ろう

頭皮のべたつきをスムーズに取る方法として頭皮クレンジングがあります。

頭皮クレンジングとは、脂同士は混ざりやすいという性質を利用して、頭皮の余分な脂分や毛穴につまった皮脂をオイルに混じらせて浮かし、洗い流す頭皮ケアのことです。

オイルは頭皮や髪をコーティングして、乾燥した空気や紫外線などの刺激から保護しうるおいを守ってくれるので、皮脂と近い役割も果たしてくれます。

2-1 頭皮クレンジングの方法

では、頭皮のべたつきを取る頭皮クレンジングの方法をみていきましょう。

なお、頭皮クレンジングは週1回を目安にし、頭皮のべたつきが気になる場合でも週2回を限度にしましょう。

①ブラッシングで汚れを浮きやすくする

ブラシ事前にブラッシングをすると、頭皮の汚れが浮きやすくなります。
また髪の絡まりを防ぐことができるので、髪同士の摩擦や痛みによる乾燥を防げます。

②オイルを手に取り指の腹で頭皮全体になじませる

オイルをとる500円玉サイズを目安にオイルを手に取り、指の腹で頭皮全体になじませていきます。そして頭皮から汚れを揉みだすようなイメージで優しく指圧していきます。

時間に余裕があれば、頭皮マッサージもおこないましょう。
血行が良くなり、気持よくてリフレッシュもできます。

皮脂や汗などの汚れが溜まりやすい頭のてっぺんや髪の生え際は、べたつきがとくに気になる部分はできればマッサージしたほうがいいでしょう。

べたつきが気になる部分を軽く押したり、髪の生え際に指をそえて力を入れ、ぐっと頭頂部の方向に引き上げるなど、軽くマッサージしていきましょう。

③頭皮の皮脂汚れが浮くまで5~10分待つ

蒸しタオル頭皮にオイルをなじませ、べたつきの原因となる皮脂とオイルなじませるため、5~10分ほど時間を置きましょう。

この時、もし蒸しタオルやシャワーキャップがあればぜひ使ってください。
頭皮が温まることで毛穴が開きやすくなるため、詰まっていた皮脂をより浮き出すことができます。

④シャワーで頭皮と髪を数分間すすぐ

5~10分待って頭皮の皮脂汚れとオイルが混ざったら、38度前後のぬるま湯で頭皮と髪をすすぎましょう。
水と油は混ざりませんので、シャワーの勢いで余分な皮脂や汚れが混ざったオイルが流れていきます。

数分間はシャワーをあて続けて、シャンプーの前にできるだけ汚れを流してしまいましょう。

⑤シャンプーでオイルと汚れを洗いきる

シャンプー十分にシャワーですすいだら、最後に普段通りシャンプーをします。
もし、ヌルヌル感が残るようなら二度洗いしてもかまいませんが、あまりシャンプーの量は増やさないほうがいいでしょう。

頭皮クレンジングをした時は、オイルが自然と髪に浸透しうるおいが与えられています。その日のシャンプー後はコンディショナーやトリートメントはつけないでおきましょう。

2-2 頭皮クレンジングにおすすめのオイル

頭皮クレンジングに使うオイルはサラサラとした使用感のものがおすすめです。また、保湿成分が含まれているとより良いでしょう。
頭皮クレンジングにおすすめのオイルを紹介します。

■ナチュラルオーケストラ「オーガニックホホバオイル」
ホホバオイル世界四大オーガニック認証機関であるECOCERT、COSMOS、USDA、ACOの全てから認定を受けた、オーガニック製品取扱正式認定ブランド、ナチュラルオーケストラが販売するホホバオイルです。

サラサラとした使い心地でクセがなく、頭皮だけでなく顔や身体にも使えるため、1本あると便利です。

頭皮だけでなく顔や身体にも試せる大容量のお試しサイズ34ml、税別2778円(送料別)があります。

■サンナチュラルズ「プレミアムピュアジェイオイル」
サンナチュラルズオーガニックホホバオイルを使った化粧品ブランド、サンナチュラルズのピュアオイルです。
ホホバのなかでも、美容のために品種改良されたアリゾナ産のKEIKO種と呼ばれるホホバの品種だけを使用しています。

初めての方限定でお試しサイズが10ml税別950円(送料無料)で購入できるので、まずは少量手に入れてオイルケアを試したいという方におすすめです。

■mogans ディープモイストオイル
モーガンズ天然成分で作られたディープモイストオイルです。
保湿成分として、アルガンオイル、オリーブ油、ベルガモット果実油などのエッセンシャルオイルを配合しています。

さらさらとしたつけ心地で、頭皮だけでなく、顔や身体にも使えます。また、スポイト式になっており必要な分だけとりだせ便利です。

50ml税別2500円(送料別)と容量を考えるとお値打ちと言えます。
また、mogansはシャンプーなどもシリーズで展開していますので、揃えてみるのもいいですね。

3 毎日のシャンプーからもべたつき対策を!

頭皮のべたつきを取っていくには、毎日のシャンプーの方法も見直した方がいいでしょう。

皮脂の過剰分泌が起きないように、乾燥を招かない洗い方をしなければいけません。
頭皮と髪に優しいシャンプーをするにはどうすればいいのでしょうか。

3-1 頭皮のべたつきを抑えるシャンプー方法

では、頭皮のべたつきを抑えるシャンプーのやり方を確認していきましょう。
毎日正しい洗髪を行なっていれば、徐々に頭皮のとべたつきはなくなっていくはずです。

①入浴前のブラッシング

ブラシ頭皮クレンジングの時にもお伝えしたように先にブラッシングをしておくと、頭皮から汚れが浮きやすくなります。

②シャンプーはぬるいシャワーでおこなう

熱いシャワーを頭皮や髪にあててしまうと、熱で皮膚の水分が奪われ、乾燥につながりかねません。
しかし、温度が低いと毛穴がなかなか開かず汚れがとれないため、シャワーの温度は38度前後が適温なのです。

③シャワーで十分に頭皮と髪を濡らす

しぼるシャンプー前に頭皮と髪をたっぷり濡らすことで、皮脂や汚れが落ちやすくなります。
また、すでにある程度汚れが落ちているので、シャンプーの量を減らすことができます。

④優しくマッサージするように頭皮を洗う

シャンプーシャンプーのワンプッシュを手で泡状にして頭につけたら、頭皮をマッサージするように優しく洗っていきましょう。
ゴシゴシと洗ってしまうと頭皮を傷つけてしまいます。

⑤シャンプーのすすぎをしっかりおこなう

皮脂やシャンプーの洗い残しがあると、頭皮のべたつきの原因になってしまいます。
シャンプーの泡がきれても、数分間はすすぎをおこないましょう。
これはコンディショナーなどを塗布した場合も同様です。

⑥ドライヤーはできるだけ手短に済ませる

ドライヤーの熱風を長時間あててしまうと頭皮や髪のうるおいがなくなっていってしまいます。
タオルである程度頭皮と髪の水分を取り、根本からできるだけ手短に乾かしていきましょう。

3-2 べたつきが気になる頭皮におすすめのシャンプー

皮脂の過剰分泌を避けるには、必要な皮脂は残してくれる洗い心地のマイルドなアミノ酸系の洗浄成分がメインのシャンプーを選びましょう。

洗い心地がマイルドで、頭皮や髪にうるおいも与えてくれるおすすめのアミノ酸系シャンプーを紹介します。

■アスタリフトスカルプフォーカスシャンプー
アスタリフトカメラのフィルムでお馴染みの富士フィルムが展開するアスタリフトブランドのアミノ酸系シャンプーです。

頭皮と髪をきめ細やかな泡が優しく包んで洗い、うるおいを与えて頭皮を健やかにたもってくれます。
また、髪にハリとコシを与えてくえるので髪のボリューム感を出したい方にもおすすめです。

■mogans ノンシリコンアミノ酸ヘアシャンプー
モーガンズ自然派コスメmogansのノンシリコン、アミノ酸系シャンプーです。
ハイビスカスやビャクダンオイルなどの花エキス、ツバキ油やオリーブ油など頭皮と髪をうるおす保湿成分を配合しています。

頭皮と髪をマイルドに洗い、余分な皮脂はしっかりと落としてくれます。

■アロマのやさしさ
アロマのやさしさ植物由来のアミノ酸洗浄成分を配合し、髪と頭皮を優しく洗うアミノ酸系シャンプーです。

ホホバオイルや麦胚芽油などの天然の保湿成分が頭皮と髪にうるおいをあたえるため、コンディショナーが不要で時短にもなります。

4 健康的な生活を送ることでもべたつきは抑えられる

乾燥からくる皮脂の過剰分泌による頭皮のべたつきは、頭皮クレンジングやシャンプーを正しくおこなうことで、徐々に収まっていくでしょう。

しかし、脂質の多い食生活や自律神経が乱れやすい生活サイクルを送っていれば、皮脂の過剰分泌が起きる可能性がまた高くなってしまいます。

ヘアケアに合わせて、健康的な生活を心がけて頭皮環境を良くしていきましょう。

4-1 脂質を控え栄養バランスの良い食事を摂る

脂分の多い食生活を続けると皮脂の分泌が多くなり、頭皮や髪の環境を損ねてしまいます。
健康的な頭皮や髪を目指すのであれば、栄養バランスが整った食事を摂るのが第一です。

それに加えて、頭皮と髪に重要な栄養はビタミン類が多いため、ビタミンB2、B6、A、C、E、亜鉛、そしてたんぱく質を多めに摂るとより良いでしょう。

4-2 ストレス発散などで自律神経を整える

忙しいとなかなか難しいとは思いますが、ストレス発散を適度にしたり、睡眠時間を確保して生活リズムを整えるなど、自律神経を整えていきましょう。

ストレス発散はカラオケでもスポーツでも、趣味に没頭するでもなんでも構いません。
睡眠時間も、いつもより5分早く寝る、ということを繰り返していけば、30分くらいならそう無理なく睡眠時間を伸ばせるのではないでしょうか。

できるところから自律神経も整えていきましょう。

5 まとめ

頭皮にべたつきが出る原因とべたつきを抑える方法をみてきましたがいかがでしたか?

べたつきの原因の多くは皮脂の過剰分泌のようです。皮脂はうるおいを守る役割もあるので、過剰に分泌されてしまった皮脂だけを落として、健やかな頭皮に導いていきましょう。

オイルクレンジングやシャンプーでべたつきが収まっていくまでの期間は人それぞれですので、しばらくは続けてみてくださいね。

この記事は2016年7月22日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る