メニューを開く
アスタリフト;

シェーディングで小顔を叶えたい!正しい選び方&入れ方とは?

シェーディング「シェーディングを上手に使いたいのに、なぜか不自然に仕上がってしまう・・」

そんな経験はありませんか?

シェーディングは顔を立体的に仕上げることのできる、小顔を演出するために欠かせないメイクアイテムの1つですが、「選び方」と「入れ方」がとても重要です。

そこで今回は、コンプレックスをカバーして小顔に見せる!シェーディングの選び方&入れ方をご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.シェーディングとは

「シェーディング」とは、顔の輪郭などに陰影をつけることで顔全体に立体感を出して小顔に見せ、顔の形をカバーするメイク方法のことです。

シェーディングは、一見難しそうに見えますが「選び方」と「入れ方」さえマスターすれば、驚くほど自然に引き締まった印象の顔を演出し、「即効小顔」も夢ではないほどの優秀アイテムです。

シェーディング

2.シェーディングの選び方

シェーディングは選び方を間違えてしまうと、どんなに上手な入れ方をしても不自然な仕上がりになってしまいます。正しい選び方を確認しましょう。

2-1.シェーディングの種類

シェーディングにはパウダータイプクリームタイプの2種類があります。シェーディングが初めての方は、どの部分にも使用できるパウダータイプが使い勝手がよくおすすめです。

クリームタイプは、鼻筋などの細かい部分をシェーディングする部分用として使うことをおすすめします。

■パウダータイプの特徴

・全体のバランスを見ながら仕上げることができる
・ふんわりと自然に仕上がるので失敗しにくい
・広い範囲での使用に向いている
・ブラシを使用する

例)LUNASOL(ルナソル) シェイディングチークスN

シェイディング

■クリームタイプの特徴

・密着しやすい
・細かい部分のポイント使用におすすめ
・広い範囲への使用には向いていない
・しっかりなじませないとムラになりやすい

例)THREE(スリー) シェイディングワンド

THREE

2-2.シェーディングを選ぶ2つのポイント


■自分の肌よりも2トーンほど暗めの色を選ぶ

シェーディングは自分の肌色に近すぎるとシェーディングの意味がなくなり、逆に暗すぎると、少しつけただけでも悪目立ちしてしまいます。

程よく自然になじむ色味は、自分の肌色よりも2トーンほど暗めの色だと言われています。実際に自分の肌色に影としてなじむ暗さかどうかを確認しましょう。

■最初はマットなものを選ぶ

シェーディングには【ツヤが出るパール配合のタイプ】と【ツヤが出ないマットなタイプ】がありますが、比較的使いやすいのはパールが配合されていないマットタイプです。

それはマットタイプの方がシェーディングした際も、「影」として自然に仕上がりやすく膨張しにくいからです。

シェーディングを初めて使用する方や、シェーディングが苦手な方は、マットタイプのシェーディングを選びましょう。

Pocket
LINEで送る