メニューを開く
アスタリフト;

『もみあげ』が女性でも気になる!処理方法3パターンを紹介

もみあげ 女『もみあげ』を、女性の方でも意識したことはありませんか?

何かのきっかけで、自分のもみあげがフッと目に入ったときなど、気になってしまうことはありますよね。
もみあげの形、量、長さなどを気にしてしまう女性が急上昇中とのことです!

今や、もみあげを意識するのは男性だけではありません。
女性でも意識する必要があるのです!

今回は、もみあげの「処理方法の種類」「自己処理方法」「自己処理する注意点」「処理するメリット」をご紹介します。

もみあげを処理して、横顔美人を目指しましょう♪



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1. 女性はもみあげがある?ない?

もみあげ 女あなたは、もみあげがありますか?ないですか?
男女問わず、もみあげは形、長さ、量が人それぞれ異なります。

もみあげを気にする必要はないように感じますが、実はもみあげによって、周囲に与える印象が変わってきます。
もみあげをじーっと見る方はそうそういませんが、男性のひげと同様、顔の雰囲気はもみあげによっても左右されるのです。

中には「そもそも、もみあげがない」という方もいることでしょう。
もみあげはある方がいいのか、ない方がいいのかは一概には言えませんが、ない分には爽やかで女性らしく、マイナスな印象にはなりません。

しかし、もみあげが他の女性と比べて濃い印象を受ける場合は、処理した方が良いかもしれません。
もみあげが濃いことによって、どことなく男性的に見えてしまうためです。

しかし逆に言えば、もみあげを処理することで、今よりも女性らしい印象になります!
今まで何となく可愛らしいメイクや髪形が似合わないと思い込んでいた方も、もみあげを処理することで似合うようになるかもしれませんね。

そのためにも、もみあげを理想の形に処理してみましょう。

2. もみあげに悩む女性にオススメ!もみあげの処理方法の種類

もみあげ 女「もみあげってどうやって処理するの?」とお悩みの方もいるでしょう。

もみあげの処理方法は、自己処理・シェーピングサロン・脱毛サロンなどで行うことが可能です。
それぞれに特徴があるため、メリット・デメリットを含めてご紹介します。

もみあげの処理方法① 自己処理

もみあげの処理方法の1つ目として、自己処理が挙げられます。

もみあげが気になったときに、電気シェイバーや剃刀を使用して、自宅で処理することができます。

【メリット】

■金額の負担が少ない
■自宅で出来るため、好きな時に処理ができる
■慣れれば髪型に合わせて、もみあげのデザインを変えることができる

【デメリット】

■黒ずみになる可能性もある
■失敗する可能性もある
■こまめに処理する必要があり、手間がかかる

自己処理方法のやり方は「3. もみあげの自己処理方法」で詳しくご説明します。

もみあげの処理方法② シェーピングサロン

もみあげの処理方法の2つ目として、シェーピングサロンで処理する方法もあります。

理容資格を持ったスタッフに施術してもらうことができるため、自己処理を行うよりも綺麗に処理することができますよ。

【メリット】

■自己処理よりも安心感がある
■形のバランスが綺麗にできる

【デメリット】

■黒ずみになる可能性もある
■長期的に見るとお金の負担がかかる
■毎回、サロンまで通う必要がある

もみあげの処理方法③ 脱毛サロン

もみあげの処理方法の3つ目として、脱毛サロンで処理する方法です。

もみあげの毛が太い方でも黒ずみにならずに、綺麗な仕上がりが期待できますよ。

【メリット】

■永久、もしくは半永久的に脱毛ができる
■毛が太い方でも、仕上がりが綺麗になる
■脱毛が完了した後は、何もしないで済むので手間がない

【デメリット】

■1回の施術の金額が高い
■予約など、サロンによっては好きなときに脱毛ができない
■脱毛できるまでに、何回かサロンに通う必要がある
■一度脱毛したら、デザインが変えられない

3. 女性のもみあげ自己処理方法

もみあげ 女前章でご紹介した自己処理方法ですが、「もみあげの自己処理ってどうやってやるのだろう?」と、疑問を感じている方も多いですよね?

もみあげの処理は一見、簡単そうに見えるため、自己流で処理する方も珍しくありません。
しかし一方で、失敗してしまう方も多いです。

もみあげは、周囲から目にとまりやすい部分なので、絶対に失敗はしたくないですよね。
女性であれば尚更、もみあげを正しく綺麗に整えたいでしょう。

この章では、もみあげを自己処理するやり方についてご紹介します。

①用意するもの

綺麗にもみあげを処理するために、まずは必要なアイテムを揃えましょう。
ここでは、用意するアイテムをご紹介します!

■電気シェーバーまたはI 字の剃刀

肌の負担を抑えるのであれば電気シェーバーがオススメです。
しかし、無い場合はI 字の剃刀で代用することも可能ですよ。

■ヘアピン

ヘアピンは髪を誤って切らないために、もみあげと髪を分ける際に使用します。

■アイライナー

もみあげの形をバランス良く整えるために、印を付けるときに使用します。

■目の細かいコーム

もみあげを整えたり、もみあげの毛を切るときに使用します。
できるだけ目の細かいコームを準備しましょう。

■ハサミ

もみあげの長さが気になる場合は、カットするために使用します。

②自己処理のやり方

正しいもみあげの自己処理を行い、整ったもみあげを手に入れましょう!
もみあげの自己処理方法をご紹介します!
もみあげ 女
① 手入れしたいもみあげを分け、残りはピンで留める

② コームでもみあげを整える

③ 図のように、もみあげを耳たぶの上側のラインに合わせて、左右のもみあげにアイライナーで印を入れる

④ もみあげが長い場合は、アイブロウで付けた印に向かって細くなるようなイメージで、コームを耳側から顔側に持っていき余分の毛をカットする

⑤ コームを顔から耳側に持っていき、④と同様に印に向かって細くなるようなイメージで、余分な毛をカットする

⑥ 印から下の毛などの、余分な毛を電気シェイバー、またはI 字の剃刀で上から下へ剃る

⑦ 処理完了です。

※もみあげの自己処理を行うペースの目安は、3~4週間に1回が良いと言われています。

処理後、約20日で元に戻ってしまいますが、肌の負担を軽減するためにターンオーバーの周期(約28日)と合わせるとすると、3~4週間に1回のペースが良いでしょう。

4. もみあげの自己処理する注意点

もみあげ 女中には「もみあげを処理したら荒れてしまいそう」という不安もありますよね。

もちろんシェーピングは、リスクなくキレイに仕上げることはどんな方法でも不可能です。
だからと言って一度、気になってしまったもみあげを放置したくはないですよね。

少しでももみあげを処理時のリスクを減らすために、もみあげの自己処理における注意点を2つご紹介します!

注意点① もみあげの処理後は保湿する

もみあげの処理後は、処理した部分を保湿するようにしましょう。

どれだけ正しくもみあげを処理したからと言っても、処理した以上は肌にとって負担になっています。処理した箇所を保湿することで、肌荒れを防いでくれますよ。

注意点② 生理前後の自己処理は控える

生理前後は、もみあげの自己処理を控えるようにしましょう。

生理前後はホルモンバランスが乱れやすく、肌が敏感になっています。
自己処理によって刺激を与えることで、処理後に肌荒れが起こりやすくなってしまいます。

そのため、もみあげの自己処理を行う際は、生理前後1週間ほどは止めておきましょう。

5. 女性に嬉しい♡もみあげを処理するメリット

もみあげ 女「キレイなもみあげには、どんなメリットがあるのだろう」と思いますよね。

女性に嬉しい素敵なメリットを知って、よりキレイな自分に出会いましょう!

① 清潔感が出る

もみあげを綺麗に処理することで、清潔感が出ます。

ハッキリしたもみあげは、横から見ると意外と存在感が強いため、もみあげを処理することでスッキリとして清潔感がある印象になります。

今よりもっと好印象なイメージになることが期待できるでしょう!

② 肌の色のトーンが上がったように見える

もみあげを処理することで、肌の色のトーンが上がったように見せてくれます。

もみあげなどの、産毛を含めた顔の毛は、顔を本来の肌の色よりも暗く見せてしまうのです。
もみあげを処理することで、本来の肌の色に見えるようになるため、美白に憧れた女性には嬉しいメリットですね!

③ ニキビができにくい

もみあげを処理することで、ニキビができにくくなります。

もみあげがあると、洗顔をしても汚れが落ちにくくなり、皮脂が詰まることでアクネ菌が発生する可能性がります。
そのため、ニキビができる原因の1つとなってしまいます。

もみあげを処理することで、汚れが落としやすくなるため、ニキビができにくくなりますよ!

6. 女性のもみあげ処理<まとめ>

もみあげ 女もみあげの「処理方法の種類」「自己処理方法」「自己処理する注意点」「処理するメリット」をご紹介しましたがいかがでしたか?

もみあげが気になり始めると、ショートヘアにできない、髪を耳にかけられない、髪を結えないなど、どうしても自分に自信が持てないこともありますよね。

もみあげを処理することで、自分に自信を取り戻し、新たな髪型やヘアアレンジに挑戦してみましょう♪

この記事は2016年11月30日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る