2017年11月14日 更新

パーマとデジタルパーマの違いとは♡ウェーブヘアで失敗したくない女性へ

パーマ デジタルパーマ違い デジタル 違い

「パーマとデジタルパーマの違いってなんだろう?」と気になっていませんか?

パーマをかけるからには、失敗は避けたいし、可愛くなりたいですよね♡

パーマをかけたくなった時、普通のパーマとデジタルパーマの違いがわからず、予約をとる際に考え込んでしまうこともあるのではないでしょうか。

パーマとデジタルパーマの違いを知ることで、どちらのパーマを選んだ方が、自分の理想のパーマスタイルに近づくことができるのか、わかるかもしれません♡

そこで今回は、パーマとデジタルパーマの違いや、その特徴についてご紹介します!

ぜひ参考にしてみてくださいね。



1.パーマとデジタルパーマの違い

パーマ デジタルパーマ違い デジタル 違い

普通のパーマとデジタルパーマの違いは複数ありますが、主な違いは、そのかけ方にあると言われています。

普通のパーマは、薬液だけでかけるのが一般的です。

一方デジタルパーマは、デジタルパーマ専用のマシンを使います。

そのマシンの熱と薬液を使ってパーマをかけ、髪の毛にパーマを形状記憶させるのが、デジタルパーマの特徴のひとつだとされています。

かけ方が違うからこそ、普通のパーマとデジタルパーマは質感やスタイリング方法にも違いが出るのでしょう。

また、デジタルパーマは、美容師が髪の太さやダメージ具合についてチェックをし、髪の状態によってマシンの温度、使う薬液、湿度などを決めると言われています。

そのため、美容師の技術や経験が、仕上がりに影響しやすいとされているのです。

2.パーマとデジタルパーマの違い♡質感

パーマ デジタルパーマ違い デジタル 違い

次に、普通のパーマの質感と、デジタルパーマの質感の違いをご紹介します。

自分のやりたい髪型に合う方、なりたい雰囲気に合う方を選びましょう。