メニューを開く
アスタリフト;

汗かきの原因はどこにある? 生活習慣を変えて汗かき対策

汗かき 原因
まわりのひとは涼しい顔をしているのに、自分だけ汗をだらだらかいしてしまう、手汗がひどくて握手やハイタッチができない、そんな汗かきの悩みを抱えている人は少なくありません。汗かきの原因を知り、改善する方法をご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.汗かきという定義はない

汗かきというのは、どのくらい汗をかく人のことをいうのか?
実は明確な定義はありません。
暑いところにいたり、体を動かせば、人よりも多く汗をかきますが、それを「汗かき」とは呼びません。

人によって、汗が出る汗腺の数に違いがあり、また発汗量にも個人差がありますが、「1日に○○ml以上汗をかく人は汗かき」というような、汗かきの基準はないのです。

2.汗かきと思われる原因

でも、現実には「あの人は汗かき」という言葉を耳にしますよね。それはどうしてなのでしょう?

汗かきな人、とされるのにはいくつかの原因があり、大きく分けて、次の3つのタイプの人がいます。

・体の目立つ部分(顔や手のひら、脇)の汗が多い人
・いっぺんに、どっと汗をかく人
・汗のニオイが強い人

それぞれ、原因がちがうので、自分がどちらのタイプかを知って、対策を見つけることをおすすめします。

2-1.体の目立つ部分に汗が多い人

人から「汗かき」と思われるということは、目立つところにかく汗の量が多いということです。原因は、主に3つあります。

①体のほかの部分の汗腺機能が低下している

体温調節のための汗を発汗するエクリン腺は、全身にあります。
暑さや体を動かすことで体温が上がったとき、体温を下げるために、エクリン腺から汗が発汗されます。

この時、全身からまんべんなく汗をかくことができず、顔、脇など心臓に近い部分からの発汗が多い人がいます。このタイプの人が、目立つ部分の汗が多い「汗かき」ということになります。

<対策>
全身の汗腺が活発に機能するようになれば、このタイプの人の場合、目立つところの汗が抑えられる可能性があります。
運動不足や体の冷えは、心臓から遠い部位の汗腺機能を低下させます。定期的に体を動かし、発汗を促すようにすることで、全身の汗腺が機能するようになります。

また、入浴をシャワーだけですませている人も、全身からの発汗がうまくいかなくなっている可能性があります。湯船につかって、しっかり汗をかく習慣をつけましょう。

②自律神経の乱れ

顔や脇、手のひらは、交感神経が刺激されることによって、汗をかくことがあります。
自律神経とは、交感神経と副交感神経という、それぞれ正反対のときにはたらく、2つの神経のことを言います。

・交感神経:活動している時、緊張している時、ストレスがある時
・副交感神経:休息している時、睡眠している時、リラックスしている時

この2つのバランスが乱れ、交感神経が「ON」になりっぱなしになると、顔や手のひら、脇から、どっと大量の汗が発汗されることがあります。

<対策>
自律神経のバランスを整えるには、次のような方法があります。
・食生活:食物繊維や発酵食品を多く摂り、水分を十分にとるようにしましょう。

・入浴:38~40度のぬるめのお風呂に入りましょう。無理な長風呂は逆効果なので、気持ちいいと感じる程度の入浴が大切です。入浴する時間は、食後1時間以上経ってから、寝る1時間くらい前が目安です。

・生活リズム:早寝早起きを習慣づけ、体内時計を整えましょう。

・運動:ウォーキングやジョギング、水泳、サイクリングを無理のないペースでする
のがおすすめです。

・マッサージ、ストレッチ:リラックスできる時間を持つことが大切です。
マッサージする女性

③太りすぎ

太りすぎで皮下脂肪が厚いと、体に熱がこもりやすく、少し動いただけでも、体温を下げるために、どっと汗をかくことが増えます。この場合も、心臓に近い顔や汗の汗腺からの発汗が増えることが多いようです。

<対策>
運動不足や食生活などを見直し、体重の管理ができれば、汗を抑えられます。

④多汗症

交感神経が異常に活発になることで、顔や手のひらの汗がとまらなくなるのが、多汗症である可能性があります。

<対策>
多汗症の治療を行っている病院で、治療法について相談してみることをおすすめしま
す。

2-2. いっぺんに、どっと汗をかく人

このタイプの人は、汗をかく回数が少ない可能性があります。
1日にかく汗の量は同じくらいでも、少しずつ、全身から汗をかいている人と、ちょっとしたことで、どっと汗をかく人では、1回にかく汗の量が多い人の方が、汗かきに見えます。
考えられる原因は次の通りです。

①冷え

体が冷えるのに汗、というと矛盾しているようですが、実は冷えが原因で汗かきという人は少なくありません。このタイプの人は体が冷えているため水分代謝が悪く、体によぶんな水分をためこんでいることが多いようです。そのため、ちょっと体を動かしただけで、どっと汗をかいてしまうのです。

<対策>
体の表面だけでなく、内臓の冷えも解消するようにしましょう。飲み物は常温や温か
いものにし、カイロでお腹を温めるようにしましょう。

②かくれ肥満

皮下脂肪が厚い太りすぎの人だけでなく、内臓脂肪が厚いかくれ肥満の人も、体温調節がうまくいっていないことがあります。体の自然な体温調節機能が低下すると、体に熱がこもりやすくなるため、ちょっとした動きや気温の上昇で体温が上がりやすくなり、どっと大量の汗をかきやすくなります。

<対策>
平均的な体型や、痩せ型の人でも、内臓脂肪が多いかくれ肥満の場合があります。
運動の習慣をつけて、内臓脂肪を減らすことで、どっと汗をかくことを減らせる可能
性があります。

2-3.汗のニオイが強い人

汗の量はそれほど多くなくても、汗臭いため、汗かき思われている人もいます。

①皮脂がきれいに落とせていなくて、汗が臭う人

体温調節のためにかくエクリン腺からの汗は、汗そのものにはニオイはありません。ただ、かいた汗をそのまま放置しておいたり、皮脂などを落とし切れていないと、汗腺の近くに雑菌が繁殖し、汗臭いニオイのもとになります。

<対策>
体臭には食事やお酒などが関係していますが、これは汗そのものが臭っているのではなく、ニオイ成分を含んだ皮脂と汗が混ざって、そこに雑菌が繁殖するために、体臭が強くなるのです。
雑菌の繁殖を抑えるために、デオドラントシートでこまめに汗をふくようにしましょう。

また、入浴をシャワーだけですませてしまうと、皮脂の汚れが残ってしまうことがあるので、湯船に入ることをおすすめします。
汗の臭いが気になる人は、殺菌、消臭作用のあるボディソープを使うことをおすすめします。

ローズドデオシャボン【医薬部外品】

rose_de06販売:有限会社 万来
通常価格:1,885円(+税)/600ml

殺菌成分イソプロピルメチルフェノールが配合されている薬用ボディソープなので、汗や皮脂の雑菌を殺菌し、肌を清潔な状態にしてくれることが期待されます。

体臭予防に特化したボディソープは男性向けのものが多いのですが、ローズの香りと肌に優しい使い心地で、女性にも人気の商品です。

>>ローズデオシャボン 公式HPはこちら

②ワキガの人

汗には体温調節のためのエクリン腺から発汗される汗のほかに、アポクリン腺から発汗される汗があります。エクリン腺が全身にあるのとちがって、アポクリン腺は体の特定の部位にだけある汗腺で、脇の下や陰部、耳の穴などにあります。アポクリン腺からの汗にはタンパク質やアンモニアが含まれているので、独特のニオイがあります。

アポクリン腺は誰にでもあるものですが、特にその粒が大きく、数が多い人がワキガ症で、ニオイを抑えるためには特別な治療が必要なことがあります。

<対策>
ワキガでなくても、誰にでもアポクリン腺はあるので、粘り気の強い汗が出ているな、と意識したら、すぐにふき取るようにしましょう。エクリン腺からの汗や皮脂と混ざることで、雑菌が繁殖し、ニオイやすくなります。

ワキガのニオイは、ふつうのボディソープでは落としにくいこともあるので、ワキガ対策に特化したボディソープを使うのもおすすめです。

クリアネオ 体臭対策ボディソープ
クリアネオボディソープ販売:株式会社ソーシャルテック
通常価格:3,222円(+税) 送料660円
お得な定期便価格:2,296円(+税) 送料660円

ワキガ対策に着目して開発されたボディソープです。

ふつうのボディソープでは落ちにくい体臭を洗い流すことに特化した商品として人気を集めています。ユーカリのさわやかな香りです。

>>クリアネオ 公式HPはこちら

3.良い汗のかき方ができる生活習慣

汗かきの悩みを解決するには、次のことを心がけて、良い汗をかく生活習慣を身につけるようにしましょう。

①軽い有酸素運動を定期的に行う。(週に1、2回、20~30分程度)

ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳などがおすすめです。

②入浴はシャワーだけでなく湯船につかる

湯船でしっかり体温を上げ、汗をかくことで汗腺機能をアップさせるようにします。
でも、のぼせたり疲れを感じるほどの長風呂は逆効果です。

③食物繊維や水分をたっぷり摂る食生活をこころがける

体の基礎代謝を上げ、腸内環境を整えることが大切です。
水分は体を冷やさないように、常温か温かいものにしましょう。

④ストレス解消のための趣味や楽しみを持つ

マッサージ、ハーブティなど、リラックスできる習慣を見つけましょう。

⑤汗はこまめにふく

デオドラントシートなどで、汗をかいたらなるべく時間をおかずにふきましょう。

⑥殺菌、制汗作用のあるボディソープを使用する

汗臭さを抑えるのにおすすめです。

4.まとめ

汗かきというのは、そういう体質があるということではなく、イメージの問題です。たくさん汗をかく人でも、良い汗のかき方をしていて、汗臭さを抑えることができれば、汗かきとは見られません。
汗のかき方を変えて、汗かきイメージから卒業しましょう!

この記事は2016年6月22日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る