メニューを開く
アスタリフト;

乳液はいる?いらない?本当に知りたい美肌のための乳液のはなし

乳液 いらない

「乳液っているの?いらないの?」「乳液ってべたべたするから使いたくないんだけど…」なんて、疑問をお持ちではありませんか?

最近ではさまざまなスキンケア方法が提案されていることもあり、必ずしも「化粧水→美容液→乳液・クリーム」という手順を踏まないことが増えるようになりました。

しかし、乳液は本当にいらないのでしょうか?

今回は、知っているようで実は知らなかった乳液の役割や、肌悩みにあわせたおすすめ乳液をご紹介します!



astalift
astalift

1.乳液はいる?いらない?

乳液 いらない

肌らぶ編集部では、基本的に乳液は必要であると考えています。

なぜなら、乳液には水分や油分を肌に補い、肌のうるおいを保ってくれる役割があるためです。

乳液には、水分のほかに油分や美容成分などが含まれています。水分を補うことを主な目的とした化粧水とは異なり、水分と油分をバランスよく補うことで肌をやわらげ、保湿して乾燥を防いでくれるのです。

具体的には、以下のような役割が期待できます。

1-1.「皮脂膜」の代わりとしての役割

肌表面には、皮脂や汗によって形成された「皮脂膜」という薄い皮膜が存在します。

皮脂膜は、肌の水分の蒸発を防ぎ、紫外線や乾燥などの刺激から肌を保護する役割を持つといわれています。そのほかにも、異物や雑菌が皮膚内に入り込むことを防いだり、暑さや寒さから守ってくれたりする性質などもあるといいます。

しかし、皮脂膜は油分でできているので時間とともに酸化などによって劣化し、肌への負担になってしまうことがあります。そのため、適度に洗顔をして、古い皮脂膜を洗い流すことが重要です。

洗顔後の皮脂膜が洗い流された状態の肌に乳液を塗ることで、新たに皮脂膜がつくられるまでの代役を乳液が果たし、肌を保護して水分の蒸発などを防いでくれるのです。

1-2.美容成分を届ける役割

乳液には、保湿成分などの美容成分を肌に与える役割もあります。

化粧水で水分をたっぷりと補給し、やわらかく整えた肌は、美容成分が角質層まで浸透しやすくなっています。そこに乳液を塗ることで、乳液の成分が肌の角質層までしっかりと浸透してくれるのです。

最近では、美容乳液など、美容成分が豊富に含まれた乳液も多く出回っているため、より少ない手順で効率的に美容成分を取り入れられるようになっています。

以上のように、これらの魅力を持つ乳液は、肌の保湿のために大切なアイテムだといえます。

ただし、必要以上に油分を補うことは、ニキビや毛穴詰まりの原因となる可能性があります。

皮脂が多く出やすい肌質の方や、肌がべたつきやすい時期などは、乳液の種類や使用量を調整し、それぞれの肌状態にあわせて使用するようにしましょう。

2.【肌悩み別】おすすめ乳液6選

乳液 いらない

乳液の役割や魅力が分かったら、今度は自分にあった乳液を選んでいきましょう。

ここでは、3つの肌悩みにあわせて肌らぶ編集部がセレクトしたおすすめ乳液6選をご紹介します。

2-1.皮脂が出やすい肌におすすめの乳液

皮脂が出やすい肌の方には、油分は少なめでさっぱりとしたテクスチャーの乳液がおすすめです。

保湿成分配合のものを選べば、べたつきを抑えつつもしっかりと肌をうるおしてくれますね。

◆IGNIS(イグニス) フレッシュ ネイチャーミルク【医薬部外品】


IGNIS(イグニス) フレッシュ ネイチャーミルク【医薬部外品】

販売会社:株式会社アルビオン
価格:110g/3,600円(+税)
   200g/6,000円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
洗顔後・化粧水前に使用する先行型乳液です。

ひんやりふるふるとした感触で、さらっと肌になじみ、みずみずしくなめらかな肌に整えます。

保湿成分として3種類のヨモギエキス配合。べたつかないのにしっとりとうるおいを与え、すこやかな肌に保ちます。

フレッシュグリーンのようなすっきりとした香りが爽やかです。

※ヨモギエキス、ヨモギ水、カワラヨモギエキス

≫≫IGNIS(イグニス)公式HPはこちら


◆ちふれ 乳液 さっぱりタイプ

ちふれ 乳液 さっぱりタイプ

販売会社:株式会社ちふれ化粧品
容量:150ml
価格:550円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
さっぱりとした使い心地ながらも、うるおい肌をしっかりとキープしてくれる乳液です。

保湿成分としてトレハロースやヒアルロン酸などを配合。するんと肌になじみ、肌をしっとりとなめらかに保ちます。

なんといっても1,000円でお釣りがくるお手頃価格なのが嬉しいですね。

≫≫ちふれ公式HPはこちら

2-2.乾燥しやすい肌におすすめの乳液

乾燥しやすい肌の方には、油分と保湿成分がバランスよく配合されていて、しっかりと肌を保湿してくれる乳液がおすすめです。

ここでは、肌の水分をしっかりと挟み込んでキープする性質を持つ保湿成分「セラミド」配合の乳液をセレクトしました。

◆ジュランツ セラリッチミルク

ジュランツ セラリッチミルク

販売会社:株式会社Dr.高須英津子コスメ
容量:50ml
価格:18,000円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
化粧品に配合されているセラミドのなかでも、人間の肌にもともと存在するセラミドと同じ構造を持ったヒト型セラミドを4.25%という濃度で配合した美容乳液です。

伸びがよくやわらかなテクスチャーで、しっかりと肌に浸透します。たっぷりとうるおいを補い保つことで、肌にみずみずしいハリを与えます。

セラミド以外にも、スクワランやヒアルロン酸Naなどの保湿成分も配合。

普段のお手入れにも、スペシャルケアにもおすすめできます。

※角質層まで

≫≫ジュランツ公式HPはこちら


◆ノブ Ⅲ ミルキィローション【医薬部外品】

ノブ Ⅲ ミルキィローション【医薬部外品】

販売会社:常盤薬品工業株式会社
容量:80ml
価格:4,000円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
肌荒れや乾燥が気になる方のことを考えてつくられた乳液です。ヒト型セラミド(保湿成分)配合で、乾燥しがちな肌のうるおいをしっかりと包み込みます。

また、皮脂膜の主成分であるスクワランや、肌のうるおいをサポートするアミノ酸(いずれも保湿成分)なども配合。うるおいが続くすこやかな肌に整えます。

洗顔料や化粧水など、ノブ Ⅲシリーズをラインで試せるお得なトライアルセットも販売されています。初めての方は、まずはこちらのトライアルセットから試してみてはいかがでしょうか?

≫≫ノブ Ⅲ ミルキィローション公式HPはこちら
≫≫ノブⅢトライアルセット公式HPはこちら

2-3.エイジングケアにおすすめの乳液

しわやたるみなどのエイジングサインが気になり始めたら、エイジングケアを意識した乳液を取り入れることがおすすめです。

うるおい肌を維持するためにも、基本の保湿成分が配合されていることに加え、ハリや弾力を与えるエイジングケアに期待が持てるものを選びましょう。

年齢に応じた肌の保湿のお手入れのこと

◆d プログラム バイタルアクト エマルジョン R【医薬部外品】

d プログラム バイタルアクト エマルジョン R

販売会社:株式会社 資生堂
容量:100ml
価格:4,800円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
乾燥による小じわや、肌のハリ低下が気になる方のためにつくられた薬用乳液です。

年齢を感じ始めた肌のうるおいをしっかりと保ち、ハリを与えてなめらかな肌に整えます。うるおいが肌のすみずみまで浸透するので、乾燥による小じわを目立たせません。

まるで空気のようにふんわりとなめらかなテクスチャーで、伸ばしたあともべたつかず、厚ぼったさが気になりません。

※角質層まで

≫≫d プログラム公式HPはこちら


◆アテニア ドレスリフト デイエマルジョン

アテニア ドレスリフト デイエマルジョン

販売会社:株式会社アテニア
容量:60ml
価格:2,696円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
より美しく年齢を重ねるために、弾むようなハリを肌に与える日中用保湿乳液です。

紫外線などの刺激から肌を保護し、しっとりとうるおいをキープします。

ハリを与える成分として、発酵コラーゲンとクインスシードエキス配合。肌にしなやかなハリを与えます。

香りはダマスクローズを基調にローズマリーをブレンドし、華やかに仕上げました。

≫≫アテニア ドレスリフト公式HPはこちら

3.“乳液いらない派”の人向け!おすすめ保湿アイテム

ここまでお伝えしてきたように、肌らぶ編集部では、基本的には乳液が必要であると考えています。

ただし、皮脂が出やすく、オイリーに傾きやすい肌質の方のなかには、どうしても乳液の油分が肌にあわないという方もいらっしゃると思います。

ここでは、そんな“乳液いらない派”の方の肌を乾燥から守るための、おすすめ保湿アイテム3点をご紹介します。

◆メディプラスゲル

メディプラスゲル

販売会社:株式会社メディプラス
容量:180g
価格:3,700円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
化粧水・美容液・乳液・クリームの4役を兼ねたオールインワンゲルです。たった1本でスキンケアをまかなうことができ、肌をすこやかに整えてくれます。

保湿成分としてセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC、プラセンタなどを配合し、肌に女性らしい輝くツヤとうるおいを与えます。

肌なじみのよいみずみずしいゲルがすっと肌に浸透するので、べたつきが苦手な方にもおすすめです。

※角質層まで

≫≫メディプラスゲル公式HPはこちら



◆パーフェクトワン モイスチャージェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

販売会社:新日本製薬 株式会社
容量:75g
価格:3,800円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
たった1つで化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック・化粧下地の6役を兼ねた、シンプルスキンケアのためのオールインワンジェルです。

整肌保湿成分として複合型リフティングコラーゲンEXを配合。乾燥が気になる部分を余すところなく保湿することができます。

そのほか、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分をたっぷりと配合。しっとりとしたうるおいを与え、肌につややかなハリを与えます。

みずみずしくなめらかなテクスチャーで、べたつかずサラッとした使い心地が魅力です。

≫≫パーフェクトワン公式HPはこちら



◆資生堂 アルティミューン パワライジング コンセントレート

資生堂 アルティミューン パワライジング コンセントレート

販売会社:株式会社 資生堂
価格:30ml/8,000円(+税)
   50ml/12,000円(+税)
   75ml/16,000円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
紫外線や乾燥などさまざまな負担にさらされる肌に、うるおいとハリを与える美容液です。化粧水で整えた肌に使用することで、なめらかな肌が持続します。

独自の保湿成分であるアルティミューン コンプレックス™配合。いきいきとしたすこやかな肌に整えます。

さらさらとしたゆるめの乳白色のジェルで、肌になじませると心地よいグリーンフローラルの香りが広がります。

≫≫アルティミューン公式HPはこちら

4.最後に

ここまで、乳液の魅力やおすすめの乳液をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

乳液は、毎日のスキンケアを行ううえで大切なアイテムです。

しかし、本当に大切なのは、毎日自分の肌と向き合って、丁寧にお手入れをすること。そこには、絶対の正解や答えはありません。

自分の肌状態をきちんと確認し、必要に応じて乳液を取り入れてみてくださいね。

この記事は2016年9月9日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る