メニューを開く

若白髪の原因は何!?増やさないための若白髪の対策方法

若白髪 原因1まだ若いのに、まさか自分に白髪が生えるなんて……ある程度の年齢であれば驚きは大きくないかもしれませんが、今よりも白髪が増えるんじゃないかと思うと不安になりますよね。

若白髪の原因は、生まれ持った体質の他に、主にストレス・栄養不足・何らかの病気などが考えられると言われています。

今回は、若白髪に悩む方のために、若白髪が生える原因と、その対策についてご紹介します。


1.若白髪の原因

・白髪が生える仕組み
原因の前に、白髪が生える仕組みを理解しましょう。髪は、頭皮の中にある「毛球部」というところで作られます。その段階では、まだ髪に色はついていません。

何らかの原因により、髪に黒色の色素が定着せずに生えてしまうのが、白髪の正体です。あなたの白髪の原因は何なのか、確認しましょう。

原因①ストレス

ストレス

〈特徴〉

突然白髪が増え、何かストレスに思い当たるという方は、ストレスが原因の若白髪かもしれません。その場合のストレスとしては、環境の変化や、受験、知人の死などが多いようです。

頭髪全体というよりは、部分的に白髪が生えるという特徴があります。

〈原因〉

強いストレスを受け、血行が悪くなることが白髪の原因となると考えられています。

頭皮の血行が悪くなってしまうと、すこやかな髪が生えにくくなることがあるとされます。毛根などが影響を受け、色素が定着しないまま、白い髪が生えてしまうからです。

原因②栄養不足(ダイエット)

夜食 ダイエット

〈特徴〉

無理なダイエットをしている方、または栄養が偏っている方に見られる若白髪です。

〈原因〉

髪も他の身体と同じで、食べ物から栄養を吸収することで成長します。したがって、髪を黒くしたり、成長をよくする栄養が不足したりすると、白髪や細くて不健康な髪が生えてくることになります。

原因③何らかの病気や疾患

病気〈特徴〉
ここまでの原因に心当たりのない方は、病気による白髪の可能性もあると考えられます。白髪が急に増えだし、体の不調を感じている場合は、早めに医療機関を受診することを検討しましょう。

2.若白髪の対策方法

白髪は、生活習慣を見直して対策することをおすすめします。ここからは、白髪を対策する方法をお話しします。

対策①生活習慣を変える

若白髪は生活習慣とも密接に関わっていると考えられているため、生活を見直すことからまずは始めましょう。

★食事

むくみ 食べ物油っこい食べ物など、血行が悪くなるようなものを控えるようにしましょう。また、髪をすこやかにするために必要な栄養素が不足しない、バランスのよい食事をとるよう心掛けましょう。

若白髪対策に必要と言われる栄養素と、それを含む食べ物をご紹介します。

【若白髪対策に 肌らぶ編集部おすすめの栄養素】

■タンパク質

〈食べ物例〉
・動物性タンパク質――肉、魚、卵
・植物性タンパク質――豆腐、納豆

■ミネラル(銅)

〈食べ物例〉
ココア、アーモンド、カシューナッツ、カボチャの種、クルミ、ピスタチオ、アンコウの肝、牡蠣(かき)、サクラエビ、牛レバー など

■ビタミンE

〈食べ物例〉
あんこうの肝、モロヘイヤ、いくら、アーモンド、ヘーゼルナッツ など

■ビオチン

〈食べ物例〉
あさり、ししゃも、かつおぶし、バターピーナッツ、卵黄、青のり など

※髪によいからといって、そればかりを摂るのではなく、栄養が偏らないようにすることが大切です。

★睡眠

猫 睡眠睡眠中はすこやかな髪の成長を支える、成長ホルモンが活発になると言われます。このとき、髪を黒くするメラニンの生成も行われるとされます。

成長ホルモンは、特に深い眠りになったときに活発になると言われているので、質のよい睡眠を取るように入眠前の行動を意識しましょう。

★運動

アサイー ダイエット軽く体を動かすことで、全身の血行をよくし、頭皮にも栄養を行き届きやすくしましょう。
ウォーキングや、ヨガなど、無理せず取り入れやすいものから行うようにしてみてください。

規則正しく、適度に身体を動かし、バランスよく栄養を摂ることが、若白髪の対策につながります。シンプルですが大切なことです。

★ストレスをためない

リフレッシュ血行を悪くするストレスは、継続的になってくると、さらなる白髪への影響が考えられるため、可能なかぎり早めに対応することが大切です。

白髪を気にしてしまうことで起こるストレスにより、さらに白髪が増えることも考えられるので、気分転換をするなど、ストレスをためないように心掛けましょう。

★タバコを控える

末端冷え性 改善_タバコタバコに含まれるニコチンは、血行が悪くなる原因となることがあると言われます。すこやかな髪の成長に必要な栄養が届きにくくなることがあるので、喫煙は控えることをおすすめします。

対策②染める

市販ヘアカラー⑥元々の体質による若白髪の場合など、原因によっては、すぐに対策の実感を得にくく、時間がかかることがあります。また、白髪はその量にかかわらず、気になってしまうものなので、染めてしまうのも対策の一つになります。

染めることによって、人の目も気にならなくなり、白髪自体にストレスを感じることは少なくなると思われるからです。

しかし、繰り返し髪を染めると、髪や頭皮に負担をかけることにもなるので、染めるといっても注意が必要です。

★白髪染めの選び方

洗い流さないトリートメント 使い方 ポイント

最近では、白髪染めといっても、白髪用のヘアカラーだけではなく、シャンプー後に使えるトリートメントタイプのヘアマニキュアなども増えてきました。

ヘアカラーは、発色がよく、色の持ちがよいことが特徴ですが、連続で使用することができないという側面もあります。

一方、ヘアマニキュアは、爪に使うマニキュアのように、髪の表面に色をのせます。
ヘアマニキュアは、髪のキューティクルのような役目があり、髪は傷みにくいですが、色落ちが早いことが特徴です。

髪や頭皮に過度な負担がかかると、いくら髪に栄養を与えても、すこやかな髪は育みにくいでしょう。

【肌らぶ編集部参考商品】
今回は、初回割引や定期割引、セット販売など、通信販売ならではの特典があり、カラーバリエーションが3色以上の白髪染めアイテムの中から肌らぶ編集部おすすめとして選んでいます。

※万一、肌に合わなかった場合は使用を中止してください。何らかの変化を感じた場合は、医師に相談することを検討しましょう。

利尻ヘアカラートリートメント/自然派clubサスティ

利尻髪になじみやすく、色の持ちもよいカラートリートメントです。髪をうるおしながら、ハリ・コシを与えます。
公式HP

ルプルプ ヘアカラートリートメント/株式会社Jコンテンツ

ルプルプセルフで簡単に染めやすいカラートリートメントです。
保湿成分として「ルプルプWフコイダン」を配合、すこやかな頭皮を保ちます。

公式HP

ヘッドスパ トリートメントカラー/ヘアケア専門店レフィーネ

レフィーネ髪をしっとり、まとまりやすくするカラートリートメントです。
染めながらマッサージができ、セルフヘッドスパ習慣にもおすすめです。
公式HP

白髪隠し KIWABI COLORING STICK/綺和美

ポイント白髪気になる生え際にさっと塗れるブラシタイプの白髪隠しです。
すぐに乾いて匂いも気になりにくく、使うほど白髪が目立ちにくくなっていきます。
公式HP

★染め方

トリートメント今回は、先にご紹介した、トリートメントタイプのヘアマニキュアを使った染め方についてご説明します。

①普段通りシャンプーをします。
髪を濡らす前に、ブラッシングをして汚れを落としてから、ぬるま湯を使い、さらに汚れを洗い流していきます。
頭皮や髪全体の汚れを流したところで、シャンプーを手で泡立てて、指の腹でふんわりと洗います。
※強くこすってしまうと、頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。

②シャンプーをすすいだ後、コンディショナーやトリートメントの代わりに、白髪染め用のトリートメントを使います。
特に白髪の気になる部分にはたっぷりと塗っていきます。
※レフィーネの「ヘッドスパ トリートメントカラー」に関しては、ここで頭皮をマッサージします。

③塗布したら、製品の説明書きの表示の時間に従って、そのまま放置します。
このとき、ラップを髪全体にかけると均一に染まりやすくなります。
※放置する時間や、髪質、季節によっても染まりやすさは変わります。

④時間が経ったら、ラップを外して洗い流します。
洗い流したときの水に、色がなくなるまですすいでください。製品自体がトリートメントですので、一般的には、この後にトリートメントなどを使う必要はありません。

⑤髪をタオルで拭いていきます。
タオルに色がつくことがあるため、汚れてもよいタオルを使うようにしてください。

⑥頭皮と髪の水気をよく取ってから、頭皮にドライヤーを当てていきます。
頭皮から乾かし始め、最後に毛先を乾かしていきます。

また、髪や頭皮は熱に弱いため、同じ所に長時間温風を当てない、最後に冷風を当てて熱を下げるといった一手間もすこやかな頭皮を保つポイントです。

3.白髪を「抜く」は正解!? 抜くと増える!?

白髪 抜くポツリポツリと白髪の量が数本の方の場合は、抜いてしまう方が多いのではないでしょうか?

しかし、白髪に限らず、まだ生えている健康な髪を無理やり引っ張って抜いてしまうと、毛根を傷つけてしまう可能性もあります。
毛根が傷つくと、そこから髪が生えてこなくなり、薄毛の原因になると言われています。

では、白髪を抜くと白髪が増えるとよく言われていますが、それは本当なのでしょうか?
結論からお話すると、それは医学的な根拠がありません。
いずれにせよ、見つけてしまった白髪が気になるときは、白髪の根本の付近から、ハサミなどで切るか、染めるようにしましょう。

4.若白髪の原因は何!? 増やさないための若白髪の対策方法 まとめ

白髪 抜く1老化が原因の白髪とは違い若白髪は、適切に対策をすることで、対策可能だと考えられています。
気になったら染めればよいので、「この先ずっと白髪と付き合わないといけない……」と落ち込む必要はありません。

白髪自体がストレスになることがないように、日頃の生活を見直したり、自分なりのリフレッシュ方法を見つけたりしてみてください。

この記事は2017年3月13日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

白髪 関連記事

白髪を抜くのはダメ!?抜かずに行う白髪対策とは?

使いやすい白髪隠しはどれ!?おすすめの白髪隠しの種類と使用方法

人気スタイリストが教える、40代の女性が若く見える髪色の法則

お風呂で使える!白髪染めトリートメントおすすめ5選




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る