2017年4月4日 更新

ブリーチ後にパーマはかけられるかも?ダメージやヘアケアとは

ブリーチ パーマ 美容 髪型「ブリーチした直後にパーマをかけたい、かけられるの?」と思ったことはありますか?

ブリーチをしパーマがかかったヘアスタイルは、外国の方のようで憧れますよね。

しかし、考えてしまうのが髪の毛へのダメージ!

そのため、明るい髪の毛でウェーブがかったオシャレな髪型の女性や男性を街中で見るたび「くせ毛なのかな、コテで巻いているのかな?」と、ついつい見入ってしまいますよね。

果たして、ブリーチをした後にパーマをかけることができるのでしょうか?
今回は、ブリーチとパーマの相性について詳しくお答えしていきます!


1. ブリーチした後にパーマってかけられるの?

ブリーチ パーマ 美容 髪型結論から言うと、ブリーチした後にパーマをかけることはできると言われています。

しかし一般的にブリーチもパーマも髪の毛にダメージを強く与えてしまうと言われているため、髪の毛のダメージ具合によっては両方かけることをサロンの方に断られてしまうことがあるようです。

もしくは、ブリーチとパーマの施術の期間を最短で1~2週間ほど空ける場合もあると言われています。

たとえ、サロンで同時に施術ができたとしても、髪の毛は相当なダメージを受けてしまうとされているため、パーマやカラーが通常よりも取れやすく、髪の毛がチリチリしたり、パーマが広がったりすることがあるそうです。

しかし、ブリーチをした後にパーマをかけても、綺麗なウェーブやカラーがかかることもあるため、試す方は少なくないそうです。

2. ブリーチした後にパーマをかけたい場合

ブリーチ パーマ 美容 髪型ブリーチをした後にパーマをかけるリスクを知ったうえで「どうしてもブリーチした毛にパーマをかけたい!」という方もいることでしょう。

真冬にミニスカートを履くように、「オシャレは多少のリスクが付きものだ」と思う方は少なくないですよね。
どうせ傷むならブリーチした後に、「少しでも綺麗なパーマをかけたい♪」そう思うもの。

この章では、ブリーチした後にパーマをかけたい場合のポイントをお伝えします。

①サロンの方に相談する

ブリーチ パーマ 美容 髪型ブリーチした後にパーマをかけたい場合は、まず美容師に相談しましょう。

ブリーチした後の、パーマのかかり具合とダメージは、もともとの髪の毛の状態によって異なると言われています。

ブリーチやパーマには数種類あるため、髪の毛の状態にあったヘアカラーを選んでもらいましょう。

②間隔を空ける

ブリーチ パーマ 美容 髪型ブリーチした後にパーマをかけたい場合、できるだけ間隔を空けた方が良いと考えられています。

ブリーチした直後にパーマをかけることも不可能ではありませんが、髪の毛や頭皮が相当なダメージを受けてしまうことが予想されるそうです。

ブリーチとパーマのそれぞれの施術間隔をできれば1週間、理想は1カ月程度、空けた方が良いでしょう。

③パーマの種類をエアウェーブかケラチンパーマにする

ブリーチした後にパーマをかけたい場合、エアウェーブ・ケラチンパーマの2種類が髪の毛のダメージを比較的抑えることができると言われています。

エアウェーブ

 ブリーチ パーマ 美容 髪型エアウェーブは、柔らかい質感でしっかりとしたウェーブを形成できるパーマだとされています。

熱器具を使用しますが、チューブで空気を送り込むことで、髪の毛の温度と水分量をコントロールしながらウェーブを形成させるという方法だそうです。

そのため、あまり髪の毛にダメージを与えずにパーマをかけることができると言われています。

ケラチンパーマ

ブリーチ パーマ 美容 髪型ケラチンパーマは、毛先からコテで巻いたような弾力のあるカールを形成させるパーマだとされています。

熱器具を使わず、ブリーチによって減少した髪の毛の主成分であるケラチン(タンパク質)を補いながらウェーブを形成させるという方法だそうです。

そのため、ブリーチによって傷んだ髪の毛にも使用できる可能性がるパーマだと考えられています。

3. ブリーチとパーマ‐ヘアケア方法‐

ブリーチ パーマ 美容 髪型ブリーチした後にパーマをかけたい場合、その素敵な色とウェーブの両方をできるだけ長く保ちたいですよね。

少しでも長い期間現状のヘアスタイルを保つためには、ヘアケアに気を使うことが大切です!

ヘアケアですこやかな髪の毛を保つことで、周囲から羨ましがられるようなヘアカラーとウェーブをキープしやすくなるでしょう♪

この章では、ブリーチした後にパーマをかけた場合にも意識したいヘアケア方法をご紹介します。

① アミノ酸系のシャンプーを使用してみる

ブリーチ パーマ 美容 髪型ブリーチした後にパーマをかけた場合、アミノ酸系のシャンプーを使用してみてもよいでしょう。

シャンプーによっては、ヘアカラーやウェーブが落ちやすくなってしまうこともあるそうです。

ヘアカラーやパーマをかけた後の髪の毛や頭皮をすこやかに保つためには、弱酸性の状態を保つことが良いと言われています。
しかし、ブリーチ後にパーマをかけた髪の毛と頭皮は、アルカリ性に傾いている状態であると考えられているのです。アルカリ性に傾いた髪の毛や頭皮は、更に傷みやすい状態になってしまっていることがあります。

そのため弱酸性の中でも、マイルドな洗い上がりのアミノ酸系のシャンプーを使用することをおすすめするという意見があるそうです。

② ヘアトリートメントを使用する

ブリーチ パーマ 美容 髪型ブリーチした後にパーマをかけた場合、自宅でもヘアトリートメントを使用しましょう。

トリートメントはリンスやコンディショナーと役割が少し異なると言われています。

ブリーチやパーマによって髪は傷みやすい状態だとされているので、トリートメントで髪にうるおいを与え保つお手入れを行うことが大切です。

4. ブリーチとパーマ‐NG行為‐

ブリーチ パーマ 美容 髪型ブリーチした後にパーマをかけた方が、ついついやってしまいがちなNG行為があると言われています。

ここでは、ブリーチした後にパーマをかけた場合のNG行為の一部をご紹介します。

髪は傷むほどカラーやウェーブの持ちが短くなりますので、しっかりと把握しておきましょう!

①ブラシを使用する

ブリーチ パーマ 美容 髪型ブリーチした後にパーマをかけた場合、ブラシを使用しない方がよい場合があると言われています。

ブリーチによるダメージを受けたことにより、パーマが通常よりも落ちやすくなっています。

ダメージを受けた状態で、ブラシを使用することで、摩擦により更に落ちやすくなってしまうことがあるそうです。

髪をとかす際は、ブラッシングはせず手ぐしで整えるようにしてみましょう。

② 濡れたまま放置する

ブリーチ パーマ 美容 髪型ブリーチした後にパーマをかけた場合、濡れたまま長時間放置しないようにしましょう。

髪の毛は濡れると、髪の毛の表面を覆っているキューティクルが開きます。
キューティクルは、髪の毛の栄養や水分を保ちながら、外部からの影響を内部に与えないように保護する役割を果たしていると考えられています。

そのため、キューティクルが開いたままだと、髪の毛が傷みやすくなってしまうことがあると考えられているのです。

髪の毛をこれ以上傷ませないためにも、髪の毛を洗った後はできるだけすばやく乾かすようにしましょう。

③ 紫外線に当たる

ブリーチ パーマ 美容 髪型ブリーチした後にパーマをかけた場合、紫外線になるべく当たらないようにしましょう。

髪の毛はブリーチとパーマをかけたことで、ダメージを受けやすい状態になっていると言われています。

ダメージを受けた状態で紫外線に当たってしまうと、髪の毛から栄養や水分を保つ働きをするキューティクルが破壊されやすくなってしまうことがあるそうです。

そのため、紫外線対策用のヘアスプレー、紫外線対策用の帽子、日傘などを活用して、紫外線から髪の毛を守るようにしましょう。

5. ブリーチとパーマ<まとめ>

ブリーチ パーマ 美容 髪型

「ブリーチとパーマ」について、お伝えしましたがいかがでしたか?

ブリーチした後にパーマをかけたけることは、すこやかでクシ通りのよい髪の毛を保ちたいのであれば、あまりオススメはできません。

しかし、透明感溢れるカラーや、猫っ毛のようなウェーブ…。
男性・女性に限らずオシャレに見えてしまいますよね!

リスクを承知でブリーチとパーマを楽しむのなら、ヘアケアやNG行為を意識して理想のヘアスタイルに近づけるようにしましょう♪

この記事は2017年4月4日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

※肌らぶ編集部 有資格者監修記事